どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

オリンピックなんて




なんでまた、ゴタゴタが続くのだろう。
スタヂアムのデザインから始まってエンブレムのデザイン。
いくつかの施設や会場の決定の迷走。

今度は費用分担のゴタゴタ。
開催地東京都知事と、組織委員長と、国の大臣と
埼玉、神奈川、千葉の首長と、
それぞれのメンツをかけた言い分が醜いとしか言いようが無い。

実は、庶民の間では、全くの無関心はともかく、
「こんなにもめるならオリンピックなんてやらなきゃ良い」と・・・。

メディアがここまで発達した今、一か所に集める意義は半減している。
むしろテロなどの危険が増している。
膨大な経費の前に、ほとんどの国がたじろぐはず。

世界ナントカという競技会は随時あるいは定期的に実施され
中継を含め、どこで開催されようが即時に、あるいは繰り返し世界中が観られる。

・・・と、思わせるようなゴタゴタはもう、勘弁して。
やるならやろう!
お金も出し合って、仲良くやりましょうよ。

「オリンピックでまた会いましょうと・・・♪」
かたい約束を交わしたあの時代が無性に懐かしい朝でした。


裏口のピラカンサ。秋は赤い実がなります。
DSC_0041_2017052511312744d.jpg







スポンサーサイト

少々、傲慢になってはいませんか?



安倍首相の答え方というか、野党への対応、態度
ちょっと傲慢な雰囲気が見えて、不愉快です。

なんとなく、アメリカ大統領トランプさんの真似かな?
意識していないかもしれないけど、
影響は受けているに違いありません。

妙に自信たっぷりで…言いたい放題!
選挙制度の下で選出された方々、野党議員の質疑にたいし、
真正面から討議しない。
「まあまあ・・とか「ヒステリックなヤジを・・」とか言うのは失礼。
実に不愉快になる。
野党であれ、国民によってえらばれた選良。
議員は、それぞれ、ある思考と精神を担っている代表なのだから。
馬鹿にしたり、皮肉るのは国民に対する侮辱!
こんなに失礼な首長って、いままでいたかしらね?
吉田茂さんだって「馬鹿野郎!」って言ったがゆえに解散になったんだからね。

得意げにトランプ氏に迎合したり
プーチン氏にすり寄ったり
‥‥ったく、恥ずかしい。

加計学園の問題も・・大阪のアレにそっくり。
またまた怪しげな、教育者というより経営者めいた人物と
ずるがしこい・・早口の役人がつぎつぎ登場。
どうして、こう、我が国のエリート?男たちは、怪しげなんだろう・・・。

同じ母親として、こんな男を育てたくないもんだ!
情けない。

つまりは一党独裁の弊害だと思う。
それも、北朝鮮の脅威の故在っての支持率だということ。


DSC_0038.jpg
のん太!寝ないで、ちゃんと中継を見なさい!
日本は大変なことになってんだよ!




憲法について・・

   
輝く憲法 戦争放棄

上は私メ、小学生のころ、作った標語。
戦後の昭和20年代、民主主義と平和主義が教育現場を席巻。
先生方はことあるごとに、授業でも上の二大スローガンを唱えました。

マッカーサーの占領施政とはいえ、
たった数年前まで【鬼畜米英】、【欲しがりません勝つまでは】と
子供たちを前に訓を垂れていた教師たち、大人たち、
総ての日本人は上手にコロリと新政策に鞍替えして・・・
にこやかに新生日本への夢を駆り立てました。
おもえば、実に立派なもんでした。

いま、「それじゃあいかん、アメリカから貰った憲法は替えねば」、
との意見が大勢を占めて?憲法談議が浮上しています。
悩み処は、世界有数の軍備を持つ自衛隊の置き場所!

私たちも黙ってポカンとしていてはいけないかもしれませんね。
ゆっくり、考えてみましょう。

お嫁さんから・・・ブリザードのため、入れ物プラスチック越しに。
DSC_0032.jpg

母の日も来ることだし、明日は私の誕生日でもあります。
75歳!
シュウカツノートを前に
日本のシュウカツもするべきかな?
少なくとも、私が生きた戦後日本のシュウカツ。


 

老いては・・・

 

娘におねだりをほのめかした【さくらんぼ】届きました。

DSC_0018_20170510193917e6b.jpg
縦9個、横6個で・・・54個の佐藤錦。
満足満足。
子供におねだりしたの初めて。
甘えるって、良い気分です!!

さて、所要・・税金納入・・あって、藤沢のM信託銀行へ。
仕切りのあるブース内に居たお婆さん
「ちょっとちょっと」と手だけだして誰かを手招く。
腕章をつけたオジサンが早速近寄ると「ほうじ茶・・」とのお言葉。
紙コップに入ったお茶を恭しく運ぶ中年行員。

「ふ~~ん、サービス良いなあ」
「きっと、ウン億円も預金運用してるんだね、あのお婆さん」?。
それにしても立派な中年行員が、一昔前なら女子行員の仕事。

バスでの帰宅途上、
運転手さんの車内のお客様への声がひっきりなし。
「お気を付けください」の連呼。
乗客が席を起つのを「停まるまで」と制し、
新しい客がノロノロ、席に座るまで、発車しない。
柔らかな声で、心のこもるアナウンス。決して嫌な感じではない。
責任上、いやがうえにも、転倒させたくないのだろう・・がそれにしても丁寧。
「親切だねえ」と思うほどのハイレベル。

う~~ん、社会がのんびり優しい時代になったんだね。
大きいこと、速いこと、利便性を追及した時代は終わり、
みんなで少しづつ我慢して・・・優しい時代へと・・。
それは、実は我々が求めていた理想の社会だったかも。

この頃の世相、色々不満はあるけど、
もう、お任せして良さそうじゃないですか。

「老いては子に従え」の諺が頭をよぎりました。
もう、現役ではない。
すべて、次世代にお任せしましょう・・。

そう思うのは【さくらんぼ】のせいではないのよ、(^_^)/

 












政治家の貌

  

安倍内閣の中で、良くも悪くも、働いているのは・・・
首相と、麻生さんと、岸田さんと、菅官房長官?
今現在、大事な要職、防衛大臣も、法務大臣も、安倍さんが兼務。

時々、石破さんがマスコミに出て、防衛軍事の大切さをアピール。
これは・・・たぶん、国論右傾化を狙った要職かも?

皆さん・・長期政権の経過とともに、
お顔がヤクザめいてきましたよね。
安倍さんのお育ちの良さも
岸田さんの天性の美貌も
元からそれめいていた麻生さんも、
務めて笑顔を見せる石破さんの細い眼も、
いよいよ・・ヤクザめいています。
ゾッとする時すらある・・・。あ、唯一、菅さんは大店の番頭さんの顔。
でも、遠慮っぽい卑屈な顔で・・・黒幕かも。

さて、
山口組の内紛で、大幹部の方々がニュースにちらりと登場。
ワオ、凄いね。ドスが効いてしかもインテリ風。
中には高倉健も真っ青になりそうな美男子も。

有能な政治家とヤクザの親分、両方、よく似ている貌。
ただ・・・あえて言うなら
ヤクザは命を張っている感がある分、顔に緊張が有る。

そういえば、
トランプも、プーチンも、どう見てもギャングの親分貌!


あ~~あ、
知能知識に優れ、良識が有って、上品では政治は出来ないという事?
わずかに印象の良かった、
石橋湛山氏、三木武夫氏、大平正芳氏・・・実に短命だった。
そう、悪人?じゃ無きゃ務まらないお仕事とみえる。
もし、病を得ず、長くお勤めだったら悪人顔になったのかな?

 
kako-7g2RukwrBZCykWDP_2017050108592195d.jpg

どやねん、文句アッか?って長生きしてる。













  • オリンピックなんて (05/25)
  • 【薔薇】または【The rose】。 (05/24)
  • 紫蘭・・・準絶滅危惧種!? (05/23)
  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索