草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

羽生が勝って、羽生が負けた!




どこかのツイートで見つけた名言です。
私が創ったわけではないけど…うまいよね~~!
ご紹介しました。

「え?どっちがどっち?」って、ツイートした方が迷った
とありました。。

そうだ、この言葉、私はスマホで見つけたんだわ!
初めて、ニュースというところを開いたら、このツイートが。

さてさて、一気に日本中のもやもやが晴れましたよね。
良かった~~~。ほんと、良かったです!

yjimage837U72RV.jpg

ただ・・・昌磨君の対応がはっきりしないよね。
どんなに悔しくても、
一応、先輩の金メダル獲得をもっと喜んであげなさいよね。
「別に、オリンピックだからって、気にしていない」だなんて言っちゃだめよ。
仕方ない・・・まだ若いんだね。

同時進行していた将棋の世界では、負けた羽生さんの悔しそうな顔が。
藤井聡太君は穏やかな、奥ゆかしい笑顔。
いつも通り、尊敬する先輩への最大の敬意を込めた立派なコメント。
賢い坊やなんだ~~!

若い人の活躍は素晴らしい。
元気をもらいました!
でもさ、若くして頂点を極めた人の人生って・・・大変だろうな。
その中でも、
将棋や囲碁では、勝ち得た称号が保証するし、
スポーツ界ではオリンピックで勝って、初めて、その後の人生が保証される。


昌磨君、オリンピックを甘く見ちゃダメだよ・・。
次のオリンピック優勝を目指す!と口に出してこそ
先輩への賞賛と、同時に、自分への自負になるんだからね。








スポンサーサイト
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

何ゆえに金メダルが獲れないかへの考察。

  

やっぱり甘いのです。
選手当人というより、世間とマスコミと
日本の冬季オリンピック準備委員…かつての選手やコーチたち。
もしかしたら、
相撲協会みたく、年よりのボスが仕切って・・・スポンサー第一主義で・・・
もしかしたら、
スポンサー獲得のためのホラを吹いていたかも。
それと、ワールド記録ってなに?
事前のワールド大会に、オリンピック選手は出ていなかったの?
日本が、あんなに、すべて優勝していたのはなんだったの?

さてさて、どう見ても劣る体力は如何ともしがたく、
比較するまでもなく、子供のように小柄だもの。一歩の長さが違う。
スタートから差が有る。

スケボーや、ハーフパイプ・・・
空中に舞う姿だって、短足では姿勢の魅力に欠ける。

演技をともなう芸術もスポーツも観た眼が大事
ステージ芸術は観た眼が七割ですって!
フィギュアなんか最たるもの。
だから・・・格好の悪い日本人には基本、不利という前提を覚悟してほしい。


だから~~、銀で良い!銅で良い!
金メダル金メダルと騒ぐな。期待させるなということよね。

「120パーセントの力がなければ100パーセントの力は出ない」
私の口癖です。
生徒たちに言ってきました。
120にするには、日ごろの練習量プラス持って生まれた何かが要るのよ。
気迫とか、容姿とか、いわゆる華とか…そう、生まれ持ったもの。
これだけは、育てられないと、つくづく思ったものです。
キム・ヨナと浅田真央ちゃんの差、
技術は真央ちゃんのほうが上だけど魅力はなんといってもキム・ヨナでした。
金メダルには、ジャッジの眼を狂わせる魅力が必要なんですね。

ご近所の梅。
DSC_0685.jpg

オリンピックが済んだら・・・もう、春です!

 

Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

どうしたの?ニッポン!

   
冬季オリンピック、今までのところ、惨敗続きね。
ジャンプも、フィギュア国別対抗戦も、あのスケボーのあれだこれだも・・・
金メダル確実みたいなこと言っていた女子のスケートも。
今、スイスと戦っているアイスホッケーも負けそう・・・

こりゃダメだわ!
戦意喪失みたいな選手が居るんだもの。
昨夜のフィギュアの刑事君・・びっびっちゃってさ。

ここ10年、精神的にひ弱い子供をたくさん作ったかもね。
トップクラスの豊かさの中で、過保護にしたかもね。
それはスポーツ界においても同じだったかな?
以前とは比べられないほど、ベストの環境・・・甘い・・で育成したかも。

殴っちゃダメとか、誉める指導とか・・・
「初めて、自分の力が不足だと心底分かった」って、なんね?
実力のほどを知らしめる機会は山とあったはず。
なにをのぼせていたんだろう‥周囲の大人が悪いよ。

この度の選手の愚痴が「風が強い」とか「寒すぎ」とか。
だって、条件はみんな同じでしょ。
日本選手登場と同時に条件が悪化するわけないし。

フィギュアの宮原知子の、回転不足なんて、コーチが悪い。
去年も指摘されていたんだから
絶対に癖を矯正して、文句言われないように指導しなかったのかね。

マスコミもおだてたり、見通しが希望的観測だったり
評論家が無責任だったり・・・騙されたってわけ?

DSC_0665.jpg
ゼラニウムの蕾が寒さで枯れた。鎌倉に来て初めての経験。

未だジャンプもスケートレースも、残っているから
金メダル0とはないでしょうが・・・そろそろ、不安になってしまう。
アイスホッケーで、北朝鮮と合同の韓国に負けたら、
それこそ、南北統一指向を助長しかねないしね。

DSC_0668.jpg
この寒さが功を奏したか、クリスマス・ローズが蕾をもった。


DSC_0669.jpg
菫は強いね~~!雪をかぶっても平気で咲いている。

選手諸君!
開き直って、ガンバレ!




Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

外交手腕に脱帽!

   

まあ、北朝鮮の政治家って頭良いよね。

世界中が寄ってたかっていじめているのに屈しない。
あの手、この手で、核装備を完遂しようとしている。
或る意味、感心してしまう。すごいよ。

オリンピックを好機に、韓国を懐柔して、米韓日の結束を解こうという策略。
殆ど成功しているみたいね。
もともと文大統領は北朝鮮との融和策を掲げての登場。
それに、何と言っても一民族、「血は水よりも濃い」ですよね。

日本に置き換えて、あの終戦時の世界情勢を思えば、
群馬あたりから、米側、ロシア側、分断もあり得た話・・・
韓国の人々の想いも、理解できる。

難しい話はともかく、美女軍団とか言われてるけど
なんといっても、金与正さんが美しい。
すっぴんに近いから・・・色白!眼が大きくて、あごの線が綺麗。
まだ30歳前だとか?頭脳明晰が眼の光に。
決して、にやにやしないのも偉いなあ・・・
少々、気張って、いつも、あごを上げてますが・・・

AJP20180209004100882_01_i.jpg
金正恩にとっては可愛い妹。北朝鮮のプリンセスですって。
(あ、お兄さんも痩せたら、きっとハンサムになるのにね)。

だからこそ、怖い。
唯一信頼できる妹の、観察力を簡単に信じて
金正恩氏が行動をおこしたりしませんように。

女性のほうが直情径行の傾向が有るんです。
とくに生まれながらの美人は・・・平気で重大事を男にのたもうから。




Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

横綱 鶴竜について



いつもながらの独断と偏見にて・・・
横綱在位を懸けた鶴竜が、思いのほか素晴らしい相撲を見せて連勝中。
面白いものですねえ。
そうなると情けなさそうな貌が、一変して、強くかわいらしく見えてくる。
というか、本当に良い貌になっている。

yjimage_20180124082437f5d.jpg

私は思う。
白鵬と日馬富士がきっといじめていたに違いない。
というか、上から何かと干渉していたに違いない。
威圧的態度で、鶴竜の心を抑えていたんだと思う。

二人が居なくなったら途端に強くなっているじゃないですか!

なんども書くが、
稀勢の里の大怪我は、日馬富士が、しなくてもよいダメ出しで
土俵下へ突き飛ばしたからなんだからね!

この件、週刊誌も書かないが、
モンゴル勢が話題になる以前から、私は問題視していたんです。
なんか、嫌な相撲だなあと。
彼らの相撲は・・・端的に言って、乱暴なんですよ。
土俵入りも、どんどんモンゴル風に変化させているし。
もっと、すっきりと動くのが日本人の態度。
それなのに・・なんとなくヒラヒラと手を動かす。鷲が羽ばたくように。
モンゴルのチャンピオンの仕草に似ている。
このこと、やくみつる氏も触れている。
「白鵬の土俵入りの所作が、自己流に為ってきている」と。

それに、モンゴルでは、土俵が平たいので最後まで突き放す。
でも、高く盛り上がった日本の土俵では、
日本人力士は、いったん、土俵外に出した相手に対して
転がり落ちないように気配りし、手を差し伸べている。
ふっと、力を抜いて、無用の圧力をかけていない。


絶対に白鵬と日馬富士は数々の悪いことをしている・・
優勝を替わり番こにしたり、星の貸し借りしたり。
だから、貴乃花親方がああいう態度をとったんですよ。

今回の白鵬の休場だって、アヤシイ!
今までも、優勝出来そうもないと休場するから。
医者の診断書も、大金を払えば済むことだものね。

どうしても、私は、こういう偏見を持って、観てしまうんです。
だから、今場所の鶴竜が、清々しく、頑張っているのが凄く嬉しい。

モンゴルだからとかいう偏見ではないことだけは大声で言いたい。