草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   3 comments   0 trackback

ブラッドレッド色のお月様



ご覧になりました?。
昨夜の天体ショウ。
見事でしたね。
この辺りは予想以上に晴れた夜空になりました。
刻々と黒い影が、フルムーン、しかもスーパームーンを蔽い、
ついには、細い光だけになり
最後には
黒みがかったオレンジ色の月がぽっかり漆黒の天頂に漂っていました。

DU34VqjVwAEoPua.jpg

あの黒い影は、私が生きている地球の陰。
回り込んだ太陽の光が夕焼けのように紅くなっている。

神秘的ではなく科学的に証明されている事象。
それでも、なんとも厳粛な気持ちになりました。
二度と、観ることはないでしょうが・・・素晴らしかったですね。

ブラッドレッドムーンの写真はネットからお借りしました。
このお写真が一番私の観たお月様そのものでしたので・・・。






スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

JR目白駅前にて・・

   

東京目白まで所用で昼前に向かいました。

東京に入ると・・・空気が白っぽく感じるほど、雪が残っています・・。
ちょうど正午過ぎに山手線、目白駅に到着。
何と驚いたことに、駅前広場を雪が広々と占有しています!

IMG_20180124_170434.jpg
JRの駅員さんは雪かきしないらしい!
誰かが滑って転んだらどうするのでしょうね。
どこかのおじさんも撮影していたから私と同感だったんでしょう?

手前右に・・改札口出て広場の左側・・・ポリスボックス。
そこも雪の残った上に女性警察官が立っていました。
いざという時滑って転んだりしたらどうすんの?

ま、そういうわけで思いついたのは
今時の若い人は雪かきの道具も無いし、方法も知らないし、
誰かの安全のためにという精神も無いらしいということ。
とくに公共関係の方々?

さすがに商店やレストランの前はきれいに片づけて
はしっこに雪を山盛りにしていましたよ。(^_-)-☆
オーナーに命じられたのかもしれませんね。






Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

初詣・・鶴岡八幡宮へ



やっと腰を上げて初詣へ・・・

5年前までは箱根神社までドライブかたがた二日か三日に。
一度、雪に見舞われヒヤヒヤの運転をしてから冬の箱根には懲りました。

そんなわけで、ここ数年は鶴岡八幡宮です。

段葛も、境内も人出が落ち着き・・・ロープ規制も本殿下のみ。
そのせいか、日の丸がやたら多くて興趣を削ぎます。
住友銀行になったレトロなビルは、
40年まえにブランド、【ポロ】の鎌倉店として建てられ、
英国風の重厚な店内が若かった私の購買欲を誘いました。
その後、数年を経て、格の或る高級レストランへと転身し、
いつの間にか、今は住友銀行に。

DSC_0613.jpg

鎌倉の由緒ある店、格のある構えの店がどんどん失くなります。
聴いたことも無いカレー屋さんが長蛇の列だったり、
アイスクリーム屋さん、クレープ屋さんになり果て、
いかにも観光客向けの街並みになっています。
かといって、歩いている人は若い人ばかりでも無く、高齢者が多い。
人口比率を思えば・・・当然ですよね。

柄にもなく、やたら大きな破魔矢・・・長さ1m以上・・を頂いてきました。
家内安全の木札、安全運転のお守り・・敬6500円也。高ッ!
まあ、本殿に上がってお祓いしていただくとお祓い料は一万円だから、
今年はこれで良しとします。

DSC_0616.jpg






Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

昼の月と??



夕刻、あまりに自堕落な一日を反省して、ドラッグストアまで・・・
消臭剤やら洗剤やら・・・ま、いつでも買えるけど、ストックするかなんてね。

ついでにウオーキングと思い、住宅地の中を廻ってみました。
あれまあ、門に松飾りをしているお家は・・・・二割かな?
やはり、殆ど年配の方のお家だけ。
普段、親しくしている方は皆さん、松飾りをそれぞれの流儀で飾っているのが嬉しい。
新しい家族には新しい生き方と風習が有るんだろうと納得しつつ、少し、淋しい。

ふと、東の空を見上げると・・・夕暮れ前の青い空に月。
DSC_0593.jpg

振り返って西空に・・・なんだろう?
ゆっくりと落ちていく・・
流星や飛行機雲ではなさそう・・・・人工衛星かな?
DSC_0594.jpg

スマホの写真撮り、ズームアップと拡大のやり方を教えていただきました。
で、早速、撮ってみました。
新しいテックニックを試すのは楽しいものですね。


Posted by 草笛   1 comments   0 trackback

東海道五十三次

   
我が町の入り口のお宅の塀。
漆喰が塗られた壁面に、タイルが貼られています。
五十三枚、そう、東海道五十三次の浮世絵が焼かれたタイル。
一枚一枚、拝見するのも楽しいです。

奥様は気さくな良い方で、立ち話をすれば楽しい方なのに、
肝心のこのタイル絵の由来や所縁をついぞうかがわないまま十数年。
今度、機会が有れば必ず訊きましょう。

DSC_0489.jpg


まずは、日本橋
DSC_0490.jpg

そして、神奈川の宿
DSC_0491.jpg

こんな具合に五十三枚がならんでいます。
通りかかる方は興味津々。
山上の笛田公園に続く坂道なので、意外と人通りが多いのです。
広々と開けた公園からは、はるか富士山も臨めます。

富士山と言えば・・・
混とんとしてきた日馬富士の暴行事件。
貴乃花親方の潔癖な姿勢と、野心と・・・
貴ノ岩がかわいそうですよね。

ただ・・・モンゴル勢のグループを強制解散させるべきかも。
なんとなく、疑わしいもの。
勝負の場でも、互いの誼というか、忖度がありそう・・。