2013/07/31

吊り眼の魅力



日本男児の相貌が変わったとおもいませんか?

高校野球、プロ野球、・・・体操選手、水泳選手・・
なんともハンサムで素敵じゃないですか!!

高校球児,桐光学園の松井弘樹選手
プロに入った日ハム、大谷翔平君、
体操界の新人、高校生の白井健三君、
いま、話題の世界水泳大会の男子選手たち、
入江陵介選手、萩野公介選手、・・・

きら星のごとく・・まだまだ居る居る

とにかく体格は立派、でも、全体にしなやかで柔らかい。
顔立ちは美形、甘いマスクも有れば、キリリと古武士のような貌も。

総じて・・・日本人特有の吊り眼が多い。
その形が、いよいよ、眼力を示して・・・
大きくて高い鼻とともに、カッコイイことこの上ない。

戦後日本人が望んだ西欧風の美形。
くるっとした二重の眼をしたキムタクや福山雅治も負けるかな?
選手たちの日本人固有の美しさが、何故だか嬉しい。

吊り眼の美しさを世界は認めるだろうか?



のん太、高校生?だった頃
kako-tEXg6i7Cg4rTXsvW@@@_20130731085901014.jpg

うちの生徒さんたち、ハンサムが多いんですよ。(*^_^*)


  





スポンサーサイト
2013/07/30

進度上位者懇談会



27日・・・藤沢市民会館大ホールにて
進度上位者懇談会・・鎌倉・平塚の生徒さん対象で実施されました。

2013072714180000.jpg


例年のイベント。
日々の学習に励んで、公文の目標…学年相当を越えたレベルを学習する
を、実現した生徒さんの表彰がなされ、
先輩の経験談、激励のコメントをお聴きする。

普段、お目にかかれない先生方にもお逢いできたし
生徒さんや御父兄の、愛らしい、しかも緊張の面持ちにも逢えたし
有意義な一日でした。



楽譜の整理が進みません。
猫は邪魔をして・・・存在をアピールします。
2013072810590000.jpg
それにしても・・・怠惰な猫!。




  



2013/07/29

仲間はずれの果て・・



時事ニュースカテゴリーに在るこのブログ
触れないではおれない山口県のあの事件。

仲間はずれ・・・
人々が最も恐れていることだろう。
社会で生きて行く以上、皆に嫌われないようにする。
仲間に迷惑をかけないように・・・自己抑制する。


この集団維持意識は日本社会の特徴?と想っていたが
度々のアメリカの学校での大量殺人もおなじ事情だろうか。

学校での【いじめ】にも通じる。
町内会にも、趣味の会にも・・あるかもしれない。
聞くところによると老人ホームでも?

部外者からみれば、自分を疎外する場所や対象から去れば済むと思う。
ところが、不思議な事に、疎外されるほど執着するということ。
たぶん恋愛感情に似てる?
ストーカーの心理に通じる?

かくして、
行き着くところは極端とはいえ・・・自己抹殺か、
窮鼠、猫を食む・・復讐の殺傷事件に。。

犯人が悪い。これは事実
残虐で非道極まりない。
怨恨が動機らしいとはいえ、事実はいまだ、不明。
これから徐々に判明するはず・・・
お許しいただけるなら・・・今は、ただただ推測の論。


この事件から学ぶことの一つは
誰かを【仲間はずれ】にすることは、【社会的殺人】に等しいこと。
このこと、我々は自覚しなければいけないのだろう。

疎外感は人を絶望的にさせる。
絶望感は自暴自棄を誘い、自分の命を捨ててまで
相手をも破滅させようと言うエネルギーに転じる。
いま、拘留中の容疑者、エネルギーを放出して、
在る意味、ホッとすると言うかスッキリしているのでは?

精神に幾らか変調をきたしていると、周囲が気付いたとしても
人権を擁護する国家権力をあてにはできなかったろう。
その上、高齢者ばかり20人に満たない閉塞しきった社会・・・
自分もまた、高齢に成るにつれ、周囲に厳しく無慈悲に成る。
それは、自覚する衰えから来る自己防衛だと思うが。

ああすれば・・・こうすれば・・・後の祭りの、タラ・レバの論は無力。
そのせいか、いわゆるコメンテーター達もこの件に無口だもの。

それにしても、
おそらく、動物としての人間に、本来、流れているDNA、
弱い者苛め、異端者苛めの、この衝動・・
社会全体で、なんとか抑え込む努力をしなくてはならない。
高齢化と過疎化が進み、いよいよ煮詰まった今の日本。
この事件を【最後の警鐘】と深く反省して受け止めるべきだろう。

哀しくて怖くて・・・
何処ででも、いつでも、生じうる事件だと思う。

以上、独断と偏見をお許しいただきたい。





  
2013/07/27

ロール・ケーキの行方

ケーキ屋さんには久しくご無沙汰。

考えてみると・・・
バブルがはじけて、まず、控えたのが
お花・・室内に飾る・・と、ケーキかもしれない。
ホテルが造花を置くようになった頃か・・・?

迷うほどの種類をケースの中に眺めるが
つまるところ、選ぶケーキは・・
ロール・ケーキか、アップルパイとシュークリーム。
春なら苺のショートケーキ、秋ならマロン・モンブラン。

昨日、【湘南ロール】を見つけた。
月に一回ぐらい寄る、【わいわい市場】。
【わいわい市場】には藤沢の産地直売のお野菜や花苗や・・食品を置いてある。

たくさんの野菜とロール・ケーキを抱えて車に乗って帰宅。
・・のはず。

夜になって思い出したのがロールケーキのこと。
無い!!!?何処に置いたっけ?
あちこち探し回って、車の中まで調べ直して・・・
やっぱり、何処にも無い!

あれこれ大荷物に手いっぱいで
市場の駐車場に置いてきたのだろうか?
空になったショッピングカートを返したのは鮮明に覚えて居る。
とすると・・・カゴからビニール袋に入れ直すときに、すでに?
いやいや、レジで、ケーキだけ、小さめの別袋にいれてくれたよね。
何処で?・・

要するに
本当に失くしてしまったということ。
夫の一言
『無意識に、食べちゃったんだろう?!』
それは無い・・・・ト思うよ・・・15cmもあるんだもの

あれは・・幻?
買わなかったんだと思うことにする。



2013/07/26

失くす・・・



物を失くす!
この一週間・・失くすことが重なりすぎる。

仕事仲間が立て替えてくれた漢検経費の振込先の書類。
アシスタントが記した教材請求メモ。
夏の特別学習の申込書。
先日、レッスン場に持って行った楽譜。
先生の歌とピアノ伴奏を入れたテープ。

う~~~~ん、参った。

【また、お探し物ですか?】猫という生き物、結構冷たい表情をする・・・
2013072512300001.jpg
髭の付け根に栄養過多に寄る湿疹?あせも?蚊?


【無い無い・・・何処に行ったかな?
カギが無い、財布が無い、携帯が無い、老眼鏡が無い・・】
は我が生来の気質で、のべつやってきた事。

それでも・・・・全く失くしたことは無かった。
必ず、何処かから出てきて、一件落着。
家族総動員で捜してもらう年中行事のようなもの。
でも、必ず、自身で、とんでもないところから見つける。
そりゃそう、自分がやりそうなことは自分が知っているんだから。

自慢じゃないけど、必ず、出てくる。
たまには、失くしたことさえ気づかない時計や指輪も出てくる。
自慢じゃないけど、必ず、出てくる。
家の中か、車の中か・・・必ず見つかるのだけど・・
雨傘やスカーフも、失くした場所に行けば在るから不思議。
『あれまあ、これ、私の!』ということも・・・(ーー゛)


『次のことに夢中で、手に持っている物をそこらに置くから』と
母から、娘から、夫から、呆れられながらも、
よくもまあ、皆、一緒に探してくれるものだと内心感心するのだが、
そのお陰も合って、この年まで無事過ごせてきた。

ところが・・・ここ最近
全く、出てこない。失くしてしまう。
『あそこに、仕舞ったはずなのに・・・』
無い。どうしても、出てこない。
『え~~?捨てちゃったかな?』
そうなれば、
『申し訳ない・・もう一度・・』と相手に手間を取らせてしまう。

失くすクセを懸念して、大事にしまいこんだ挙句の喪失。
老化によるボケを自覚するからこその仕舞いこみが仇に?


・・・そうして今朝、
今更、役立たずに成って・・・出てくる書類やメモ・・
案の定、机の奥深くから・・・手帳のポケットから・・
とにかく、ゴミと一緒に捨ててはいなかった!

楽譜とテープは先生がレッスン場に来る前に朝早く行こう。
一週間、家で練習は出来ないけど、あそこに行けば、在る筈!

失くしたものが、出てくれば、気持ちが落ち着く。
行方が判れば、安心する。
例え、役立たずに成っていても・・・
『またあ~~』と嗤われてでも・・。

性癖とボケをそれなりに納得するものの、
いよいよ、自分に自信が無くなってきた



  





2013/07/24

【人生は美しい♪】



ふくよかに成ったカトリーヌ・ドヌーブ
映画【幸せの雨傘】の中で、唄っていた【人生は美しい】。
ゆったりと唄う声・・・まさしく大人の女性の歌!
近く、新しい主演映画も上映されるとか。楽しみ。


さて、この歌、作詞作曲はジャン・フェレ、
彼自身は軽快に唄っているのだが・・・
日本人が唄うとこんな風になる。
湿っぽくなるのは仕方ないかな?
それでもこの青木さんは魅力的だと思うので此処にご紹介。


【人生は 美しい】
C‘EST BEAU、 LA VIE

茜色の空に広がる 優しい貴方の愛の囁き
小鳥の声は 辺りに響き 
なんて すばらしい! 生きる喜び!
恐れ慄き戦い 地獄を逃れ 夢に見た朝のあの新しい光よ
また逢う幸せ また聴く歌声
なんて 素晴らしい! 生きる喜び!

夜空に流れるジャズの調べ 街の灯りのなんて美しい
紅い花のように 輝くネオンに
微笑むあなたの なんて 美しい!
失いかけて知った この世の美しさを 今、夜の闇に抱きあう幸せ
再び帰る 緑の故郷
分かち合おう 二人の人生!

また 貴方とこうして 唄い抱きあう
この世はすべて なんて 美しい! なんて 美しい~!


青い字をクリックするとyoutubeを観られます。


サマー・フェスティバル後の、久しぶりのレッスン。
なんとなく選んで持って行った古い楽譜
『これ、貴方に合ってるから、完成させましょう・・』のご指導。
数年前に一応習得して、勉強会で発表もしたはずだが
まだまだ・・唄いこんで、唄いこんで、自分のものに仕上げるまで、
この夏は・・・これを何百回?か、唄うしかない 

新しい曲は・・お あ ず け。 







2013/07/23

納骨の儀



7月21日  従姉の四十九日・・納骨式。
東京、京浜急行蒲田駅近くの寺院。
駅前一等地の広大な敷地を有する妙安寺にて。

古い由緒ある佇まいが静謐な空間になっている。
境内の木々は、花の時期には端境期?・・・
鉢植えながら大輪の白い蓮とピンクの蓮
2013072114390001.jpg


たっぷりと充実した法要がなされ
渡された簡易な経典を一緒に読み、お念仏を全員で唱える。
日蓮さんの意が良く伝わって興味深い。

墓地は敷地の中。
納骨もさしたる移動なしで直ぐに行われた。
お食事も気の利いた【菊の井】の豪華な二段重ねのお弁当。
お配り物と一緒に頂戴して・・・そのままの解散。
あらまあ・・と、その簡素な流れに戸惑ったが・・・
猛暑のなか・・・こんな法事も互いにすっきりして良いのかもしれない。
お酒の席に成らないことも私には好もしい。
若い人の、気の利いた配慮に、老人たちは有り難く感謝して帰途に付いた。



・・・従姉を偲んで・・・

従姉は子供を産めませんでした。
前妻の息子を育て、その子を事故で失った後、
その娘・・・ようするに孫・・・を養女とし5歳から養育。
その娘に、婿を迎え・・旧い家を盛りたてました。
絶え間ない気苦労と哀しさは、いかばかりかと推察するばかりです。

晩年の床からの電話口からは、いつも明るい笑い声。
そして、『Y子ちゃん、転んじゃダメだからね。』と。
縁者一統には、気を配り、声をかけ、周辺を照らす太陽でした。

お姉さん
どうぞ、天国で極楽で・・・
美しい容姿のまま、先に召された一族の面々と楽しんで下さいネ。
遊び者のキリギリスなんかでは無かった!
夏を充分に生き切ったからこその、潔い、安楽な終焉。。

素敵な、女王アリ様!でした。

  




2013/07/22

自民党圧勝・・・


何より経済復興、好景気への期待からか・・
自民党圧勝!マスメディアの予想通り。
それにしても、もう少し批判票が有っても良さそうなもの。
二大政党制は、日本人には無理なんだネ、きっと。

なんとも言えない不安を覚えながら朝を迎えている。



蝸牛
久しぶりに、月桂樹の葉の上に見つけた。
2013071705460001.jpg
可愛い姿だが、結構、葉っぱを害する・・・

かくして、ヌラリクラリと
日本を取り戻そう!ってか?



原発再稼働も
消費税アップも
憲法見直しも
右傾化も・・

日本は平成25年の夏に受け入れたということになる。
具現化する頃には、どうせ、私はこの世に居ないだろう・・から、
ま、イッカ!




2013/07/21

東京駅

 

ゆっくり外から眺めたかった、新装後の東京駅。。
2013072016580000.jpg

初めて、ゆっくり、見上げた、丸の内中央口の丸天井
2013072017000000.jpg
後で解ったことだが・・バルコニーにはホテル2階から出られる。

カメラや携帯を構える人々に倣って、私もパチリ。
温かな美しさ。レリーフは鳩?

久しぶりの冷気のはいる7月20日、東京の午後5時。
観光客に混じり、流されるように【KITTE】へも行ってみた。
2013072017110000.jpg
昔の東京中央郵便局。民営化によるショッピングモール。
若者向けか・・・わざわざ行くほどのことも無かった。


本日の目的地は東京ステーションホテルのバー、【オーク】。
旧友との待ち合わせは、ホテル地下のレストラン。
夕食を済ませた後、二階へ上がり
懐かしい場所で、ゆっくりと、あらためて、再会を愉しむ。
10数年前のあれこれ・・・疎遠だった10年間のあれこれ・・・
久しく年賀状だけだった距離を縮めるには互いに時間がかかったが、
いったん、打ちとければ・・次から次へと
共有していた思い出を語りあって時がたつのも忘れてしまった。
最も充実した働き盛りを共に過ごしたことをこれからは大切にしたい。

ちなみに・・会話と少量のお酒を愉しむなら
ホテルのバーが良いと思っている。
集う方々、接客、室内、全ての雰囲気は勿論、なにより、適正価格。
安心して・・・愉しめるから。


【東京ステーションホテル】の改装による変貌ぶりには迷わされたが
こじんまりとした、英国風の趣は変わらない。
横浜グランド・ホテルの趣と似ているかな。

中央線の彼方から来る人と、湘南の奥から出てくる人、それぞれ
再会に最適の場所と想像した通りの絶好のロケーション。

残る人生の中で、すべてが
一期一会
そんな言葉が浮かんだ一夕。




 

2013/07/20

子供たち

 

お願いだから・・
子供たちを見守ってください。

親が駄目なら・・・家庭が機能しないなら・・
地域で、学校で、教室で、
お願いです。
眼の前の子供たちの動き、言葉、表情を
見守ってください。


いじめによる自殺、
集団暴行の果ての殺害
ついには、登下校時、放課後、路上での刃傷沙汰
親の躾けという折檻死、放置による衰弱死、
目を覆うばかりだ。

周囲・・・近所の人、学校の先生、クラスメイト、
何を観ていたの?
何も感じなかったとでもいうの?

『良く挨拶をして・・良い子でしたよ』
『遊んでいるのだと・・・』
『本人は何も言いませんでした』
『信じられません。仲良しの親子さんでしたから・・』
『私の発言が、違ってとられたのでしょうか』
そんな発言を、恥ずかしいと思わないのかなあ・・・


この数年、毎年、毎月、毎週
在りとあらゆる類の子供をめぐる事件。

それなのに
こうも鈍感な大人たち!
鈍感、気がつかなかった、はだよ!

腰を痛めて以来、辞退している下校時の見守り。
やっぱり出よう。
だって、ほんの十数分の、三々五々の、下校時の路上でさえ
はっきりと【いじめ】行為を眼にするのだから。

『仲良く帰ろうね・・』
『のけ者にしてはいけないよ』
『待っててあげましょうね』

公文の教室でさえ、もう、【いじめ】の芽生えが。
いつもいつも緊張して子供たちの関係を観ているつもり。

それでも、事件は起きる。
『誰だ!〇〇君の靴を隠したのは!?』
『誰?▽▽ちゃんの大事なマスコットを盗ったのは』
『誰か、□□さんの御蚕さんを持って帰ったの?』

自分がされたらどう思う?哀しいだろう?
隠れてコソコソするのはひきょう者だよ。
多数で一人を苛めたら許さないよ!
仲間はずしは、絶対してはいけません。

・・・大音響で教室中に問いかける。


最後の一言はいつも
警察を呼ぶからネ・・

どれだけ子供たちの心に届いているかは不明だ。
それでも、誰かが観ていると知らせなくてはいけないと信じている。





2013/07/18

今でしょッ!


林修先生、東進ハイスクール、現代文の講師が出ている。
【今でしょッ】で大ブレイク、今年の流行語大賞にも?

番組はフジテレビ、【あすなろラボ】
想わず、起き上がって観入ってしまった。

見直しました。

教室を模したセットに、20数名の、ヤンキーらしき生徒。
彼らを対象にしての林先生、熱血指導。

『そもそも、現代文の授業とは・・・入試問題の意図とは・・』
『現代文を理解する学習とは作者の気持ちを理解するための練習。
出題者は、この生徒は、どの位作者の気持ちに寄りそえるかを測ってるんだ』

大学入試なんかには、まったく無関係な彼等に通じるはずもない。
熱く語る先生
眠そうな生徒。

当然、チグハグ。
聴いていない。


そこで、方向変換して、自分の人生を語りだす。



君たちと同じ失敗者だと共感を誘って・・・本意に入る。

『生きるためには相手の気持ちを理解しなくては上手くいかないだろう?』
『努力は報われるとは限らないヨ。
正しい場所で正しい方向に、正しい量の努力が要るんだ』
『生きていく為の、二者択一を迫られる。
その時、先輩たちの生き様が参考になるんだ。それが本。
勉強しなくても良いが、本を読まない奴は嫌いだ
『歴史に学べ。失敗者の共通点は、思い込み、情報不足、慢心の三つ』

チラホラ・・・それなりに返答する生徒もいるが・・・・
最後に、先生が『何か質問は?』と問えば、在る生徒の『いつ、終るの?』
が象徴するような・・・虚しい応答が続いた。

たぶん、林先生の言葉を、ほとんど理解できないレベルだと思う。
『何言ってんだかわかんない』という本音を発した生徒も。

それでも、観ているこちらには伝わるものが有りました。
林先生が語る言葉に・・・けっこう、引きつけられましたよ。
特に、現代文学習の意図に。人生哲学に。

番組終了後
『完敗です・・』と語る林先生の反省。
『なんとかやれると言う奢りが在った』と。
それでも・・・林先生!
たった二人だったけど
『これから漢字を勉強する』と髭面の男の子
『少し、本を読もうとおもう・・』と、ぼさぼさ頭の男の子、
言っていたじゃありませんか!心をうごかされたんですよ


何より、かにより、騒いだり反抗する生徒は皆無。
勿論、テレビ・カメラを意識してのこととは思ったが
その素顔は・・・幼げで、素直で、寂しそうで、
成育歴の何処かで・・
放棄されたのか・・・邪魔されたのか・・

切なく・・でも、有意義な番組でした。
次回は【駄目な子供を持つ母親】が生徒になるらしいですよ。

手ごわそう・・・母親は手ごわいよ・・・・(^_-)-☆
どう対処するか?
林先生に期待しています。

  


2013/07/16

西伊豆



猫を飼って以来、
長期の旅行は殆ど諦めた。
夫婦二人の旅も、朝食もそこそこに、大急ぎで帰途に付くのが常。

【海の日】は祝日で仕事が休み、
火曜日、歌のレッスンは、先生の御都合で休み・・となれば、
さっさと、夫と猫と家事を放棄して・・・西伊豆へ。

十数年におよぶ暇人との二人暮らしに煮詰まりを覚えて、
今回は、アシスタントさんと女二人の旅。
彼女は気が利く女性。すっかり甘えて何もかもお任せ。
お【嫁】さんなら良いなあ、なんて贅沢な妄想を抱いたりする。

たぶん、あちらはお断りだよね。(ーー゛)

曇天。相模湾につらなる小さな海に映る西陽。15日、午後5時。
2013071518360000.jpg
冬ならば・・・富士山が・・・

  
2013/07/13

お墓参り

 
七月二日、今年のお施餓鬼・・・
夫婦ともに、大事な用事が重なり、
ご住職や檀家仲間には申し訳ないけど、始めての欠席。。

やっと、諸々が落ち着いた今日、お墓参りへ。

なんとも、もの凄く暑い!!蒸す!!
さしたる働きもしないのに、二人とも汗びっしょりになった。
曇天と湿った空気の中で、光化学スモッグ警報も出たそうだ。

綺麗になった墓石と玉砂利に水をかけ
お線香を焚き、花を供えれば・・・やっぱり清々しい気分になる。

汗をかく・・・ホントに、久しぶりの感覚。
案外、良いもんだなあ・・なんて想う。

四季折々に季節の花を見せてくれるお寺の庭。
今日は、鬼ゆりだけ・・
2013071314020000.jpg
燃えるようなオレンジ色が潔い。

追記
お墓まいりの苦の一つは蚊の猛攻撃。
蚊に好かれる性質。必ず数か所を一斉に射されて気もそぞろ。
痒さに落ち着いていられず、合掌もそこそこになるのが常。

今年は・・・あの丸いアルミ製の【蚊取り線香入れ】を腰に付けたので
全く、蚊の攻撃を受けずに済んだ。
結局、何よりもかによりも・・・どんな虫よけスプレーよりも
旧来の道具が役に立つ。
 




2013/07/12

世も末となりしか



『死ね死ね』と言われ続けている生徒に
『死ねるものなら死んでみろ』と言わんばかりだった担任の教諭
なんという鈍感で愚かな私立中学のセンセイ!

血圧降下剤の臨床結果改竄をした国立大学研究員と薬品会社社員、
その結果を基にして薬効顕著なりと論文にしたキョウジュ。
どれだけのワイロが製薬会社から大学に動いたのだろうか?

東電の負担増に配慮した挙句、国の除染費用予算の6割が残っているとか。
除染に懸った費用はいずれ、東電に支払わせると言う仕組みのせいだ。
処理費用に苦慮する東電様に遠慮したコザカシイ役人。
東電からのワイロが・・・担当役人に渡っているのだろうか?
昨日は11日、
こんな下らないことが、何時までも除染が進まない原因の一つと思うと
我々からの復興財源としての税金を、返してほしい。
被災地へ直接持って行くから・・・

もうもう・・・世も末
怒りもさることながら、嘆かわしく哀しい。
何もかも、疑わしい。







  

2013/07/11

お陰さまです・・・宴の後



サマー・フェステイバル・・
やっと、終りました。

たくさんのお友達においで頂き、心からの感謝です。
ありがとうございました。

さてさて・・・宴の後はいつも落ち込みます。
心身ともに疲れました。
昨日は夕飯もそこそこに・・・寝に落ち、今朝、7時までぐっすり。

あの出来具合でも、練習したんです。
唄って唄って・・・でも100回はいかない?・・・唄いました。
前日のレッスンでの御注意は
『詞をもう一度、読んでみて。直す所が、自ずと、たくさん出てくるから』
じぇじぇじぇ・・!
今更、なんということ!

なるほど・・・たくさんありましたヨ。
改めて、詩を、詞を、言葉を立てるように練習し直しました。

本番、
【希望という名の・・♪】とスタートしたら音が出ない!!
心臓がギュッと喉元まで・・うわ~~~~!
慌てて?、落ち着いて? マイクのスイッチを入れて・・

マイクのスイッチは入れっぱなしにして置くのがルールのはず。
仕方ないです。
ただ・・変だと思えば、直ぐに対応出来てホッとしました。

緊張に馴れる・・・アガリに馴れる・・そういうことだそうです。

粗末な歌いぶり・・しかも5分もある長い歌・・
『聴いていただき、お礼申し上げます』の心境を抱えながら、
姿勢に気配りして、ステージを降りました。

二部、海の歌特集での【潮風の中で】、
『貴方に合っているから、のびのびと唄えば良い』ということ、
ただ一個所、リズムの乗りが?だったので・・そこも、練習練習練習・・


そんなわけで、メンバー14人、過酷な練習と、ボケと緊張に耐えて、、
二曲ずつ歌い終わりました。

恒例、500円玉ジャンケンゲーム、
またもや、我がテーブルの、Oさんが勝ち残り。
お客様の皆さんがご提供の500円玉を独り占め・・
でも、半額は寄付していただくのですが。
お仲間の勝ち残りで、ひときわ、気分よく食事を愉しみました。
でも、正直、ちょっと粗末な食事、恐縮。もうしわけありません。
ホテルに文句言う・・・のは、おぎょうぎ悪いかしらねネ。

そんなこんなで、
お婆さん達のお祭り騒ぎは終了。

さあ、クリスマス会まで、5か月、
新しい曲に挑戦する方、昔覚えた歌を再発掘する方、
それぞれの目標に向かって・・・新しいスタートを切ります。
それまで、健康と無事に恵まれて、楽しく唄い続けられますように。
互いの健闘を称えながら、言い合わせたのは、打ち上げの席でした。。


『シャンソンの会は?巴里祭は?それまでには元気に成るから』と
最後の最後まで、気にかけてくださった、元町内会々長、Oさん、
ありがとうございました。
天国から、見守ってくださったのでしょう、お陰で、無事終りました。

『もう、お婆さん歩きなんだから・・』とアドバイスしてくれた従姉、
今週末に、もう、納骨です。
お姉さん、ありがとう。なんとか、姿勢を保って、誤魔化せたからね。(^_-)-☆



こうやって、今在る私の日々、
全て、皆さんのおかげです。
ほんとうに、ほんとうに・・ありがとうございました。
 

午後からはお教室。
子供たちの笑顔も、また、私の活力の源かもしれません。
これもまた、感謝です。



 








2013/07/09

じわりと来る不安

 

私のブログは時事ニュースのカテゴリーに入っている。
全く気にしたことは無いが・・・
アクセス数のランク付けがなされている。
時々、迷い込んで・・・1位、2位のブログを拝読する。


いつも・・・なんともいえない不安に襲われる。
原発の再稼働反対、あるいは賛成・・・などなど、
激越な意見を読みながら、自分の気持ちを確かめたり悩んだり。

今朝、【マスコミが政権寄りになっている】・・の記事が有った。

ふ~~~ん、そうかも知れない。

あの朝日新聞・・・残念ながら取っていない・・までが
読者離れを懸念して安倍首相を持ち上げているとか?。
力の有る政権には、常に反対する立場に立って、批判をする・・・
マスコミの使命のはずヨネ。

尖閣諸島の問題を期に、日本全体を覆う右傾化の風。
憲法改定を、堂々と世に問える時代になっている。
批判的であるべきマスコミ全体にすら、易々と受け入れる土壌ができつつある。

迫りくる中国の軍事的脅威の大袈裟な報道は
沖縄基地の現状維持と日本の軍備増強を狙うアメリカの陰謀かい?
とすら思う時が在る。

一方、残念ながら、
憲法改定に絶対反対を唱える力の劣化が在る。
改定反対意見に、有力な、魅力ある論説が無い。
護憲派の議員、学者、評論家が居ない。

私?・・・誰かの意見を聴くたびに右顧左眄する愚かさ。
どうしたら良いのか・・・ただただ悩ましい。

それでも、
国中が一方の風潮になびいていくのが不安でたまらない。
戦前の…一億総〇〇になりはしないか?
未来を生きる若い人は如何に思っているのだろう?
投票権を18歳からと引き下げた方が良くは無いか?。

近づく参院選挙・・・
大事な一票を、誰に、どの政党に、入れるべきか?
そんな、真面目な意識を維持するためにも、
ブログが時事のカテゴリーに入っていることを良しとしよう。







 



2013/07/08

人のお役に・・・



先週の土曜日、息子一家が来ると言う電話。
オーストラリアに行ったはずの孫娘の声。
『今、鎌倉だよ。冬休みで帰ってきてるの・・』

そのうち、娘も名古屋から、来るとの連絡。

娘や嫁、孫娘・・女性連への手前・・しつけ?・・もあるから・・
大急ぎで、
あちこち、片付けて、掃除して、庭の草取りをして・
・・
母親の体面をとりつくろう。
やっと揃った全員を引き連れ近所のお蕎麦屋さんで好きな物をご馳走して
帰宅すれば、メロンだ、スイカだ、コーヒーだ・・ふるまい騒動。

夫婦二人に成ったのは10時過ぎ。
うわ~~~!疲れたよ~~~!

翌日、日曜日・・ほとんど寝て過ごした。

もう駄目なんだ。。
つくづく自覚した。

腰を庇っての数カ月で身体が鈍ったのか?
腰が悪いと言うことは全身の劣化を招いているのか?
とにかく、筋肉が弱っているのだろう・・・
家事雑事とは如何に腰を使うことか!
極度に疲労する。


これでは
火曜日に大阪からお越しくださる友人の鎌倉案内も無理。
嬉しさに、ついつい、大仏さんと、長谷寺ご案内を計画したけど、
出来ないよなあ~~~。
申し訳なく、情けない。

もう、人さまのお役には立てなくなっている。

友人へのホスピタリテイーも出来ない。
町内の、草取りも、下校児童の見守りも・・・出来ない。
子供、孫、一家のリーダー役なんて、とんでもない。


面子も、体面も、沽券にかかわるも、もう、無関係な言葉。
夫婦二人の生活を維持するだけで精一杯の身体になったのだ。



パソコンの先生、みかんさんから頂いた紫陽花
kako-igpJ3qs1VqRphEGd_20130708103956.gif
『今までどおりにはいかないよ』
自分に言い聞かせても言い聞かせても・・長い間の習慣に従う。
パソコンも、新しい作業がなかなか身に着かない。
頑固で、しかも忘れっぽくて、我ながら始末に負えない婆。



  





2013/07/07

ROOMBA



写メ・・・室内でピントを合わせると、ライトが付く。
そのせいか、写メをむけると、のん太は、眼を閉じてしまう。


お掃除ロボット、ルンバを重宝しているので、。
猫とルンバの愛らしい動画や写真を観るたびに
我が家でもと張りきるのだが・・・
シャッターチャンスが無い。

のん太は、直ぐにルンバが単なる機械だと見抜いたものの、
唸りながら回転しながら走り回るマシンを鬱陶しく想うのだろう、
近寄らないように・・というか・・適度に距離を置いて眺めている。
ただ…決して油断はしない。

近寄って来たら、安全な場所に移り睨みつける。
2013070616000000.jpg      2013070616520000.jpg   
   右下隅・・ルンバ                     終った?!。

2013070616030000_20130707170756.jpg
写メを意識しないせいか、久しぶりに、凛々しい貌。

ルンバ・・これって、結構便利!。
障害物にぶつかりながらも・・(四角い部屋を丸く・・のレベルだが)上手に掃除する。
角や隅は、あらかじめ、ハンドサイズの掃除機で済ませておく。
終れば自分でドック、充電器、に収まって『終りましたよ』と英語で叫ぶ。

ブラシ掃除をマメにしなくてはならない。
しかも、猫の毛が回転ロールに巻きつく。
機械類は夫の守備範囲なので・・・ルンバの掃除は夫の仕事。

よって、ルンバはなかなか役に立つ。
iRobot Roombaってスペル、初めて気付いた。(^^ゞ





  







2013/07/06

腫瘍マーカー




腫瘍マーカーなるもの、詳しくは無い。
ただ・・・夫は数カ月に一度は定期健診で測っているらしい。

『近来、まれにみるほど良い数値だったんだよ!』
帰宅した夫は実に嬉しそうに語る。
『ふ~~~ん、どんなふうに?』
『8以下だったんだ!』
『いままでいくつだったの?』
『いつも、10以上で、危険ゾーンだった・・・』


生来、喜怒哀楽は抑え気味の夫。
ゆえに、彼の感情は、結婚以来、私の推測力で測るしかない。
『ウツ!怒っているらしいゾ?』とか・・
『空腹で怒りっぽくなるってどういうこと?』と質問する人だもの。


『医者がね、よほどストレスが無いんですね・・て言ってたヨ』
『そうでしょうとも。女房のお陰ですって返事した?
私のお陰。良い女房が居るからこそジャン!』
しつこく言いつのる私に、見せたのは
まあ、稀に見る見事な笑顔!。
じつに嬉しそう・・・でも、『ウン』とは決して言わない。


盛夏の花は・・・ノウゼンカツラ・・
kako-nSl4pWj5zIwrJfQQ[1]

昨日、蒸し暑い曇天の下、杉本寺近くで写メ。

13年前・・・膀胱がんからスタートした闘病。
食道、肺、肺、膀胱、前立腺、膀胱、・・・
担当医から【人はみな何時か死ぬのです・・】と宣言されたことも。

腫瘍マーカーの値は長い間、ハイレベルだったはず。
結果を口にせず・・・・独りで耐えていた?!。
それが・・・・安全枠に入ったということ!?。
どんなにか、嬉しかっただろうか・・・

この結果は
彼自身の穏やかで強い精神力の賜物としか言いようが無い。
のべつ、フワフワと飛び回っている女房のお陰など、一かけらも無い。
でも、それを言わない。
かといって、女房のお陰とも言わない。

なかなか食えない夫ではある。(ーー゛)




  





2013/07/05

衣装



毎年、夏のコンサートにはこれを着る。
今年らしさの演出に、小さな小さなボンネットを載せることにした。
巴里のお土産に頂いた、ヘア・アクセサリーの一種。
およそ、バーバの頭に似合わないけど・・・
まあ、ステージだから、お許しいただいて・・・



化け振りを、お客様に愉しんで?いただく。

そういえば、ドレスは、形こそ少々違うけど殆どブルー系。
安心して着れる・・・無難な色。照明にも映えるはず。


待てよ・・(ーー゛)
【潮風の中で】には相応しいけど、【希望】の時はふざけ過ぎ?
先生に相談しなきゃ。


 
2013/07/04

酔生夢死



夜 10時すぎには
TVの前のソファでうたた寝してしまう。
深夜、必ず、寒くなって目が醒める。
身体を暖めたくてお風呂に入る。
眠気が飛んで・・・
何をするでもなく、二時、三時から長い長い朝をだらだら過ごす。

たまに、
五時ごろ、夫が目覚めて降りて来れば、
独占していた大型TVの前を撤退して寝室へ移動。
身体が疲労していれば二度寝に入る。
それで、7時には目覚める・・・

困ったものだ。
自堕落 とはこういう現象?

そういえば、
晩年の母が、『毎日が、酔生夢死よ』とか言ってたっけ。
あの、勤勉で真面目な母でさえ・・うつらうつらの日々。
生来、怠け者の私の行く末・・・怖ろしくなる。

kako-ZFBbyJmIZjr5pRdN.jpg
『貴方みたい』と送ってくださった薔薇の写真。一関の薔薇園で、とある。

ウッ!こんなに初々しく想われている・・・友人の優しさと、恐縮しきり。
九州の友人からは、大きなメロンの激励・・・感謝。
大阪からの友人も、ブログ友達も、コンサートに・・・感謝。

そろそろ覚醒せねば!

先日の【現代クローズアップ、腰痛特集】、
腰痛の85%が、気の持ちようだと締めくくっているらしい?!
私は・・・足が痛い。
石灰化した棘が神経を刺激して、要するに神経痛の症状。
レントゲン写真、CT映像、しっかりはっきり映る原因がある。
これも、精神的なものといわれると・・・どうにも納得いかない。

例え、確たる原因が有っても、
【痛い!】と感じるのは脳内の物質に寄ると結論している。
美智子妃殿下の頚椎狭窄症をも、精神的って診断するのかな?




  



2013/07/03

さだ まさし 20周年記念コンサート



さだまさし 20周年記念コンサート・・・武道館
コンサートは4000回めだという。
行ってみたいなあ。
ファン・クラブ員でないとチケットが入手できないのかな?

今まで
なんとなく、さだまさしワールドへの敬遠気味もあった。
おそらく、関白宣言、秋桜・・などのメガヒットへの抵抗も?

歌仲間のお一人、女性だが、いつも、彼の歌を唄っている。
彼女の歌をきっかけにして、
改めて、【さだまさしワールド】なるものを、深く知るようになった。

おりしも、CDの宣伝も兼ねてか?さかんにトーク番組に出演して、
彼の世界の、寄って来るところを、面白おかしく語っている。
子供時代の家族愛、天才バイオリ二ストへの道から・・国学院大学への転向。
学生時代の旧友、恩師との今に至る交友
そして、何より驚いたのは20億余りの借金返済の苦労?
全額返済して「さ、これから金儲けしますよ~~!」のウイット!

昔からの友人で歌仲間の男性K氏が、昔から彼のトークが大好きと言って、
トークだけのCD集を貸してくださった。
軽妙で・・・・オチがあって・・・落研出身の面目躍如。
決して、何事に対しても批判がましくなく、対象への愛情が深く、優しい。
一方では、自己卑下と言うか、仲間卑下というか・・・洒落のめすというか・・
さだ氏独特の人柄が反映されて・・・・楽しい。
話題の背後には、昭和の匂いが漂っている。
1952年生まれ・・・私の世代?感覚と重なり共通するところ大。
だから・・・楽しくて、懐かしい。。。。


毎回、超満員だというコンサート。
せめて、4000回を記念してのベスト・アルバム【天晴】を購入して
あらためて、聴き入ってみようかな。


できたら、私でも唄える歌を探そうかな・・



  

2013/07/02

もじずり草、見つけた!・・・2



みちのくの 偲ぶ文字ずり 誰(たれ)ゆえに 
乱れ染めにし 我ならなくに


(乱れる恋心は、私のせいではない、貴女のせいですよ・・・)

古今集 河原左大臣
万葉集にもある有名な忍ぶ恋の歌。

ネジ花とも言います。
2013063017020000.jpg

御父兄の車置き場、野っぱらの雑草の中で見つけました。
逞しく生き残っていたようです。

そう言えば、この花への想いを、昔、ブログに載せたよね?
と、想いつつ、歌を確認したくてグーグルを探ったら、
なんと!、草笛日記【もじずり草、見つけた】の記事が!
奇しくも、7月4日の記事。2008年です。

昨日、久しぶりに、もじずり草を見つけた時の想い・・・、
そのまま、同じ調子で書かれています。

ハハ・・・笑ってしまいましたよ。
5年たってもおんなじ想いだなんてね!
しかも、進化も成長もしていない・・ということに。

ちなみに、右下の大きな葉っぱは葛の葉。
この夏は紫色の花房で、覆われるのかな?