草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

金子兜太氏逝く




俳句をかじりたいという願いはまだ持ち続けている。
晩年の父の影響もあるが、
金子兜太氏の句風に惹かれたのが理由の一つだった。
兜太氏の流れをくむ句座を、おぼろげながら探していたのだが
行動力の無いままに、時が過ぎてしまった。

一昨日、亡くなったとか・・・年齢から言えば、仕方ない。
でも、かれの反骨の精神と、厭戦の誓いは、強く私に影響している。
東大を出て、出征し、帰国後は日本銀行にお勤めというエリート。
サラリーマン生活の中で、強烈な印象を放つ作句姿勢。

銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく
人体冷えて東北白い花盛り
おおかみに蛍が一つ付いていた
水脈(みお)の果(はて)炎天の墓碑を置きて去る


梅咲いて庭中に青鮫が来ている


最後の梅の句についての金子兜太氏の解説です。

blog-list-180208-006.jpg

その頃から既にずっと庭全体が、朝なんか特に青さめているんです。
海の底みたいな感じ。青っぽい空気ですね。こう春の気が立ち込めているというか。
要するに、春のいのちが訪れたというか、そんな感じになるんですね。
それで朝起きてヒョイと見てね、青鮫が泳いでいる、というような感覚を持ったんですよ。
それですぐできた句なんですけどね。
私の場合だと、見たままを、そのまま丁寧に書くということよりも、
それを見ることによって感じたもの、
その感じたものからいろんなことを想像して書く、というふうなことがほとんどなんですね。
想像の中にうそが入ったり、ほんとが入ったりしていい加減なんですけどね。
それが自分では面白いんで。


ちょっと北関東訛りが残る口調で・・・俳句を語るお姿が懐かしいです。
強烈な自負に支えられていたからこその無欲で謙虚な姿勢。
ひょうひょうとした風貌ともども、公文公氏と重なるのですが・・・・

yjimage_20180222114845c5e.jpg
写真は二枚ともネットより・・。

こうやって、昭和の才能がどんどん彼岸に去っていく。
私の妄想も去っていく・・

「同じ昭和を、細々ながら、生きたのよ」と言いつつ。







スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

カウントダウン・・・・




「【死ぬまでのカウントダウン】みたいなこと言わないで。」
私の鬱の原因らしき新聞小説の話をした折です。

半月ほど前、日経新聞の小説【愉楽の時】にあった一文。
主人公の母親、90歳近い独り暮らしの母親が、息子に言うのです。
「もう、毎日毎日、死ぬまでの何日かを生きているようなもの」と愚痴ります。
「そんなこと、言うなよ!」と金持ちのインテリ息子が言います。
そして独白、
・・こういう会話を母は一番愉しそうにする・・・と続きます。
でも、同居しようとは思わないんだよね。
お手伝いさんを雇って、あてがっているだけ。

DSC_0693.jpg
住宅地の一角で採れたそうよと、おすそ分け。この新鮮な緑と香り、感謝します。

さてさて、
教育と教養・・今日行くところ、今日の用事・・・
我が老人会の存在理由です。
それでも、いつの間にか、老人会にも来れなくなるのです。
半年まえに、歴史講座をしてくださった方は来月、91歳で大腸がんの手術、
前会長だった方も町内会館まで歩けない。
前会計だった方は、今年の新年会の三日後に天国へ召されました。

人生100年なんて・・・・ポンコツになっての10年は辛すぎます。
子育て終わって、孫の七五三見て…天国へ行く。
我が父母、義父母がそうでした。ちょうどよかったように思います・・・。

昨日は、月一回の受診日、
医者は「まだまだ、これから。時間が足りないという人もいますよ」っていう。
聴いたとたん、逆に哀しく辛くなりました。
他の元気なご老人と比較するなんて最悪!

夫婦の会話と同じ。
正しいとか良いとか間違っているとか‥そんな感想は不要。
「ああしたら、こうしたら」なんてご指導も無用。
医者の紹介、薬の紹介、整形外科の紹介も無用。
誰だって、自分のこと、最善をつくしているんだから。

同病相憐れむならまだしも、元気な人から言われたくない。
健康体であることを自慢されている事と同じで、聴くほうは屈辱を覚える・・・のよ。
知りたければ訊くからね。

ただ、寄り添って、「そうなんだネ・・」の一言で良いのさ。
黙って、嫌でも、退屈でも、聴いていてくれれば・・・嬉しい。
「しょうがない、でも頑張るよ」って、自分で答えるからさ!

それにしても
【死ぬまでのカウントダウン】って言葉、
言い得て妙なり。実に正しい。

ま、考えてみたら、誰だって、生れたときからそうだけど・・・・。






Posted by 草笛   5 comments   0 trackback

クリスマスローズ・・



この花は、結構お高いんですよね。    
一鉢ウン千円するから・・。

一昨年の春購入・・・
紀ノ国屋の入り口に高級な花屋があって、いつも眺めて愉しんでいるんです。
ポイントが溜まると・・・半年分ぐらい・・・なるべく安い花鉢を購入。
ところが、どうも高級すぎるのか、温室育ちなのか
我が家ではうまく育たず、立ち枯れるのがいつものこと。
それでも、クリスマスローズが欲しかったんですよ。

その夏、葉が生い茂り大きくなって・・・
冬、クリスマスが来ても、春が来ても咲きません!
去年の冬・・・・葉っぱが手のひらほども大きくなって・・・花は咲かない。
「ふん!紀の国屋の花はいつもこうなのよね!」

大事な鉢を占めていたので
他の花を植えようとしたけど、抜けない。しっかり根付いている。
それこそ、根負けして、おおきな葉っぱをみんな引きちぎって放置。
ちょっと空いた土に小さい葉ボタンを植えて・・・冬を迎えました。。

雪が降って、寒い日が続いて、強いはずのゼラニュウムまで枯れて・・
庭に気が入らないまま・・・
やっと春めいた日に庭に降りると
なななんと、クリスマスローズに蕾発見!
そして・・・一週間後の今朝、これです。

DSC_0691_20180220101506b1d.jpg

手荒い扱いに吃驚したのか、理由は不明。
おまえさんはマゾっ気があるんかい?




Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

町内の作品展



金土日と、町内の作品展
毎年、素晴らしい作品が並ぶ。
作品だから、絵画や写真、細工物、手芸、洋裁、陶器など。

DSC_0691.jpg

昨日、今日と、オリンピック中継の合間に拝見に行く。
あんまり縁のない分野だけど、作品の完成度の高さは解る。
主婦や旦那の手遊びにしてはかなり上級。

感じるのは、出品者が一世代若返ったか交代か?
出品数の減少が気になる・・・
最近の若い主婦は、子育てが終わると働きに出てしまう。
子供や夫の帰りを待つ間に趣味をはじめるという流れは消えたかも。
100歳人生なら老後が長い。70歳からでは感覚が鈍くなってしまう。
子育てや、働きながらでも、趣味をお始めにならないと淋しくなる。

DSC_0687.jpg

お茶を頂いて・・・展示場を退出。
町内のお役の方のご苦労に支えられてのイベント。
どうか、出品者も見学者も、そのあたりを察知して、感謝しなければね。

ありがとうございました。良いものを見せていただきました。




Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

羽生が勝って、羽生が負けた!




どこかのツイートで見つけた名言です。
私が創ったわけではないけど…うまいよね~~!
ご紹介しました。

「え?どっちがどっち?」って、ツイートした方が迷った
とありました。。

そうだ、この言葉、私はスマホで見つけたんだわ!
初めて、ニュースというところを開いたら、このツイートが。

さてさて、一気に日本中のもやもやが晴れましたよね。
良かった~~~。ほんと、良かったです!

yjimage837U72RV.jpg

ただ・・・昌磨君の対応がはっきりしないよね。
どんなに悔しくても、
一応、先輩の金メダル獲得をもっと喜んであげなさいよね。
「別に、オリンピックだからって、気にしていない」だなんて言っちゃだめよ。
仕方ない・・・まだ若いんだね。

同時進行していた将棋の世界では、負けた羽生さんの悔しそうな顔が。
藤井聡太君は穏やかな、奥ゆかしい笑顔。
いつも通り、尊敬する先輩への最大の敬意を込めた立派なコメント。
賢い坊やなんだ~~!

若い人の活躍は素晴らしい。
元気をもらいました!
でもさ、若くして頂点を極めた人の人生って・・・大変だろうな。
その中でも、
将棋や囲碁では、勝ち得た称号が保証するし、
スポーツ界ではオリンピックで勝って、初めて、その後の人生が保証される。


昌磨君、オリンピックを甘く見ちゃダメだよ・・。
次のオリンピック優勝を目指す!と口に出してこそ
先輩への賞賛と、同時に、自分への自負になるんだからね。