どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

【ひよっこ】オープニングの画像



四月からのNHK朝ドラ、オープニングに心惹かれませんか?。
オモシロい、楽しい,何より懐かしい。
映像作家の田中田敦也さんの作品だそうです。


2016年の秋ごろにNHKから『ひよっこ』の企画について打診され、
作中の昭和(1960年代)の雰囲気をポップに再現して欲しいということで
あのオープニング映像が完成したようです!

ヤフーより。

バックに流れるなんとも懐かしいメロデイーは
桑田佳祐さんの【若い広場】。

何処か聞いたことのあるメロデイーラインと
歌詞に登場する懐かしい言葉・・リルとかサウンドオブミュージックとか。
あの時代を青春として生きた世代には実に懐かしいのです。

そして、流れる画像には・・・一生懸命働いた人々の姿。

トランジスタラジオを開ければ、工場?

C8djb-NVYAAm2c6.jpg


ブラシは稲刈りの風景?
C8b7mIPVwAEG05f.jpg

ソロバンが建築中の団地?
2017042407310000.jpg


もちろん、皆さん、お気づきでしょう・・・他にも、
炊飯器は日劇?
空き瓶は高層ビル?
パンは新幹線?
生活用品が様々な当時の風景に見立てられていますよね。
バブル期直前の、オリンピック開催直前の、
日本中が一生懸命な時代。


貧しかったけど、夢や希望をたくさん持っていたなあ・・・・。
今日より明日はきっと・・・ってね。



スポンサーサイト

大逆転・・羽生結弦くん  

  

嬉しいですね。
羽生君の完ぺきな演技に感動。
少し、ウルウルしました。

今回、音楽が良いと思います。
彼の持つ清潔感と優雅さと・・・中性的な魅力にふさわしい。
しかもどこか日本的メロデイーも心に響く。
めりはりが有って、しかもドラマティックで、踊りやすそう。
久石譲氏の作曲,  「Hope & Legacy」

去年の雅楽っぽい曲では、外国人の耳に違和感があったのでは?
衣装も・・今回も素敵とは思わなかったけど、陰陽師みたいのよりマシ。

衣装はロシア勢が男女とも、総じてあか抜けていますね。
アメリカのは、あまりにカジュアルだし・・。
youtubeから頂いてきました。
客席からの映像です。



広いリンクを縦横に滑リコーナーでジャンプする。
TV画面ではわからないスケールを感じます。 


『人生、下り坂サイコウー!』

     
BSでの【にっぽん縦断 こころ旅】観てますか?
そう、あの・・・あの、火野正平さんが自転車チャリオクンに乗って
日本中を走って周る番組。

正平さんのキャラクターが意外と上品で天然で、
観ていて楽しいですよ。

先日、総集編というか過去の名場面集というか・・
懐かしい印象的な編をいくつか観ました。

2011年の第一回、スタート編。
長崎県稲佐山から市内に入って、グラバー邸へ・・。

さて、その稲佐山から坂道を下るときの名言が
【人生、下り坂サイコウー!】
ふと耳にしたその言葉にえらく感動したのです。
しかも、「下り坂」を覚悟して、
仕事をリタイアーしたくなった折に聴いた言葉でした。
それ以来の、この番組の大ファンになりました。

火野正平さんのファンにもなりました。
でも、この人、演技は駄目ねエ。
下り坂俳優になった原因は
あのスキャンダル・・今なら大した話題でもない・・だけではないかも。

さて、画面から写メで。
グラバー邸から見える長崎港とその向こうの稲佐山。
2017032519100000.jpg
一度、この目で直に観たい。

こうやって、正平さんが視聴者からの手紙を読みます。
2017032519130000.jpg
投稿された【あなたの心に残った風景】・・・を読むのです。
初回の彼は若い。
でも身体は、今や鍛えられて背筋が凄いことになっています。


そう・・
さだまさしの生まれた長崎には数年前、堀陽子さんと行きました。
目的が別にあってタクシーでの駆け足観光。
稲佐山が目に入っていないんですよ・・。

今度はゆっくりと・・・。
こころに残った風景・・・色、におい、風、音、

行かねばならない広島と、
懐かしい福岡と、ゆっくり観たい長崎と、

鬼門の三月四月を避ければ行ける?。


にっぽん縦断 こころ旅(にっぽんじゅうだん こころたび)は、
NHK BSプレミアムで不定期 放送される旅番組である。
2011年2月14日から2月18日までパイロット版として「長崎の 旅」が放送され、
同年4月4日よりレギュラー放送を開始した。






脊椎狭窄症の養生・・

   
先週末より、もう、怖くて観られない。
日馬富士との対戦より観ませんでした。
横綱稀勢の里が負けて、負傷したとたん、大相撲観戦は無し。
「日馬富士って乱暴」・・と逆恨みを独り言・・・。

正直、がっかりして・・。

この一週間、
指示通り、ボルタリンその他を朝昼晩飲んで、
なるべく横になっての日々。
TVを見るほかなく、久しぶりに大相撲観戦を楽しんでいたのだが。
無理しての出場、ケガの悪化、大負け・・を観たく無い。

昨日はお昼寝。三時から・・・・ぐっすり(-_-)zzz
午後5時前に眼が覚めても、「え?朝?夜?」と寝とぼける有様。
ふらふらリビングに入って目にしたのは

稀勢の里、優勝場面。
20170327s00005000027000p_thum.jpg

アラ~~~嬉しいこと。
なんだか急に元気になりました。
負けないぞう!ってね。

私だって、まだまだ回復するはず。
もう一花咲かさなきゃね。
具合が悪いのは季節のせい?
三月はどうも私には鬼門?

頑張ろうっと。












セーラー服


今朝のNHKのニュースで・・
福岡市にある、薬院という街が、町おこしの一つに
【セーラー服発祥の地】というキャンぺーンをしているとのこと。

2017032205200000.jpg
明治時代創立の女学校。
大正に入って、この制服に制定したとか。
動きやすいようにとのアメリカ人女性校長の発案とか。
当時、欧米でセーラーカラーが流行っていたとか。

TV画面より卒業式?
2017032205210000.jpg
今も昔も錨のマークが胸元に。

中一の夏休み明け、福岡へ転勤になった父に連れられ
福岡女学院へと転入学した。
私服で通学していた共学の関東学院から、
制服のある、女子校へ。
同じ、ミッション系なので、違和感もすぐ消えて、
セーラー服にプライドを持つ同級生に直ぐに馴染んだ。

13歳の初めての制服。(^_-)-☆
2017032209040000@@.jpg
あの時代、総じて純真無垢というか、全体に幼げ。。
まして、セーラー服が
怪しからん大人の好奇の対象になるなんて考えられない時代。
まして、この制服がレジェンドになるずっと以前のこと。

懐かしい校名が耳に入り、思わず・・のアップ。


  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索