2012/12/31

大晦日

 
さて、ただいま、午前10時。


栗きんとんを作りながら、ローストビーフを作りながら、
今晩の鶏の水炊きを用意しながら
台所を丁寧にお掃除。

暮れに、ヨガの先生に薦められて、みんなで購入した【フキペット】が大活躍。
ユニチカのベロア調クリーナークロス、フキペット。
この種のフキンは頂いたり、買ったりで、持ってはいた。
どれも、帯に短し、たすきに長しで、さして有用と思わなかったが
これ、フキペットは使い易くて有能。この暮れは便利に使いこなせたと思う。
水で洗って・・まだまだ使える。



今年は、高価な、おせち料理の詰め合わせ御重は注文しなかった。
練り物・・かまぼこ、出し巻き、は紀伊国屋で少し高級な品を。
きんとんは造る。紅白なますと酢バスも造る。ええと、酢ダコは冷凍品で。
お煮しめ?・・牛蒡はキンピラ。蒟蒻はピリ辛。里芋は豚肉との炒め煮。
昆布巻き、田作り、・・・我が家では人気が無いからパス。アツ黒豆!忘れた。

あとは・・いつもの、お子様向けご馳走?。
ロースト・ビーフ、豚シャブ、鶏から揚げ、お刺身、サラダ、

顔ぶれと要望を聞いてから出せばよいかな?



昨日、雨の中、混雑しているスーパーに行ったけど
聴けば、元旦から営業しているとのこと。
なにも、買い込んで冷蔵庫を満杯にすることも無いのにねえ・・・
馬鹿だなあ~~、また、例年末とおなじことを繰り返している。

さて、末の三か月が、不愉快な年だったけど・・・因果応報?。
人生、プラスマイナス0が日頃の観念、こんな憂き目もあろうかと・・
気もそぞろに、【断捨離】も不完全なまま、大晦日を迎えてしまった。


とはいえ、そろそろ
我が、108っつの煩悩を、なんとか抑え込み、
老後を真剣に見据えて、様々に、体力のあるうちに始末をつけたい。

すっきりとした良い年が来ますように・・・

P1020296_20121231101750.jpg

みなさま、一年間、ありがとうございました。 




スポンサーサイト
2012/12/29

私たちの選択は・・


良くも悪くも、重厚?な顔触れの新内閣ですよね、確かに。
でも、でも、だからこそ、なんだかなァ・・・不安がよぎります。

目先の経済、景気の回復を願うあまりに
私たち選挙民は、大事な大事な事を二の次にしたかもしれません。

そう、原発依存から脱却することを踏まえたエネルギー政策と
隣国に対する平和的な外交政策・・・を、安易に投げ捨て・・
目の前のデフレ脱却ばかりを急がせたのですよね・・結果的には。

組閣後の安倍総理、各閣僚の就任演説を聞くたびに感じるのです。
憲法改正、国防軍への名称変更、原発再稼働、大型公共投資、物価上昇率2パーセント。
よしんば、景気が良くなったとして、
その先にある軍備一流国家が私たちの希望だったのでしょうか。
危険この上ないエネルギー政策を蘇らせることだったのでしょうか。

2012122816200000.jpg
『ママ、政治的な意見は・・・どうも・・・』
『うん、でも、言わせて』


日本を取り戻す・・それどころか、
強気の自民党は、いよいよ、右傾化を進めているとしか思えません。
民主党に託した【日本を変える】が砕け散った後には、
旧勢力がゾンビのごとく、頭をもたげているではありませんか。

あの時の選挙で・・・と言う話にしたくないのです。
願わくは、参院選挙で、バランス良く、振れ幅を縮める投票結果が出ますように・・・・




 










2012/12/27

寒いよ~~~!

 


正直なものです。
かつて、なかったこと。
のん太は私の膝で眠ろうとします。
そう、私の体温を恋しがります。寒いんでしょう・・・?

2012122708270000.jpg


2012122709050000.jpg


2012122709300000.jpg

膝の上で・・・熟睡します。
重すぎるから、、そっと下ろして膝掛けで囲みました。

 




2012/12/26

痴漢・・・・

切ないですね・・

JR西日本の執行役員が痴漢の容疑を苦にして自殺。
訴え出た女性も、なんとも後味が悪いことだろう。
家族の、無念もさぞかしと思う。

先日はNHKの人気アナンサーが、同様の容疑で逮捕。
結局は不起訴に終っている。
真実はどうだったのだろう?そのニュースが無い。
無実だとしたら、NHKは大々的に報道するはずだけど音沙汰なし。

不起訴と言うことと無実とはイコールではないのかな。
示談で多額の慰謝料を払った?


【男性の下半身には人格が無い】とは言われているけど・・
つくづく、情けないを通り越して・・・切ない

安易な女性側の誤解によるものでも
大騒ぎされれば…現行犯逮捕の憂き目にあう。
有罪だろうが、例え、濡れ衣だろうが・・
普通の感覚で生きてきた多くの男性にとって、
破廉恥罪に問われるなんて!
『死んだ方がマシだ』と思うのもうなづける。

微罪かもしれないが、命を絶つほどの重さが在る。
どうかどうか、警察官や駅員や、取調官に願いたい。
慎重なうえにも慎重に・・・・と。

夫は、もう・・ともかくとして(~o~)
息子に、まさかの嫌疑がかかるなんて、ありえないとは信じてはいるが
「もしも、悪意の女性に引っ掛かって?」なんていう妄想が沸く。
無いことでは無いもの・・・美人局現代版?
馬鹿な母親は、ニュースをそんなふうに捉える。

「混んだ電車の中では両手を挙げているよ」・・・息子。
「ゴソゴソ振り向き、疑わしそうに見るから『お前なんかに誰も手を出さない!』って、
 怒鳴ってやった」とは、現役時代の夫。
 娘は「場所、場所を見定めて注意しておけば被害に遭わない」と断言。
「油断大敵。寝込んだりしないこと。グリーンに乗りなさい・・」とは私。

20年近く前の我が家の会話。
さあ、いまの時代のラッシュ・アワーに、通用するだろうか?

おりしも、今朝のニュースは、冬柴選手への厳しい求刑が・・・
男の前で、泥酔してあられも無い姿を見せれば・・誘惑そのものと写る。


女の子は、負の身的制約のコントロールを余儀なくされ、
男の子は、正の衝動を昇華しなくてはいけない。
思春期から青春期の、陰鬱と狂暴の狭間で、揺れ動く心身両面の衝動を
周囲がもっともっと、積極的に管理できると良いのだけどなあ。( 一一)







2012/12/23

全日本フィギュア女子

やっぱり、観てしまいます。

今夜は女子のフリーの演技です。

村上佳菜子ちゃん、SPの遅れを取り戻しました。
本来の笑顔がはじけて・・この子は可愛い。笑顔が天下一品。

あれ?鈴木明子さんは・・・少し堅くなっているかな?
大きな強い眼力、普通にしていても、十分・・・睨むことは無いのに。
睨んだら、むしろ、欠点になってしまう、と、私は思うのだけど。
佳菜子ちゃんに抜かれて、現在、2位!。

さ、真央ちゃん登場・・・
いつもいつも、彼女にはハラハラさせられてしまう。
横で、『それ、転ぶゾ~~~!スッテン!』とかチャチを入れる夫。
腹が立つけど、これも彼なりのファン意識かも。

あれ?ちょっと、迫力が無いぞ~~?
優雅ばかりでなく、惹きこむような覇気も見せてね。
ま、ジャンプは恙無く、無事に済ませた様子です。(*^_^*)
小さなミスは在るらしいけど、ひとまず、ほっとして・・・
残る、ステップ、スピン、スパイラルはもう絶品!言うことなし。
というわけで・・・どうにか?一位です。
表情は嬉しそうで無い。反省に満ちた悲痛な顔?

『綺麗綺麗で滑るだけで面白くない』という批判も有るけど
綺麗綺麗に滑るんだって凄いよ~!ねえ!
良かったね~~。だからあ、もっと嬉しそうにしてネ。

新人、宮原知子さん。
小さい、細い、子供が踊っているみたい。
ああ、そう、まだ14さい。
でも、ちょっと不自然に小さい・・顔は大人びているけど。
あら・・鈴木さんをぬいて三位ですって。
魅力から言えば、絶対に、鈴木さんの方が上なのに。
審判員の採点による勝ち負けというスポーツには、いつも??が在る。


やっぱり、
浅田真央の優勝に、日本中がほっとしたんじゃないかな?
でも、彼女のハラハラ感、あんまり続くと・・・飽きられる。
もう、悲劇の少女、悲しみの女王を脱却するべき時だと思うな。
あのキムヨナ!に負けない強さを期待してるんだから。

同時進行の実況中継をしてみました。(^_-)-☆

男子も含めて・・・そろそろ世代交代?!。










2012/12/23

クリスマス・ツリー

 
モミの木を買い求めて大きなクリスマスツリーを飾る。

我が家が飾ったのは、子供たちが小学校を卒業するまでと思う。
生クリーム嫌いな息子たちにはアップルパイを買って来ました。
後年、アイスクリーム・ケーキを?
サンタクロースが居ないことは、幼児時代から、知っていたので
プレゼントは・・・申し合わせて、すでに、子供部屋に在りました。

大正モダニズムの中に育った父は、折々のイベントが大好きでした。
特に、青春時代をキリスト教の牧師宅に下宿していたせいも有り、
私の子供の頃は、クリスマスを相当頑張ってくれました。
日曜日、一日を費やして背丈に勝るかという大きなツリーを作ってくれました。
枕元にプレゼントが置かれているのを、眼ざめの朝に確認したものです。
あの、物の無い時代に、丸い大きなケーキが、いつも在りました。

父のツリー・・・この上に、脱脂綿で雪を置くのが私のお手伝い。


それなのに、それなのに、
結婚後、夫が西洋のお祭りにそっけないないのを幸いに、
子供達の成長を待って、直ぐに、手間暇のかかることは省きました。

或る年、クリスマス飾りのモールが入った箱の中に、
飼いウサギが子供を産んだことがあり、大騒ぎしたものです。
・・・そうだ、その後、クリスマス・ツリーは姿を消したのかもしれません。


いま、息子は・・・・孫たちのために、ツリーを飾っているかしら?
孫息子は受験勉強最中の塾通い、お嫁さんはダンスのインストで忙しいし。。。
無いかもしれません。
娘は・・ゴミになる物は、一切、家に置かないから・・絶対に、無いでしょう。

私自身が、まるで、絵本から抜け出たようなクリスマスを過ごしたというのに、
我が子達には、まことに現実的な対処で済ませていたようです。

そんなものかも!!

親なんて、案外、子供のためと称して、
自分の夢を叶えているのでしょうね。(^_-)-☆
一方、子供時代に、まるで当たり前のように恩恵に浴していた人は・・・
我が子には、案外、手を抜く?
その、手を抜かれた子供は、成長した後、今度こそ、我が子には盛大にかかわってみる?

そんな繰り返しで、家風が繋がるのかもしれません。
教育にも・・・多分に、そんな繰り返しが有りそうです。(*^_^*)


 








2012/12/20

ガンバリズム

何かのコマーシャルに・・・・たぶん薬?保険?・・・
女性は【7の倍数】の年齢が曲がり角?危険?だとか言ってますね。

このたびの長い長い風邪症状・・
考えてみると、
風邪ぐらい熱いお風呂に入って愉しいことに気分を集中させれば、
あるいは、仕事にかまけて、忘れてしまえば
咳も、熱も、あら、いつの間に?と言う具合で治っていました。

それでも酷くなる様なら、医者に行き、抗生物質を頂く。
一週間も飲み続ければ・・・完治!というパターンでした。

いまや、体力も抵抗力も、グンと落ちたのだと思い知らされております。
70歳の坂をコロコロと、転がり落ちているのでしょうね。

これからは、医者選びも、慎重にしなくてはなりませんね。
自分に合った治療法も捜さないといけないようです。

去年の11月ごろ、『風邪は耳鼻咽喉科に』とブログにも書いていましたっけ。
ついつい、藤沢への距離を厭って、近所に・・・
自分の体調を若いころのままの判断に任せたこと、猛反省です。

今日以後、
『風邪引きなんて、精神が緩んでるからッ』とは決して申しません。

考えてみると・・私の人生。たいした山も谷もありませんでした。
だからこそ、愉しい、愉しいの気分に任せて、
【二足の草鞋】どころか、【二足の高下駄】で疾走してきたみたい。
何かを犠牲?にしてきたから出来たことですが、

ここにきて、ガンバリズムとは、おさらば!したいです。











2012/12/19

コキこき・コンサート・・・



途中経過の御報告。
アクシデントのお陰で・・・辛い二カ月でした。
甘えるのが下手な性分、すっかり身体に出ました。
風邪が、一か月半治らず、声もかすれたままです。(@_@;)

でもでも、昨日、レッスンに教え子の音大生を連れて行って
フルートと合わせました。
ばっちり!です。
堀先生もだんだん御機嫌が良くなったのが何よりの証拠。
ただ・・・
『これも弾いて、あれも、良いんじゃない?』
『これ・・・工夫してオブリガードを入れて・・・』
『あら、K氏の楽曲にもお願いしましょう』
どんどん曲数が増えていきます。
Kちゃんの負担が増えるのではないかと心配ですが・・
ご本人は落ち着いたもの、『はい』と・・淡々と応えていました。
さすが私の教え子です。(^_-)-☆

その間、まだ不完全ながら、一緒に合わせる私の声も出ました。
人の身体って、不思議ですね。

K氏に合わせるウクレレも、主人は練習に練習を重ねてこれもばっちりです。
身贔屓ながら・・・彼の音楽の感覚は素敵です。
レコード会社に勤めていたのですから当然?

なんだか愉しみになってきました。
お越しくださる方々に、心から感謝をいたします。
すくなくとも、ご期待にこたえられるように、後、一か月頑張ります。

今日は、ちょっと、自慢話   



   




2012/12/18

自民党の圧勝に思う

正直、何ともいえないがっかり気分です。
小選挙区制の所為だとは言え・・・なんともはや。( 一一)

とうに忘れていた見慣れた顔、顔、顔の復活。
蘇った首相の元には、早速、あの麻生さんの姿が?
もう、引退したんじゃなかったの?
新人議員の四分の一が世襲の二世議員、親の貌が浮かびます。
彼等は、日本の政治を我が家の稼業とでも認識しているらしい。

民間でさえ・・・
それッ!とばかりの経済界の、自民党歓迎の大物老人たち。
原発施策の見直しを迫り、息を吹き返す、電力会社の社長たち。
維新の会の橋本氏をも丸めこむ80歳!

どうして、こうも、老人たちは、いつまでも我執の塊なのだろう。
どうして『引っこんでろッ!』って、若い人たちは叫ばないのだろう?

要するに・・・失われた20年の総括をしないまま・・
責任を、全部、民主党におっかぶせて・・
これが・・【日本を取り戻す】だったのですね。

正直言って、何党でも良いのです。
ただ・・・過去の人、或る意味の【戦犯】の再登場は避けて欲しいじゃないですか。






2012/12/17

ポンチョ?

この形をポンチョと言うのか判りませんが・・・羽織り物。
とっても便利です。
お尻やお腹を隠してくれます。
折り返す襟のせいか、ちょっと優雅に成ります。
今風のルーズな雰囲気の縦長のドレープで、痩せて見えます。

素敵なグレーをお召しの方に見せていただいて型紙を作り
・・・いとも簡単・・・
ニット生地に、腕を出す穴をハサミで切り取るだけです。
始末かがりをすれば、もっと高級に成るのですが
不器用な私の仕事・・・切りっぱなしです。(^-^)
故にニット生地でなければなりません。

着丈は、布幅次第です。110cmが最適かもしれません。
160cmを二つ折りにした【輪】を左側に置いて(80cm幅に)
上から中心まで40cm、【輪】から中心まで19cmで、重ねたまま楕円形に穴をあけます。
楕円形の長いほうの幅(縦の長さ)は16cm。横幅は中心で12cmぐらいかな?
その穴から腕が出ると言うわけです・・・

2012121619440000.jpg  2012121619480000.jpg

要するに、袖なしのチャンチャンコです。
グレー、白、黒・・三つ作ってみました。
ショールに近いのですが、落ちる心配が有りません。
細めのワンピース、セーターにパンツあるいはタイトスカートに。
繰り返しますが・・・お腹隠し、お尻隠しです。
当然、ピッタりしたスタイルの時に、羽織ります。




選挙速報を横目で見ながら・・・
やっぱり、自民党が大勝です。
原発も、大赤字も、元はと言えば自民党政治の結果なのに
元へ戻ることを国民は選択したのですよね。

神奈川四区、私の票は…死票に成らずに済みました。
だって・・ポスターをみたって、この人以外は居ませんでしたから。










2012/12/16

・・・・とはいえ、責任も・・

 
・・・とは、言え、
指導者冥利の何倍もの悔いが有るのです。
たくさんのお子様を預かりながら、その一人一人の
持てる力を最大限に発揮させ得たのか?
自問自答に、夜、眠れないほど悩みます。

一流大学に入れるために指導しているのではありません。
満足のいく人生を過ごしてもらいたいと、念じてはいます。

有意義な人生を過ごすための選択の幅を広くするために、
或るときは、自立を促すためにだけにでも、心を砕きます。

想いに比例して技術も伴えばよいのですが・・未熟です。
子供たちの能力の個人別をしっかり受け止めると言うことは
個人別に対応する為の指導技術も、多様に持たなければならない。
どれだけ多くの技術を持てば良かったのか?持ち得たのか?

この地域の子供たちに与えた影響の大きさにひるむ日々です。
こんな怖ろしい仕事を選びながら、一方、自分は意義有る日々を過ごせたこと、
感謝とともに、空恐ろしいことだと自省することもしばしばです。
死に至るまで、たぶん、この地に住まう自分の責任は大きい。

何かをやればその責任と義務もあるのだと言うこと。
人生の決算期に入って、ひとしお、思うのです。
佳いことも・・・失敗も・・・私が背負う荷物です。


ご近所のクリスマス・チラチラ。
小さなお子様のいる若いご家庭のエネルギーが眩しい。。
2012121419130000_20121216101649.jpg 2012121419110000_20121216101947.jpg

若い人たちの未来がどうぞ幸福で有りますように。
祈りながら投票所に向かいます。





 





2012/12/15

冥利に尽きます

朝のポストに懐かしいお名前の白い角封筒。
Hさん?・・・ええっと?・・・ああ・・Sちゃんのお母さんだ!
湘南高校から、何処かの大学に推薦で合格したお知らせかな?

大急ぎで開きました。
まあ吃驚!ご結婚のご報告です。数枚のお写真まで。
2012121418130000.jpg

そうよね・・・大学なんてとうの昔に卒業したはずですもの。
長いお付き合いを経て、素敵な青年とご結婚とのこと。

外資系の会社にお勤めで、年に一度の資格試験や英会話力検定の日々。
それでも『勉強はちっとも苦ではない、知識を積むのは愉しい』と
公文で培った学ぶ喜びを活かして、人生を着々と築いています・・・
お母様のお手紙に在りました。

数日前、鎌倉行のバスに乗っていると、見覚えのあるハンサムな顔が
懐かしげに会釈して、語りかけてきます・・
『お陰さまで、東大の宇宙物理学科におります』
『え?宇宙飛行士になるの?』
『いえいえ・・そこまでは・・』

ノーベル賞の山中博士にだって・・先生はいるはず。
教え子の【出藍の誉れ】に酔い痴れている先生が居るはず・・・

恥ずかしながら、【指導者冥利】に尽きます。 \(^o^)/



2012/12/14

デフレーション

虚礼廃止の掛け声でお歳暮のやりとりも、すっかり衰退した様子。
現役を退いて長くなる我が家だけの現象とおもっていたのだが
先日、デパートのお歳暮コーナーが閑散としているのに吃驚した。

そういえば・・・
慶弔のやり取りはもちろんのこと、
様々なお礼や、お祝いも、ずばり、現金が往き交う。

成長した孫へのプレゼントも・・・現金になってから久しい。
『好きな物をお買いなさい』と言う気楽な手段で。

御稽古ごとの先生への盆暮れのお礼の気持ち。
せめてデパート券で?
『いやいや・・・デパートにお行きにないから現金の方が良いかも』
あるいは、お食事会にお誘いしてご馳走する。
かえって、大切なお時間を取ってしまう・・・かも?

そればかりか、かつて、品物での交換に込めた気持ちの交流、
愛情や好意や、心配やお悔やみや、慰め、お見舞いに至るまで、
いまや、物品のやり取りと言う面倒を避けてしまっているのではないだろうか?

もっと、現実的に言うなら、『お互い様だから』と遠慮すらしてしまう・・・
それらはお互いの心遣いに、希薄さを呼び込んでしまったかもしれない。


しかも、その結果・・
お金をお店に払うと言う行為がいかに減っているかということ。
商店は衰微し、お金は銀行か箪笥の奥に眠ってしまう・・・

『ああ・・そうよ!これって、デフレの原因?』

何がお気に召すかな?と悩み迷い、時間を使って購入し、配送の手続きをして・・・
勿論、そこには、幾分かのエネルギーを費やすことが伴う。
でも、そこにこそ、相手を想いやる気持ちの発揮がなされるのだろう。


昨日、今日、東から、西から、届いた幾つかの頂き物!
選んで、梱包して、配送先の手配をして・・・
そこに託された友人たちの暖かい想い、心から嬉しく思う。

していただいたことがこんなに嬉しいのに、私は?
今更ながら自分の怠惰な精神に反省をこめながら・・・・。


宅急便の到来は箱モノの到来。しばらくは遊びます。
2012121208430000.jpg












2012/12/12

11日に・・・



冬晴れの空に誘われて・・・稲村ケ崎に立ち寄りました。
岬・・・小さな公園の中には、風が届かない日だまりを求めて
二三人の老紳士が、あちこちに独りずつ、腰をおろして海を眺めています。

いつもレストラン【メイン】の駐車場に車を置いて公園に入ります。
写メで撮って・・・余りにも遠景ですが・・富士山と手前の江の島、
2012121114270000_20121212173836.jpg

もどったら、まだ車止めがアップされてません。(^_-)-☆
此処【メイン】には温泉も備わっています。
ちょっと誘われ気分でしたが風邪気味なので遠慮して
鎌倉駅そばの生地屋さん【スワニー】へ行き、ニット生地を三種類購入。
めったにやらない針仕事、仕上げは、後日ご披露します。

11日
・・・1年9カ月を経ました。
なかなか、眼にも耳にも届かない東日本大震災の復興事業。
今回の総選挙の争点には成っていないのでしょうか。

理想である原発廃炉にも、目が回るような高額な資金が必要とか。
中国、韓国、北朝鮮、の脅威を避ければ、膨大な軍備費用も?
子育て支援につぎ込まれる資金の調達は?
前進も後退も、選択を迫られ・・・にっちも、さっちも行かない、
とにもかくにも、
眼の前の、被災地の困窮に対応するだけでも、精一杯なはず。

こんな時代に、
まだまだ政治家になろうという人々が大勢居ること。
我こそは、我が党こそは、日本を救えると大言壮語できること。
ウソも、誤魔化しも、真顔で語る。
蛮勇を越えて、まるで、全員、虚言症?!誇大妄想症?!

これって、良いことなのでしょうか?
私には理解の外なのだけど・・・



  









2012/12/10

(=^・^=)



【猫じゃらし】をついでに買ってきました。

2012121009230000.jpg


防犯グッズを幾つか購入したホームセンターで。
首輪は・・・おもうような品物がないので、
手造りにするしかありません。
何処かに引っ掛かって、無くなってしまったのです。

ゴーゴー、裏口からの【糸のこぎり】の音は
夫が、猫の出入り口を取りつけようと奮闘している作業音。
最近捕まった強盗殺人犯の供述に「猫が出入りして・・・云々」とあり
吃驚して飛び上がって、やっと猫専用玄関を付けることとなりました。
本職に頼もうと言うのに・・・やたら夫は張りきっています。

ご本猫様は優雅にあそんでいます。
・・というか、「しょうがない、あそんでやろうか」ぐらいの
気分なのでしょう・・すぐ放り出します。


猫一匹に想定外の出費です。(@_@;)



  
2012/12/09

続・・・勘三郎

富士紅葉名残の月に 勘三郎

今朝の日経新聞、文化欄、【中村勘三郎さんを悼む】からの句です。
小劇場主宰、劇作家、野田秀樹氏の追悼の文章。
いくらか過剰も在るやもしれませんが、胸を打つ一文でした。

幾つかの追悼コメントは各メデイアで読み聞きしたのですが
今朝こそは、勘三郎氏への哀惜、痛切な想いに出会いました。

あいつほど「日本人」と言う言葉が、似合う男も居ない。
・・・悪しき力と闘い、市井の人々には心優しい。
   義理人情に厚く、忠義を守る、喧嘩っ早くて涙もろく、
   苦労を自ら背負ってそれでいながら底抜けに明るい。
だがこれは、全て古い【日本人】の物語、舞台の上の話
架空の話、絵空事。そう思っていた。
ところがどっこい、そんな日本人が生きていた。
それが中村勘三郎だった。


以上、一文からの抜粋です。
うん、納得する。
明治生まれの男が持っていた・・理想的な男性像。江戸っ子。
今の時代、そんな生き方をしていては、命も縮まるでしょうに。


【ふじ もみじ なごりのつきに かんざぶろう】・・・・野田秀樹
音の美しさ・・濁音のつらなりの心地よさと、歯切れ良いリズム感。
冬の富士山、終りの紅葉、夜明けの空の、白く儚い名残の月・・
きっと、追悼句の名作としてのこるのではないでしょうか。

今朝の、北鎌倉駅 円覚寺入り口に、最後の紅葉が。
2012120910490000.jpg


所用が有って、朝の11時に、北鎌倉へ梶原山越えで向かいました。
先日見つけた、帯を切らないままで【造り帯】にしてくれる店も、
造りたいポンチョ用の生地屋さん《スワニー》も日曜日が定休日だったとは!。

ひとまず、松花堂の【あがり羊羹】と、光泉の【稲荷ずし】を買って、
北鎌倉駅から、線路越しに写メで一枚撮って・・・・
肝心の用を足さないまま・・そそくさと帰りました。


このところ・・・アンラッキーが続きます。



2012/12/08

地震!

怖かったですね。

地震そのものには・・
「震度4?」と判断しながら身構えました。
(=^・^=)のん太は膝の上から飛び降りて
耳をピンと張り、逃げの体勢を取っていました。
ご主人様のことなんか無関係、自分独り逃げるつもり?

その直後の、テレビでの【警報】を告げるアナウンス。

アナウンサーの声の勢いと語感に
不安感を、一層、煽られるようでした。


ま、この位の緊迫感が在って良いのでしょう・・・

よくあるでしょ、お化け屋敷に入ってみると、
人々のキャーキャーという声を聞くほどに恐怖が募ること。
でも、あんまり怖いと、腰が抜けて座りこむかもしれない。

冷静、かつ、温かみのある声で、諭すように、励ますように・・
理想的なアナウンスを模索してほしいです。
そう、励まして欲しいなあ・・・・
「まだまだ大丈夫、10分あるから。
車でなくても、歩いて間に合いますからネ。
でも、出来るだけ速く、高い場所に行きましょう。
隣近所にも声をかけてくださいね」とか・・・

それにしても、車の渋滞を今回も起こしているとか?。
【車は使わない】を徹底しなくて良いのかな?
逃げ道の渋滞が様々な悲劇の誘因になったと想うのですが。








2012/12/06

中村勘三郎を悼む

華が有る・・・という言葉がこの人にはぴったりだった。
彼が登場するだけで舞台全体がぱっと明るくなり
他の俳優の輝きが失せ、この人にのみ集中する・・・そんな役者だった。

歌舞伎も勘九郎時代から数えれば10回近く観た。
コクーン歌舞伎も二回、渋谷で観た。
浅草では中村座も・・・

どれもこれも、印象に残るが、どこかケレン味もあって、大好きとは言えない。
一種の臭さ、大竹しのぶも持っている匂いが、時に気になる。
たぶん、それは、生まれながらに持つ天賦の華ゆえだろう。
努力や経験で醸し出すものではない・・・・魅力。魔力?
観る人の舌を捲かせる才気煥発。
時機を得た洒脱さは、時に忌々しさに通じるほど。

たぶん、周囲の嫉妬と批判を大量に招いただろうか。
それらを乗り越えるには、並はずれたパワーを必要としたに違いない。
独りだけ輝く役者がどれだけの苦労を背負っただろうか?
跳ね返す精神が確実に彼の身体を蝕んでいたのだろうか?

重篤な病床に在ると、うすうす噂には成っていた。
昨日、勘三郎の訃報を聞いたとき、思い出したのは・・・
新源氏物語【浮舟】匂の宮に扮した勘三郎の姿。
ライバル焄の宮は現、染五郎が演じていた。
貌はもとより、すらりとした容姿、しなやかな演技。
さすがに、天下の二枚目との想いを深くして観ていた。

ところが、一旦、勘三郎の匂の宮が登場するや、
『浮舟が、すでに契っていた薫君から匂君に心を移すのも納得!』と
一瞬にして思わせてしまう圧倒的な存在感。

身体全体から・・それこそ匂って来る色気と雅気と品位。
観客全員の眼を奪ってやまなかった大きくて明るい光の塊。
この人の、光源氏を観ていないのが、今更ながら残念。

(余談ながら、春日野八千代、長谷川一夫の光源氏、ともに観た経験、
 今となれば幸いなことだった・・・)


食道癌術後の肺炎から、この難病に至る闘病の経緯は?。
12年前に、同じ癌を宣告された夫は東海大学付属病院で受術。
日本トップクラスの食道がんの名医、幕内博士のもと無事、生還。
一庶民、なんらツテも紹介も無く・・ただただ従順な患者。
その後も肺がんを二回、今年の春には膀胱がんも克服してノン気に過ごしている。
今や、食道がんも、それほど危険ではない治療のはず、なにかミスが?
何処の病院だろうか?転院を重ねたと言う不運も?周囲の余計な配慮が仇に?


神様は意地悪だ。

めったにない才能、天才を、日本芸術の華を、たかだか57歳で奪うとは!


お金も並はずれた才能も人脈も・・天命の前には役に立たないのだ。
トンネル崩落、通りがかりの異常者、説明のつかない尼崎の悪意、
不運をまねいた素因が被害者に在ったとでも言うのだろうか?

誰も言わないけど・・小さいとはいえ、自分の被害と重ねあわせ・・
つくづくと人の世の儚さを覚えている。




2012/12/04

12月だから・・・

【ダンスはハート】と・・・
手帳の空白に書きとめて在るメモ。
誰の言葉だったか覚えていないがその時感心したのだろう。

 呼吸を整え
 視線を定め
 重心(みぞおち)を知り
 中心を意識し
 先端の感覚(体の大きさ)を確かめ、
 空間の広がり(空気)を意識する。

ははん・・・なるほどねえ。
これって、歌にも通じるかも。
だから、書きとめたのだろう。

ヴォイス・トレーニング。
腹式呼吸で・・・
丹田に力を入れて・・・
お尻を締めて・・・

あれこれ言われるけど・・納得がいかない。

ゴルフは・・?
体型も筋力も違うから個人別。
自分が打ちやすいように打てばいい・・のではないかな?

そうそう・・歌い方だって唄い易い方法で、
良い声が出る方法で・・・唄えば良いのでは?


そんなことを想いながら、2013年仕様の手帳に取り換える。
年賀状も原案ができている。
仕出しのおせち料理の注文は、今年はしないと決めた。

だから・・たぶん寝正月?

2012120206460000.jpg