2017/08/16

藤棚・・・



悩みの種の百日紅は跡形もなくなりました。
藤棚も、思い切っての植木屋さんの決断。
「このほうが花も付くし、棚に見合った大きさになる」そうな。

8時現在、大粒の雨。見上げると暗い空。。
DSC_0272 (003)

父が植えたいくつかの木々も自然淘汰され
この地、この風土に合った木が樹勢を延ばしている。
千両と笹竹と・・藤と。
ようするに温暖で高い湿度を好む性質のもの。

西の塀際。すっきりしました。
手前の切り株が百日紅の残骸。
DSC_0273 (003)

私が植えたアガパンサや紫蘭は増えすぎた分、ばっさり始末。
裏のシダ類も一掃、小鳥たちが蒔いたピラカンサも膝丈に。
東隣りに手を伸ばしていた八つ手も根元からすっきり。

こんなに寂しくなるほど切り刻んでも
一年もすれば、ジャングル化する・・・・
気分次第に、恣に植えることは厳禁。
婆にはもう管理能力がないのですから。

管理者家主の能力劣化に反比例していく勢い。
そりゃそうですよ、年期の入った根っこが太いんだものね。
恐れ入ります。樹木の生命力!


スポンサーサイト
2017/08/15

百日紅・・・

 
DSC_0271.jpg

新種でしょうか。
我が分譲地の入り口には白い百日紅!。
紅ももちろん見事だがこの白い種に惹かれる。

DSC_0272.jpg

ただいま、我が家の狭庭に植木屋さんが入っています。
ついに、道路にせり出した百日紅を根元から伐ってもらいました。
落ち葉と落ち花の掃除が負担だからです。
道路に散り敷いても、昔の人たちは許してくれました。
「お互いさま」で・・・。

「お宅の枯葉がうちの庭にまで入ってくる」といわれては
仕方ありません。伐りましょうね。
嫌味のつもりもなく、あっけらかんとした、斜め前の家の奥様。
「いつもスミマセン」という私に「うちは風の通り道なので・・」と。
仕方ないです。40年来の百日紅とはお別れしました。

早朝の道路掃除から解放されるきっかけです。
有難いのかもしれない。((+_+))


北朝鮮と米国と・・威嚇しあって、間に挟まれた我が国。
核兵器は絶対反対。じゃ、どうやって国を守るの?
この難題の狭間で、沈黙するしかない我々日本人。

ため息をつきつつ
「どうにかなるだろう」の楽観主義はいつまで許される?。

不可解な天候不順と地震の頻発、その上の、この国難!
こんな時勢に海外旅行や豪華客船や不倫やら・・
ずいぶんと豊かでお気楽な国だとしみじみ思うのですが。




 

2017/08/05

秋の気配・・



昨日はF地区、老人クラブの連合カラオケ大会。

隣町の町内会館にはビッグエコーの立派なカラオケ装置が在ります。
そこにF地区の老人クラブ会員50名ぐらい参加してのカラオケ。
準備も大変なら当日の機械の操作、司会進行などなど結構みんなで頑張りました。
DSC_0253.jpg

快い緊張と疲れをありがたいと思って一日過ごしました。
わが町内からはただ一人、私が歌います。【小樽運河】。

準備で立ち寄った我が町の会館の庭には、秋の気配。

ムラサキツユクサ
DSC_0249.jpg

ヤブカラシ
DSC_0250.jpg

ランタナ
DSC_0246.jpg

会館入り口に草花を育てているのはわが町だけです。エヘン!(^_-)-☆
町内の有志の方が、折々に手入れしてくださる・・・。

小雨続きの二三日、涼しさもさることながら草花は正直。

風の音に、ふと気が付く 秋の気配 ・・・
同時に、昔昔のおままごとなど思い出しました。












2017/06/14

よく似ているのよ・・



この季節になると、必ず、あちらこちらで見る黄色い花の塊。
やわらかな緑色の葉が半球体にこんもりと茂り、黄色い花をたくさん咲かす。
a_00000000924.jpg

美容柳または美女柳
biyouyanagi16_7-1_20170612211410235.jpg

そして、

錦糸梅
kinsibai03.jpg


柳とつくほうが、葉も枝も柔らかく、中の蕊も長い。
嫋々とした風情があります。
梅とつくのは、梅の花に似ているからとか・・。

こうやって、書いていても、混乱しそうによく似ています。

雨の晴れ間に、そこここの石垣や門の傍らに見つける黄色い毬状の灌木?
見過ごされそう・・・そのせいか、夏の季語なのに俳句も少ないんですよ。
あんまり、感銘をもたらさないのかな?

昔々、20歳前後のころ、日比谷の帝国ホテルの中庭、
小さくて日陰の中庭に、
この花だけが数株、規則正しく植えられて、明るい光の塊りを成していました。

旧館の佇まいを覚えている方いるかなあ・・・
明治村に移築されているとか。
その、喫茶室の窓から見ていたのです。
鬱屈した気分を、一時、解き放つに、ちょうどよい薄暗い空間でした。
若い娘、独りで座る娘に、
中年のウエイターは、変わらず丁寧な大人の応対をしてくれたものです。

私だけがこの花に抱く感傷かもしれません。



2017/05/23

紫蘭・・・準絶滅危惧種!?



六月を迎える頃
この辺りの大概の家の庭には紫蘭が真っ盛り。
この花は、雑草に見まがうぐらい繁茂し、刈り取ってしまっても
初夏のころになると美しい花を付けてくれます。

DSC06686.jpg


我が家にもあります。
思えば20年以上も前に仕事のアシスタントさんにいただいた一株。
今年は、葉っぱばかり茂る・・・・何か栄養が不足?
DSC_0084.jpg


「鉢植えの紫蘭の花・・・♪」
谷村新司の【陽はまた昇る♪】より。
だけど‥紫蘭を鉢植えになんかするかな?
最近の歌詞には時々不可解を散見しますよね。

そうそう、本題、紫蘭は準絶滅種だそうですよ・・。
こんなにあちこちに繁茂しているのに・・・いずれナクナル?