草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   3 comments   0 trackback

開局35周年記念パーティー・・・

 

麗らかな良い日でした。
今日は、鎌倉パークホテルにて、
公文藤沢事務局開設35周年記念パーテイーでした。

受付開始前に着いたので、稲村ケ崎から・・・・
kako-BqPHXiBVJEq0468x.jpg


午前中は、社長のお話。
公文式とは、なんぞや。
公文式とは・・つまりは、自学自習をとおして、自立した人材を育てる学習法である。
という創始者、公文公さんの言葉の確認。
公文修了生、東大経済学部の学生さんの作文による実証の紹介。
学ぶ姿勢を身につけたことがどれだけ役立つか・・【やってて良かった公文式】。


昼食はテーブルでゆっくりフルコース。
お魚もお肉も美味しかったから・・ちょっと嬉しかったです。


午後は、若い指導者・・・開設五年以下の指導者たちのパフォーマンス。
歌あり、ダンス有り、ベルの合奏もありで、それぞれの決意や夢が見えました。

和気あいあいと3時の解散まで有意義で楽しい一日。

会場入り口のくじ引きの結果、社長の御隣の席に。。。
同期入社の社長と久しぶりに、38年の来し方と未来のお話ができました。

解散後の雑談で「やっぱり、先生が社長の隣・・・って想った」と口々に。
ちがうんだってば、!くじなんだからね!全くの偶然なんだから・・

実は・・正直言って
「さては、幹事さんが仕組んだ?」と、私自身が疑いましたけど。(^^ゞ
でも・・・ホントに偶然だったそうですヨ・・・

幹事役の先生方、お疲れさま、ありがとうございました。



   
スポンサーサイト
Posted by 草笛   5 comments   0 trackback

♪ 夜を返して♪

シルビー・ヴァルタンが唄っています。
いつまでもぐずぐず言ってはおれないので・・
改めて、昔、習った歌を引っ張り出してみました。

『夜を返して』または『夜はそのままに』と言う曲名です。
まあ、私には唄い易いジャンルです。

「うん、これ、【昼下がりの会】で歌ったら良いと思う」
そうです・・・


 【夜を返して】  

素敵な夜よ 行かないで居て
お前の腕に 二人抱きしめ
帳(とばり)を下ろして 消えないでおくれ
なぜなら お前が居なけりゃ 愛は消えるもの

素敵な夜よ 行かないで居て
あの子に 優しく教えておくれ
暗闇だけが 愛の息吹を
讃えるものと いついつまでも

悲しみも 淋しさも 包んで
愛のよろこびを 掲げて
全てを忘れさせてくれる 恋する者の味方 夜よ

ああ、
素敵な夜よ 行かないで居て
お前の腕に 二人抱きしめ
帳を下ろして 消えないでおくれ
なぜなら お前が 居なけりゃ 愛は消えるもの

素敵な夜よ 行かないで居て
あの子に 優しく教えておくれ
暗闇だけが 愛の息吹を 
讃えるものと いついつまでも
いついつまでも  いつまでも 



新しい歌を覚えたいのですが、先生には言い出しかねて。。
ネ、猫的には成れないのですよ。(*^_^*)



Posted by 草笛   10 comments   0 trackback

犬的?猫的?

 

犬的に生きるか?
猫的に生きるか?

私 『貴方はどっち?』

夫 『猫的に、とは考えたことが無い。犬だ』と即座に断言。

私 『じゃあ、私はどう見える?』

夫 『・・・・まあ、犬的だろうね・・』

そうなんだよね・・・
気質的には多分に(=^・^=)。
でも、犬的であれと躾けられたと思う・・。
几帳面で、従順で、愛想よく、自己犠牲を惜しまず、etc。

もう止めた。猫的に生きるぞ~~~!

私 『じゃあ、のん太は?』

夫 『アイツは犬だ!』

いえいえ・・・のん太は良いところどり。
犬の殊勝さと、猫の勝手さを、自在に駆使して・・・
結局、大々々猫的に生きているんだから!

のmmた無題


 
Posted by 草笛   3 comments   0 trackback

アルツハイマー?の2

笑っちゃう・・

久しぶりにすき焼きをした。
良い牛肉をデパ地下で買っておいたので
近くのスーパーで、焼き豆腐、春菊、ネギをそろえ
大好きな白滝コンニャクも。

夫が白滝を、箸でつまむのを観て
ハタときづいたこと。
白滝に包丁を入れることを忘れていた!
長い長い・・・・いつまでも取りきれない・・・

もう、有りえないミスだ。

先日は、麻母豆腐を作るのに豆板醤と甜面醤を間違えた。

とにかく迂闊になった。
その回数が増えている。

ヤダヤダ・・・




Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

紅梅



哀しみのご帰国は、日揮の犠牲者の皆さん。
不可避だったとはいえ、アルジェリアの対応があまりに粗雑ではなかったのか。

「そこに資源があるかぎりそこに赴く。」と、彼等は言うらしい。
世界中の資源は、【危険】極まる地帯にしか残っていないと言う現実。
【危険】・・自然環境もさりながら、国情もまた・・。
日揮のスポークスマンや社長の、哀悼の意を示して絶句する姿に
東京電力のトップや、桜宮高校の校長、教育委員会長のそれらに比して
真剣味や誠実さを感じ取るのは、私の偏見だろうか。

独占企業の甘さや、教育界の責任回避、隠匿性、をあらためて感じている。
退職金が減るからと、駆け込み退職する担任教師の存在が象徴的ですらある。

人間には、運不運がつきまとう。
まして、収入の多寡は、景気次第で往々にして在りうる運不運。
それすら受け入れられないほど、硬直した役人根性なのか。
民間人なら、当然のこと、不満一つ言わずに、従っているはずだ。

人は皆、自分の運命を、粛々と受け入れて生きていくしか無い。

横浜  舞岡公園の下にある、梅林にて。
2013012512380000.jpg
紅梅には、もう、つぼみがびっしり付いている。
昨年5月に青梅を採りに伺った【金子ファーム】

2013012512380001.jpg

ヨガの先生の小さな書道展が、梅林の中の喫茶店でありました。
一月末には、満開のはずのご予定だったとか・・・


春は名のみの 風の寒さや・・・
人間の営みがどうであろうと・・春は確実に近づいていますね。



  
Posted by 草笛   5 comments   0 trackback

従姉たち・・・



我に兄弟姉妹無し。
親、みな、短命にして、占われるのは血縁に薄い人相。


従姉妹たちとは頻繁に連絡し合っている。
いってみれば、姉妹代わりの大切な人達。

この年齢になると・・・連絡は電話ばかり・・
「その後、身体の調子はいかが?」から始まるのが毎度のこと。
互いの声の調子で、互いの体調も測れるというもの。

「ああ、その声なら元気ね」
「・・・いや、元気じゃないのよ。でもねえ・・」
と互いの確認があって後、
「〇〇ちゃんの様子はどうなの?」と聴くのは
ほかの従姉妹の入院事情。家庭の事情。

あと数カ月の余命の床に着いているのが一人居る。
半身不随の夫を施設に入居させて、「ほっとしたわ」と言った直後
数十年前の癌の転移による入院。手術は避けたいと言っての闘病。
「Yちゃんには、内緒にして」との由。私は、お見舞いにも行けない。
同い年故の、プライドか、つっぱりか・・・
その毅然とした精神は、或る意味頼もしいが。


正月早々にあった連絡・・・割合、疎遠だった従姉の死。
元気だったご主人の葬儀で逢ったのが、一昨年。
数十年ぶりの再会に、互いの半生を語り、おおいに懐かしがったのだが。
数年前、ペース・メーカーを入れたとのこと。
術後が不完全か、不適合だったのか、効果無く、すでに入退院を繰り返していた。


姉とも慕っている、一番親密な一人、79歳に電話すれば、。
先日より、腎臓透析を続ける夫の心臓発作入院を見守り、
いまは、家に引き取っての看病の日々とのこと。
自分自身、長い間の肝炎でボロボロの身体なのに・・・。
「彼が、病院で食欲も無く可哀そうだから家に連れ帰った」と言う。
「腎臓に負担にならない食事を工夫するのも面白いよ」元気な?笑い声。
重大な内容の会話なのに、この人との会話はいつも大笑いのうちに終るのが常。
しばらくの馬鹿話の後・・
「あれ?貴方の声、変ね。風邪?」
「うん、あれ以来、ず~~っとなの。声が定まらないのよ」と、甘えてしまう。

とにもかくにも、私の声の変調を、受話器越しにキャッチした従姉。
肉親の有り難み!いまさらながら、心底、嬉しかった。
【血は水よりも濃い】・・・んだよね、まさしく。


そういえば、
義妹、夫の弟の嫁・・半年続く咳をこらえながら
国立劇場での長唄の発表会を済ませ、
その半年後に、肺がんで亡くなった・・。

私の咳も・・まだ続くなら・・精密検査も必要かな?


それにしても、
この国の医療と介護の行く末に暗然たる思いがする。
おりしも届いた介護保険料の値上げの通知をじっと見つめてしまった。

  


 


Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

事務局へ

 

コンサートでは、事務局長から、お花を頂いた。
想いの外だったので嬉しかったから、
御礼かたがた・・・単位の取得に事務局へ。


単位、年間30単位を取ることが義務なのだ。

一単位、100分の講座を受講する。
しかも、何でも良いわけでなく、必須やら、普及テーマやら・・
教材の模範解答も認められるが200枚のプリントで一単位。

開設したばかりの新人指導者もベテランも30単位が契約上の義務!
内容も、レベルも、全く同じ講座。

ライブは東京なのでなかなか参加できかねる。
よって、この数年は、ビデオ講座を受ける。
寒い事務局で・・・又、風邪をひいてしまった。
寒いだけではない。
無意味で冗長な内容のお寒さに、心底、疲れ果てたからだ。

あと・・・20単位を何処かでやりくりするしかないが、
講師経験も度々あるベテラン指導者にとって、
あるいは、創始者から、直に熱い情熱を注がれた草創期の指導者にとって、
生徒を指導したことも無い、若い事務局員の机上の空論や
もっともらしい故公文公会長の言葉の引用。
いくら聴いても・・・さしたる有益な行為とは思えないのだが。
もっと、魅力のある講座や情報を与えてほしいものだ。

こうなると・・ただただ単位取得のための100分。
まるで、お役所仕事にしか過ぎない。

単位不足なら・・・報奨金をカットすると脅す・・



 
Posted by 草笛   7 comments   0 trackback

アルツハイマー?

 


我が血筋に・・老人ボケは多々みられるけど
アルツハイマーと言う診断を受けた者は・・今のところ居ない。


もとより、短命の家系なので・・・
伯母の88歳没が最高齢かな?

先日のコンサート
どの曲も、かならず、一個所は、歌詞を間違えてしまった。
特に後半のシャンソン、五曲!
もう、めちゃくちゃ、有りえない歌詞など創りだしてしまった。

これはいけない。
確かに晩秋の事件以来の練習不足も有ったのだが・・
いつも、歌い出す前に深呼吸をするのだが・・それすら忘れた!

それにしても、すっかり自信を失っている。
アルツハイマー気味かもしれないと不安に成っている。

唄うことが苦になりだした。
今日、皆様へのご挨拶のために伺ったが、レッスンの体を為さなかった。
愚痴ったところで、先生も慰めてくれないし
仲間も辛辣だし・・

声が、また、出なくなっている。

しばらく休もうかなあ・・・



 



Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

アルジェリア・・?


う~~~ん、アフリカでしたか!
アルジェリアって、懐かしい名詞。
そんな所まで行って、日本人技師が活躍していたとは知りませんでした。

世界の各地では戦闘状況、まさしく戦争が続いているんですよね。
戦争ならば・・・
【人命は地球より重い】なんて、通用しないのですよね。
この現実を、国も、企業も、社員自らも覚悟したうえでの
海外派遣事業だということを、まざまざ、教えてくれました。

『母国を出たら、誰も、お前の命を守ってはくれないのだから!』
学生時代、留学したがる私に言った父の言葉です。
海外に出ることが流行り、気楽に旅行するばかりか、
海外で働くことが誇らしげに思える世相を苦い想いで見ていた父です。
戦時下の一時、上海で働いていた父から見れば、
命知らずの危険極まりない行為に思えたのでしょう。

そうなのですよね。
海外に出て学ぶ、海外の工場や施設で働く・・・
企業の急速なグローバル化が進む現状で、
出張や転勤の命令拒否も出来かねるでしょう。
赴く各自の覚悟と、進出企業の対策を、確実に求めたいものです。
【絶対の安全】は保障されていないばかりか、危険度は高いということをふまえて。

そう言えば、
最近、東南アジアの工場勤務を忌避、退職者が続出とか聞きました。
さもありなん、当然の選択かもしれない・・・・


今朝、22日、早朝のニュースでは、日本人、七名が犠牲とのこと。
ご冥福を祈りたい。



 







Posted by 草笛   14 comments   0 trackback

終りました・・・

 

たくさんの友情とご厚情の中で・・・
無事?終了しました。【こきコキ・コンサート】。

男女のコンビ・・・姉と弟?あるいは優しい紳士と、気張ったオバサン?
二人の掛け合い漫才も、それぞれのコメントも・・評判がよろしいようでした。

流石…38年の指導者歴?
あるいは企業役員としての経歴が?
思った以上にスムーズに、過不足なく出来たみたい。

ドレス、特にフーシャ色のドレスは大好評。
痩せて見えたらしい・・・・


ただいま、自分の歌の不甲斐なさで落ち込んでいますので・・
今日の御報告は此処まで。


帰路、車中、助手席から見たトワイライトのなかのベイ・ブリッジ。
2013011917230000.jpg

帰宅しての私の第一声・・・!
『もう、安心して、風邪引けるよ~~』。
ホントウの心境です。\(^o^)/





 
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

転勤



この春・・
転勤や移動のお知らせが多い。

社会の動きに合わせて、企業もいろいろと策を講じる。
その結果は、人材の配置に重きを置くことも多いのだろう。

仕事関係のK研究会も、大きく動くらしい。
しょっちゅう組織改革を打ってくるので、あまり関心も湧かない。

笑ってしまうのは・・
私が統括されているF事務局、総勢、女子を含めて20人ぐらいが籍を置く。
トップは局長さん。
局長さんの名前を、やっとスムーズに口に出来る頃・・・ご転勤。

事務局に伺って、「○○さん!」と呼びかけるのは
前任者の名前だったりして、周囲の顰蹙を買う。
局長移動・・二三年に一度の頻度で御替わりになる。(@_@;)
同じ過ちを繰り返してしまう自分も情けないと思うのだが。


組織
大きく言えば、国家、小ならば、家庭も・・組織。
その長たるトップの意志決定で動く。
その意志は、トップ自身の【人となり】に左右される。

トップの【人】そのものが優秀でなければ・・・

組織を変えたところで、変革は望めない。
今在る組織のもと、手持ちの人材を育て、
トップ自ら成長して欲しいものだとつくづく思う。






  


Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

バスケット・キャプテンの件・・・2

大阪市、教育委員会が
桜宮高校のバスケット部とバレー部の活動停止を命じたという。
またもや、遅きに失したということ。

体罰の影響下、無事、成果を上げる?生徒が殆どかもしれない。
自殺するなんて、稀有な事例かもしれない。
それでも、次第に・・指導者による【指導死】が話題になりつつある。
およそ、子供たちの前に立つ先生、指導者と呼ばれる者は、
心して考えるべき事象ではないだろうか。勿論、この私も・・

絶対に子供の人格を否定してはいけない。
怒鳴ったり、脅かしたり・・・からかうことすら、
絶対に許されないことなのだから。


桜の宮高校、この春は、体育科の入試を中止するとか。
これまた、エキセントリックな橋下意見に、教育委員会が反対している。
この是非は、今の私には判断しかねているのだが。

そもそも、バレー部顧問の再度の就任や、バスケ顧問への聞き取りの甘さなど
重なる黙認や看過をしたのは教育委員会。
彼ら自身がまずは総辞職するべきと思うが・・・橋本氏の判断は?。
それとも、教育委員会は、市政の届かぬ存在?

無責任なコメンテーターの知ったかぶりのコメントが白々しい。

その中で、アーチェリーのメダリスト斎藤先生の言葉、
【体罰で強化されている学校は、二位にはなるが優勝はしない】

夜回り先生と言われている水谷修氏の
【彼等は悪い事、禁止事項を破ったのですか?そうではないでしょう・・・
何故に罰っさなければならないのでしょうね】
【よしんば、禁を犯したとしても、喫煙禁止ゾーン以外で喫煙している人を
殴りますか?殴ったら暴行罪ですよ。それが常識。】
【社会の常識は、当然、学校内でも常識なのです。】
の言葉に、一応の説得力が有った。


春の高校生スポーツの決勝戦が注目されていた。
サッカー、ラクビー、もうすぐ選抜野球地方予選もはじまるだろう。
どの中継を観ても・・・『彼等にも、体罰が与えられているのだろうか?』
どうしても、思ってしまう。
まして、バスケットの試合を中継して、悲劇を忘れたかのように、
華々しく話題にするなんて・・マスコミも無神経な事よ。

高校体育連盟会も、
自粛あるいは自省、いえ、弔意を顕すぐらいせい!









Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

映画 【レ・ミゼラブル】


ご覧になりましたか?
大評判のこの映画。『感激した・・・!』の声が多いようです。


『辻堂のテラとかいうのに行って、映画を観てくる』
『あら、テラスモールの映画館?』
『うん、上映開始時間を調べてくれ・・』
『ジャン・バルジャンの?私も行く・・』
行くなら誘ってくれてもよさそうだが・・これが我が夫の常。

昼過ぎ
17時10分入場に合わせて【辻堂テラスモール】へ。
映画館と同じフロアーで、お蕎麦など頂いて、コーラを抱えて着席。
あそこのシートはデラックスですね。特等席もある・・

さてさて・・
大ヒットしたミュージカルの映画化なので全編、歌だけで進行。
CGも交えての群像や、街の俯瞰映像が素晴らしい!
俳優陣も、揃って個性的で美しい。
聞くところによると、歌手による吹き替えは全くなく、
そのうえ、歌だけ別録しての、後から吹き込んだアテレコでもない。
演技と歌唱とを同時進行して撮影したと言うことだ。
歌に臨場感があり、感情表現も豊か。
それゆえの音の揺らぎにも・・・一種の魅力さえ覚えた。
【歌】はやっぱり、歌詞が命!。
登場人物の気持ちが、メロデイーを忘れさせて、直に言葉として伝わる。
役者の歌、俳優の歌に説得力が有るのは、つねづね感じていたけど、さすが!
ヒロイン・・ジャン・バルジャンに、コゼットを託して死ぬ・・を演じる
アン・ハサウェイの【夢破れて】は歌を超越して、圧倒的。


感想
デラックスな映画でしたが大感激と言うほどでもないかな?。
時々、冗漫な個所も・・・その間・・夫は寝てました。
左右前後の若い人達は泣いていましたよ。
若い感性が、ちょっと、羨ましく思いました。

なにせ、ニュージカルです・・、
ビクトルユーゴの本意を伝えるまでには行きませんよね。(^_-)-☆
恋愛劇?復讐劇?革命劇?
いろいろ盛りだくさんで、美しい映画でした。

雨の成人の日
お暇なら、話のタネにでもご覧になるのをお薦めします。
あれ、まあ、雪になっています。一面、真っ白!

午前、10時前・・
2013011410290000.jpg


  




Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

吾輩は猫である・・・



いよいよ、デッカイ態度!
『家中、のん太の棲みかに成っちゃいそう・・』

好き放題で各所を占拠する大きな体、
日中は暖かいリビングのソファで、膝掛けまで纏って、
TV見物最適の場所で長々と寝そべる。こうなると人間は一人しか座れない。
寒い夜明けには寝室に侵入、私のベッドのまくら元で丸くなる、
家主が留守で暖房が切れていれば・・・二階、日当り最高の部屋で娘のベッドの上、

kako-x81dHkJM2d1akJJO.jpg

寝顔もふてぶてしく、美猫のはずも、かたなし状態。

年がら年中、お出入り自由。
夫の俄か作りの猫用玄関、直ぐに気に入ったらしく重宝している。
外出が増えたせいか、肥って、お腹が地面に着くせいか、
自慢の真っ白だったお腹も・・・なんだか鼠色に・・?

氏より育ちのはずが・・・出生の秘密を隠せなくなってきたみたいよ。


 
Category :
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

11日・・・1年と10カ月




瓦礫の処理はその後進んでいるのだろうか?
あの瓦礫の山や、除染後の土砂の山。
いずれは、他県に、日本中に、引き受けてもらって、
埋めるなり、焼くなりの処理が必要だろう。

ところが
実際に、首長の許可を得て実施するとなると、地元民が拒絶する。
なんということ!
除染も済み、あるいは計測器は問題無い数値を示したというのに、
話し合いにも応じず、約束した首長をリコールする勢いの拒絶。

という字をあちこちに書き散らしても、
日本人の心はかくも無慈悲で無知なのだ。


いっそ、東京に、国会議事堂の前に、
大きな大きな瓦礫の山を築いたらどうだろう。
国立スタジアムに、福島の除染後の土砂を撒いたらいかがか。
オリンピック視察団にも見せたらよい


東日本大震災後の東北復興のために
日本中で支えようと誓い合ったのはたったの22か月前のこと。

花は、花は、花は咲く・・♪  
何時か生まれる君に、私は何を遺しただろう♪


この頃は、あの美しい歌を、そして歌う人々を、聴くのも観るのも辛い。
無力感と、白々しい気分に襲われてしまうのだ。。。。





  



Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

バスケット部キャプテンの死について

大阪市立 桜宮高校と言えば、スポーツの名門高。
野球部は甲子園にも出場。

どうしてこうも、学校当事者は鈍感なのだろう。
記者会見時の校長の間の抜けた表情は理解に苦しむ。
哀しみと後悔で身も世も無いという想いが無いのだろうか?
土下座をしろ!とは言わない。
でも、自ら身を床に投げて、世間に謝りたいと思わないのだろうか。

前途在る、有為の青年が、部活動を苦にしてか、体罰に抗議してか、
命を断っている現実を前にして
なおも、鈍感で、シレーッとしていられる精神力!。

体罰がどのあたりまでを限界とするのか?
常識と言うラインをとうに越えて、これは、もう暴力。
顧問と称する男のヒステリー症状の挙句としか思えない。
怒りが収まるまで・・・・抵抗しない生徒を殴り続けたのだ。

そんな異常者に、若い命を委ねっぱなしだった学校管理者、
教師仲間、チームメイト・・その罪は父兄にも及ぶと思う。
無知も、黙過も、無視も・・・全て同罪として糾弾するべき。

「先生、止めて!」とむしゃぶりつく生徒は居なかったの?
「先生、危ないですよ、止めましょう」と、同僚と語らってでも、
阻止すべきだったのでは?
我が子が、常々、何回もビンタされて、どうして黙っていたのだろう。
即刻、退部させて休校させて・・・
バスケットのキャプテンであることが心身のダメージに勝るとでも?
まずは、【我が子の身体と精神を死守する】のが親だろうに。
お笑い芸人のさんまさんの名言こそ、親の覚悟と言うものだ。
【生きてるだけで、まる儲けや!】

要するに、みんなみんな、自己主義なんだ。
顧問教師に反抗することの見返りを怖れた自己主義。
何が一番大切かを忘れてしまった人々。
悲しい事件です!



【コーチや監督に体罰を受けることって有る?】
【うん?体罰って?】
【叩かれたりしない?】
【ないよ。メガホンでコツンくらいかな?】
教室に居るスポーツ少年たちに聴いて見れば、
案の定、なんとものんびりとした風景が浮かぶ。
体罰と言う言葉すら知らないのだ・・・

当たり前と言えば当たり前・・でも、やっぱりホッとする。


Posted by 草笛   8 comments   0 trackback

薔薇色の人生♪

 エディット・ピアフ   1915~1963
47歳で死去しています。

この【薔薇色の人生】は1951年に発表とのこと。
36才、この頃の恋人はイヴ・モンタン・・・?



コンサート、しょっぱなで歌うつもりです。
お越しくださった皆さんの残りの人生が薔薇色に輝くことを祈って・・とMC。

「残りの・・は如何なものかしら?
これからの人生も・・にしましょう。」とは堀陽子さんのアドバイス。

年末の総選挙の結果、この国の右傾化が心配で・・も、カット。
「不特定多数の前で、政治と宗教の話はタブー・・」

そんなわけで、10日後に迫れば、否応なしに、MCの準備も。
すっかり発声を忘れて、低い音が出なくなっているけど
いまさら、キーを上げるのも無理。

もう、もう、出たとこ勝負の心境。




Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

仕事始め・・



明けまして・・・?「おめでとうございます。」
今年も・・・?「よろしくお願いします。」

年の初めの御挨拶は、私と生徒さんとの掛け合いです。
お母さんに『・・っていうのよ』ッテ、教えられているのでしょう。
元気に、少し、恥ずかしげに、誇らしげに、ご挨拶してくれます。

「宿題はできましたか?」
「あら、凄い、全部、できたのネ」
「良く出来ましたね」
【宿題が・・残っていても、褒めましょう】とは助手さんとの約束。
あちらこちらで、褒め言葉が行き交います。(*^_^*)


いや~~、それにしても、大量のプリントの山に驚く。
よくもこんなにたくさん学習したものだと感心するばかり。

全部、採点が済むには・・・一か月を要するかも?

始業式は・・今日、8日。
7日、最後のお休みの日を、公文の教室で過ごす生徒さんたち。
今年も、健やかで充実した学校生活を送れますように。
例え、一日とて、悲しみにくれることの無いようにと祈りつつ
一人一人の笑顔を確認した一日でした。

kako-JPaaHSIJ5too9EYq.jpg

♪ネコには 学校も~ 宿題も何にもニャイッ!♪

 







Posted by 草笛   16 comments   0 trackback

やっぱり富士山



温泉効果、初めて実感しました~~。
この年になるまで、信じていませんでした。
療養するとか、寿命が延びるとか・・それは気分の所為?と。

初日、しっかり、温泉で身体を温めていると・・・突然、すっきりしたのです。
喉のあたりのイガイガや、胸の一部の痛みが消えていました。
有り難いことです!。良かった~。助かった!
身体を芯から温めることの医学的効果は良く知っていましたので
自宅でも、ゆっくり42度まで上げた湯船につかってはいたのですが。
やっぱり、お湯に含まれている成分のお陰なのでしょうかね。(*^_^*)

さて、初日、1月4日に出発して、まずは、箱根神社へ。
例年、車を【山のホテル】に置きます。
勿論、お参りがすみしだい、喫茶室で、高価なコーヒーセットを頂きます。
ところが・・・喫茶室が満席なのでテラスにでて、有名なツツジの庭越しに富士山。
あれ・・雲がかかっています・・・
2013010414260000 山のホテルより富士山
とうとう、お茶もせずに駐車場から出て・・すみません。また、ツツジの頃に来ましょう

芦の湖の水際の大鳥居。湖畔に続く箱根神社の石段。参拝後に見下ろす風景。
2013010415520000 箱根神社 足の子
西日の中の、鬱蒼とした木立の中で、例年になく大混雑の箱根神社でした。


二日目・・・1月5日
堂が島へドライブ。思ったより良い観光地。遊覧船でゆっくり島めぐり。
仙台、松島より・・・良いかも・・・お薦めします。
2013010512450000 堂がしま
残念ながら・・富士山は曇天のせいで見えません。でも夕方には、顔を出しました。

三日目・・・1月6日
さ、待望の富士山!。駿河湾超しに雪を載せた南アルプスまで見えます。
2013010608530000 六日 ホテルから富士山南アルプス

元気に成って帰ってきました。
二泊、お留守番の(=^・^=)のん太も無事・・
でも、娘が土曜日に来たとか。優しい娘に感謝。
チャンスとばかり、餌を控えていたのですが、たっぷりもらった様子。
家中が甘やかして・・・デブのん太です。


  
Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

箱根駅伝!



東洋大学、柏原無きあとの今年、どうなるか。

結果は日本体育大学の優勝。
去年のリベンジは、観ている者を喜ばせる。
実に、TV的にも、ニュース的にも、おあつらえ向き。
演出して出来ることではないからこそ、感動を呼ぶのだろう。

東洋大は二位。これも凄い事!。
選手たちがゴール地点で、泣いていたけど・・・
泣くなんて、ほかのチームに対して失礼だよ。
シード権を得たことを大喜びしているチームがたくさん有るんだからネ。
胸を張って、胸を張って、新しい山の神を期待して・・来年、ガンバレ。

蒲田の駅前風景も、権太坂も、
大風に荒れる湘南海岸も、
大磯の松並木も
小田原、一号線沿いの屋並みも
箱根路も・・・・
観慣れた風景が、いっそう、興趣を盛り上げてくれる。

復路は、往路より時間の経過が速く感じるのは私だけ?
そして・・・三越デパート日本橋店の角を曲がって・・ゴール。。


イケメンばかりの清々しい画像に、いっそう愉しい二日間。
10人ずつの20チーム、200人の青年たちにハクシュ!!\(^o^)/

コマーシャルの間は、NHKの【白熱教室】の討論風景にもチャンネルを。
ハーバード大学のマイケル・サンドル教授を相手に、自己の意見を述べて
英語で、堂々と討議する、ここにも素晴らしい若人達が集っていた!

日本の青年たちが、容姿は勿論、体力的にも精神的にも、グローバル化する時代
・・・直ぐそこに来ているみたい。


 



Posted by 草笛   12 comments   0 trackback

お年賀状



元日に、年賀状を頂くのは、やっぱり嬉しい。
早起きの私には、賀状の束が届くのが待ち遠しい。

殆どは、新年を寿ぎ、平素の御無沙汰を謝し、互いの健康を祈念する文面。
最近、近況を細やかに記したお葉書が多くなっている。
とくに、日々、如何に充実して過ごしているかと言うご報告。
海外旅行、趣味の御稽古、スポーツ。老いて、いよいよ、盛んというばかり。

『皆さん、凄い!羨ましいなあ・・』私が呟くと
『そういうのは、充実コンプレックス!』と娘の一言。なるほどね・・・

DSC_0002.jpg

貧乏暇なしの私・・・報告するには及ばないものの、これも充実コンプレックス?。

旧友の『まだ、働いてるの?』には、複雑な気持ち。
中に、『古希をむかえ、来年より、年賀状を失礼します』との一枚。
でもなあ・・・ご自分が淋しくは無いのかしら。
私は、やっぱり、お正月には、皆さんからの賀状を読みたい。

明日、また、厚い束が届くと思うと、愉しみ。





 






Posted by 草笛   10 comments   0 trackback

新年のご挨拶


謹賀新年 

takehebi2_20121229230003.png


2013年 元旦


昨夜の白歌合戦・・・
印象に残ったアーチストは、矢沢永吉と、MISIA(ミーシャ)と、いきものがたり。
要するに、手を休めて、おしゃべりもせず、聴き入ってしまった歌ということ。
気付いたことの一つは、
男性歌手は、女々しく愚痴を、女性歌手は、雄々しく希望を歌っていること。
グループの歌は、パフォーマンスの為のBGMと堕していましたね。
EXILEにしてすら・・・そうでした。がっかり。Atushiのファンだから。
そうそう、美輪明宏の【ヨイトマケの歌】は圧巻でした!


DSC_0004.jpg

相変わらずの独断と偏見ですが、今年もよろしくお願いします。