どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

銀座・・・

春は展覧会が多い。

昨日は、鎌倉中央公民館ギャラリーで、絵画展。
友人の友人が出展。
油絵。
小品三点、人形や果物・・どれも、豊かで優しげな作品。

今日は、ヨガの先生の書道展。
銀座メルサの展覧会場。
きちんとした作風に心が引き締まる思いがした。
【清風明月】・・いかにも、清々しく、きりりとした月夜に秋の風が吹くかのような墨痕。
草書の和歌、隷書の漢語、行書の漢詩・・・四点の出品。
書くとなれば、当然、和歌や漢詩にも精通するのだろう・・・

2010040110460000@@@.jpg


書道も絵画も体力と気力が必要。
材料、画材や紙・・表装や額縁・・如何で、作品の仕上がりが自ずと違ってくるはず。
・・・となれば、高価な趣味なのだ。

しかも、作品、表現はその作者の芯の表出、露出に他ならない。
有る意味、怖い。だからこそ、例え素人の作品でも魅力がある。


歌も楽器演奏も舞踊も・・・
スポーツも然り。
キム・ヨナも真央ちゃんも、新大関、把瑠都も、・・高校野球選手も然り。


書道展覧会場を出てぶらぶらとウインドウ・ショッピング。
噂にたがわぬ銀座の賑わいの主は中国の富裕な人々。
行きかう人々の三割?

四丁目、三越の向かい、《竹葉亭》で、早めの一人夕食。
一人で銀座に出た時は、ここと決めている。
着飾っていても、普段着でも、入れる。
女一人でも気後れしないで済む。
飾らない淡白な店構えとサービスに落ち着く。
いつでも・・・鯛茶漬け。
2010033120010000@@@.jpg
目立たないが由緒あるこの店。
いかにも東京に長く住んでいるという風情の婦人客が多い。
六本木や青山には居ない、オシャレだけど華美でない。
一人で、あるいは友人連れで、毅然とした婦人客がそこここに居る。
たまに、渋い和服の老婦人が、一人で鰻重などひっそりと楽しんでいたり。

六時には新橋駅を発つ。
品川通過中の車窓より西の空。暮れなずむ街のシルエット。
2010033120000000.jpg
グリーン車が、混んでいる。少し景気が上向きだろうか?

窓外の景色の様変わりにたじろぎを覚える。
品川駅には品川の・・・
川崎駅には川崎の・・・表情が有ったはず・・・
この数年の開発ですっかり様変わり。
どこもここも、変わらない。同じ表情になってしまった。
ホームのプレートを観ないと駅名が判然としない。



東京往復に疲れるようになっている。


スポンサーサイト

ままならない・・・。

郵政のこと
消費税のこと
国債・・国家の借金のこと
教育のこと
少子高齢化のこと
普天間基地のこと
雇用のこと


なにもかも中途半端で、展望が開けない。

以上、考えるのは止めよう。

そして、私自身のこと
仕事は・・なるがままにまかせて、引退したくなったらいつでもできるように備える。
家の改修は・・工務店に任せる。夫には立ち入らせず、私が全て決断する。
趣味は・・居づらくなったら辞める。下手なりに上達する間は頑張る。



要するに、なるがままにまかせよう。ケ・セ・ラ・セ・ラ
全て私の意思のままになる・・

それなのに、私の責任において、一番に解決可能なのに、
ままならなのが体重管理。
心理状態は・・たぶん・・・麻薬中毒患者?(;一_一)



野菜を多めにする献立。
数十年間、『野菜、野菜、野菜・・』と、念頭から離れることない家族のための食事支度。
それが・・・夫の病からの無罪放免を得て、ふっと、気が抜けた。
最近、面倒な野菜料理を放棄。
ほんの、付け合わせ程度でごまかす。


もともと、連れ合いは野菜嫌い。
うるさく言わなければ食べない。
鍋にすれば、私の目を盗んで、野菜はパス。
サラダにしても半分。
煮浸しにすれば三分の一を、必ず、残す。
野菜料理は面倒。私とて、菜食主義ではない。

努力にも限界がある。
この年で、【おさんどん】に精魂込めるのには飽きた。
まして、喜んで食べないなら・・

もう、やってられない!

結果、私自身の脂肪過多!・・・
連れ合いの体重と私のそれが56kgを交点にどんどん離れて行く。
なんのこっちゃ?!

鳩山内閣の支持率の低下にクロスする魅力有る政権は見つからないと言うのに。



オレンジ・ママレード

小田原の友人から、『教会の前に在る夏ミカン、送りま~~す。』のお電話。
前々から、夏ミカンの皮を欲しがっているのを覚えていて下さったのだ。

無農薬の夏ミカンの皮で、ママレードを作りたい・・・

まず、四個の皮を三回、茹でこぼす。
実はタネやら袋を外しておく。
皮の内側に着いている白い綿状のものをこそぎはがして・・細かく刻む。

200グラムの白砂糖の半分を塗して数時間放置したところ・・2010032708580000@@@.jpg

後は、焦げ付きに気をつけながら・・・残りの砂糖を足して煮込む。


夏ミカン二個のレシピを持っているが二個では手間が勿体ない。
かといって、六っ個では・・・剥いたり切ったりが多すぎて飽きる。
ちょうど・・・四個が私のエネルギーの範囲。

上等なジャムの入っていた空瓶に入れれば出来上がり。
2010032709350001@@@.jpg



手造りに凝るほど料理自慢では無い。
なぜか、かんきつ類を観ると造りたくなる。
オレンジの輪切りのコンポート。
夏ミカンのママレード。
夏ミカンのオレンジ・ピール。

連れ合いの朝食はトーストにバターとジャムを乗せたもの。
術後、すっかり甘党になった彼は、イチゴジャムの方が好みだが・・
おやつ代わりに、抓んで食べる・・あっという間に空になる。

高い枝に生る実を切り落して、段ボール箱に詰め、宅急便で送って下さる。
かけがえのない友情。


心から感謝して・・・
たった一瓶だけ送ってみたが、
このほろ苦さ、お気に召すかな?。





春の雑草

鎌倉市営の運動公園が我が家の裏山に在る・・
散策には絶好の小高い公園。
冬なら遠く富士山を観る。


久しぶりに雨が上がった午後。
大腸検査も終了して・・夕刻までの一時。

あれ、ウグイスの声。今年始めて聴く。
ホ・ホ・ホ・ホケキョ!!
初心者らしいが力強い声だ。

日本タンポポ。一輪だけ。
2010032617280000shinn.jpg


踊り子草と白爪草(ペンペン草)の群れ
2010032617290000@@@.jpg


午前中の検査で・・何ら健康に不都合は無い。
血圧、血糖値、胃、大腸・・合格!
幾分、高脂血気味だが薬は不要とのこと。

さりながら三月初旬から、なんとなくだるい。シャンとしない。
『せっかくだから、これを機に、痩せなくては。』と独り言。
この機とは、前日からの節食と下剤、今朝6時半からの2リットルの水飲み。
挙句、お腹はすっからかんになって綺麗なもんだ!!

帰りの挨拶をして、ドアに手をかけると
「そうね、修行だと想って、後二週間の節食!(*^_^*)」と医者の優しい声。




悪いか?って訊かれると・・・困るけど

国家公安委員長の路上チュー事件。

独身だから・・・誰と恋愛しても良いでしょ!
お相手がホステスだからっていけませんか?
お掃除の人にカードキーを渡して問題ありますか?


確かにそうです。
法律に違反しているわけではありません。

久しぶりの薄曇りに散歩。ヤマザクラはほぼ満開。
2010032617300000@@@.jpg

歩きながら、つらつら考える。。
でもさ、
あまりに情けないではないですか?


国家機密を握っているから・・
防災のトップだから・・・
拉致事件担当大臣だから・・・

そんな理由を述べ立てる前に
「67歳の紳士として、選良として、恥ずかしい。
はっきり言って、貧乏くさい!」

「お掃除ならお掃除のプロに頼みなさい。
恋人なら、しかるべき場所でお会いなさい。」


そう言って唾棄する評論家も同僚議員も、一人も居ない。
うすら笑って、私生活云々と擁護する者までいる。
それが、また、情けない。


それにしても、熟年以上老人未満のお行儀が悪すぎる!

愛国心の行方・・

オリンピック、サッカー、様々な国際試合の舞台。
国旗掲揚の時、国歌が流れるとき、
外国選手が誇らしげに顔を上げ、胸に手を当てている姿は見慣れた風景。

日本選手も、それを見習ってか、同様な姿が増えた。
良い事だと想う。
パフォーマンスに慣れないせいか、照れくさそうな、不貞腐れたような、表情。
ま、許される範囲。
次世代の選手は、もっと堂々とするだろう・・期待している。

愛国心を普段意識せずとも、国際試合になれば、ニッポン!ニッポン!と叫ぶ。
自分が所属する組織に愛着を持ち、その繁栄を願う。
当然の欲求だと想うのだが・・・
必ずしもそうではない人格がこの頃気になる。

仲間や組織の繁栄を願う前に、まずは自分の都合を優先する人格。
属する組織が有利になるためには自己犠牲も厭わない・・と、想うのは旧いのか?


趣味の世界
仕事の世界
ご近所
ひろげれば、国家社会。

自分の都合ばかりを述べ立てて恥ずかしくない人々。
巧妙な言い訳すら怠けて・・・開き直っているのだ。
【私は・・・・自分のためだけに生きているのです】と宣言するのと等しい。

所属するグループの繁栄を図るのは構成員の義務のはず。
構成員の協力無しでは、その組織は育たないと言う理の当然を知らないのか。
自分が居なくてもどうってことないとでも?
そのくせ、属することの楽しみや、利益は享受する。


参加費用を支払うのは勿体ないから、イベントには参加しない。
送別会・・・知らない、親しくない、だから行かない。
町内のお世話になんかならないから町内会費は払わない。脱会する。
NHKは観ないから・・・視聴料を払わない。
税金も、国民年金も、健康保険金も払いたくない


その陰で、協力する人々の負担が増大するのだ。
蔓延する自己主義!
今や、恥ずかしげもなく、大人、老人にまで及ぶ!

良いとこ取り・・そりゃあないよ~。

このままでは・・・たぶん、日本は貧乏国に成り下がる気配。
「もう、外国に住むしかない」と言う。
「少なくとも、子供たちは外国に住まわせる」というエリートが増えている。
近くの某エリート中高一貫校の男児たちは公然と【成功して、税金の安い国へ行く】と
言い交しているらしい。

愛国心の行方は、
私なんぞが考えるほど生易しい事態では無さそうだ。















地に菫花、天に桜花・・

鎌倉駅前の歩道にて菫。
2010032313220000.jpg


やっぱり書く。小声で言う。
政治、宗教、病気、についてのコメントはタブーだとは承知の上だ。

政治的には全くのノンポリ。
いわゆる浮動票の一枚。
その場その場のマスコミの政治操作に簡単に引っ掛かるのも自認している。

二三日前、参議院予算委員会の中継をちらちら眺めていると・・・
なんとも不可解というか、嘆かわしいのが、北海道教職員組合の、秘密文書の件。
義家議員が資料を元に、次々と追及している。
その疑念、その追及、その資料が正しいのか否か。
私には判然としない。

義家議員の言うところ、
式典における校長の指示、【国旗を掲揚し、国歌を唱和する】への対応。
これに、逆らうと言う意志統一を、教組が、図っているという。

天皇制への心情。思想。各人、それぞれ自由だ。
現体制への批判も有ろう。
でも、学校教育の中で、真っ白な子供たちに、自らの思想を植え付ける!!
しかも、税金から給与を貰いながら、よくもよくも言えたものだ!!
もし、自らの思想の浸透と普及を願うなら、私塾を開けばよい。

それなのに・・・マスコミも黙っている。
PTAも黙っている。
いったい、何故?

もし、真実なら、大変な事だと想うのだ。
私は、決して、国粋主義でもなければ天皇を崇め奉る気も無い。
象徴として存在する天皇家に親愛を寄せ、関心を持つ・・
ただのミーハー的小母さんだ。

昭和、終戦直後に小学校に入学した世代は、徹底的に民主主義を教育された。
平和主義、戦争忌避の精神も学んだ。
太平洋戦争の罪科は日本に在りと、叩き込まれれば、愛国心も薄れる。
何もかもが薄汚れて貧しい日本だったもの、愛国心も育たないよ。
豊かで美しいアメリカに憧れを持った。
日本を属国化する企みに反発心も抱いた。

すべて承知の上での営々たる努力。
曲がりなりにも、現在の、豊かで平和な国を築いてきたのだ。
その歴史、
祖父母、父母、近隣のおじさんおばさん、が、髪振り乱して働いた歴史。
たゆまぬ努力を称賛することこそ、歴史教育ではないだろうか。

親祖が築いた豊かで美しい国を見つめれば、自然に愛国心が育つだろう。

国旗を掲げ、国歌を歌ったからといって、愛国心が育つのではない。
同時に・・教組が懸念するような【天皇制への讃美】に結びつくはずもない。

開花宣言?駅そばの大木。
2010032313210000.jpg


親を、友人を、故郷を愛する、イコール、国を愛すること。
平和で、豊かで、草花に満ちたこの国の姿を、そのまま、子供たちに伝えれば済む。
もっと良い国旗、国歌、が有るなら・・いつでも、それを受け入れよう。
「桜、さくら、弥生の空に・・♪」だって良いのだ。

だからと言って・・・今

愛する国の、現在のシンボルを忌避してなんとしようぞ!




六本木の西日

髪のカットに六本木まで行く。
芸能人専門の美容師であり、メイクアップ・アーテイスト。
知り合いの知り合いという天恵に浴しているわけ。
マンションの一室が、鏡(姿見)と敷き物一枚の俄か美容室になる。


一流の職人の生き方を垣間見る。

一か月、実働は10日ぐらい。美容室を持たない。
生活は九州、久留米。家族を久留米に置いている。
タレントやプロダクションの要請に応じて飛行機で往復、東京はホテル住まい。
その、合間に、お願いしているのだ。
一見して、オフ中のサラリーマンといった地味な好青年、40代?
お召し物は、趣味が良い。たぶん高価な物。
美容業界の人とはとても思えない、実直な風貌だ。

出来栄え?。
そりゃ、二倍はする料金をものともせず参加するのだから・・・。
「それなりに・・」とはいえ、見事。

美容へのポリシーは、≪自然であること、何もしないこと≫。
ハサミ一つで、丁寧に丁寧にカットするだけ。

彼曰く「ヘアーをきちんとしていれば、化粧は、ここぞと云う時だけで。」
・・・常時、ここぞと言う時なんだよなあ・・・(;一_一)


アーク・ヒルズ一室より、六本木ヒルズに傾く西日を楽しむ。
2010032206340000@@@.jpg


・・眼下は首都高速道路。
アーク・ヒルズは、サントリー・ホール、全日空ホテルに隣接。
高層ビルが東西二つに分かれて建ち、オフィスも入っている。
上層階がマンション。
掃除、洗濯全て、管理室任せで済むらしい。
キッチンは広く大きい・・が、周辺は高級レストランにこと欠かない。
生活臭が皆無なのも当然かも。


それぞれの生き方。暮らし方。
『・・・こういう生活を送る人々も居るんだ・・・』

常識・・それも50年前の価値観と美意識の中でのみ、
私は生きているんだ。
嘆息混じりに、呆然とする。



黄砂の空に・・・

21日、春分の日。午後五時過ぎの西の空。
黄砂が覆う街の上、乱反射して大きく大きく傾く太陽!

2010032206320000入り日@@@
今朝の暴風に、三月にしては珍しく富士山が見える。

開花待つ桜と・・・
2010032206310000桜


東京への研修後、あえて回り道して、片瀬山から眺める。
散歩の老夫婦、ベンチに腰を下ろす老婦人、三脚にカメラを据える熟年紳士、
富士山も西日も桜も・・・日本人の心を惹きつけてやまない。

希望を乗せた朝陽も好い。が・・
いま、西陽に心を寄せる。

『御同輩・・残る時間を、心安らかに過ごしましょう』と、心のうちで囁く。





人生の春・・・

上村松園の名画【人生の春】と【花ざかり】

日本画界に女流を確立した上村松園をヒロインにした小説【序の舞い】宮尾登美子著で、
つとに有名になった日本画家の作品。、

松園の名品の中に、【人生の春】と【花ざかり】がある。
花嫁と、その母親が描かれていたと想うが、実に繊細で上品な美人画。

昨日の土曜日。
夫は、それぞれの任地に在る息子と娘を誘い、沼津で合流し、ゴルフを楽しんだ。
引退直後発覚した癌との10年に及ぶ戦いを、どうやら、乗り切り、迎えた誕生日。
その喜びも有ってか、安心したのか、ともかくも親子水入らずでのプレイ。
子供たちの快諾を得て、意気揚々と出発した。

さぞかし・・と想う。
夫にとって・・再びの【春】きたれり!だろう。

迎春花・・または黄梅  近くの病院の入り口にて。
2010032111230000@@@.jpg

私は一人家に・・・
夫の喜びはわが喜び、と独り居を楽しむ。


「息子と飲めたら・・」
「娘とバーに行けたら・・」
世間の父親のお定まりの楽しい未来予想。
なかなか…口で言うほど容易くない。だからこその願望。

息子と、娘と、…ゴルフをする。
これも、【人生の春】!


なぜか急に松園の絵が連想されたのだ・・・・意味も無く。

グルメ・・・という贅沢。

湘南道路沿いの、【三笠会館】鵠沼店で、大御馳走を頂いた。
銀座の本店と違い、夜のアラカルトも許されて、いつでも気楽に入れる。
駐車場も広い。
海沿いとあれば、ロケーションが良く、私にとっては、とっておきの穴場。
気取った食事をしたいときに、伺う。年に一、二回。
お料理は極上の素材をイタリアンに仕上げる。

今日は【グルメの会】メンバーのゲストとして飛び入り参加した。

さて、ランチとはいえ、豪華な献立。
テーマは海老。
普段のメニューではいただけないお料理と聞き期待が高まる。


そりゃあ・・美味しかった!。

○ 前菜、三陸産タラのブランダード、スモークサーモンとクルトン添え。

○ 脱皮したての海老、丸ごとフリット、フロマージュ添えサラダ。
100317_1254~01001~0001@@@

○ 筍とトマトの具だくさんのスープ。

○ オーストラリア産活きイセエビのヴァプール
2010031716460000@@@.jpg

○ 藤沢産、みやじ豚のトマト煮込み。


○ デザート、イチゴのタルト、バニラアイス。

2010031716450000@@@.jpg



美味しいものを食べるのは、楽しい。
究極の贅沢?形に残らないものに浪費する・・
かつて、西欧の富貴な人々は吐いてまで美味を楽しんだと言うではないか。。

残念ながら、肥満、高脂血を厭う時代、グルメは許されがたい?
スリムな体型こそ賛美されるという風潮に逆らう。


小太りの方が、健康で長生きだと言う説も在る。
医者も「食欲が旺盛?好い事ではないですか・・」と言う。

はてさて・・・?悩ましいこと。
本日の贅沢分は明日の粗食にて、
プラス・マイナスを図る。




12年間・・・生徒だった・・

おそるおそる「・・で?何処に行くの?」と聴く私。
くにたち音大合格は先日確かめてあった。。

淡々とした声で、「国立東京芸術大学の音楽部」
「え?上野の?」
「はい」

ひゃ~~~!!おめでとう!
教室中が拍手拍手で、沸きかえる!

報告してくれた御嬢さんは、小学校一年生から12年間・・・私の生徒。
表彰対象に成るほど、特別に高進度を達成したわけでもない。
英語教材だけは、最終教材まで進みそう・・

他塾も予備校にも、一度も通っていない。
公文の認定テスト、英語検定テスト・・勧めに素直に従ってくれたのみ。
ただひたすら、公文と学校とピアノの日々だったはず。

音読会では、年下の生徒を前に、堂々と、照れもせず、熱心に英語教材を音読した姿。
町内の清掃会に出て、近所のおばさん達に立ち混じって働いていた姿。
長期休暇には、採点を手伝ってくれた姿。

その柔らかで純な精神を心から愛おしく思ってきた。

今日の吉報・・・神様が下さったご褒美に違いない。


barazukusi10-3-6.jpg

鳩山さんちの次男坊

アルカイダ、ビンラデインは友達の友達!
坂本龍馬は、親戚!
母親が言うには、兄はお金をせびるらしい!

どうしてこの人は落ち着きの無い人なのだろう?
口からデマカセでは無いらしいが、非常識な発言が多い。
いつも、踏み出しが、一歩速すぎる過去を持っているのに未だ懲りない。
それにしても・・・この方に、政治的実績は有ったのだろうか?
要するにおっちょこちょいに見える。

アホかとおもうけど・・・東大出で、兄、由紀夫氏より、優秀だったと聞く。
揃って、勘が良く、裕福で、お育ちが良くて、悪意のないという兄弟。
加えて、ともに、芸能系の美女を配偶者にしている。
女房の有りようが、自分の人生にどれだけの重みを持っているかが解っていないらしい。
賢すぎる祖母、しっかり者の母親・・それも、あんがい、一因?


二代目、三代目の人生。
祖父なり父なり、偉大な人物を持つのは辛いだろうなあ。
自分を重ねようなんて思わなくても周囲が期待するのだろう。

かろうじて、与謝野さんは、今のところ、先祖の名を汚さずに済んでいるが・・・
どうぞ、慎重に、落ち着いて、策略をめぐらせて、・・・
と、他人事ながら心配する。

小泉さんのように、横須賀のヤクザめいた祖父を持つ。
このぐらいが、二代目、三代目が生きるにラクチン。
一郎さんの子息、後継者はイケメンの口達者!
小泉家はしばらく安泰と見る。(*^_^*)

つくしんぼう・・・昨夜の雨でニョキニョキ・・・
2010031608120000@@@.jpg
スギナの子にしては唐突な形。











障害のある児童への指導研修会

昨日からの二日にわたる研修会。
東京とはいえ、往復の疲労を避けて、お茶の水駅近くの【ホテル・じゅらく】に一泊。
小さいが、心遣いのいきわたったビジネス・ホテルだったのが嬉しい。

一日めの研修会は大盛況、500人入る会場が満員。
講師は、親しくさせていただいている若い指導者。
自信と誇りに満ちた講話にたくさんのことを学んだ。

障害児への指導といえど、やはり、個人別能力別の徹底を図るに如かずの結論。
・・・同時に、指導者の負担はかなりのものという覚悟も。

今日の脳科学者川島教授の講演会は残念ながら欠席する。
疲労気味の心身が帰宅を急くので、朝10時には、御茶ノ水駅から家路に就く。

ニコライ堂のドーム。右横に明治大学が有るはず・・
2010031411100000.jpg
御茶の水駅を背に神田方面を見渡す。


聖橋から見下ろす神田川
2010031411090000.jpg
神田川の右手は東京医科歯科大学。
土手には桜がすでにピンク色の趣?

御茶ノ水駅、プラットフォームから、聖橋を見上げる。
2010031411070000.jpg
40年あまり、変わらない佇まい。
土手に咲く紫ダイコンの花、雪柳、桜・・・ここにも駅員の心遣い。
聖橋の底に、川面に当たる光の波模様がチロチロと反射されて、興趣が沸く。


朝の光が、風景に豊かな表情を付けてくれる。




蕗の莟・・・

今年・・・なかなか蕗の莟が見つからない。
一面に蕗がはびこっていた場所が硬い地面に変わってる・・・

昨日、梅林の叢に見つけた一輪。
2010031308540000@@@.jpg

暖かくなれば早速、ボス猫茶トラとの激戦も再開。
我が家の玄関口・・・ようするに本丸。
ぎゃ~ッ
二匹の取っ組み合いに、ジジババ駆けつけて参戦!

応援あっての撃退に満足の態?お疲れの態?
2010030513480000.jpg


玄関・・茶とらが入り込んできた辺り一面。
茶とらの毛と、我がのん太の毛と・・・入り混じったフワフワの散乱。
急場の掃除に、東京への外出意欲も減ってしまうと言うもの。
つれあいは「あっちだ!」「こっちだ!」と指図するのみ。

挙句、付けていたロング・ネックレスの糸が掃除機に絡まって切れた!

老いて、ペットを飼うのはかなりの負担だよなあ 。



桜ご飯・・・誕生日につき

本日は、つれあいの誕生日につき、桜ご飯。

薄味の竹の子ご飯を焚いて、塩漬けの桜と、蕗のとうの漬物を混ぜただけ。
春らしい香りが立つ。
2010031211440000@@@.jpg

二日前、十日は・・・・結婚記念日。
いよいよ、結婚44年目?
何度目かのお見合いの果て・・・
考えて見ると、幸いな事に、そこそこお似合いだった。
・・というか、お似合いになるように努力しあったのだろう。

うん?と、互いの齟齬を悟った時、私は仕事を見つけ・・・
家庭的でない?相手に、何も求めず、自分の楽しみは自分で見つけた。
或る意味、かえって、ありがたかったのかもしれない。

アニバーサリーを重要視しない夫婦。
ついつい、申告も終えてのご機嫌で桜ご飯など作ってしまった。
つれ合いは、本日、ゴルフにお出かけ。

明日からの旅の御土産に求めた昆布の佃煮の店。≪宗達≫の庭先。
優しげなアセビの花。
2010031214530000本物

壺庭に・・楚々とした枝垂れ桜?
2010031214520000@@@.jpg

「何桜?」と、聞けば、なんと造花だという・・!

そう、造り物の花をつけて・・それらしく・・
知らんぷりで、互いの在り様を認め合ったことも?。



晴れた!・・鎌倉税務署へ

久しぶりに晴れ上がった!!
歩く。九時出発。

もちろん、鎌倉税務署が管轄。
数十年前までは藤沢税務署。ザワザワとして暗かったとおもう。
その後、仮設のプレハブが由比ヶ浜に出来て・・・・数年。
出来上がったのは、素敵な建物だった。
税務署らしからぬ、穏やかな建造物。


鎌倉駅西口・・裏口・・を出てかなり歩く。ようするにアクセスには不便。
落ち着いた住宅に並んで、溶け込むように建っている。
年に一度、申告書を出しに行くのが、或る意味、楽しい。(*^_^*)
2010031110000000@@@@@.jpg

2010031109560000@@@.jpg

我が家からは、のんびり歩いて、30っぷん。
道すがら見上げると・・・
コブシの蕾はすでに大きく膨らんでいる。
2010031109540000@@@.jpg


路の傍に・・紫大根の花・・陽光の中で輝く緑の葉。
2010031110540000@@@@@.jpg


申告が終われば・・やっと私にも、春が来る。




やっぱり、書く。

愛子さまが登校拒否とか。

二年生らしからぬ立派な体躯に恵まれた、聡明そうなお嬢さんだ。
確かに、いつも、なんとなく不機嫌だし、気難しそうな愛子さま。
それは、自分を取り巻く不自然な環境への抵抗感と、
受け入れようとする努力の表れと拝察していた。

学校側は、他のクラスの男児が数名、乱暴な行為をしたり
大声で怒鳴ったりすることが、判明したと応えている。
愛子さま個人の過敏な感性とでも言いたげだ。

直接の被害を受けなくても、優しい心根の子供にとって、
あるいは、叱られることもない穏やかな環境で育った子供にとって、
理不尽な怒鳴り声や、乱暴な行為・・・一種の学級内暴力は、
世間の人が思っている以上の恐怖に成る。
ましてや、女性の心身は、大声や粗暴な行為に過敏に反応する。
このことは、医学的にも証明されていると言うではないか。


家庭内暴力DVを待つまでも無く、女の子を躾けるにも、怒鳴ったり、
叩いてはいけないと言い伝えられているではないか。
成人しても、突然の大声に恐怖を覚える女性は多い。
夫族の所構わない大クシャミにさえ、腹が立つほど驚かされるのだから。



この類いの事例は、仕事柄、個人面談をしていて持ち上がることが度々ある。
大多数の子供は平気なのだ。
自分が被害者でない限り余所事だから。
だが、心優しい、ある種の子供にとっては、トラウマになる。
学校という場に入ることが怖いと言う。

想うに、学校側も、家庭側も、どちらも正しいし、また、間違ってもいる。

このニュースに驚いたのは、まずは、
学習院でさえ、そんな生徒の教導が不能なのかということ。
学習院初等科に入れるためには、○○幼稚園に入れ、そのために××幼児教室に入れ、
やっとの思いで、合格を手に入れると聞いている。
のんびりとお育ちの皇族方が進む学校ではない?

乳幼児からの、お受験準備、切磋琢磨・・・両親の熱心さ。
もしかしたら子供たちの精神をゆがめてはいませんか?
と、問いたくなるのは、エリート教育?に縁遠い家庭の僻みだろうか?

愛子さまが恐怖を覚えるほどの、尋常ならざらぬ大声や粗暴行為、
それは「子供らしさ」を超えているはず。
・・・愛子さまの前に飛び出して大声でわめいた?
それは、飛び出された本人のみが感じる理不尽な恐怖!

その行為が、ご自分に向けられたと、しっかり悟られたに違いない。
実に巧妙な【いじめ】。
当事者の男児に、厳重な反省と謹慎を促すのが当然。



一方、申し訳ないが、皇太子ご一家の抱える問題点を挙げざるをえない。
愛子さまは・・・母親が病弱である家庭の子供だ。
幼くして、床に就く母親を気遣う日々。
どれだけ子供心をナーバスにするか計り知れない。
この上は、雅子さまが、我が娘の心の安定に、ご自分の影響が有ることを
深く自認して、心機一転、心身ともに御快癒を覚悟していただきたい。
笑い声に満ちた家庭のなかで、愛子さまの情緒が安定するのを待ちたい。


そんなこんな・・・日本を代表する「旧家」、「上流家庭」、「セレブ」の
お嬢様と学校との軋轢の中から見えてくるもの。
うつ病を誘引する日本社会。
危機に瀕してしている日本の学校教育。
天皇制維持への隘路。


学校も、宮内庁も、頭が痛い事だろう。

私は、愛子さまのファンだ。
健やかで、賢く、母上に似て、自立精神の旺盛な女性。
新しい女性皇族にお育ちに成るに違いないと期待して居る。






C・F・・・私見

ソフトバンクのCF・・・
あの白犬一家のCF。大好きです。

顰蹙を買いながら、いつも大笑いさせてもらいます。
つれあいは「どこが面白いんだ!、犬が主人だなんて!」と怒ります。

それはさておき、先日、吃驚しました。
いつの間にか、白犬父さんの故郷の雪国で、現れたお母さん。
若尾文子が登場していました!

「あら、ジロー、帰って来たの?」ですって。あの甘い鼻声で。
やけに綺麗で上品で色っぽい。
(お嫁さん?の樋口加奈子より色っぽくて困ったもんだ。)

それにしても、最近のCF,動物や子供が頻繁に登場すると想いませんか?
不景気のせいでしょうか。

ギャラが安いのでしょうか。

愛らしい姿は、こちらも楽しいけど・・・なんとなく、痛々しい。

だいたい、我が子をタレントにしてどうしようというのでしょう?
子供タレントから、成人して、大成するのを、ほとんど観たことがない。
大人の世界に早くから入れて、学業もままならず・・・
本人にとって、良い事が何か有るでしょうか?
私には、一種の虐待に見える・・・
動物タレントでさえ、緊張と無理な生活のせいか、短命だと聞いています。


「子供店長」の清志郎君.
行く末を心配するのはお節介でしょうか。


そんな中で、ソフトバンクのCFが、もっと進化してほしいなあと思っています。
すっくと立ってる和服の若尾文子、なかなか良いと、オールド・ファンは思います。

それから・・・八千草薫!
時々、登場するけど・・いつもいつも感じが良い。
浮世離れした、生活臭の無い、あの清潔感!。

二人とも、大和撫子の成れの果てながら・・・美しい。

さっき、【龍馬伝】で観た広末涼子。
この流れの中の若手かもしれないなんて、独断です。


美しい女人、佳人を観るのは、女だって、楽しい。


久しぶりに、若尾文子・・・

喪服を脱いだ若尾文子を観た。

大映の青春映画・・どちらかというとニクタイ派として・・で登場。
鼻ぺちゃの、丸顔の、庶民的な愛らしさで、人気が出た。

【朱とみどり】ではOLに、【愛染かつら】では、白衣の看護婦さん。
【源氏物語】では、「明石の上」に扮した?
最終的には、恋の勝者になる役をこなしたあたりから
高嶺三枝子に並び、山本富士子に並び、
大映の看板スターになっていた。

フランスで恋に落ち、結婚、瞬く間に離婚。
いつのまにか、上品な美人女優に変身!!?

数年を経て・・・・あの大巨匠、建築家 黒川紀章の妻に。
「君はバロックの真珠!」のプロポーズに、参ったのか、再婚。
その後は芸能界にも距離を置き・・・優雅なセレブ生活。
そして久しぶりに観たのは、夫の酔狂な都知事戦、参院選への立候補につきあう応援姿。

それもつかの間、未亡人に。


昨日、三月六日のNHKホット・モーニングに登場。
いつまでも現役で在りたいと言う
2010030513470000@@@.jpg
飾らないトークと、変わらない美貌、朝にふさわしい程の良い和服ときこなし!
う~~~ん、非の打ちどころがない。

華麗なる脱皮を重ねた熟年の姿!

鼻にかかった、甘い声でさえ『悪声だから、努力している』と言う。
びっくりした。そうか、会話の声も、自分で工夫してきたのだ!

声が・・声のみが・・
似ている・・・なんて、昔、言われたっけ?・・・ハハハ(-"-)

児童虐待

何が切ないと言って、児童虐待・・
親の虐待による死のニュースを見聞きすること。

いったい、近所の人は何をしているの?

行政の問題ではない。
いくらなんでも、年がら年中、住民を見張っているわけではない。
一番責任が有るのは近所の人たちだ。

【お水をください】という懇願の声を聴いていたと言う。
娘一人を連れた親子三人の外出を窓から見つめる男児を観ていた人が居ると言う。
いったいぜんたい、どういうこと?
無関心でも、無視でもない。充分承知していたのだ!
これはもう、無責任の領域。
町内会は機能していなかったのだろうか・・・・?

誰も、直接、親に談じ込もうとしない?。
せめて、警察に届けるなり、役所に訴えることすら、出来無いというのか!


昔々、新興住宅地だったこのあたり、若い所帯ばかりの頃・・・
近所の幼児がいつまでも泣きやまない。
「ママ~~、ママ~~!」と、大声で泣き続ける・・
「どうしたの?、具合が悪いの?」と、声をかけざるを得なかった。

男児をスリッパでたたく隣家の若いママを、無断で飛び込んで、制した友人。
締めだされて,ドアをたたき続ける子供に替わり『御免なさい』と一緒に謝った笑い話。
我が息子、私に締めだされて、公園のブランコで一人居るのを案じ連れてきてくれた方。

恥ずかしながら、親の抑えがたい怒り。
思いもよらない激高を、互いに、窘めながら、
あるいは、慰められて、子育てをしてきたのだ。


近所の人たちが子育てを見守つてくれていた・・・
勿論、お年寄りから、「うるさい!」とか「路上に放り出した自転車が邪魔!」
「せっかく咲いたお花を摘んで!」「池に入って金魚をネ・・」。。。
と叱られることも多々あった。

それも、これも、良い思い出。
すくなくとも、子供たちを観ていてくれたのだから。


例え、相手の不機嫌を買ってでも、【お節介なバアさん】で、あろうと想う。


闇の組織?・・・

さしたる見識も無いまま・・・昨日、今日、想うのだ。

なぜ、太平洋沿岸ばかりに大災害が起こるのか。
天災とはいえ、何らかの意図が在るのか?
根本的に、地球物理学的に、環太平洋に異常が起きているのだろうか?

豪雨による地滑り、崩落。
地震による崩壊と津波。
ハリケーンによる浸水。
基本的に、人口密度が高く、発展途上にある地域。当然、被害が大きくなる。

この流れで言うなら・・・・、
日本も環太平洋の一員。大災害がくる確率がものすごく高いはず。

なんだかな~~~・・・
時折、うわさになる闇の組織の存在。
意図的に、考えられないほどの科学力を持って、地震を起こし、豪雨を降らせ
世界の混乱を招く組織が有る・・・とのうわさ。

あの9・11の事件さえもが、米国政府の意図的なものだったと言うではないか!!。。
ケネデイ暗殺は、謀殺だという周知の話題。



世界が平和にならないように・・仕組む。
平穏で有ることがマイナスだと考える組織が有る。
戦争や,天災によって儲かる組織が有ることは事実。
武器は言うまでもなく、新しい病原菌でさえも儲けのタネ。
北朝鮮の放置も・・どこかに何らかの利益があるのだろう。

だとしたら、被害のターゲットは・・・・?
当然、西欧ではないのだ。


いまだにフリー・メイスンの存在を信じる人々が少なからず居る。
ユダヤ人が仕組んでいるのだと言う人達もいる。
そう考えると、世情のあらゆる理不尽が帰結する。

そんなはずが有って良いものか!
































不機嫌の理由

この半月、ず~~~と、不機嫌なのだ!
当たり散らす相手も居ないので、矛先が自分に向かう。
よって、自分の身体の異常?が気になる。

痛いような?
異様にだるいような?
立ちあがるのにうんと努力が要る。


そろそろ・・理由が判ってきた。
要するに、懸案事項がいっぱい詰まっていて片付かないからだ。

それでも、主力アシスタントの独立に伴う不安は解消。
彼女の退職後の、補充人員も確保できた。
(一騎当千のアシスタントさんの代わりは、二名の採用で乗り切る。)

あとは・・・確定申告!
まあ、後、一息か二息で、おわる・・・?
終われば、大枚の消費税とやらが来る。(;一_一)

それから・・・仕事に課せられた必修単位の不足。
これは、申告終了後に、とりかかれば三月末までには、なんとか取得可能。

なによりも、7,8年、心をつくして指導してきた生徒たちとのお別れ!。
ちょうど、年度替わりの時期だから、他塾、進学塾へと流れだす。
ちょうど、転勤の時期、転居に伴う転出もある。

苦労して育て、指導し、それなりの成果を上げ・・
ずっと一緒だと想うからこそ、目標を語り・・
もうもう・・そんな私の生徒への熱い想いが、水泡に帰す?
正直、がっかりして哀しい。淋しい。


全く、心がしぼんでしまうことばかり!


毎年毎年、この仕事を始めてから35年、
つまらなくて暗~~い三月を過ごす


飼い主の不機嫌も知らず、陽だまりで惰眠の、のん太。
2010022708310007.jpg
娘の作った段ボールの寝床が、いまのところ、お気に入り。





  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索