どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

倒木の危険


ベッコウ茸に侵された・・・・国立駅前の有名な桜並木。

根元に発生した茸に、養分を吸われ、樹の中央部はすでにスポンジ状。
ちょっとした風に倒れるおそれがあるので、伐採することとなった。
甲高いチェインソウの音の響きとともに、いとも簡単に・・
桜並木に惹かれて、此処の一画に住まいを定めた友人が居る。

鎌倉山の桜木も・・・ずいぶんと老いた。
それでも、毎春、花をつけ、一見、立派な桜木。
ごつごつとした木肌さえ、貫禄を思わせている。
昨年、大風の夜、友人宅の前の大木が倒れ、一晩中停電になったらしい。


そこ此処に、矮生になった背高アワダチ草と芒が入り混じって居る風景。
無題

老いて、中身がスカスカになって、いずれ、倒れる大木。
なぜか、自分のことのように胸に響く話題。


北鎌倉への散歩に疲れ果ててのお昼寝から目覚めたら・・六時。
付けっぱなしのTVから、このニュース。。



 





スポンサーサイト

富士山


腰が痛い.
とうとう私にも来た・・・・(;一_一)

あの夜、引き倒されたから?
先週、ヨガのポーズで無理したから?
柔らかいソファに座ってTVばかり観ているから?
絨毯の上で、うたた寝したから?
なによりかにより、歩かないから?

腰痛の原因と言われるものは揃っている。
でも、たぶん・・・精神的なものかもしれない・・・
先日のTVでも、腰痛の原因の殆どがストレスだと言っていたし。

まずは・・・晴れ晴れとした気分になろう!
先日の写真展で素晴らしい作品を発表されたAさん。
展示された作品ではないけど・・彼女に頂いた初冬の富士山。

kako-T4p0DhxFSQigVzUN.jpg
初冠雪は26日。ご自宅の窓から・・

今日は歌のレッスン。久しぶりに【薔薇色の人生】を復習。
【私の心はヴィオロン】【She】【パダン、パダン】【帰り来ぬ青春】

好きな曲ばかり唄った後は、課題曲【枯葉】をおさらい。
藤沢の≪木曽路≫で、お寿司を先生とご一緒する。

すこし・・・気が晴れたかな?
そういえば、腰痛も消えたみたい。



 

パワースポット・・

 

三陸海岸に沿った町々や村々・・
それぞれの鎮守様やお稲荷様、地蔵尊・・・
昔昔から地元に愛された神様たちが祭られていたことだろう。
地域を守り、子供たちと漁師たちを守った山の神、海の神・・

津波の去った後・・・何もかも流された荒涼たる土地、
瓦礫の中に残された社や鳥居がポツンと建っている・・・

写真展で伺った被災地の神様たちの不思議なお話。
Aさんが送ってくださったのでご紹介します。
IMG_8039-11.jpg     IMG_8049-12.jpg      IMG_7955-1.jpg
                      
被災地は福島いわき市久之浜の写真です。
津波で全700軒もの家が流され近くの半島が真二つに割れるほどの
被害にあいながらも唯一つ残った鳥居と稲荷神社です。
ご覧のように小さい小さい神社だけがポツンと残っているのです。
今やパワースポットとして訪れる人がいるようです。

宮大工の技なのか・・・
不思議な光景に感動しました。
他にも神社だけが残っているという被災地があると聞きました。


以上、Aさんのコメントです。
屋台の右奥に建ってます、鈴は壊れてもなお繋がっています、
科学で証明されない不思議な力って在るのですよね。
私は・・
この土地に生きた先祖代々の祈念の蓄積が支えたと想いたい・・・

写真はサムネイルです。クリックして大きくしてください。
仙台出身、撮影者Aさんの気迫が伝わります。









芸術の秋に・・



写真展と絵画展に、いそいそと出かけました。

息子の中高の母校A学園の母親仲間、
Aさんの写真展、Kさんの絵画展、
【鎌倉生涯学習センターギャラリー】、お隣同士で開かれています。

どの作品も素晴らしいです・・・
でもでも、ひいき目でなく、公平に観て・・・
お二人の作品が抜きでて素晴らしい事が何にも増して嬉しい。

Kさんの絵画。
4作品のうち、私はこの作品に心惹かれました。
ダイナミックで・・なお繊細な描写。

海の幸
2012102713070001.jpg

『お仲間には男っぽい絵だと言われるのよ。(*^_^*)』
Kさんの言葉。
え?
じゃあ、女っぽいとはどういうこと?
よわよわしいってことかい?
冗談じゃないよ、女の方が勁いんだから・・・・ブツブツと内緒で。
確かに繊細で優しげな水彩画の名札に男性の名を見つけて、吃驚したけど。

加齢に従い、男は女らしく?女は男っぽく?成る・・
いえ、本来持っていた気質が隠せなくなったのでしょうよ。
気弱な男児に・・「泣くな!男らしく強くしていろ!」と叱咤激励し、
元気な女児に・・「女らしく、しとやかに大人しく!」と言い聞かせ・・
ハハ・・生来の本性が出て来たのですよね。


とはいえ、男女平等の社会で、女性の実際の社会進出の程度は、
世界ランクで101位だとか。それが日本の現状だそうです。
管理職、政治家、官僚等々、リーダー格の割合が少ないとのこと。
まだまだ・・・『女らしく優しく・・・』なんて求められてるらしい。
経済発展の将来性と女性の活躍のレベルは正比例するとか。
こんなことでは・・・日本の先行きはは甚だ心配だと言えそう。

じゃんじゃん、力強くダイナミックに表現しましょうヨ!!

(Aさんの、素晴らしい写真展、お写真を送って頂いてからアップしますネ。)

 







石原慎太郎という人

80歳にして、再び政界へ・・・
これは、今の世の中では褒められるべきことなのだろうか?

明治生まれの父に育てられた私の感性には・・老醜と映る。

作家石原慎太郎の鮮烈なデヴューを同時代に観た。
当時としては破天荒な突出した青春群像を描いて
文壇に新風を巻き起こし、その颯爽とした容姿とともに耳目を集め、
戦後に青春期を迎えた世代の希望の光だったかと思う。

生意気な私は、彼より10歳年下ながら、すでに、、
『こんなに若くして芥川賞を貰って・・・あとの人生、辛かろうに』
と想ったものだった。『あと何十年、どうするんだろう?』って。

しかも、弟は・・大スター、石原裕次郎。
自分より容姿に劣るはずの弟、
暴力的で酒におぼれ、家族の厄介者だった弟、
スクリーンに出るや否や、いとも、やすやすと大スターに成った。

兄としての面目を意識したのか、作家活動に行き詰ったか?
政界に進出、トップ当選、その人気と弁論を持って大臣を歴任、
満を持して立候補した総裁選に惨敗。
何が気にくわなかったのか、住みにくかったのか、突如、議員辞職。
東京都知事に選出され、水を得た魚のごとくに活躍、今に至っている。

このまま任期満了後は、東京オリンピックの招致に専念して、
豊かで名誉ある老後を迎えられたはずなのに・・・

「尖閣諸島を購入する云々」から・・・あれれ?・・・老害?・・
と、案じていたのだが。
センセーショナルに自己アピールし続けて・・今日に至ってもまだ、
最後の最後まで、自己顕示欲を抑えがたくのパフォーマンス?

並はずれた容姿と才能、生来のオーラに恵まれ、
他に類を観ないほど優れた男の行き着く果てに、
恥じ多きことのないように祈りたい。

長生きは罪だ。惜しまれて逝かせてくれない。
有終の美を飾らしてくれないばかりか、老醜を曝させる。
早世の弟は、人々の思い出に生き続けているという皮肉。


たまには・・・考える?のん太
kako-iSta80fonZLeXq7l[1]
ピンク色の鼻と長いヒゲ・・・ちょっと自慢。

余談・・・久しぶりの独断と偏見です。
週刊朝日が暴いた橋下撤さんとは、あまりに育ち方が違う。
超セレブの石原慎太郎さん、その高慢な感性から生じる大衆観と
橋下さんの持つ反権威主義からの庶民感覚のズレ!
どうしても越えられない違和感がつきまとう。

いずれは互いに爆発するだろうというのが独断です。



【枯葉♪】

一つの曲を、数人が唄う。

月一回のお勉強会では選曲が重なることが度々ある。
たとえば、先月は【もう遅すぎる】を三人が選んで唄った。
三人三様の雰囲気になり、曲想そのものが違って聴こえる。
個性を活かす・・・指導者の狙いが伝わって愉しい試みだ。

歌詞が女性用なら、男性が唄う場合は男の歌詞になるし、
『自分で作詞してみたら・・』の先生の指示で、チャレンジする方も居る。

だから・・『この曲、私も知ってる。なんだったっけ?』・・・
『さっき貴女が唄ったじゃない…』と笑い話にもなる。

12月のお勉強会では、全員が【枯葉】を唄うように指示されている。
イヴモンタンが唄って一世を風靡した名曲。
11月、一か月を掛けたら、自分らしい歌に出来るかな

             【枯葉】

   『あれは 遠い思い出 やがて消える 灯影も
    窓辺明く輝き 光満ちたあの頃
    時は去りて 静かに 降り積む枯葉よ
    夢に夢を重ねて 独り生きる哀しさ
    木枯らし 吹き荒び 時は帰らず 
    心に唄うは ああ シャンソン 恋の歌』

              暮れゆく 秋の日よ 金色の枯葉散る 
              つかの間 燃えたつ 恋に似た落ち葉よ
              いつの日か 抱かれて 誓いし言葉よ
              はかなく散りゆく 色褪せし落ち葉

              はかなく ただ散りゆく色褪せし落ち葉


改めて、良い歌詞だとおもう。
日本的情緒。古語、古文体だがそれが美しい。



岸洋子さんの歌と歌詞が違うけど・・
それぞれの良さ。
フランス語で歌ったらカッコ良いかな?
でもなあ・・客席にはフランス語に堪能な方も・・・。



【パダン、パダン、♪】

エデイット・ピアフの大ヒット曲、【パダン、パダン】
彼女の内なる叫び・・・心の闇から発する音・・を唄ったと言う。
さて、私・・・唄えないかな?



先日の経験が在るから?と期待したけど
とてもじゃないけど・・・・まだまだ経験不足?

『軽やかに唄うほうが良い』との御指導・・・
リズム重視で、軽やかに私らしく唄おう。


       【パダン、パダン、】

     生まれた時から 私の心に
     昼も真夜中も 聴こえるあの音
     時にはわけも無く 私を苦しめ
     妖しく付きまとう 時には 叫びも遮るあの音

     パダン、パダン、パダン、 私を追いかけて
     パダン、パダン、パダン、 思い出せと囁く
     パダン、パダン、パダン、 私を指さして
     遠い過去の世界へと 誘うあの音

     恋人のことを 思い出せと言う
     胸の傷跡に 涙注げと
     私に刻まれた 喜び哀しみ
     昔の足音が 奏でる一節 恋の喜劇よ

     パダン、パダン、パダン、祭りに口説かれて
     パダン、パダン、パダン、約束したけれど
     パダン、パダン、パダン、街角にあふれる
     その日限りの誓いと 口づけの音

     襲い来るあの音
     付きまとうあの音
     苦しみは後まで 胸に残して
     心の鼓動を 唄うよ



秋晴れに




エンジェルズ・トランペット

kako-h2TbhGBCNzGaeOYW.jpg


10年ぐらい前から・・身近に見るようになったから外来種だろうか。
木立ちチョウセンアサガオ属と説明されている。
毒性が在るらしい・・・
その花に『天使の笛』と名付けたとは、優しい心?。


ホトトギス(時鳥草)

kako-D46slOIbKkeg3mNX.jpg

我が家に、いつの間にか根付いて・・・数十年。
例年、猛々しいほど元気なのに、今年は柔らかな表情・・・

ホトトギス 揺れて華やぐ 濃むらさき     草笛

下を向く花、上を向く花、・・・その違いはどんな理由?





  


マインド・コントロール?

人は、大なり小なり、誰かさんのマインド・コントロールを受けている。
だって、信仰がそうだし、
仕事の上下関係もそうだし
マスコミは意図してコントロールしようとするし、
受験塾がそうだし、・・・そう、まさしく学校こそ!。

私は大丈夫だなんて言えたもんじゃない。
いえ、私なんか最たるもの!
直ぐ、コントロールされてしまう。

だって、幼少期から
『親に反抗してはいけない』
『規則を守りなさい』
『先生の言うことに従いなさい』
『お師匠さんの言葉は無条件で受け入れなさい』って言われ続けてきた。
たいした【飴】を貰ったわけでもないのに【鞭】を怖れて・・・
自分からコントロールされてきたかな?。


あら、そういえば、
『夫の言うことを聞きなさい』って教育されてなかった・・(^_-)-☆







ワケが解らん・・・・2

好奇心抑えがたく、あの記事を読みました。

5時、早朝のニュースが週刊朝日の謝罪を伝える。
??・・かの、【維新の会】橋下徹さんのこと?
ニュースを聴いても腑に落ちない。ワケが解らない。
そうなれば、週刊朝日10月26日号を買うしかない。
近所のローソンに飛び込む。
在った在った!一冊だけ残っている!。

うん、なかなか厳しい内容。これって、確かにプライバシーの侵害。
・・・・が、内容の一部は、すでに流れていた彼の親族事情。
彼自身には、まったく責任の無い事なのだ。


それでも、
週刊朝日、編集長が、このノンフィクションライターを信頼し、
記事の内容を事実だと認め、
是非とも世間に知らしめん、との確固たる信念のもとに、
プライバシー侵害と言う当然のリスクを承知で掲載したはず、
実際、記事掲載の理由らしき文章も在る。
ならば、堂々と、持論を展開し、反論も批判も受けて立つべし。
その覚悟もなくて・・・掲載を決めた?

今更、何故、謝罪する?ワケが解らん。


早起きと久しぶりのヨガ。疲れ果ててお昼寝しました。
2012101917330000.jpg

目覚めて・・・思うに・・・
これは、大きな闇の力の陰謀?アメリカ石油財閥? ユダヤ武器資本? 
とにかく、橋本さんが政治的力をもつことを良しとしない勢力の陰謀?
そう考えるのが一番、納得がいくから、そうすることにしました。(;一_一)







ワケが解らん・・

重要法案の棚上げ
19兆円の復興予算の不適切な使途、
マインドコントロール尼崎連続殺人
理由が判らない事象が多すぎる。

それでも、在りそうなことだし、前例も在るし、似た事件も在る・・・
ニュースは見ないようにして・・気持ちが悪くなるから・・してきた。

さりながら、
IPS細胞をすでに手術に使った・・という、あれは医者?学者?
無視できない事件だ。
あれ以来、すっかり山中教授の功績が語られることが少なくなった。
まさしく、週刊誌のいう【ノーベル賞受賞に泥を塗った!】状態。

なんなの?
本人の異常性はともかく、それを記事にした読売新聞の愚かさ!
記者の愚かさはともかく、編集者、編集長は?、・・責任は重大。
普通に考えても【?】と疑うべき。
山中教授の、『全て、これからです』との明言を如何に聴いていたのか。

その、ウソツキの某氏は、東大研究員という肩書を持ち、
多額の研究費を貰い、留学し、しかも、一種の性格異常者?

彼の周辺の方々は、彼の何を観て、訊いて、認めてきたのか・・?
見て見ぬふり?その罪は大きい。
名誉棄損とか、プライバシー保護だとか、
そんな理由で及び腰だったとしたら馬鹿馬鹿しくて情けない。
彼等の価値基準は一体、何処に在るのだろう?

今の若い人は・・の言葉は使いたくないけど
この頃、普通の人の常識が変わったとしか思えないのだ。
高い常識を要求される、新聞記者、医者、学者、それらを束ねる役人官僚、
昔から、そっと囁かれていた東大卒集団の非常識性を、いまこそ問いたい。

それとも、日本人の感性そのものが鈍化している?。

理由のわからない事象が在りすぎる。(;一_一)



良い人

久しぶりの勉強会。
仲間が、一堂に集まって、互いの歌唱を聴く会。
重い腰を上げて、昨日のレッスンにはなんとか出席して準備した。

あの事件以降、全く、正直正銘、昨日まで一度も唄って居ない。
楽譜も、一切開けず、勿論、カセット・テープも回さず・・・20日間。

「あれ、私、そんなに歌が好きでもないらしい?」(*^_^*)

さりながら、歌のレッスン、先生には報告済みとしても、
休んでいる状態は不自然、仲間から、ご心配の電話も頂く。
いずれは、何処かから入るにちがいない事件、説明する必要も有る。

というわけで、二曲、唄った後、一応のご説明とお礼の挨拶をしよう。
仲間の好奇と同情に曝されるのは辛くて逃げ出したいけど、仕方ない。

レッスン会場の入り口にブーゲンビリア。冬でも咲く?
kako-9EV1uxTqz2f6TQ3k_20121017095244.jpg


さて、あれだけの怖い経験、価値観に影響を及ぼすようだ。
仕事以外は、『どうでも良いや!』と切り捨てる事が増えている。
レッスン、老人会、草刈会、ヨガ、子供見守り会・・熱が冷めたみたい。
ま、そうもいくまいから、来週からはヨロヨロ、ソロソロと参加?(;一_一)

一番に【変わったな~】と自覚することは
「良い人でいること」への価値が下落したこと。
かといって、急に我儘になったり自分勝手になったりは出来ない。
たぶん、エネルギーの衰えた心身を守る時期に入ったのだろう。
曽野綾子の最近作【良い人で居ることを止めれば生きやすい】?
・・・、題名をおぼろげに思い出している。

久しぶりに唄う二曲は【舟歌】と【SHE】・・・


裏口に・・

裏口・・・・
クリーニング屋さんも、玄関ドアに来るから、裏口を通る人は居ない。
そのせいか、やたらと、アジアンタムが繁茂している。
高価なシダ類。贖って愛でても、鉢の中で直ぐ枯れる。
まして、植えた覚えもない・・・胞子がとんできたのだろう。
この広がり!、余程、環境が合うのかなあ?

2012101509220000.jpg


ピラカンサ
トゲトゲしいから植えた覚えが無い。ヒヨドリの置き土産?。
まあ、大きくなること!あっというまに背丈を越えて伸びる。
隣家の敷地にまで入り込むからバンバン刈り込む。
例年、花やら、実やら、愉しめないほどの丸坊主に。

それでも、・・・実りの秋は来たらしい。
2012101509270000@.jpg

人の目に触れずとも条件が良ければ・・・繁茂する。
刈り残された枝、【隙】あらば・・・確実に実を付ける。
生命の、子孫繁栄への努力を目の当たりにしても、今は鬱陶しい。








金木犀

月曜日は・・・枯れ葉や草などの収集日。
軽いとはいえ、大きな袋を二個下げて・・集積所へ向かう。

あ?良い匂い。金木犀だ!朝陽の中・・・

2012101509240000@.jpg
未亡人としてほんの数年をお独りで過ごされ、
お風呂場に倒れていらした女主人。
孤老死というには,羨ましいほど、潔く逝かれた。
手入れの行き届いたお庭は,いつしか荒れてはいるが面影は残ったまま。
今年の金木犀は、ことのほか立派に咲いている。


拙句、三つ

      木犀の香を確かめて 息深く       
      金木犀 主亡きままに 三年過ぎ
      亡き女人は 毅く気高く 金木犀      草笛










久しぶりに・・

 
≪世界に誇る日本の商品100≫
見出しに惹かれて、広告を読んでみました。
日本の経済社の雑誌【日経ビジネス】

やはり載っていました
公文式。

2012101408290001.jpg

全く同じ教材で世界中の子供が学習中です。
特に、算数数学はグローバルですから。
英語教材は英語圏で学習されています。

【教育は、個人別能力別でこそ成り立つ】の創始者の想い。
もし、いま、世界中で支持されているなら・・正しかったのです

2012101408290000.jpg
記事は・・【世界300万人が同一の教材で学習中】

1975年に、『そうだ、!これこそ、教育だ!』と信じました。
営々と、38年間、ひたすら愚直に指導者として過ごしてきたこと、
先日の事件以来の本部の対応に、その38年間をすら、
後悔して心萎えていたのですが・・・
本部云々ではないのだと、改めて、自分の過去を評価したくなりました。
コウモン式?コウブン式?と呼ばれていた頃からです。
あの頃・・教材と創始者の熱い想いを信じた指導者の献身と切磋琢磨・・・
それしかなかったのです。

久しぶりに嬉しい事です。そう、今日は自慢話。(*^^)v

 





淡島へ・・・



歌の仲間が心配して、思いついたのが、淡島ホテルへの旅。

淡島ホテル・・格別、変化もないけど、やはり豊かで穏やかな環境。
ゆっくりと温泉につかり、長々とおしゃべりして・・・

朝、五時半の、朝ぼらけに染まる富士山。
2012101305560000@@@.jpg

往路は、御殿場プレミアム・アウトレットに寄り、
三宅一生の冬のジャケット、フォションのジャム、
スパゲッテイ・ソース、などなど購入。

散財は、気晴らしの雄?


帰路は、やはり御殿場から箱根路をとる。
見事なススキが原を観ながら、仙石原交差点近くの肉屋【紋次郎】に寄り、
ローストビーフの切り落としをお土産にして帰宅。

2012101312440000@@@.jpg

久しぶりの遠出、なんとか、気分転換できたかな?

  


10月11日・・・


一年と七カ月を経た。
東北の地の復旧、遅々としているとはいえ、
それなりに新しい生活を営み始めている人々が居る。
一方では、精神を病んでいる人が増えているとも言う・・・

もし私だったら。。。?
もう再起の意思も沸かないだろう。
失ったものを数え、嘆きながら、漫然と国の補助だけをたよりに暮らす。
徐々に、バランスを失い、いずれは鬱状態へ、
病的怠惰へ逃げ込んで過ごす無為の日常へと落ち込む。

東日本大震災の記憶を呼び起こすまでもなく、
人は災難・・・天災であれ人災であれ・・・に襲われたら
予防も対策も・・・体力気力も・・なす術も無いのだ。

神仏に祈るほかなかった太古の昔と、何等、変わってはいない。
大自然と巡りくる運不運のまえでは、ちっぽけな存在でしかない。

日々を有意義に愉しく過ごすこと。
刹那主義とは違う。やっぱり、諦観の世界観が必要だろうか。


  





酔芙蓉



なんだかんだと、せわしく過ごしていながら、
ずっと、気になっていたご近所の酔芙蓉。

ぎりぎり間に合った・・秋空の下・・・
2012101010550000@.jpg

朝、白く咲きながら、昼過ぎから次第に薄紅色になり、凋んでいく。
その時々の色が、それぞれ美しい。

石川さゆりの歌【風の盆恋歌】に、登場する酔芙蓉・・
なかにし礼作詞、 三木たかし作曲、で有名になりました、
直木賞作家、高橋 治著、同名の小説からイメージしたものとのこと。

小説が先です。NHKで佐久間良子主演でドラマ化されたような記憶。
いわゆる命を掛けた不倫がテーマ。
毎年【風の盆】にだけ逢う・・・家庭持ちの男女の恋。
何だか知らないけど、さすがに、良い気なもんだ・・ト思ったものです。
その上、心中するんだけど、その必然性も感じない・・・無責任極まる。
この歌が創られる前でしたが、読みながら、忌々しく感じました。

おなじ不倫小説なら断然、中里恒子さんの【時雨の記】です。
とにかく壮絶で妖艶な小説。しかも、納得できる設定でした。
主人公の男性は・・病死、二人の関係は誰にも悟られないまま・・・
遺された女性・・大磯?に侘び住まいしている・・は、独り毅然と生きる。
そんな話の筋だったかな?
女性作家の描く勁く潔い女性が魅力的。こうじゃなくちゃネ!


たしかに、この花、酔芙蓉をみれば、
詩人は、妖しげで儚い女人を重ねたくなるかも。
所詮、男の描く・・理想の・・都合の良い女性ですが・・(;一_一)



  

 

IPS細胞・・・ノーベル賞

 

久しぶりに嬉しい話題。\(^o^)/
山中伸弥京大教授、ノーベル賞受賞のニュース。

素敵な男性!
ハンサムで背が高くて、頭が良くて、
スポーツマンで、適当にオシャレ。
ヘアースタイルも潔くて似合う。
あれまあ、奥様も美人でお医者さん。
御嬢さん二人も・・・・医学部在学中とか。

インタビューの受け答えも満点。
内容も感謝感謝と率直に口にして、感じ良い!
ホンワカ関西弁と、自虐的?謙遜のユーモア。
う~~ん、欠点が見つからない。

まだ、こんな素敵な人が居たのですね。(^_-)-☆


さて、
IPS細胞の発明を知って、浅はかな脳みそが、まず最初に想った事。
『え?じゃあ、再生再生で・・・人間、死ねなくなる?』
馬鹿だね・・・われながら。
でもね、ただいま好評発売中の【百年法】って推理小説。
人間は医学科学の進歩で死ね無くなるのです。
それで、100年たったら、自発的に死ななければいけないと言う法律が
出来て・・・
という恐ろしいテーマですって。
読みたいけど、上下巻ものすごく分厚いのです。


あの大震災以後、オリンピックでの活躍も、今回の受賞も
主役の皆さんのコメントに、日本、日本人、日の丸・・、
そんな言葉が頻繁に上るようになりました。

日本中に愛国心が強まったのでしょう。
優しい絆で、というより強く結束して、
災害から、不景気から、立ち直り、外敵から守ろうと。

 



お勉強・・・

 【気】の所為で・・気候か、気持か、どっちにしても【気】の低下?
風邪を引き込みました。想定内でした。『やっぱりね』。
熱いお風呂と、大量のヴィタミンCと、・・・
一昨日の流鏑馬見物でなんとか復活しかけています。

kako-tEXg6i7Cg4rTXsvW@@@.jpg


ウェブ・サーフィン?していたら、面白い記事を見つけました。


困った時・・
トラブルやミスなどで落ち込んでいる人に声をかけてあげたい。
でもなんと声をかけていいのかとまどう。皆さんもそんな経験はありませんか?励ましたつもり が逆にプレッシャーを与えてしまったり、不快感を与えてしまったりすることもあります。落ち込んでいる人への話し方を考えてみましょう。

頑張れという言葉をかけられるとプレッシャーを感じる人も
一般的によく使われる励ましの言葉に「頑張れ」があります。替わりとなる言葉のバリエーションも多くないの「励ます=頑張って」というように使っている人も多いのでは?相手を思って励ましているこの「頑張れ」という言葉。言われると逆に辛く感じる人もいるのをご存じでしょうか。

精一杯のところで努力している人が「頑張れ」と言われると、「これ以上どう頑張ればいいの?!」と不快に感じてしまうことがあります。
東日本大震災で被災された方々からも「頑張ってという言葉が辛かった」という声が出ていたのは記憶に新しいところ。
労わるつもりが、不快感を与えてしまうのは残念なことです。励まされる時に負担になる言葉があることは知っておいたほうがよさそうです。

NGな励まし方をされたことがあるか、グループインタビューを行ってみました。「大丈夫、なんとかなるよ!無責任な励まし方をされた時は、逆にイラっとしてしまいました。」
(WEB制作会社勤務、29歳女性)

「苦しまなくてよかったじゃない。慰めるつもりで言ってくれたのかも知れませんが、家族を亡くしたばかりの人に言っていい言葉ではないと憤りを感じました。」
(ホテル勤務、47歳男性)

「次は頑張ればいいじゃない。そういうけれど、今回も頑張らなかったわけじゃないし、次のことなんてすぐには考えられません。」
(事務職、35歳女性)

NG例はさまざまですが、励まそうというせっかくの好意も、伝え方に気をつけないと逆効果になってしまう点が共通しています。相手に不快な思いをさせないためには、どのような点に気をつけていけばいいのでしょうか。


励まさない方がいいタイミングもある
ショックな出来事があった直後は、ダメージが大きい為、かけられる言葉にも敏感に反応しがちです。
「無責任な発言に聞こえる」「わかったような事を言われるのに不快感を感じる」というのも、受けて側の精神状態によるところが大きいもの。
前向きに解釈する余裕がない時期に、励ましの言葉をかけるのは難易度が高くなります。
このような場合は以下の3つを伝えるにとどめるのがよいでしょう。)

1. あなたの話を聴きますよということを伝える
2. 「わかってあげたい」という気持ちを伝える(安易にわかるとは言わない)
3. 見守りの意思を伝える

この3点を伝えて回復期を待ちましょう。回復期が来たら、いよいよ励ましの言葉の登場です。


ある程度気持ちが落ち着いて、立ち直っていく時期になると、励ましの言葉が有効になります。
状況や相手との関係性を考えながら、元気になってほしいという意味の言葉を伝えましょう。
余裕がない時期にはカチンときてしまうような言葉でも、心を寄り添わせて伝えれば、その気持ちは理解してもらえるのがこの時期です。
例)「うまくいくといいね」「応援しているよ」「いつか笑い話になるよ」
どんな言葉を選ぶかというよりも、タイミングに気をつけることと、心をこめて丁寧に伝えることがポイントです。

簡単に言ってくれるな・・・。そんな気持ちにさせない為にも、回復期の励ましでも「頑張って」「元気を出して」といった一般的なフレーズを使わないようにすると更によいでしょう。)

頑張っている人には、「楽にいこうよ」「無理しないで」といった肩の力が抜けるような言葉もいいですし、仕事などで苦しい場面から立ち直った時には「逆にいい機会だったかも知れないね」といった言葉が救いになるかも知れません。
安易に言葉を選ぶのではなく「こういったらどう感じるのか」相手のことをじっくり考えて言葉をかけるようにしてみてください。こういったプロセスは言葉のニュアンスとして相手に伝わります。)

相手にとって今どんな言葉が響くのか、考えたことがありますか?言葉を選ぶときに必要なのは、想像力です。
想像するのなんて難しい、めんどくさいと考えるのはちょっと待って。たいていの人間関係の問題は想像力不足から生まれるもので、思いやりのある伝え方も想像力なしには語れません。
相手の立場になって考えてみるということを、是非実践してみてください。)

どうしても、いい言葉を思いつかない。そんな時もあるでしょう。そういった場合には、聞く、待つ、相手のことを考えて言葉をかけるというステップて、あなたの優しい気持ちを伝えてください。
辛い時の心遣いは本来とても嬉しいもの。辛い人がいたら、タイミングに気をつけながら、ぜひ声をかけてあげてください。



  以上、グルナビからの転載です。
誰が書いたのか不明ですが、確かに、この反応がベストかも。
とくに、タイミング想像力の重要性。

自分の過去の数々の失敗・・
辛い想いの中の友人への下手な対応を思い出しています。
難しい・・・だから沈黙。たぶんそれしか出来ませんでした。
でも、それはまたそれで、淋しいものです。
遠慮が逆に、孤独に追いこんでいたかもしれません。

・・・メールや手紙の方が良いようです。自制が効くし、
電話や立ち話では、つい余計な事を言ったり、相手の強がりに合わせたり。

当事者になって初めて知る・・・良い勉強になりました。
もっとも、誰も、こんな勉強はしたくないですよね!(#^.^#)




流鏑馬・・・・・鶴岡八幡宮

 
午前中の雨が上がって・・薄曇りの中
若い友人に誘われて、流鏑馬を観てきました。
素晴らしいです。
目の当たりに見るそれは、やっぱり、迫力満点。

お馬さんが可愛い。
射手がカッコ良い。
ドドド・・・と走る蹄の音、
バリツという的が射ぬかれた音、
射手の衣装の、色合いと、デザイン、
頭に被った笠までも、いかにも軽快、躍動感に溢れる。

携帯の写メでは、撮影不可能でした。
速い・・・・シャッターが下りる頃は駆け抜けています。
それより、この目にしっかりと【録画】しましたよ。

走り終わって帰る時の悠然とした姿です。
しかも、このお馬ちゃんが一番の年寄りっぽくてドン臭くて・・遅い。
でもでも、御役目終えて、悠然と、嬉しそうに得意げに帰って行きました。
2012100714100000.jpg

馬術にも流派があるらしいです。
ここは・・小笠原流。
その関係者か、ご招待の皆さまがお向かいにお座りです。
ふと気付いたんだけど、男性も女性も揃いも揃って美系の皆さま。
お若い折には、さぞかしという面立ちが並んでいました。
2012100713120000.jpg
後ろの竹垣は、建仁寺垣、前の矢来垣。。。
職人の丁寧で正確な技術が緑に映えて美しい。

我々も、次席招待席に着けました。
鶴岡八幡宮の外郭団体≪槐(えんじゅ)の会≫会員の友人のお陰です。
『気晴らしに、行きましょう』のお声掛けに感謝して愉しみました。






川柳・・・・

いつまでも、左膝が痛い。
打撲跡の青あざも消え、傷もふさがっているのに・・
骨折の有無だけ確かめに病院に行く。

待つ間に読む本を忘れたので週刊新潮を買う。

愉快にして深い川柳を見つけた。
読者投稿欄より三つ。  お題は【運動会】

     亀の子は 亀と分った 徒競争
     ママを見ず 前見て走れ 一年生
     走る児を 眼で録画する 老夫婦 (今週の特選句)。

苦笑いして、時に、ホロリと涙して、どの句も秀逸!。
子育ての年月、孫いじりの年月、折々の運動会を思い出してしまう。


さて、レントゲン撮影とエコー検査をして・・・
診察結果は、筋肉内での内出血が引いていない状態とのこと。
『しばらくは、膝をつけば痛いと想いますよ・・』とのこと。
原因を語れば、『気の毒に・・』と優しげな若い女医さんに、
『先生も気を付けてくださいネ』なんて、意見する。
ああ、これがオバサン?いや老婆の、余計なひと言なんだよね。(-_-メ)

この場面、川柳に?・・・・・いろいろトライしたけど、作れない・・




怖い・・

 物損の手当てが済み・・・やることが無くなると・・
怖い! 外に夕闇が迫る頃から始まる感覚。
一緒に誰かが居ても、怖い。
何と言ってもわが身の情報が全て盗まれているのだから。
電話のベル、門のチャイム、鳴るたびに身構えてしまう。
約束も、予約も、ヨガも、レッスンも、どんどん、キャンセル。
何処にも行かないに決~めた!と、引きこもっています。


2012100516420000.jpg


中学の合唱祭でも、小学校の運動会でも、
生徒たち、元生徒たちが大活躍していたらしい。(*^_^*)
明日の鎌倉市市民運動会でも、小六女児が参加者代表で宣誓する。
『必ず行くからネ・・』と約束していた。
木曜日『いや~~~行けないかも。アレコレ聴かれるのも嫌だしなあ』
『そうだね、良いよ。来なくても。ちゃんと出来るから』可愛い顔で頷く。
小六にして、即座に、私の気持ちを察した返事が帰って来た。

あの華奢だった小2の女の子がいま、目の前で連立方程式を解いている。
確実な高い学力が、精神力、表現力、豊かな情緒まで育てている・・。
いまは、この喜びを杖にして立ち直るしかない。









行ってみたい・・

 
神田駿河台に在る【山の上ホテル】
水道料金をゴマ化したとか・・・みみっちいこと。
老舗の面目を丸つぶれにした経営が、なんとも情けない。

文豪達の作家活動の定宿だったとかはともかく
是非是非、行きたかった理由は・・・天丼!
ここの食堂で出される天丼が、絶品だと書かれていた。
池波正太郎?山本周五郎?司馬遼太郎?誰だったかなあ?
とにかく、一度は口にしたいものだと憧れていただけに残念至極。


さて、それでは、今、行きたいのは、何と言っても改装なった東京駅
丸の内側から見る駅舎を、常々、素晴らしいと想っていた。
それに、丸の内口ホールの丸天井・・ドーム!
高い高い天井が、なんとも、ムーデイーで、長い旅に出た気分にさせる。

内包されているステーション・ホテルのバー!。
京都に帰る人と新幹線の発車時刻まで、一時間ほどを過ごした。
イギリスの紳士クラブに在る雰囲気、重厚で、気楽で、堅実。
女同士を快く受け入れ、美味しいカクテルを作ってくれたっけ。
『また来ようね』と語りあったまま、叶わずに20年以上を経てしまった。

新装され、本来の三階建てになり、昔の色を取り戻したと聴けば
是非是非、行ってみたい。


気がつくと・・・
こんな酔狂な願いを叶えてくれる酔狂な友人が居なくなってる。
亡くなったり、病を得たり、仕事を離れて疎遠になっていたり、

・・・老いるとは、様々な事を失っていくことらしい・・・・

  


忖度する・・

 
忖度する(そんたく):他人の心を推し量ること

う~~ん、この頃の若い方には通じない様ですが、
実に日本人らしい心の表現として残しておきたい言葉。
妙な政治家がらみでマイナスの意味合いが乗っかってしまいましたが、
実に、微妙で優しい気持ちの往来を顕す言葉です。

相手の気持ちを察して、理解して、共感を寄せる・・・・
私の感覚ではこんな意味合いです。

2012100319000000.jpg
花束と、たくさんの激励の言葉に応えてなくてはね。


それにしても・・・・・(;一_一)
株式会社公文教育研究会にとって、指導者は、鵜飼いの鵜
企業利益を稼ぎだす大切な?存在のはず。

私の、今回の精神的被害によせる態度は・・信じられ無いほど酷い。
勿論、物質的被害へのカバーなど、ハナから期待していません。

驚きました。この無関心ぶり!
ロイヤリテイー、40パーセント分の保護責任はともかくも、
指導者の恐怖への共感ぐらい頂きたいものです。



自分が蒔いた種・・・そんな想いを、抱え込んでのこの一週間、
皆さんの優しい言葉に感謝しながら・・・・
終始、頭に浮かんでくる言葉が「忖度する」 でした。 





  



10月!

 

今日も、無事教室を開き、8時に終了・・・
夫の出迎えを得て、帰宅しました。

『お巡りさんに、住所と名前を聴かれちゃった』
7時ごろ、中学三年生の男子が飛び込んできました。

住宅地内の辻辻に、警察官が二、三人ずつ立って、目撃者捜しです。
事件の起きた条件、場所、時間、で捜しているのでしょうね。

『大丈夫ですか?』と、声を掛けてくださるお母様方。
『ええ、大丈夫ヨ。でもさ、教室がしまっているか心配じゃ無かったの?』
『いいえ、絶対、やっていると想っていましたから・・』
まあ、私は不死身とでも想ってるんのでしょうかネ?



空には満月を一日経過した月が煌々と輝いています。

いつもなら、月を仰いで、
猫のん太の出迎えを受けて、
意気揚々と帰宅するのに・・・我が身の不運を嘆くばかりです。


たくさんのお見舞いのコメントやメールやお電話、
ありがとうございます。




  

そりゃあ、大騒ぎです。



新聞、神奈川版に載りました。

実名、実年齢、職業は塾経営・・・27日夜8時10っぷん。
被害金額は13万円。強盗事件です。
液体ならぬ、催涙スプレーです。
(老婆では無かった~~~!ホッ!)

正直、全く困り切ってます。
警察に、「マスコミへ漏らさないで」と頼んだけど、
プライバシーも何もあったもんじゃないのよね。
世間体第一?の私としては凄く、辛く切ないです。

10万円は軽井沢への2泊旅行資金で、たまたま持っていたのです。
それより、一切合財がなくなり、カード類の手配と携帯電話の差し止め、
保険証、免許証、車の鍵、家の鍵、などなどそれらの手配に、
警察署の事情聴取と合わせて、丸二日間の騒動。

催涙スプレーは5時間効果的。
目が開けられなくなりました。
それより、お肌にシミになるかと危惧しました(;一_一)!


大丈夫です!。今は元気です。


教室から帰り、門扉を開き、庭に入り、
門扉のカギを閉めようと道路側を向いたところを
いきなりスプレーを浴びました。
ひるんだ隙に、バッグをひったくられました。
家に向かいながら、100m先に若い男の黒い姿には気づいていたのです。
それが・・いつのまに家の前まで来ていたのか・・判りませんでした。

叫び声に近所の人もかけつけ・・(夫が最後(;一_一))
『110番に掛けて・・・』と頼みました。
パトカーが来て救急車が来て・・そりゃあ・・・大騒ぎ!。
110番に通報した時点で、プライバシーは守れないようですヨ。

『なにより怪我無くて良かった!』と言う優しい夫のいうことには
『飽きなくて良い』そうです。
私は『安楽呆けの頭がすっきりしたでしょ!』と返します。

息子も娘も思いの外に優しく労わってくれました。
たぶん『ボヤボヤして!』とか『イイ気で居るから!』とか、
言われても当然と覚悟していたのですが・・
普通の御家族なら、問題を引き起こすのは子供たち?
父親の病気だ、母親の事件やらと・・親のだらしなさが申し訳ない。
家族の想いに改めて触れられて、唯一、良かったことです。




人より、緊張しながら、仕事、家庭、趣味とやりくりしてきたのです。
この年になるまで、なんとか無事に過ごせたのに、神様は甘くない?
ま、【好事、魔 多し】です。。
あるいは、不運に見舞われる人の気持ちを教えてくれたのでしょうか?


後書き
ブログには不穏当な記事、扱うつもりは在りませんでした。
フェイスブックに、新聞記事を写真にして載せた元の仕事仲間が居ました。
酷いですよね。これこそ、プライバシーの侵害です。
義理も人情も無いと言うのでしょうか?こうなれば、隠しきれません。
妙な噂を避けたくて、きちんと報告することにしました。

人の不幸は蜜の味・・・とか、そんな意地の悪い言葉も浮かびますが
皆さんのご厚情を信じてアップしました。よろしくお願いします。








  • こなもん・・・? (05/27)
  • オリンピックなんて (05/25)
  • 【薔薇】または【The rose】。 (05/24)
  • 紫蘭・・・準絶滅危惧種!? (05/23)
  • 噂話 (05/22)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索