2017/08/22

キレるお爺さん・・

  
先日のニュースで、言ってました。
キレるお爺さんが増えているそうな。
要するに、最近の高齢男性の中に
暴言を吐いたり、殴りかかろうとする方も居るとか。

二、三年前から私、気になっていました。。
特に家庭電化製品の大型店舗の中で見かけるのです。
ビッグカメラとかヤマダ電機とかで・・

無理ないです。
やっとの思いで機種を定めて、買う段になり、
ああだこうだと店員が何だか説明を始めるのですよね。
製品の説明はあっさりなのに・・
やれ、入会したらどうとか、送料がどうとか・・
カードを作れ、点数云々・・・などなど余計なサービスを。
老人にはさっぱり要領を得ない語彙なのです。
そのうえ、耳の遠い高齢者には
ぐだぐだと活舌の悪い小声の長話には耐えられません。
「何を言っとるんだ!」ということに。

ほんの四・五年前までは「老人は困ったもんだ」と他人事。
いま、後期高齢者になって
「キレるのも、もっともよ」になっています。

DSC_0292.jpg
玄関のタイルを這うカマキリ発見。懐かしや。

そうじゃなくても自尊心だけは残っている世代。
昔偉かった紳士たち。
部下を怒鳴りつけていた男性たち。

高収入だったころ、電気屋さんを呼びつけて
少々高価でも楽に買っていたはず。
いま、年金暮らしであれば、そうもいかない。
安いという大型店舗にやってきたという経緯だろうか。

そういえば、電話一本で参上してくれた電気屋さんが無い。
様々に、周囲に順応出来ないことが辛く悔しい。
そんな思いが、つい【キレる】になるのだろう。

正直、お婆さんも切れたいです。
ウエイトレスや店員さんの話が聞き取れないことが多い。
今の若人は、口の中でもごもご言う。
相手に届けようという意思が無い話し方。
接客はマニュアル通りかもしれないけど
言葉が聞こえなければ・・意味は通じない。

聞こえないほうが悪い?ということ?
まあ、相手が老人でどうも耳が遠いなと察したら
それ相応の声や態度をお取りなさいよ!ってね。
キレそう。

いえいえ、私?
何時でも、何処でも、誰にも、笑顔で・・がモットーです。
そして「耳が遠いから大きな声でね!」って、ニッコリ、頼むのです。

切ない・・・。



 

スポンサーサイト
2017/08/21

【去りし夢】♪


この歌の出典が不明です。
「これって、シャンソン?」と問われます。
でも、プチロンドの仲間にはなじみ深い歌です。
大概の人は習っていますし、発表会ではどなたかが歌う曲。
日本人好みの美しいメロデイーです。

私?
ちょっと教えていただいたのですが・・・
人前で歌うことはなく、中段のルバートが下手すぎて
途中であきらめたのです。

でも、今、つくづく歌詞の美しさに気づきました。
11月、晩秋、みなさんの前で歌ってみたいと思っているのですが。


【去りし夢】

風の音に ふと気が付く 忍び寄る秋 冬の気配
二十歳の頃 春の最中に 怖さを知らず 酔いしれた恋
消え去るとは信じられず 抱きしめていた 二十歳の夢
時の鐘のかなたに光る 遠いあの頃 薔薇色の夢

   『枯れた薔薇を  無造作に屑籠に捨てたあの頃
   人の言葉を聞き流して この世の渦を生きてきた
   でも、いま 夜の中で 悔いとは違う 寂しさ
   身を焼く恋の日の恨みもなく 静けさの中 一人・・・』

消え去る夢 消え去る春 過ぎ行く秋 去り行く夢
昨日だった二十歳の頃 今は遥か 霧の彼方
消え去るとは信じられず 抱きしめて居た 二十歳の夢
悔いとは違う苦さの中 抱き続ける甘い夢よ
                         去りし夢よ 



どなたかご存じないでしょうか。
シャンソンだと思うのですがyoutubeにもありません。

荒れ模様の続く中、ふっと暗雲の向こうに日差しが・・。
DSC_0275.jpg
藤沢・町田間の県道沿い【わいわい市場】駐車場にて。


2017/08/20

お誘いはがき。

  
「意外と臆病なのね」と、パソコンの先生に言われました。
臆病なくせに、妙に開き直ります。
困った性格です。
皆さんのご迷惑を承知で・・・でも、乗りかかった船です。
えい!乗ります。

そういうわけで、今年も、三回目の「二人の会」を開きます。
先生を失って、呆然としていたこの春、
「秋にまた、やりましょう!」と、誘ってくださいました。
何か目的がなければ・・・・
歌う以外趣味のない私には唯一の楽しみ・・・歌うこと。
誘って励ましてくださった40年来の友人に感謝しています。

先月の藤沢の会も同様に、鎌倉の歌仲間が、
半ば強引に誘ってくれたこその参加でした。
これらがあるこその、逗子の歌仲間と一緒に
逗子での巴里祭コンサート参加でした。

「舞台に立つ、人の前で歌う回数が、大事」と
亡き師が常に口にしていたことです。
断崖に立つ、絶体絶命の心境が必要だということでした。

11月のことです。
何時お知らせしてよいのか。
口に出してのお知らせばかりではなんとなく曖昧。
こうやってお誘いのハガキを、先日、
みかんさんのご指導でつくりました。

DSC_0280@@@@.jpg

少しでもご興味をお持ちでしたら
ご都合がよろしかったら、ぜひ,お越しください。
10月末日までに、恐れ入りますが、ご予約いただけたら幸いです。
メールでも、ブログコメントでもご連絡ください。

素人なのにチケット代、亡き師のグループでの決まり事でした。
無料にすれば、こちらは気が楽ですが、お客様が気を遣うという
ご意見に従いました。
晩秋の一日、愉しんでいただけたら幸いです。




2017/08/18

補正下着は・・

  
この一年・・特に腰を痛めてから?
身体を締め付けることが苦痛になってきた。
サイズうんぬんより、締め付け感が不快。
持っているコルセットやボデイスーツなど、とても我慢できない。
それでも、ブラジャーだけは欠かせない。
バストに入れ物は不要なのだが日本製には必ず入っている。
小さく押さえたいぐらいなので、それが、いつも悩みの種子だった。
輸入品には余計な厚みがなく、
使いやすいのだがデパートには入っていない。

同じような人も居るのだろうか、最近、やっと見つけたのが、
ワコールのTrefleシリーズ。
お値段は2万円も!((+_+))。
それでも、やっぱり、背中がかゆくなるし締め付け感は否めない。

ところが・・・もっと良いものを見つけた!
というか、ブロ友に教えていただいたのだ!。
60代?の、ヨガのインストラクターをしている方のブログに、
「いろいろ試したけど、これが一番!」と。

見逃しません。
ボデイスーツ タムラ モアーソフトって、ネットで検索。
直ぐ購入して、8000円余り・・・・着用して感激!。

使用感が無く、毎日使いたいので夜毎の洗濯。
柔かく締め付けないのに、余分なものは抑え込む。
早速、衣装用ドレスの下にも着用。

15497446_1298969236828620_2281581494872834048_n_20170818092944c70.jpg
通販のドレスのカタログ写真です。
先日のコンサート、前半で着用。
補正しても、こうはほっそりならないけど。(^_-)-☆

後半着用の青いドレスは薄い布地。
体形が表に響く不安から解放されて・・・満足満足。

モアーソフトのボディスーツ、
色も美しく、レースも豪華すぎず、かといって、安っぽくない。
二か月使用して、これならと、今朝、追加注文したところ。

お勧めします。





2017/08/16

藤棚・・・



悩みの種の百日紅は跡形もなくなりました。
藤棚も、思い切っての植木屋さんの決断。
「このほうが花も付くし、棚に見合った大きさになる」そうな。

8時現在、大粒の雨。見上げると暗い空。。
DSC_0272 (003)

父が植えたいくつかの木々も自然淘汰され
この地、この風土に合った木が樹勢を延ばしている。
千両と笹竹と・・藤と。
ようするに温暖で高い湿度を好む性質のもの。

西の塀際。すっきりしました。
手前の切り株が百日紅の残骸。
DSC_0273 (003)

私が植えたアガパンサや紫蘭は増えすぎた分、ばっさり始末。
裏のシダ類も一掃、小鳥たちが蒔いたピラカンサも膝丈に。
東隣りに手を伸ばしていた八つ手も根元からすっきり。

こんなに寂しくなるほど切り刻んでも
一年もすれば、ジャングル化する・・・・
気分次第に、恣に植えることは厳禁。
婆にはもう管理能力がないのですから。

管理者家主の能力劣化に反比例していく勢い。
そりゃそうですよ、年期の入った根っこが太いんだものね。
恐れ入ります。樹木の生命力!