どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

春なのに・・。


前途有る若い少年達が雪山に斃れたと聞けば限りなく切ない。
まだ若い父親達の悲痛な声を聞くのが辛い。


昼前に春の空き地に出ました。
なんてことないけど、この命が愛おしい。

2017032810410002.jpg
ハナニラとスノウフレークがまじりあって。


2017032810410001.jpg
咲くのは…姫踊子草。傍らに、みずみずしい蕗。


孫世代の訃報にただただ合掌の朝。

スポンサーサイト

三色すみれ・・



二月の末に、藤沢の奥にある産直市場、【わいわい市場】で購入。
やっと咲きました。大きな花冠にびっくり。

2017031812500000@@.jpg

すみれ・・
その名前の由来は大工道具【墨壺】、【墨入れ】からとか。
確かに野菫にはその形態が残っている。
でも、ここまで園芸種になっては、むしろ蝶々に似ているかも。

昔の人は命名に実に卑近な物を持ってきているのが可笑しい。
ほら、【犬ふぐり】だなんてね。
あんなに愛らしく清々しい小花なのに・・・。

近辺には、未だ、犬ふぐりは咲いていない。。
一進一退の春。
この冬も、雪こそ免れましたが、「まだダウンコートはしまわない」と。

予報では三日間の暖かさは保証されているようです。
今から、お墓参りに行きます。
遅れた理由は、連れ合いの二日連続の上京。
旧友との傘寿お祝い麻雀会に興じた事にあります。

墓参り後のランチは、ガストか、ジョナサンか?


冬を越えて・・・

  

寒いと予報のある夜は玄関に取り込んだり・・
意気消沈の中でも、忘れずに面倒見てきましたけど限度?
だんだん、花が黒くちじんでいきます。

2017020808140000.jpg

我が家のクリスマスローズはクリスマスはおろか、お正月になっても咲きません。
葉っぱばかり大きくなって・・・・
いっそ、引っこ抜きたいのですが、寄せ植えの葉ボタンで楽しむほかありません。

2017020808150000.jpg

そろそろ、と思って植えた菫は未だ、お見せできないし、
淋しい庭で、撮る対象も無く・・・
そうだ、富士山でも眺めに行きましょうかね・・。



 


【明日があるさ】

   
「明日があるさ、明日がある、若い僕にはがある・・・」
「手をつなごう僕と、追いかけようを、二人なら・・・」
「見上げてごらん夜の星を・・・小さな光が、ささやかな幸せを祈ってる」

九ちゃんの歌は、必ず、夢を語っています。
あの時代の夢は、ささやかな幸福、愛する人と結ばれること、
それだけで、十分だったのに・・・普通の暮らしの持つ幸福感。
若ければ、親より貧しくて当然だったはず。

お嫁さんの両親は、恋愛結婚。文字通りのリンゴ箱がテーブルだったとか。
お見合い結婚の私は、狭いアパートで朝帰りの夫を泣き泣き待っていましたし。

今の時代、
夢という言葉の持つイメージは拡大してしまったかもしれない。
どこかで、テレビドラマやCFで見る親以上の暮らしぶりを夢見て
そうでなければ、幸福でないとまで?


清々しい晴天に誘われて庭に出ました。
庭一杯に蔓延るグランドカバーの名もない花。
2016102710410001.jpg
あ、ヒメツルソバですって。

青かった千両も赤くなりました。
2016102710410000.jpg

落ち葉の元凶、百日紅を剪定しました。40年を経た樹です。
花や葉が茂れば大木?ですが、裸になれば、こんなもの。
2016102710420000.jpg

久しぶりの空の青さが嬉しい!。




ホトトギスが・・

  

今年、我が家の庭では、
なぜか、ホタルブクロが、とうとう咲かなかった。
ホトトギスは、やっとの様相で咲きだしたが・・・
例年、猛々しいほどの勢いで咲く花たち。
どうしたのだろうか・・
大切に切り取って、花瓶に挿してみたが寂しい。

2016100916350000 (003)

鎌倉の北西部、S地区町内会合同の運動会が中止になった。
例年、10月10日前後の日曜日に開催するのだが
朝からの降ったりやんだりの小雨に業を煮やして中止に。

老人会会長としてのお声が掛ったので出席の予定だった。
中止とはいえ、用意されたお昼のお弁当が届いた。
まあ、ビールまで。
有り難く、夫の昼食に。

2016100911510000.jpg

昔から比べると、何事もすべて用意周到、過保護振り。
役員さんばかりが苦労で・・・子供も大人もお仕着せの食事。
もう少し、ほったらかしにしても良いように思うんだが、
お弁当作りも、個性的で楽しいと思うんだが。
そうしないと、出席者が居なくなるのかなあ。

町内会も子供会も老人会も役員になり手がいなくなる。
あげく、地域活動への参加そのものを忌避する。
「役員になるのが嫌だから・・・・」ということらしい。

いっそ、みんな無い方が良いという住宅地もいくつか在る。
地域の皆さんの集まる場をつくり、互いの親交を深める
そんな気持ちは無駄で余計なお節介なのだろうか。

今の住まいに数十年を過ごそうとするなら、
もし、子供が居るなら、
隣近所のお世話にはならないとでも思っているのだろうか。
なんだか、寂しい。



 
  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索