草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

カウントダウン・・・・




「【死ぬまでのカウントダウン】みたいなこと言わないで。」
私の鬱の原因らしき新聞小説の話をした折です。

半月ほど前、日経新聞の小説【愉楽の時】にあった一文。
主人公の母親、90歳近い独り暮らしの母親が、息子に言うのです。
「もう、毎日毎日、死ぬまでの何日かを生きているようなもの」と愚痴ります。
「そんなこと、言うなよ!」と金持ちのインテリ息子が言います。
そして独白、
・・こういう会話を母は一番愉しそうにする・・・と続きます。
でも、同居しようとは思わないんだよね。
お手伝いさんを雇って、あてがっているだけ。

DSC_0693.jpg
住宅地の一角で採れたそうよと、おすそ分け。この新鮮な緑と香り、感謝します。

さてさて、
教育と教養・・今日行くところ、今日の用事・・・
我が老人会の存在理由です。
それでも、いつの間にか、老人会にも来れなくなるのです。
半年まえに、歴史講座をしてくださった方は来月、91歳で大腸がんの手術、
前会長だった方も町内会館まで歩けない。
前会計だった方は、今年の新年会の三日後に天国へ召されました。

人生100年なんて・・・・ポンコツになっての10年は辛すぎます。
子育て終わって、孫の七五三見て…天国へ行く。
我が父母、義父母がそうでした。ちょうどよかったように思います・・・。

昨日は、月一回の受診日、
医者は「まだまだ、これから。時間が足りないという人もいますよ」っていう。
聴いたとたん、逆に哀しく辛くなりました。
他の元気なご老人と比較するなんて最悪!

夫婦の会話と同じ。
正しいとか良いとか間違っているとか‥そんな感想は不要。
「ああしたら、こうしたら」なんてご指導も無用。
医者の紹介、薬の紹介、整形外科の紹介も無用。
誰だって、自分のこと、最善をつくしているんだから。

同病相憐れむならまだしも、元気な人から言われたくない。
健康体であることを自慢されている事と同じで、聴くほうは屈辱を覚える・・・のよ。
知りたければ訊くからね。

ただ、寄り添って、「そうなんだネ・・」の一言で良いのさ。
黙って、嫌でも、退屈でも、聴いていてくれれば・・・嬉しい。
「しょうがない、でも頑張るよ」って、自分で答えるからさ!

それにしても
【死ぬまでのカウントダウン】って言葉、
言い得て妙なり。実に正しい。

ま、考えてみたら、誰だって、生れたときからそうだけど・・・・。






スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

雪かき・・・




関東周辺の皆様、今朝からの雪かき、終わりました?
我が家の老人二人、7時には雪かきスコップをもって・・・
歩く幅だけ、しかも轍の跡を広げただけです。
右へは、ゴミ集積所へ通じ、左へはメイン道路へ続く。
左右に伸びる一本道だけ!

朝、6時半、まだ薄暗いなか。
私の「こうやるのよ!」の叫び声が近隣を揺るがしています。
DSC_0638.jpg

ご近所はまだ眠っている?
DSC_0639.jpg

都会育ち・・・お江戸、本郷・・で、雪かきなどしないで済む街育ちの夫。
勤めているときは、妻の、若かった私が,夫の出勤後、長年、孤軍奮闘して来た結果、
雪かきの仕方も、近所の手前、せねばならない義務も知りません。

声を上げて、80歳を、叱咤激励して、為し遂げたものの・・
もう、陽が温かく、ほとんど、雪は消えかけています。
知らん顔でも済んだかもね。

少し遅れて、
隣家の若い奥さんが「お手伝いしましょうか?」って。
こんな言葉がすごく嬉しい朝でした


8時過ぎには、夫は、ゴム長靴のママ、下の県道まで降りて、
バス電車を乗り継ぎハワイアンの教室へご出勤です。










Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

元旦

 

午後一番に息子一家が来る。

孫娘大学三年生。いよいよ就活に入って、
「何をしたいかわからない」と切実に悩んでいるが
助けることも出来ずに・・・話し相手をする。
「誰もかれも何処もここも気に入らない。〇〇ばかり・・」と生意気な愚痴。
周囲との違和感があるらしく、
学生時代はともかく、社会人としては生きづらいだろうと、聴いていて切ない。
身長169cm。背の高さも関係あるかしら・・。

孫息子もこの春から高三。受験態勢に入る。
我が道を行くタイプで大らかだが、受験となれば切実だろう。
身長179cm。まだまだ伸びそう・・・
ガールフレンドとも別れた?そうな。
学校の宿題プリント持参で、落ち着かない。
パパも、叔母さん(我が娘)も苦手な分野と逃げているから
覗いてみたらsin,cos・・・加方定理とか・・・
ついつい、「かしてごらん」なんて口を出して、明日まで解く羽目に。

DSC_0598.jpg

当てにはしていない様子だから責任はないが
ここで、鼻を明かしたい気分にもなっている・・可笑しいことだ。

DSC_0596@@@.jpg

実は朝からシンクの下水が詰まって困り果て、
例の、磁石の小さな宣伝カードで電話したらすぐ来て、
ついでに、外のマンホールまでホースを洗浄する大仕事に成り、10万円!。
それでも、おかげで、あと三年は安心出来るとのこと。

というわけで、実に充実した一日でしたよ。
もちろん、昼、夜、ごちそうしました。
明日は箱根駅伝三昧で・・・・のんびり過ごします。


  


Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

松飾り・・我が家風


29日に飾ると【九を待つ】になる。
30日に飾ると【九を持つ】とか。
31日は一日飾りで、良くない。

朝の番組で礼儀作法の先生が言っているのを
聴いてしまった以上、仕方ない急遽,昨日28日に飾る。

DSC_0582@@.jpg



我が家風です。
半紙でくるんで水引を結んで華やかにする。
有れば、輪飾りをかけて・・・出来上がり。
簡単だけど、力の無くなったバーバ。
年々、針金の〆具合や松を支える手が辛くなる。
なんせ、二本も独りでやるんだから・・・。だれも手伝わないし。

思い出すのは亡き父が毎年、楽しそうに取り組んでいた姿。
昔はお正月飾りは一家の主の仕事だったはず。
近隣の若いご主人が父の真似をして一生懸命作っていたっけ。
主人の実家は商家、門松を専門家にまかせていたとかで、
無関心で知らん顔。

やれやれ、ご近所で一番早く飾った様子。
午前中はお墓参り。
いつも遅れがちな我が家が、今年は一番早い?
我が日常が、年々、すっかり、暇になったということ?

午後、日差しの温かいうちに出来上がって良かった良かった。
なんとなくめでたい気分になる。



Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

クリスマス・リース

  

金色のリース台に飾りをつけて・・・
今年は極めてお手軽。
あした、娘が来るというので気取ってみたが、
厳しく、手抜きを指摘されそう。
ポインセチアの代わりに柚子と松葉をつければ
お正月飾りになる。(^_-)-☆


DSC_0552_20171223160749c37.jpg

やっとシクラメンが根付いた様子。
DSC_0558.jpg

寄せ植えの大鉢に隙間を作ってお正月用に葉ボタンを植え込んでみる。
DSC_0560.jpg

どうも、気分が沈む。
朝から、印刷機の具合が悪いのか、作動しない。
明日、もう一度挑戦することにして。。。

正直言って、もう、細かいことを工夫する根気が失せた・・。
苦労して?作った年賀状・・・印刷でき無いな。
あした再挑戦するしかないね。