2009/05/31

コロラツーラの魅力

何時も、誘ってくれるMさんの御勧めで、湘南台の市民ホールまで、ヴェルデイのオペラからのアリア集を聴きに行く。
ヴェルデイとは、【緑】と言うことらしい。
五月最後の日にふさわしい特集。

アイーダより・・・清きアイーダ、他3曲
イル・トロヴアトーレより・・・炎は燃えて、他1曲
運命の力より・・・憐みの聖母
仮面舞踏会より・・・おまえこそ、心を汚すもの、
椿姫より・・・ああ、そはかのひとか、花から花へ 他、3曲
リゴレットより・・・麗しき御名 他3曲

それぞれ、熱唱だったが、特に、佐藤美枝子さんのコロラツーラが圧巻!
高音を転がすというテクニックだけの美声ではなく、十分、感情移入出来るほど、感性豊かに表現して、コロラツーラで歌う必然を伝えてくれる。
「ああ、そはかのひとか、花から花へ」の切々たる純愛の喜びから、快楽を追う娼婦の心境に戻る瞬間の表現に感動!。
いままで、コロラツーラに惹かれたことが無かったので、今日は、新しい発見が出来て嬉しい。

メインの片岡啓子さんは、やはり一段と艶のあるソプラノ、日本人離れの体格から、イタリアでの活躍もさこそと思う。
バリトンの堀内康雄さんも、知る人ぞ知る歌手。なかなか・・
でも、私は、心よりテクニックを感じて、気に入らない。(ーー゛)

もし、歌詞がイタリア語でなく、日本語だったら、あんなに居眠りする人は少ないのではないかと想う。
軽妙洒脱な解説を畑中良輔氏がしていたから、筋立てや内容は解ったものの、歌詞が伝わらないということは辛い・・・
歌自体に、よほど惹き込まれるほどのオーラが無いと直ぐ眠くなる。

バックコーラスは藤沢のアマチュア合唱団・・・
出演者含めて、タキシードやドレスが似合うとは言い難い。
たぶん、背丈の低さにある?
その違和感が、日本人のオペラやミュージカルから拭えないのが残念。

雑然とした市民ホール、入場券は2500円と安価、客席はほぼ満員。
なぜか、その雰囲気が歌舞伎座にあるものと似ている。
聴衆に、上品な高齢者が多いということだろうか。

スポンサーサイト
2009/05/29

私の先生・・・堀 陽子さん

2009052910390000くろブローチ

シャンソンの先生の話・・
このブログ「先生」が飛び交うので、紛らわしいから・・・以後、お名前でお呼びする。

堀陽子さんは、イベントのたびに、生徒たち(もちろん、歌の生徒)の衣装やアクセサリーにまで気を遣って、アドヴァイスしたり、貴重なご自分のアクセサリーを貸してくださったりする。
「イベント・・ステージは私の作品だから・・」と。

それでも、想う通りのものが見つからない時も多々ある。
ついに、創ってしまった!
それまでも、気に入るように、工夫したり付け加えたりとアイデア一杯だったが、ついに元から創るということになった。

その作品のいくつかを写メで紹介する。

2009052910420000い@

上も中も、直径は7~8cm。
土台はMD盤だったり・・びっくり!
スワロフスキー、オニキス、珊瑚、真珠・・ほかにも小さなレンズを貼ったり・・
ユニークでありながらバランスが良く、どんなシーンにも、衣装にも使える。
もちろんステージ用にきらびやかだが、ちょっと華やかな席なら、ジャケットの襟に納まってくれる。

2009052910430000イヤリング@@@


これはもう、普段使いで、最近は何時でもこれをつけたくなる。
イヤリングもお揃い。

まだまだ有るが次回・・・
ブランド名はY・・イグレック
箱まで創作、ロゴマークも・・・その懲り様が、堀陽子さんらしくて・・・拝見していても、ワクワクする。

ふだんから、美的なセンスはもちろんだが、意外と数的な感覚・・・計算力ではなく・・に驚かされる。技術者としての才能が実っているのではと、思う。

舞台芸術関係者の目にも止まり、舞台衣装のアクセサリーに・・・というお話もあるらしい。

才能のある女性は、世に出て行くチャンスを自分で見つけて行かなくてはいけない。
幸運の女神は前髪しか無いというではないか。
昨日のBSTVで、岸恵子は「窓を、大きく開き、それだけでなく、身を乗り出して、楽しいことに手を伸ばして、つかむこと!」が生きることだと言う。
伊集院 静は新聞広告に「仕事をすることが生きること」と・・・
2009/05/23

阿修羅像・・・・2



パソコンの先生に教えていただいて、やっと画像を引いてきた。

この写真は、とくに女性っぽい。
きっと、ほっそりした形態が強調され、眉根の陰りが深いからかもしれない。
照明の加減とアングルに依るのだろう・・・・

お顔が三つ、
耳は、重なっているからか、四つ、
頭髪は高く優雅に巻き上げられて、一つ、
腕は極端に細長く六本。
表情は生きている人のそれのようにリアル。
写実的で繊細・・・なのに、鼻腔もないお鼻が解せない。

実に、ある意味、シュール。
ピカソ以上かも。


untitled@@@300.jpg  全身像

夫は、天平の昔、完成なった像の衣装の美しさに想いを馳せていた。
絵画的感性の彼らしい想い。
わずかに残る緑色と金箔が想像を掻き立てる。
ネックレスの玉の痕跡も大きく、さぞかし立派な紅玉、緑石、水晶が嵌まっていたかと偲ばれた。


今日も、感動したと、友人知人に語るのだが・・・どウも、もう一つ共感を得られない。
やはり、百聞は一見にしかず!か
2009/05/21

阿修羅像をぜひご覧になって!

会う人ごとに、言ってしまう。

「阿修羅像をぜひ、上野の国立博物館、六月六日まで。」

p1.jpg

良い写真を転載できずに、いろいろ探っているうちに日が過ぎてしまった。
とにかく、実物が素晴らしい。
すごい。
し~~んと、心に沁みわたる美しさ。

ガラスケース無し、立像の周囲、150cmのサークルが有るのみ。
人込みに押されながらも、最前列で、しっかり、二周でも三周でも、360度巡って観られる。
全身を拝見できるチャンスなのだから・・・

蘊蓄はいろいろアップしたいけど、まずは、ご覧あれ!

昼過ぎのほうが空いている・・といっても行列、60っぷんは覚悟。
館内には休憩所もたくさんあるから、平成館に入館するまでの辛抱。
晴天なら帽子や日傘が必需品。

奈良の興福寺を訪ねても、正面からしか見ることは出来ないらしい。
こうやって、三面、左の幼い怒りの表情、右の苦悩に満ちた、内省の表情、正面の、憂いに満ちた、しかし沈潜した喜びの表情を、直に見る機会は7年後にしか巡ってこない。
7年後、再びの、あの行列は辛い。

残りの一週間内に、もう一度拝顔しよう。
2009/05/12

定額給付金はまだ?


裏口にいつの間にかピラカンサスの白い花。
これが秋になれば、真っ赤な鈴なりの実となって、小鳥たちの格好の餌になる。
尾長やひよどり達の争奪戦は、目には楽しいが、その声の恐ろしげな響きは、苦手。

2009051223140000ピラカンサス

給付金なんかくれなくても良い。
その分で、母子家庭や、困窮老人家庭への援助、公立病院の補助、に回してほしい。
鎌倉市的には、子供の教育へ投入してほしい・・・


なんぞと、偉そうに言っていたのだが、いざ、給付ときまってしまえば、「いつ入るの?」と、楽しみにしている。
鎌倉市では、半月ほど前、銀行に振り込むから、通帳の名義のページをコピーして送るようにと、通知が来た。

なんでもすぐやる夫が早速、「通帳を出せ出せ」と催促、コピーも取り、市役所へ送付した模様。
税金・・・不動産税やら、市民税やら、自動車税やら、とにかく、直ぐ払う!
貰う時も、素早い行動。

それにしても、我々、老人所帯につき、40000円をいただくわけ。
正直、う・れ・し・い・!
これをどう使うかで日本の経済が良くなるという政府の思惑、仕上げは如何?

民主党の小沢代表が辞任。
岡田さんが、清新なイメージで、次期代表になるかもしれない。

目の前の給付金やら、こわもての発言で上がってきた麻生首相支持率も、危なくなる?。
2009/05/09

歌舞伎座が消える…一年後

8日・・友人のキャンセルになったチケットが偶然手に入った。
歌舞伎好きの御殿場の友人を急きょ誘っての歌舞伎見物。

あまりなじみのない演目だったが、襲名して、すっかり若返った名跡達の芝居や舞踊を楽しんだ。
海老蔵も、松緑も、時蔵も・・・若い若い。
中村扇雀・・女優扇 千景と結婚したあの扇雀は、坂田藤十郎になり、その長男。
というわけで、皆、30代、40代で名跡を継いでの登場。

彼らの父親の舞台を観た世代からいえば、彼らが貫禄不足におもえるのも仕方ない。

歌舞伎座は約一年後解体され、跡地に新しいビルとなり、その一角を歌舞伎座とする。
上の階はテナント、オフィスビルとなる設計。
【歌舞伎座さよなら公演】ということで人気を集めている。

2009050918170000歌舞伎座@@

雨に煙る歌舞伎座。

帰宅すると、お嫁さんからの「母の日」のアレンジメントフラワーが届いていた。
ちょっと早いけど・・・やっぱり嬉しい。

娘からは黒いエナメルの財布。一緒に行った横浜バーニーズで、見染めたもの。

2009050919130000@@@
2009/05/08

時が癒す・・・

6日の日、早朝の湘南新宿ラインで渋谷に出る。

あるネットの友人が連休中の映画として、紹介してくださった【マリア・カラスの真実】を観に。
半月ほど前から、友人K氏とYさんの、それぞれの快癒祝いをしようと、新宿でのランチのお約束が有ったのを幸いに、朝一番の開場に合わせて、早朝の出立。

2009050615500000マリア@@


映画館は渋谷のロード・スター・シアター・・・普段から、メジャーではない映画の上映館。

一見の価値が十分有った。
なにしろマリア・カラスそのものの映像。
20歳の肥満した身体、スターとなっての美しさを誇る容姿、落ちていく厳しい素顔。

なにより、歌声が当時の、あるいは絶頂期の録音。
見事な再生。

オペラ座、ミラノ座、等々、有名なオペラ劇場。
実際に使用した、豪華な衣装の数々。
周辺を取りまいた家族、友人、夫、恋人。
そして、上げたり下げたりの、マスコミ。

セレブに成りきれなかったギリシャ移民の娘。

そこには、幼児期からの愛情不足による過食と肥満。
強欲な母親との確執。
病気による舞台降板へのマスコミのバッシング。
30歳も年上の夫との生活感のすれ違い。
オナシスの誘惑に深く陥った恋情。
未亡人ジャクりーヌの登場による失恋と屈辱感。

すべてが美貌と才能に恵まれた・・文字通りの【歌姫】を苛む。
挙句、薬漬けの果てに豪奢な部屋での孤独死。

う~~~ん、【椿姫】に劣らぬドラマ!

そして、印象的なコメント。
「歌いだす前に、まずは、表情を作ります。」

終演のあと、文化村の出口で、愛らしいアレンジメント・フラワーを二つ見つけた。さすが渋谷!
タクシーで新宿、住友ビルへ。
土佐料理の名店、【ねぼけ】で、K氏夫人を交えて四人で会食。
K氏はすっかり良くなったとは、ご自覚していない様子で、その点が少々心配だが、まだお若いし、普段、良い生活をしていらっしゃるんだから半年もしたら大元気になられると、安心した。

新宿の高層ビル群は、創始者公文会長の月々の講座を拝聴に通った懐かしい場所。
昔話や、シャンソンの話、それぞれの有り方など・・・尽きることない楽しい会話。
同じ仕事仲間、同じ趣味仲間なのだから当然かもしれないが。

夫の待つ?家には、ちょうど6時に到着。
数年前には無かった新宿湘南ラインは有りがたい。

充実した連休最後の一日。
二日分楽しんだ気分。


こうして、それぞれの心も、体も、時が癒してくれる。
2009/05/06

四月生まれは有利?

日本経済新聞のコラム「四月生まれは有利?」より。

○プロ野球選手・・・
718人の生まれ月が、4~6月生まれが244人 7~9月が200人 10~12月が176人 
最後の1~3月生まれの選手は98人、つまり、4~6月生まれが1~3月の2,5倍。

○サッカー選手・・・一部登録選手
4~6月生まれが最多で、171人、7~9月が125人、10~12月が87人、最小は1~3月の71人。2,4倍。

理由としては、幼少期の人生経験・・生活経験・・・に約一年の差が有るからだという。
この差が大きいらしい。
有利なスタートを切る~代表メンバーになる~質の高い指導を受ける~レベルの高い仲間と競う
こうして差がますます広がる

学業もまた然り。

成功者は成功を繰り返す

社会学者ロバート・マートンはこれを、「マタイ効果」という。
「持っている人はさらに与えられて豊かになる・・・」というのが、聖書マタイ福音書にあるそうだ。
逆境を覆す実力や努力の素晴らしさは改めて言うまでもないが、初期条件があと後まで響くのも真実。
れっきとした現実なのだ。

だからあ~、子供を産むなら四月か五月に!って、老婆心が叫ぶ。


お気に入りの佃煮昆布屋さん、【宗達】の坪庭で。

2009050615510000あやめ

雨ばかりの、子供の日らしくない子供の日が更けていく






   
2009/05/04

忌野清志郎・・・ニュースに

あああ~~~!
やっぱり出てしまいました。


忌野清志郎が、原子発電所反対を歌にしたとき、レコード会社が発売禁止としたあの事件。
夫は、件のレコード会社の役員として、マスコミ相手にコメントを発表したのですが、そのときのニュース映像が・・・今日4日、TBS、夜7時前のニュースに再登場。
ひゃ~~、参った。
でも若い。
ふっくらと太っていて…
懐かしいなあ。

早速、孫や親戚、友人から「見たよ~」って電話がはいる。

久米宏が、ニュースキャスターとして全盛のころだったから
「変なことを言う人ですね」と一刀両断されたりして。(*^_^*)

当時、T電機の子会社としてのレコード会社。
まさか、原子力発電所反対の歌は発売出来かねたのですよ。

【素晴らしすぎて、発売できまきません】
の一本槍で、記者の質問をやり過ごしたのを、傑作だと、女房は感心したものです。

昔々の話。
2009/05/04

狐の手袋・・・ジキタリス

2009050317180000花の名前?

恐ろしげな名前・・・探偵ポアロのシリーズにたびたび登場する薬草名。
でも、現在は心臓病の薬にされているそうだ。
こんなに大きな草丈・・70cm・・になるとは知らずに、小さな苗から鉢で育てた。

和名・・【狐の手袋】
童話がある。【てぶくろを買いに】
狐の子供が手袋を買いに、村の雑貨屋さんに行く話。
さんざん、お母さん狐に「人間に気をつけなさい」と注意されて出かけていく。

お金を差し出すときに、思わず、化けていない方の手をだして・・・
「人間って、ちっとも怖くない、やさしいんだな」と、子狐は思うのです。


2009050408260000狐の手袋

花、ひとつひとつが、狐の指のような形・・・・って?

鉢の足もとのスズラン・・
なかなか芽を出さないので絶滅?と心配してたけど・・
五月の青空を忘れてはいなかったようだ。
やあ、今年も会えたね、嬉しい。

2009050408240000すずらん@
2009/05/03

スーザン・ボイル・・・2

47歳の歌姫スーザン・ボイルさん、22歳時のビデオ見つかる5月2日15時51分配信 CNN.co.jp

ビデオは1984年、スコットランドのサッカークラブ、マザーウェルFCの本拠地フィア・パーク・ソシアル・クラブで開かれたコンテストを撮影したもの。撮影者のゲリー・マッギネスさん(61)が、最近のボイルさんの報道をみて当時のことを思い出し、ビデオを探したという。

ボイルさんがステージで歌ったのは、バーブラ・ストライサンドの
「追憶(The Way We Were)」。
マッギネスさんはこの夜のことを鮮明に覚えており、「彼女はとてもシャイな若い女の子で、後ろ姿が魅力的だった。あまりにもおとなしすぎて誰も注目していなかった。けれど、歌い始めた途端、みんなが彼女に気づいたんだ」と、当時の様子を語っている。オと見られる。




行き当たり ばったりで、ニュースを開いていたら発見・・・
スコットランド紙、デイリ-レコードのウエヴサイトを開いてみたら・・・22歳の彼女の姿と歌声。
騒々しいクラブが、彼女の歌声の前に静まり返って、先日の場面の再現。

聞いたことが有る曲。
バーバラ・ストライサンドの「追憶」とのこと。

淡々と、でも 心をこめて歌っている。
恥じらいの笑顔がキュートで、スマート。

ユーチューブをここに引っ張れないのが残念。

200802091959000のんた眠り


眠い~~~!

お外に出してくれないから・・・鳴いても鳴いても出してくれない。
ご近所のお庭に失敬するのが見つかっちゃったんだ!
全部、済ませてからしかお外には出さないって、ママが不機嫌。
パパも、久しぶりに帰って来たお姉ちゃん?も、ママの剣幕に従ってるんだ・・・・
2009/05/01

赤芽もちの木・・

藤の花に見とれているうちに、振り向くと、赤芽もちの花が咲いていた。
真っ白でフワフワして・・・直径10cmぐらいの塊になって枝先に咲く。

あれ?転居して35年、この花、観たことある?
夫に尋ねる。
草木にほとんど関心のない夫が知る由もない。
訊くだけ野暮というもの!
植木屋さんが、毎年、花芽の前に刈り込んでいただろうか?
それともこの木は老樹にならないと咲かない?



2009050106450000もちのき

こんな人生も有るのかもしれない。
何かの陰になっていて・・・・ふと気が付いたら、きちんと花を精一杯つけている・・・

接写すると、実に豊かで豪華な花ではありませんか!!

2009050108060000あかめ@