草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

謝罪下手ばかり・・



みんな、謝罪の仕方が下手だねえ。
子供時代、叱られたり、怒られたりしていないからかな?
近所のおばさんに、
学校の先生に、
父親に、
祖父に、
大声で叱られて、廊下に立たされて、叩かれて、無視されて・・・。

女の子だった私でさえ、数々の叱られ経験。

ひたすら「ごめんなさい」だけ。
言い訳すると、その言い訳をするという態度を叱られて
事態は悪化するばかり・・。

とにかく
「すみません」って、頭下げて、言い訳をしないこと。
特に不倫なんて、言い逃れも、まして言い訳も出来無いこと、
どうであれ、謝るしかない。

そのうえで、しばらく顔を出さない。

政治家なら、ペナルティーとして、今回は、立候補しないこと。
しばらく、隠忍自重して日々、選挙区で地元の皆さんのために働く。
それ以外、復活の道は開けないでしょう・・・
晴耕雨読の日々を過ごして、そう、同情を買うしかない。

それとは別に、
罵詈雑言、破廉恥な叫び声を発した方は、許されないでしょうね。
彼女は、人格的に、少々、破綻をきたしている?。
幼児体験がああさせたのかな?
気の毒な人だ。

タレントであれ、政治家であれ、不倫がごとき失敗なら、
有能であれば、真に人気が有れば、いずれは再登場を許される。

小池さんと新党を画策している細野豪志さん、
ほんの数年前、女性スキャンダルがあったよね。
いまや、その件を誰も言わない。
世間て、そんなもんなんでしょう。

yjimage_201709240846219fe.jpg

人は、嘘をつかれると嫌いになる。
どうせ、ばればれ
開き直って、事実の有無を口に出さずとも、
潔く、相手の想像に任せて、ひらにひらにご容赦を・・・と謝る。
しばらく、表舞台に出ない。
さすれば、こうやって、再登場の機会が巡ってくる。

難しいね、謝罪って。
涙も笑顔もふさわしくないし・・・・私が演出家でも困るだろうな。










スポンサーサイト

会議は踊る、されど、進まず・・



昨日のブログ・・・
北朝鮮をめぐる国連の会議のありようを、昔の映画【会議は踊る】のようだと。

ナポレオン・ボナパルト失脚後のヨーロッパを議した
1814年のウィーン会議を時代背景にした、映画【会議は踊る】

ウイーンの庶民階級の女性と貴族の軽い恋物語。

公文式の創始者、公文氏はこの歌がお好きだった。
ドイツ語で歌えると御自慢だった。
あの世代のインテリ青年はドイツ語で歌える方が多かったんだろう。

聴けば、私の世代でもみんな知っているはずの主題歌。
【ただ一度だけ】


後年、マリリンモンロー主演でリメイクされヒットした。
【王子と踊り子】 

今、現在も自国の利益優先でまとまらない。堂々廻りの会議ばかり。。
日米が険しい声で非難してみても、北朝鮮は痛くも痒くもないだろう。

願いは、全世界の核兵器断捨離!


秋の日差し・・

    

陽光が長く差して・・・影が長くなって・・・お彼岸です。
鎌倉駅前、午後の三時過ぎでしょうか。
ちょっと落ち着いてきた小町通り入り口。

DSC_0355.jpg

この一か月、一週間に一度ぐらいの割合で、轟音が響き渡ります。
飛行機が通過するのでしょうか、重苦しい爆音。
電話の声も聴きとれません。
二機か三機か・・・
得も言われぬ不安な黒っぽい想いが胸をふさぎます。

ここは横須賀に近い。
横田基地へか、厚木基地へか。
逆にあちらから横須賀港に停泊するイージス艦や母艦を目指すのか。

キナ臭いこのごろ、思いはまとまりません。
ただ平和主義を唱えるばかりで国難を避けられるのでしょうか。
かといって、非核三原則という理想を曲げられるものでしょうか。
なんといっても、核兵器を平気で使用する隣国の脅威。

衆院解散というけれど、そんな隙も暇もなかろうものを、
何を目的か、ただただ過半数を維持したいがための選挙。

かといって、彼に代わる人物が政界に居るだろうか?
精力的な外交に飛び回る我が首長の動き。
どんなに喚いても、あてにならない国連会議。
自国の利益を犠牲にしてまで協力はしないだろうし、
自国に危険が及ぶような馬鹿はしないだろうし、
小田原評定のような・・・・【会議は踊る】・・ような。

なんの効果も成果もないまま・・・ 虚しい。。







星座占い。




この、誕生月の座表平面をみつけてね、
我が家族のそれぞれの誕生日を当てはめていくと,どんぴしゃり!
あまりの正解に、わらっちゃっいました。

皆様もやってみて。
占いの切り口がドライで潔いでしょ。


CAV9-pQVEAAte83.png


12_____.png
  
異次元星人と、能天気組に、しっかり頼られっぱなしの私、
疲れるはずだわ・・・・


 

彼岸花




住宅地の入り口に群れる彼岸花   
1505696042983.jpg

白い花も混じって・・。
1505696032227.jpg

近所の人が手入れしているのだろう・・。
花が黒くなると刈り取られてしまう。
雨続きや外出続きで撮り損ねていたら
友人が送ってくれた。ありがとう!

このブログ、もう、11年続けて来た。
「猫と暮らす」が初回の記事。
更新もほとんど毎日。日記がわりだもの。
高齢者は、パソコンとの付き合いは少ないはず。
あまり広がりは無い・・・

先日、17年のおつきあいのある歌友の電話。
「え?ブログしてたの?あなたの別の面が見えて吃驚した。
猫飼ってたの?写真が綺麗!」って。

何かの折に読んで面白がっていただけたら良いんですが。