どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

八月の終り

暑くて騒々しい八月が終る。
毎年のことだけど・・・この夏は・・と嘆く。


『学校の宿題は、もう、終ったの?』と生徒さんに訊く。
まずは70パーセントは『うん!』と元気よく答える。
20%が『まだ~、ポスター描きが、』『日記が、』と応える。
残る10%が、モヤモヤとした口調で、『え?』とか『うむ』とか。
そこはそれ、『学校が第一だからね、公文の宿題は少なめにするよ』と調整。


最近のお子さんは、実に、素直で真面目。
長期の休みに出した宿題プリントは、ほとんど完遂。
暑くても疲れていても、予定表通り、出席する。
来室途中で何処かへエスケープするお子さんは皆無。


昔は・・結構いたのですよ。(*^_^*)
お家から出たけど、教室に現れないお子さんが。
近くの公園で遊んでいたり・・・なかなか元気。
探し歩いたことも度々。
大量のプリントを欲しがったものの、殆ど残して来る生徒さん。
おじいちゃんおばあちゃんの元で甘やかされて・・・とか。

ここ、10年来、徹底した保護者の管理監督、行き届いた気配り、
様々な機器・・・お子様携帯や、何やらかんやら。
そんな中で育ってくる子供たちは実に素直で従順。
勉強も、好きも嫌いも判断する暇もないうちに習慣化され、
・・・・・実に、良く、学習する。勤勉としか言いようが無い。
祖父母も教育熱心だし・・孫の管理に、ゆめゆめ怠らない。

さあ、このこと、良いことと認めるべきか?。

私の子供時代なんて…高校時代に至るまで
夏休みの宿題は二学期が始まってから手を付ける有様。
中高時代は、その授業の開始時に提出すれば良しだったから尚のこと。

日記は・・・適当に・・・天気は新聞スクラップから・・・
絵?母が描く。
家庭科の縫製?母が縫う。
算数のドリル?、近所のお姉さんが半分手伝う。
理科も社会も・・図鑑や事典を調べるのはこのお姉さん。
漢字書き取り?一字につき10個ずつ?5個書いて残りは母。
手芸?母が造る。
母が手伝えば、先生には、見え見え、それでも、母は手伝い、私は任せていた。

はて、何かと手伝ってくれたあのお姉さんは・・?
そうだ、カリエスを療養中だったんだ。休学して自宅で養生。
だれも、『ウツルから行くのじゃない』とは言わず、のんびりと暖かい世間だった。
紙人形遊びも、あやとりもお手玉も教えて貰った。。。

私の夏休みの宿題は・・そういうわけで周囲の興味の集大成?だったのだろう。


まあ、出される宿題の方に問題が在ると、今になれば、想うのだけど。
要するに、学力能力環境を無視しての作業に子供が乗るわけが無い。
学習習慣のためなら・・個人別に、宿題を提案するべきだ。
暑い最中の、興味を引かない作業を子供がやらないのは当然のこと。
母は・・・やりたくて手伝ったのだ。実に愉しそうだったものネ。(*^^)v
母の【ちょうどのレベルと量】だったのかな?
近所の女学生の【愉しめるレベル】だったのかな?


指導者として『毎日、必ず、〇まいずつやるのよ・・』って生徒さんに言う。
我が子供時代を想えば、時々、気が引ける。(;一_一)
ただ・・言い訳がましいが・・
個人別、【愉しく楽に学習出来るレベルと量】だからこそ、、
生徒さんの意欲を引き出していることは事実だと想う。


山の様に積もった宿題プリントを前に・・・嬉しい溜息の8月30日。
あら、今年は、夏休みが2日、多いのね・・!







スポンサーサイト

おお、ダニー・ボーイ・・・リストラ



【電産機業界は、この秋、12万人のリストラを計画。】朝のニュース。
シャープ、松下、ソニー・・かつては、天下の電器産業界。
一体ぜんたい、この凋落は? 何が原因?

一方、放漫経営の挙句、破綻に瀕した日本航空、JAL。
OBの企業年金を下げ、現役に大幅なリストラを敢行。
複数の労働組合を統括して・・・・
見事復活を果たし、再上場と、再生役員の高給がうわさになっている。

一流中の一流企業、あっという間の変転、紆余曲折。
せめて、50年位と思っても、確かなものは無いに等しいのだ。

息子の仲間たち・・・46歳前後、今、まさに働き盛り。
各々、一流企業への就職に湧いた、バブル期最終章の世代。
5社の内定をもらって・・・しかも皆超一流企業・・・それらを蹴って、
銀行へ入った我が愚息、近年の就職難を想えば、運が良かったとしか言えない。

その世代がリストラの対象ではないだろうか?と案じる。

kako-9EV1uxTqz2f6TQ3k.jpg
ブーゲンビリア

人の一生を左右するものは、
能力もさることながら。最大の要因は、運の有る無し。
個人的力だけではどうすることも出来ない時代の変遷。

リストラ・・・
我が息子の行く末を、思わざるを得ない、怖い言葉だ。



♪おお、ダニー・ボーイ、愛しの我が子よ、何処に、今日は眠る
戦に疲れた体を、休める術はあるか
おまえに心を痛めて 眠れぬ夜を過ごす
老いたるこの母の胸に
おお、ダニー・ボーイ、おお、ダニー・ボーイ 帰れ


男の子は、いつの世にも戦場に在る。母は、その無事を祈るのみ。



 




切り替える・・・・



暑い。
あまりに暑い日が続くから・・・・・どうにかしなくちゃネ。

昨夜は、韓国料理。
こんな世情になるずっと前からの約束と予約。
東京の友人のご紹介で・・・四人。
韓国に観光に行った人も混じっていたが
私は・・・・初めての経験。
チジミが美味しかった!

何の集まりなのか、店内には、20代から50代までの男性のグループ。
おそらく50人ちかい?がすでに、満席状態。
アルコールも入っているから・・・蛮声が行き交って、騒然としていた。
蛮声、怒声、とにかく、うるさくてこちらの会話が成立しない。
それより、大声に慣れていないから、脅威さえ感じてしまう有様。


なんとか我慢していたが、一緒の友人が『うるさい~~』と何度もつぶやく。
『頭がボ~ッとなる』と、うんざりした顔をみせる。
さあ、そうなると、イライラ、責任を感じてしまう悪い癖が出て、
店員さんに、思わず、『うるさいよね~・・』と、言ってしまう。
もちろん、やんわりと苦笑まじりに。
店主から幹事さんにちょっとご注意頂けないかと言う願いを胸に。

別に、しらん顔して、聴き逃せば済むのだが・・・・代弁せずにはおれなくなる。
我ながら、始末におえない性格。
ところが、愚痴った本人は、『お酒が入っているんだから・・・仕方ない』と、言う。
店員さんの味方になっている!
援護射撃を誰もしない!

そうか・・・・馬鹿だね・・・私。(-_-メ)
言った私が愚かしく、常識外れ?と言う想いで、情けなくなった。
無駄な気遣いは、単なるお節介なんだなあ~~~。
やだやだ・・またもや、自己嫌悪。この年になっても未熟な自分。

いっそ、ボケてしまいたい。
孤立したあの時を想いだすと・・・一種の孤独感を味わう。
まあ、人は、もともと孤独。他人に期待する甘い甘い私。
自分の常識が正しいと想いこんでいる自分。
そんな思いが、眠りを邪魔し続けて・・・・。

早朝

気分転換に、テンプレートを変えました。
絶対に、これ以後、何に関しても、口を出さないッテ決めたんです。

そうだ!嬉しいことも在ったのですよ!
思わぬ旧い友人5人から、その上、ブロ友5人から、チケットのお申し込み。
合計・・・・25枚。なんとか面目を施せそうです。
プログラムは、トリの一曲前です。【♪メモリー】に挑戦です。

今朝の体重は58、1kg、マイナス2kgまで落しました。
あと1kg、二週間あれば57kg?、56kg?・・・・・何とかなりそうですよね。

元気を出そう!!

朝は、とにもかくにも有り難いです。
【メモリー】の歌詞そのものです。

♪・・・旧き日は去りゆきつつ、夜明けが近づく
デイライト、日の出を望み、命を望む、もう、負けないわ
夜明けが、生み出すの、全てを、新しいこの日を・・・・♪

  





ヤング・なでしこ

ヤングとはunder20ということらしい。
20歳以下の若い選手だけの【なでしこ】
4対0でスイスに快勝。

あらまあ、美人が多いこと!
一人一人、個性的で、強い意志をみなぎらせた顔、顔、顔。!
付まつげをした眼よりずっと大きく輝き、
巻髪よりもずっと美しい、汗まみれのショートカット。

子供たちの美意識、家庭や周辺の大人がそだてるだろうから、
身近な子供たちに、美しい人はどんな人のことかを教えたい。
どんなにビジュアル一辺倒の時代になろうと、
その心持ちが、生まれつきの美醜をはるかに超えて、
存在感とか、オーラとかいう不思議な光を放つことも。


それにしても、同時に放映していた24時間テレビ・・・
全体に流れる偽善的な、強制的な、意図的な・・・
善意とやらの押し付け・・・は、私の個人的見解だが。
恥ずかしくなる。
メダリストたちでさえ、巻き込まれるのか、何故か魅力を失う。

特に、120kmに及ぶ過酷なマラソン。
何のためにするのか理由が解らない。


仕事の合間に、チャンネル変えの合間に、チラチラと見ながら
ブツブツと大声で呟けば、『見なければ良いじゃないか』と夫の声。

ハイ、そうです。そのとおりですね。
やっぱり・・・・ミーハーです。(-_-メ)













アクセサリー・・・寄せ集めて

描いてみました。

子供時代から集めた、ありとあらゆる光り物。
集めて付けてみました・・・5個のブローチ。
花に見えます?
MD板にスワロを貼り付けたブローチを中心に4つの小さなブローチ。
発表会のドレスの唯一のアクセサリーです。
無題
右耳だけ、同じデザインのイヤリングを付けます。

白く見えますが・・・スワロの輝きを絵にするのは難しい。
左肩からは、同色のジョーゼット一枚の袖が流れます。
露出するお粗末な右腕?遠くから見れば・・何とかなります?

とにかく痩せて見えますように。
お客様の視線が上へ上へと集まるように。
ダイエットは・・・いまだ、57kgに程遠いです。(;一_一)


我々の、プチ・ロンドの会は、
歌はともかくとして、ドレスや演出が面白いそうです。
【少なくとも、お客様が飽きることのないように】がコンセプト。

どんどん進行する演出・・・あっという間に終了します。
オープニングの白い衣装、グループで揃えた衣装、自分ひとりで唄う時の衣装・・
その分、楽屋は大騒ぎ。着替えに、追いまくられます。
お婆さん連の、右往左往・・想像してみてくださいね。(^-^)

当日のお天気が初秋らしい佳い日でありますように・・・




アクセサリー



当然と言うか、不思議と言うか・・
人と言うものは限度を超えて行くたびに、
その高さ大きさに直ぐ慣れて、どんどん大胆に成るようだ。

スワロスキーをちりばめた大振りの物を一度でも身につけてしまうと、
その大きなサイズの豪華さ、派手さ、が当然のものになる。
手持ちの、小さなダイヤモンドの輝きは色褪せる。
金、銀、プラチナの輝きよりも、スワロのあでやかな刺激に慣れてしまう。

刺激と言うものは怖い。
直ぐに慣れて、より強い刺激に向かって走り出す。
依存症と呼ばれる病に陥る過程を、容易に想像出来る。

そんなわけで・・・・先日、購入したチョーカー
120825_084454.jpg

フランスの製品、葉っぱの部分に、堀先生がスワロをびっしり付けて下さった。
この派手さをこなすには・・・肥満体と加齢が必須と心得て。(*^^)v

カシミアのセーターに?
シンプルな地味なワンピースに?
手持ちの洋服を新鮮な印象にできるかもしれない。

さて、大きければ良いのか?
娘が『使いこなせないから、上げる・・・』と言って、持ってきた。
イタリアのメーカー、PONOの、樹脂で創った鎖。
120825_085159.jpg

これはねえ・・・背が高くてドラマチックな容姿でないとねえ。
いかにもイタリア女性に似合いそう・・

どちらかと言うと、小柄な娘、『どうして買ったの?』なんて訊けば
『なら、アゲナイ!』と、ムくれるのが必至、有り難く頂戴した。

・・・・持っているだけ、眺めて、想像するだけで、充分に愉しい。
女の愉しみは・・・そんなもの。今回も他愛ない話。


 

嫉妬心

北方四島
竹島
尖閣諸島

なんだか、あっちこっちから攻め込まれそうな不安。
親日的だった香港まで加わっての、やいのやいのの攻撃。

政府が弱腰だのという単純な批判は出来ない。
第二次大戦以前の、アジア各国への侵略支配を知らない世代は、
領土、領海、いわば、国境などというものを自覚しないまま過ごしてきた。

実効支配など、おもいもかけずに、のほほんと過ごしてきた戦後の数十年。
唯一、沖縄は、日本が侵略したかな?と思う事は無いこともない。
たぶん、王朝の存在が、彼の地の独立性をおもわせるから。


海に囲まれて、外国の侵略を受けることもなく、
面積は小さくても、自然にめぐまれ、気候に恵まれ、
才知あふれた国民性と高度な教育レベルと
公平で民主的な政治と確かな経済力・・・
膨大な国防費から免れて、核兵器も持たず、平和を享受している【敗戦国】。

他国から見れば『日本て、良い気なもん!』
隣の、貧乏な一家が、向こう側の金持ちの庇護の下で、
いつの間にか豊かになり、あっち側の家々と交流している。
ルーツは同レベル・・同じ色の肌と顔つき・・だというのに、忌々しい。
そんな感じだろうか。世界中に在る、近親憎悪の確執。


『アメリカの庇護は、もう不必要』と言う先進国になればなるほど、
周辺国からの嫉妬に曝される・・・そんな気もするのですが。
悪口を言われたり、攻撃されたりするのは、
高い能力が持つ必然的な副作用かもしれませんね。
げにげに、御しがたいのが、嫉妬心。
国家間のそれは、古来より、さまざまな紛争を促してます。


いま、メデイアに観る反日デモの映像に重なるのが
団塊の世代が かつて経験した、反米意識の高まりと学生デモの激しさ。
あの頃・・・みんなアメリカが、大嫌いでした。

嫉妬心で済むレベルなら、毅然としつつ、静観してれば済むでしょうネ。

それにしても、本当に、かの島々が日本固有の領地である証拠、
ちゃんと在るのでしょうねえ~。不安になります。( 一一)

120823_092515.jpg

巨大なる実効支配・・・たじたじとして撤退につき終了。。















どうしたの?



どうしてこんな風に丸まったのかしら?

普通に育てたのに。
お水と太陽と栄養・・・過不足なく与えたはず。
お隣りさんは、まっとうに育ってくれたのに・・・
どうして、こんな具合に、ねじ曲がったの?

あれ?
胡瓜のことです。
子供のことではありませんのよ。

120821_112718_20120822064540.jpg


何をどうやっても、曲がるやつは曲がるんですよネ。
良かれと思って育てる・・・その結果は・・・
こればかりは、思う通りには成らないようです。
でも、美味しい!





           【の】の字やら 【へ】の字に生りし 胡瓜 食む

           【へのへの】と、曲がる胡瓜も あらばこそ          
                                     草笛
 



銀座、凱旋パレード・・

愉しかったですね~!
オリンピックのメダリストのパレード。
銀座通りを過ぎていく、たった一時間のパレード。

彼等の喜びと誇りに満ちた笑顔。
キャッキャッと、はしゃいだ声と表情。
知り人を見つけてか、自分の名前のプラカードを見つけてか
嬉しげに、大きく振って応える長い手。

彼等を一目見ようと、道幅いっぱいに歓迎する人、人、人、
綺麗に重なって、行儀よく見上げる笑顔の集団。

TV中継の画面を見ているだけで、ものすごく嬉しく愉しい。

どうしてでしょうね。
こんなにうららかな画面って、めったに在りません。

そういえば、今上天皇のご成婚パレード以来?
あの時代は、なぜか、日本中が希望に満ちて居たと想うのです。
あの時・・・なんともいえない喜びを覚えたものでした。

いえ、今回は、ちょっと違う・・・?
もっともっと、暖かな感情が湧きあがりました。

メデイアの圧倒的な力。情報の精度とその量が、国民、誰もの心に
ウチのあの娘、隣の、あの息子さんへ持つような親近感を抱かせ、
いつしか親しみ以上の慈しみや敬愛に育てていたのではないでしょうか。
もちろん、彼等、彼女らの、努力と健闘と結果への尊敬あってのことです。


いま、きわめて深刻で複雑な世の中。いわば、内憂外患の国情。
そんなもの、み~んな忘れさせてくれた
肩肘張らずに、素直に手を振る選手たちの笑顔、
早朝から並んで、規制を破ることもなく、行儀よく歓声をあげる人々の笑顔。

『日本人て、素敵だなあ~』と、心から想ったのです。


すっかり、愛国者になって・・・他愛ない話です。
すでに、ニュース画面になっていても、まだ嬉しいのですから。(#^.^#)





お肉を食べましょうって?

なんだい、なんだい・・・
肉はコレステロールが増えるからなるべくお魚を、
ご馳走は避けて、粗食を・・って言ってたのにねえ。
我が教え子の医者、『美味しい物は、召しあがらない方が・・』って。

そうかなあ?神様ってそんなに意地悪かなあ・・・と心の中。
肉好きの夫にあわせながら、心配しいしいの肉食系でした。

今日の、日本経済新聞、家庭欄に大きく掲載されたのが
【高齢者こそ、お肉をたべましょう】

ま、そんなわけで、美味しいお肉を求めてデパ地下へ。
ブランドの牛肉、豚肉、鶏、ソーセージ、ロースハム、ベーコン・・・
たくさん仕入れました。大手を振って・・・・

お魚は・・・降り塩の鮭、カマや切れっぱしのパックがお得でした。(^-^)
お刺身は我慢して・・・今日はお肉料理、肉じゃがにしましたから。

お野菜は近くのローゼンの方が安くて新鮮で豊富です。

思い出したのは懸案の、5階のワコールでは見つからないドレス用の下着。
【さいかや】まで捜しに・・・荷物を持ったまま・・・
我が肉食系ボデイーに合っているのは、トリンプ製と承知していたのです。
ありました。
店員さんが、なかなか優秀・・・我が意を得たり!。
余分に買いそろえて・・・一安心です。

デパートは・・・相変わらず、空いていました。
バ~バばかりが、涼しい店内を右往左往しているのみ。


それにしても、くるくる変わる『・・・・に良い?悪い?』。
どれが本当なのか解りません。
個体差、個人差、かなりありますものね。
【国民総健康オタク】に成りすぎかもしれません。

豊かさの象徴でしょうか。
医療界の陰謀でしょうか。














ハワイアン・フェアー

みなとみらい、 ロイヤル・パーク・ホテル70F
天空レストラン【シリウス】でのハワイアン・フェアに出かける。
毎夏、夫から、唯一、誘いかけてくるイベント。
ハワイアンを楽しみながらビュッフェスタイルのランチを頂く。

眼下には、横浜レンガ倉庫、ベイブリッジ、氷川丸・・・
凱旋門のような四角い建物は、海員ホテル。
120817_150226.jpg
金曜日は蒸し暑い日。景色も湿気の中だが空は晩夏・・


ハワイアン・バンドに夫の同級生が出演しているのだ。
75歳!。大学のクラスに、たった3人居た女性のお一人。
ヴォーカルとウクレレを担当。アルトの美声と確かな演奏。
女性ながらも、共学に進学したと言う知性と精神は少しも衰えていない。
華やかなハワイアンドレス、白い花の髪飾り、貝殻の長いレイ、染めた赤い爪、

120817_141814.jpg
左から三番目、ステージ上の左側の女性が友人。手前はフラダンサー。

演奏時間は一時間有余、メンバー、平均70歳代、疲れも見せない。
皆さん、どうみても60歳代の若々しさ・・・・

老いも若きも、自分を表現してこそ生きる甲斐があるというもの。
70歳の衰えを他人様にお見せする恥ずかしさと、ご迷惑への遠慮を振り切って、
発表会のご案内を友人たちに送らせて頂いた。

そう、同じアホなら・・・踊らにゃそんそん・・(^_-)-☆





「いい人の勝ち」・・・・タウン誌のコラムより

みなとみらい、ランドマーク内での喫茶室。Tullys。
40分以上ある所在ない時間、喫煙ブースに入る夫と離れて、
手当たり次第に、タウン誌を広げる。

タウン紙、J・nudeに素敵なコラムを見つけた。
自分が言いたかったことが書かれている・・・と、嬉しかったのだ!。
筆者は、まだお若いのだろう。斎藤 薫さん。女性だと想う。

以下、要約して、抜粋させていただく。

【いい人の勝ち】

昔、【いい人】はあんまり勝てなかった。
闘争心を持てなかったからだ。
でも、今は【いい人】が勝ってしまう。
ゴルフの石川遼、フィギュア・スケートの高橋大輔
なにより、今回のオリンピックの競泳陣や、卓球の団体戦、サッカー、バレーボール
の健闘は、日本人のメンタリテイが変わったのだと想わせる。
団体戦で、ほかのメンバーにメダルを獲らせたいから頑張るというのは
きわめて日本人らしいモチベーションである・・・

今回、本当によくメダルを獲ったが、多くは銀メダルと銅メダルだった。
【いい人】の闘争心の限界かもしれないが、なんとも清々しい。
金メダルの山になるよりも銀と銅の山の方が、しみじみ嬉しい気がするのが不思議。
清潔な負けん気のせいなのだ。

ゆとり教育が生んだ新しい勝ち方の方程式
ゆとり教育世代は、企業においても人と張りあうのが苦手らしい。
みんなで手をつないでゴールする《みんな平等》が実を結んだのかもしれない。

人と力を合わせる闘争心をもった世代たちの新しい勝ち方。
【いい人】でも勝てる、【いい人】ほど勝てるのだ。
【いい人】でなければ勝てないのかもしれない・・・
そういう新しい勝ち方の方程式があるというのを知っておくべきである。
競う人も競わない人も・・・



オリンピックが終って、
日本中に広がった清々しい想い。依ってくる理由はこれだったのだ。

清潔な負けん気に、心打たれたのだと想う。

新しい観点と感想を、こんなふうに表現できる筆力。
もう一つ、加えてほしかった・・・
昔と変わって【強い人】は【美しい人】になったという発見。
メジャーのコラムニストは、さすがに、遠慮したのだろう。


朝日新聞出版 最新刊行物:ジェイヌード
2012年8月16日号. 定価:0円(税込)
現代を生きる日本女性のありのままをとらえながら、ともに新しい時代を築いていきたいという 思いをこめて。
そして日本に生まれ育った女性たちのいま、これからを応援していく ...




胡瓜・・・その後

大きいでしょ~~!
一泊旅行から戻って、すっかり忘れていました。
ネットに乗っかったままでこの大きさ・・30cm近い・・・に成長。

120816_174243.jpg


たぶん、種が詰まって食べられないかと案じたのですが、大丈夫。
薄く薄く輪切りにして甘目の酢の物に。四人分在りました。
焼き鶏に添えたら、孫たちも、全部食べました。(*^^)v

相変わらず、毎日、一本ずつ供してくれる、律義な胡瓜です。
二人暮らしを承知しているのでしょうか。
孫子が来る日には巨大に成って役に立ちます。(^o^)/


伊豆に向かう日曜日の朝、撮りました。
「まだまだネ」と話しかけて・・・・
120810_083504_20120817064044.jpg


前日のリハーサル疲れで、夕食までの昼寝を決め込んでいたら、
お墓参りを済ませた報告と、先日の長泉温泉のお礼をと、
お土産持参で息子一家四人の突然の来訪。
「明日から実家に行ってきます」と、お嫁さんの、これも律義な報告。


「二人分ずつしかないのよ・・・」と言い訳しながら大慌ての支度。
お刺身、焼きビーフン、茄子とコンニャクと厚揚げの煮物、焼き鶏と酢のもの、
粗末なお惣菜・・・「美味しい、美味しい」と平らげてくれたのが嬉しく有り難い。
ただ、丁度炊きあがったご飯は、二人分の一合だけ。
ご飯が不足で、可哀そうな事をしました。
食後は、近くのローソンで買って来たアイスやら、スナックやら。。( ^^) _旦~~

恒例のジージの背丈計り。
孫娘高一は165cm、孫息子小六は、160cm。
胡瓜同様、すくすく大きく、中身も充実しているかな?


年々、四季折々の行事が面倒に成っています。
日々の二人暮らしの営みで精一杯。
お盆の慣わしも、物ごころついてから、始めて忘れていました。
というより、「もう、いいかな・・」という確信犯でした。

息子一家の手前、、慌てて、仏壇の盆飾り。ありったけの菓子と野菜を供えて。

実は、【生き仏さま】への気遣いと、日々の平穏を装うことに少々疲れています。
出来るだけ、愉しそうに、明るく、女房キャラの変化を見せない・・
まずは、自分を騙す・・・・意外と辛いです。





終ってみたら・・・終戦記念日

オリンピック、平和の祭典に酔い痴れている間に・・・
いろんなことが決まったり終ったりとんでもないことになっていたり。

消費税率アップの法案が通りました。
数年後には確実に8%、そして、10%。
仕事がやりにくくなります。
税率アップは仕方ないとしても、売上1000万円未満の益税はそのまま?

領土問題。
竹島も、尖閣諸島も、魚釣島も、・・・・北方領土も。
国際司法裁判所に訴えても実力行使の末にジワジワと侵略されるかもしれません。

韓国大統領や中国政府の日本への恨みが今もなお深いとするならば
70年前の愚かな政治が、国民を苦しめているのですよね。
だからこそ、、もう絶対に戦争は避けたいです。

例年ながら、台風の大雨被害。
たぶん、自然に反した人為的開発の招いたものも?
何処かに無理が重なっているのでしょうね・・・

高校野球の、地域を無視した選手集めは興を削ぎます。
おらが地元の高校生が闘うからこそ、【全国高等学校野球大会】なのに。

原発再稼働。豊富な電力が在ってこその工業国。
原発の廃棄物処理すらいまだに完ぺきではないと聴きます。
では、ほかの手段で電力を確保するとして・・
その結果の高価な電気料金を負担する覚悟は有るのでしょうか?

沖縄ばかりに負担を強いている防衛、基地問題。
基地など、無くても良いと想いながらも
中国の脅威に、アメリカの軍事力抜きで耐えられるでしょうか。


何もかもが難しい。
すべからく因果応報と知りながら、結果の予想が出来ない。

それでも・・オリンピックで活躍した世代、
新しい世代に戦後100年の日本平和と繁栄を託しましょう。











葉月御献立

【長泉山荘】、八月の夕食の膳を、撮ってきました。

写メなので、ピント外れはご容赦のほどを。
特に、『とびきり美味しい!』のと、『これこそ、旬!』を。

葉月御献立

座付き・・・・・蛸の洗い、梅肉、青海苔 酢取茗荷 たたきオクラ

八寸・・・・・・ほうずき盛り、プチトマト射込み、無花果ワイン煮
        牛アスパラ巻き、川海老、小鯵の南蛮煮
120812_182955 八寸

お椀盛・清汁・・鱧(はも)葛打ち、夏松茸、順才(じゅんさい)、小メロン、柚子
り120812_184342御椀盛

向付・・・・・・鮮魚盛り合わせ

焼き物・・・・・太刀魚帆立て挟み焼き、サザエ素焼き、独活(ウド)きんぴら、

相肴・・・・・・鱧寿司、子茗荷寿司、

中皿・・・・・・愛鷹牛とフォアグラ、ジャガイモムース、パプリカ、白髪ねぎ

煮物・・・・・・冬瓜、独活、ミニオクラ、石川小芋、海老、湯葉
120812_191523_20120814071716.jpg

お食事・・・・・鮎ご飯、ちらし枝豆 焼き茄子の赤だし汁 香の物

水菓子・・・・・メロン、ぶどう

以上でした。
特に、夏野菜の煮物や、鱧の葛打ちは絶品。
『美味しいね~~』といえば、旦那 『でも、、味が薄いネ』
まったく、味音痴なんだから!と、心のうちで悪口。

お刺身、焼き魚、フォアグラ&ステーキが美味しいのは当たり前。
お野菜の煮物にこそ、料理人の真骨頂が。
それがわからないとは・・・可哀そうなダンナです。
煙草で、舌が鈍感に成り果てたでしょうか。
そもそも、お野菜は苦手なのですが。


今日は入れ替わりに息子一家が泊まっているはず。
彼等に、このお料理が解るかなあ?
それより、このお品書きを、読み下せるかなあ?

ば~ばは、何に付けても心配で不安。余計なお世話です。





 
   

長泉温泉・・【長泉山荘】

沼津と三島の間にある長泉地区は、名産のブランド柿を始めとする、豊かな農作物、
次々と進むインフラ事業、などなどで、豊かな地域。
医療機関の充実でも、国内有数です。

もともと、静岡県は、温暖な気候、背後に山々、前は海、
新幹線の最長距離を占め、東名、新東名の公共土木事業、
清らかな水と空気を求めての精密工業の誘致など、住民は恵まれています。
『だから、なかなか進学意欲や向上心に欠ける』とは同業の指導者の嘆き。
でも、豊かで平和なら、なにも、競争する必要もないですよね。
その静岡県の中で、財政力が一番と言うのが長泉町!。


愛鷹(あしたか)山連山の山懐、狩野川源流に近い温泉宿。
100%かけ流しの、さらりとした湯です。

ここは、何より、食事・・・本格的和食・・が、格別に美味しい。
それこそ、海の幸、山の幸に恵まれていますから・・・
日曜日、食事を愉しみたくて、満室と言うのを無理に入れてもらい
急遽、正午に家を出ました。


すっかり秋空が広がる134号線、大磯ロングビーチあたりの湘南道路・・・
120812_125757  134

湘南バイパス、国道一号線、東名道路、
大渋滞の予想に反して・・すいすい進みます

《正午の前後なら、上りも下りも、きっと空いてる。》
私の推測が的中しました。(^_-)-☆
途中、【足利パーキング・エリア】に、ゆっくり寄り道して
3時には、旅館にチェックイン。

旅館の部屋からは、手に届くような桜の木。眼下に清流、桃沢川。
120812_153314.jpg

ゆっくり、温泉に入った後は、楽しみにしていた夕食。

部屋に戻れば、オリンピック観戦、
男子マラソンの後は、レスリング米満選手の表彰、閉会式。
毎朝、目覚めるたびのメダル獲得の報告に愉しい二週間でした。


帰路・・・新東名高速道路から、夏雲にかくれる富士山。
120813_090335 新東名
旧東名より、高い所を走るので景色が抜群に良い。

帰路も、藤沢駅周辺を除けば渋滞もなく正午には帰宅。
午後2時からの教室を、余裕を持って開きました。

お盆の真ん中での教室、来室生徒は少なくて・・・
それなりに、充実した指導が出来ました。


8月11日・・・・福島原発所長

11日。Ⅰ年と5カ月の経過。

このところ、当時の東電本社と、現場の発電所所長とのやり取り、
映像と言葉が部分的だが公開されている。

発電機の破損を食い止めようとする、本部社員の姑息な意見。
斑目保安委員長の現場無視の意見。
緊急事態が発生した場合、現場を信じるほかないだろうに!。

現場の声をねじ伏せて、委員長の言葉に揺れてしまう本部役員、社長・・・
社長の命令とあれば、「はい」と、服従を表明する所長の苦渋。
「責任は俺が取る!・・」と、何故、社長は決断を示さないのだろう。
結果的に被害を大きくし、長引かせたらしいではないか。

本部の撤退の気配に管首相が怒鳴ったとしても当然だろう。
死さえ覚悟した現場には、撤退など思いもよらなかったという。


事故調査委員会の報告終了を待って、
福島原発、吉田所長のメッセージがTV画面に流れた。
彼の、柔和ながら、正直で明快な発言に感銘すら覚えた。
【責任うんぬんより、発電所の安定を世界中で考えるべき】
周囲への配慮と同時に、将来を見据えた言葉の重み。
生命の危険を顧みず何度も原子炉近くへ赴いた部下たちへの【感謝】。
【彼等の姿に菩薩を観た・・】とまで言っている。
彼の言葉を、為政者も科学者も、しっかり受け止めてほしい。

食道癌の発覚と、治療、そして、
この録画の後には、脳出血まで生じて、入院加療中とか。
事故後の数カ月、いかに心痛が厳しかったか!察するに余りある。
是非、健康を取り戻して、安穏な暮らしに戻れるよう祈りたい。
政府および、東電に、切に切に、お願いしたいものだ。


余談ながら・・
東電社長よりも、斑目委員長よりも、菅さんよりも、誰よりも、
落ち着いて威厳が在り、しかも優しさに満ちた吉田さんのお顔付き。
リーダーとして在るべき姿を観た想い。

未曽有の危機的状況に彼を使わしたのは・・・神の恵みとしか思えない。







赤いユニフォーム

5歳になる【のん太】。
すっかり成猫になった。
120810_184013.jpg

人間が大好き。
好奇心は旺盛、誰が来ても、真っ先に玄関へ向かう。
ニャ~と声を立てて歓迎しつつ?尻尾を振り上げ挨拶をする。
鼻先を相手に押し付けて・・・・親愛を示す。

念を入れての体磨き?
120810_183948.jpg

このお腹がね~~~~。
120810_183857.jpg

猫の愛らしさは、ただただ、その姿態にある。
どうして、あんなに可愛いフォームを作れるのだろう・・・。
古今東西の画家、写真家が、猫をモチーフすることがその証左。
(可愛いなあ)と想うことが、創作意欲につながるのだろう・・・

さてさて、残念だったのは、サッカー。
肝心の試合に、赤いユニフォームを着て・・どういうこと!?

チラリと、「・・・の要請で」と監督の言葉。
確かに相手チームと紛らわしい。それなら相手が変えればよい。

チーム力が下がったような気がする・・・・
視覚からくる色って、きっと、動きに影響ある。
ジャパン・ブルーで積んだ視覚の経験が、0に成ってしまうじゃない。
色を変えざるを得なかった事情を、キャスターは誰も突っ込まない?

『何処かの陰謀に違いない』って、猫を相手に呟いています。



あ~~あ、負けちゃった!



毎夜、毎夜、うつらうつらと短い睡眠の果ての眼覚め。
それでも、家事、仕事、レッスンと、忙しく動かなければなりません。
ダンナのように、ソファで、朝から眠り込むわけにはいきません。(;一_一)


ついに、昨夜は、誘眠剤を飲んで、眠ることにしました。
なでしこジャパンのサッカーは観ないことに。
それに・・・心臓に良くないし。
あのハラハラドキドキには、もう、耐えられません。
それなりに結果が判明してから、朝に成ってから、ゆっくり愉しみます。

さて、目覚めたら・・ナデシコは負けていました。
銀でも銅でも素晴らしい?・・・いえいえ、金が欲しかったです!。


オリンピック・フィーバーから眼を転じれば
広島の原爆忌、昨日は長崎の平和祈念式典。
高校野球も始まっている。
そして・・政治は相変わらずの混沌の中・・・・


朝顔は今朝も健気に咲いて
120810_083536.jpg

胡瓜も毎朝、律義に、一個づつ実らせます。
120810_083449.jpg

どちらも、優等生ではないけど、逞しく楚々と育ってます。

秋めいた朝陽のなか、日常の平穏を、いっそう、愛おしく感じました。

   

衣装を作る

発表会での、個人のドレスは、ミッドナイト・ブルーのワンショルダー。
豪華な大きなブローチをお借り出来そう。\(^o^)/

もう一曲、三人で【悲しき雨音】を唄います。
さあ、衣装はどうします?
グループに統一感のあるものを考えなくてはなりません。

ポップなカラーで・・・というのが堀先生のイメージ。
無題
思い出したのは、4年ほど前の発表会で、或るグループが揃えた白いドレス。
それをお借りして・・・その上に、羽織りものを。

では、では、お買い物に出発!。勿論、先生とご一緒に。

辻堂のモールに在るユザワヤで三色のジョーゼットを購入。
生地にハサミを入れて、貫頭衣状態にして、羽織ります。

イメージは、フランス製の三色のネックレスから。
このネックレスも、先生のご厚意で、お借りします。
プラスチックの花飾り、色の微妙な濃淡が素敵です。

120807_225246.jpg
少々、可愛い過ぎ?ま、遠くで観る分にはお許しいただくとして・・
綺麗な三色の衣装ができあがることでしょう。


堀先生は、経費に配慮しつつ素敵なステージを作り上げます。
個々のドレスも、互いに貸し借り、譲り合い、工夫します。
アドヴァイスやご尽力のお陰で、出演者全員がオシャレにできあがります。

着るものの手当てが済めば、もう落ち着きます。
形から入るのも大切な事ですから。(^_-)-☆







銅メダルの輝き



もしかしたら・・・・
日本人の身体能力から考えて、銅メダルが最高かも。
銅メダルで、十分!

西欧人の力強さ、中国人のしなやかさ、アフリカ勢のスピード、
勿論、体格の差も甚だしい。

じゃあ、韓国は?
彼の国の民族は、基本的には狩猟民族。
精神的に、闘うことが好き?

日本人は違う。
農耕民族ならば、互いの和を重視する。
競いあうことより協力することが得意。

よって・・・団体戦に強い。チーム力最高!
水泳のメドレー、フェンシングの団体戦、卓球の団体戦、
バトミントンのペア。陸上のリレー。
そういえば、サッカーもバレーも、シンクロもチームプレーだ。

その上、どの競技にも見える日本人の品の良さ!
卑怯な事をしない、ルール違反をしない、ラフ・プレーをしない、・・・

その高い高いモラル意識を、世界中が、必ず尊敬すると想う。
これぞ、アマチュア・スポーツの在るべき姿!

身体機能の高くない日本人の上品な競技姿勢ならば、
銅メダルで上等!なんと誇らしい銅メダルよ!。

金以上、プラチナの輝き!

ムニャ・・・だからって、夜中にアイス食べちゃ駄目ニャ!
120806_073621.jpg




  


タニタの体重測定器

先月、ネットで手に入れて・・・60,3kgの表示に愕然。
しばらく、載る気に成れずに放置していた。

この測定器、載るだけで、体重と同時に、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、
基礎代謝量、体内年齢、が表示され・・・便利至極。【TANITAの体組成計】。

全て、年齢相応の範囲内、とはいえ、上のラインにスレスレの数値。
規定値が、医者の脅しと比べると、少々甘い?と、想いつつも、
『ま、いっか!』と納得の上でほったらかしていた。
買っただけで、手に入れただけで、満足してしまう悪いクセ。

猫,のん太の枕に。高さと冷たさが具合が良いらしい。
120806_073424 (1)


やっぱり、猫が涼を取るだけなのも勿体ない話だ。
一昨日から、毎日、載ることにする。
8月から、夕食の含水炭素を避けるように心掛けて・・・58,3kg!

シメシメ(*^^)v
このまま夕餉のご飯を抜いて・・8月15日には57,3kgにする?!
9月15日には・・・56kgになる?!


60歳で50kgになって吃驚。
以来、ダイエットとリバウンドを重ねての現在。
9号は着れない・・・なんていうのが5年続いて・・今や?
せめて、サイズ11号におさめないことには不経済極まりない。
私にとっては、健康云々より、経済的損失の方が焦眉の課題。

のん太・・・13号サイズ?。




すみません・・・・選手の涙

柔道選手が、金メダルが獲れなかったと謝る。
悔し涙なら理解できるが・・・謝るのはなぜ?

誰に謝っているの?
しかも、銅メダル、銀メダルを得ても、なお『金でない』と言って泣く。

こんなスポーツが他に在るだろうか?
オリンピックの舞台でメダルを獲れるだけでも大偉業。
もっといえば、決勝に残るだけでも凄いことだ。
勝敗のルールが判然としない中での敗者ならばなおのこと。

みんな、顔を挙げて、うららかに、成田に帰っておいでネ。


どれだけのプレッシャーを選手たちに与えていたのだろう。
役員や、監督や、コーチの面子のためのスポーツなのだろうか。



観ている方が辛い。
もう、観たくない、と想わせたのは、柔道界の最大の損失。
たぶん、しばらくは、後継者も出てこないだろう。

金メダル0だからではない。
柔道界の前近代的なセンスが災いしているのだから・・・・




コーチの責任、監督の責任。

水泳陣のメダル・ラッシュ。
柔道界の、残念な結果。
体操チームの復活。

同じように積み重ねた努力の結果の明暗をどう想うべきか。

タイムそのものだけを競う競技。
判定という不確かな評価をされる競技。
その違いとはいえ、
選手たちの表情やコーチ陣を観ていると・・・

あくまで推測による私の感想だが、

水泳陣のコーチの姿は眼に入らない。
会場に入ったら、もう、選手自身の自己管理に委ねている。
うららかな、自信に満ちた表情を見よ!ですよ。


体操のコーチ陣は・・・目だたずに世話焼きに徹している。
しっかりと、選手を支えている感が強い。


柔道界は・・・応援する監督の姿も、コーチ席のコーチも、目だつ。
なんだか怖そうな容姿で怒鳴り散らしている。
入場時も、背後霊のように後ろについて現れる。
選手は、すでに緊張の武張った表情。
試合中も、何だかだと、大声で指示する、檄を飛ばす。
まるで・・・コーチと選手、二人で闘うかの様相。

競技の持っているそれぞれの必要性かもしれないけど
この違いを柔道界はしっかり意識して欲しい。
どんな競技も闘う場に居るのは選手独りなんだからネ。
なんでも独りでこなし、解決しなければ、勝てない!

それに、今時の青少年は【褒め育て】をするべき。
なんてったって、幼児期から褒められっぱなしなんだから。
叱ったり怒鳴ったりしたら・・・委縮するだけやん。
柔道界には、まだまだ旧弊な体質が残っているのでは?

・・・な~~んて、素人のめちゃくちゃな感想です。

ついでに、
なでしこサッカーの二位狙いの引分け。いかがなものだろう?。
これって・・・監督はあまり本音を言わない方が良かろうにと素人は心配。
バトミントンでの失格断定があるなら・・・この試合も?
案の定、【無気力試合】ではないの?と言う評も出ているとか。

不利な組み合わせも、不慣れな器具も、未熟な判定も、相手のズルさも、
祖国の経済力も、そう、運、不運も含めて
ぜ~~~んぶ、ぶっ飛ばすぐらいの実力で競ってこその覇者。!。












コーチ・・・

8月1日、暑い暑い午後。
学習レベルが、三学年先のレベル以上に達している生徒さんの表彰式。
藤沢の市民ホールで行われた。

表彰され、授与されたトロフィーを手にして次々と登壇するスタイル。
300名以上も居るのだから、慌ただしい。
とはいえ、やはり、晴れの舞台。

指導者も勿論出席する。指定された席は三階席。
大スクリーンに写しだされる我が生徒さんたちの顔を確認しながら・・・
乗り出すように見つめるしかない。

教室で見せる顔よりも、数倍、立派で堂々として、可愛いらしい!!
頑張った甲斐が在ったと、親子で想っていただけたら
コーチして来た私も嬉しい。



式の後、久しぶりに出会った指導者同士、喫茶店で雑談に興じる。

アイスコーヒーだけの私に、サンドイッチを薦められて、
『鶏のトマト煮を食べてきたから・・・』と遠慮する。
『え?どう作るの?』
『鍋に、玉ネギの薄切り、鶏肉、櫛切りのトマト、オクラと重ねた蒸し煮』
『塩と胡椒、それだけ?スープやトマトピューレなど入れないの?』
『お肉に、事前に刻んだトマトをまぶしておくことが秘訣かな?』
『今晩はそれにする・・・』
トマトには【塩こうじ】と同じ効果があるらしい。
安い胸肉も、柔らかくパサパサしない。
残ったら、カレーにすればよい・・・ついつい蘊蓄まで。
へへ・・・(#^.^#) 昨日、TVで覚えた料理。お肉は、豚コマだったけど。

そういえば、お料理をコーチしたのは、我が人生、大げさでなく、初めて!
家事料理から縁遠いと想われてるから?


帰路の車中、
来年は、あの子も、あの生徒さんも、ぜひ壇上に・・・

これって、すでに、オリンピック・コーチの気分!。





魔物も、女神も、・・・

体操ニッポンの団体金メダルへの執着。
解らないでもないけれど・・・・
内村くん、そんなに気負わなくても良かったのに。

オリンピック会場には魔物が住んでるかもしれません。

でも、魔物の所為にしないで、潔く中国の実力を認めましょう。
実力が無いと・・ちょっとした不具合で、調子が狂うんだよね。
条件は同じなのだから・・・会場の歓声の所為にも出来ません。

本物には、魔物の付け入る隙もないはず。
リオでのリベンジを期待しています。

体操チームの中に、ニューヒーロー、イケメン見つけました。
加藤凌平くん18歳?!
水泳チームの入江陵介くんも22歳?!。

この世代にリョウという音の名前が多いなあ。
そういえば、生徒さんにも遼くん、凌くん、崚くん、諒くん・・
そして○介くんと○平くん・・・

女子にも十代のニュー・ヒロインが現れましたね。
体操と、卓球と・・・淡々とメダルを目指しています。

若い人が実力以上の力を発揮していると言うことは・・・
伸び盛りの強さでしょう。
気負いも無いし、プレッシャーからも免れているし・・

若いって良いことですよね!
女神様も・・・ついつい微笑んでしまう?まして美系なら?







  • ミニ・コンサートにて・・ (06/28)
  • ビーフステーキ・・・! (06/27)
  • 懐かしい場所で・・。 (06/26)
  • 初夏に・・五句と一首 (06/25)
  • マオちゃんの悲劇 (06/24)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索