草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

万能細胞・・・

 
これこそ、究極の発明!、驚きと称賛のなかで発表された【ips細胞】。
それを利用しての治療法の確立が急がれている・・・とばかり思い込んでいたら、
なんと!
【STAP細胞】とやらが発明され
既に、猿の脊椎損傷再生の結果が見えて来ているとか。

しかも新しいSTAP細胞の方が、作製や保存に優位性があるとか。
ips細胞のもっていたリスク・・たとえば癌化・・も無いらしい。

教室から帰り、夕食を済ませたボンヤリ頭をガ~ンと打ったこのニュース!
説明しているのは、いわゆる近頃のお姉ちゃんの風態をした若い女性。
30歳の化学者!小保方晴子さん
ふくらんだミニスカート、編み込みロングヘアー、長い付け睫毛で彩られた眼。
私、決して服装で人格を判断するのは避けるべきと判っています。
でもでも・・・ショックでした!

そうなんだ、
こういう女性たちが、堂々とリードしていくのが21世紀なんですね。
男性社会の常識を打破し、しなやかに発想を広げていく。
仕事をしながら批判をものともしない最先端の御洒落も愉しむ・・・
高度に知的で経済的にも豊かな若い世代。
遺伝子的【子を産む性】特有の蛮勇に近い強さやしたたかさ、
やっと徹底した男女平等社会に育てられ
性差に縛られず飛躍を恐れない感性が新しい道へと導くのでしょうね。

それにしても、あまりに唐突で・・・
『ホントかいな?・・』の半信半疑のよってくるところは?
若い博士の化粧や服装への我が偏見から?。

あああ・・・ば~ばの理解の外なんですよ、やっぱり。

それでも、なんとなく愉しい・・・(*^_^*)
 



スポンサーサイト
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

アベノミクス


【デフレ脱却と経済繁栄が、我が国の困難を解く全ての鍵だ】
と言わんばかりの首相。
弱小野党議員の大汗かいての質疑を小馬鹿にしています。
自民党大勝利の結果です。
確かに国民が選んだのですよね。
だから・・・これを民意というらしいです。
アベノミクス絶好調なのでしょう。


多分・・・そうなのかもしれない。
税率引き上げによる税の増収もさりながら
好景気になれば・・・軽いインフレになれば・・
名目上の所得税も消費税も、なにより法人税も増収になる。

少子高齢化を乗り切るための福祉
中国の高圧に対抗する軍備
必ず来るという大災害への防備
オリンピックへの経費
劣化したインフラの補強再建、

山積する問題解決のために必要な膨大なお金。
膨らむばかりの大借金に追いつけない税収・・・。

もう、小さな国で、ひっそりと、身の丈に合った国として
存続できないのだろうか・・・・
欲しければ小さな島々も渡してしまえば済む。
地図上ではあっちに近いもの。

火野正平の「人生、下り坂最高!」
「山は、下る時に、初めて、足元の花の美しさ空の青さに気付く」と語る五木寛之。

国家も・・・また・・いずれ、下り坂を迎えるのは歴史が証明している。
かつての大国、イタリア、スペイン、オランダ・・英国でさえ・・
たとえ、経済的に弱体化しても、今なお、毅然として存続している。
そんな成熟した品位ある国家として在るのも一つの選択なのに。


阿部首相の国会答弁を聴いていると
いよいよ不安が募り、哀しくなるのは何故だろう。



 





Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

檸檬・・・




町内の友人に頂きました。
おもちの土地・・・
大きな農家がご実家なので家庭菜園用に畑をお持ちの様子・・
の中央に植わっているレモンの樹、一杯実が生っていると伺った折に
つい「良いなあ~~頂戴」と口走ったのかもしれません。
ご主人が丹精しているのでしょう、立派なレモンです。

レモンって、12月~1月が旬だって知ってました?
最近、同じ御町内の庭先で立派に育ったレモンを良く見ます。
この寒気の中で見事な黄色の実がたくさん生っています。
カリフォルニアや地中海の温暖な土地に育つと思い込んでいましたので
「地球の温暖化のあらわれ?」と受け止めていました。
今や、九州をはじめとしてレモンは国内産が増えているようです。
大量のニーズがあればこそですね。

頂き物、鎌倉産は大きくてみずみずしくて何より農薬の心配が在りません。
2014012607330000.jpg

シフォンケーキが焼ければ皮を摩り下ろしてレモンケーキに?。
残念、造れないんですよ。
せめてスライスして蜂蜜に漬けましょう。

檸檬と見れば
梶井基次郎の短編【檸檬】が浮かびます。
絶望的な気分にふさぎこんでいたある夕刻、
ふと、美しい檸檬を八百屋の店先に見つけて
眺めて、触って、匂いを嗅いで・・・その憂鬱から脱却するとか?

そのせいか、檸檬と表記すれば、
妙にロマンチック気分に成ります。





  

Posted by 草笛   5 comments   0 trackback

寄せ植え

 
やっぱり造って?しまいました。
ガーデニングは諦めたはずですが・・・・・
腰を痛めた身には水やりさえ苦痛の種となったのが昨年の早春。

晩秋の断捨離で、思い切って大鉢を処分したものの
一番大きなものは処分さえできず、土も入れたままの放置状態。

昨年暮れのスーパーの店先に、ぞんざいに置かれていた草花、
それぞれ、50円とか100円は、あまりに不憫・・・
ついつい買い求めて、少なくとも命さえ蘇るようにと植えておきました。

陽射しが春めいてきたせいでしょうか・・・たのしい寄せ植えになっています。

2014012110030000.jpg

自分たちで居場所を定めて・・人間の意図など不要なようです。
子供達も・・・兄弟友人の中で育つのですよね。
個性のままに、自分らしく。



 
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

西伊豆へ



火曜日から水曜日にかけて
町内の友人たちを誘って西伊豆の淡島ホテルへ総勢6人。
まずは、三島駅に到着し、そのまま桜屋へ直行。鰻重の昼食を摂りました。

夕刻、相変わらずの、おなじみホテルに到着。
20年以上前のバブル絶頂期の建設、かつての煌びやかさを遺した由緒ある館内と
何と言っても冬の富士山を仰ぐ絶景がお・も・て・な・し・のつもりです

同じ旅程を亡くなった町内会長と共にしたのが一昨年の二月。
同じメンバーでの追悼の旅・・故人の代わりにはお若い方をお誘いして。


残念! 早春のような温かさに・・・富士山は隠れてしまいました。あの白雲のあたり?
2014012210050001.jpg

海岸にあるロビーから船で・・・ホテル側の桟橋ロード。
2014012210050000.jpg


全室、スイートタイプの上品な内装も古びて来たのが気に成っていましたが
オリンピックを控えて、全館、リニューアルに着手するそうです。
この春は二カ月休館です。

そこここに置かれた美術品、価値在る彫像や絵画の数々、
きっと、同じように飾られるだろうけど
ソファやクッションに惜しげもなく使われたエトロの生地、
20世紀モダニズム漂う本物の輸入木製家具、などなど、姿を消すかもしれない・・・・

新しくは成っても、新建材や合板製に変わるなら
今のままが良いなあ・・・

細かいことは、お若い方にすっかりお任せして、
沼津港へ出、地魚のお寿司でお昼。美味しい干物のお買いもの。
皆さん・・・80歳の方を最高に・・・すごくお元気。
瞬発力は在るんだけど持続力に欠けるのが私の体質。
その上、いつも車を使うせいもあるのでしょう。
直ぐ、疲れて座り込む有様。日常の生活習慣を反省しました。

それでも昨日は元気になって教室へ。\(^o^)/
やっぱり温泉は身体に良いのかな?


  







Posted by 草笛   10 comments   0 trackback

大寒を迎えて。

寒いですね、この二三日。

昨年の成人式の頃には、大雪が降ったそうです。
そうそう・・・去年の15日、老人会の新年会は雪の日でした。
センター試験の朝は、たいてい雪になるとか。

思えば・・・大寒ですものね!。


     腰痛を 怖れて迎う 大き寒
     手袋を 探すや、夫の声高き  
     
     紅きまま 去年(こぞ)の千両 仏壇に
     チッチチッチ 笑みを誘うや 冬の鳥
     
     『煌々と』としか言い得ず 仰ぐ冬の月
     三日月の冴ゆるを ぼうと 雲囲う



無題


何でもよいから、まずは創ってみる。
『・・それがどうした?』と訊かれれば答えようも無い風景句。
それでも、
まずは・・気分を作句モードにして創ってみる。

仏壇の花も、玄関の迎え花も、今年は千両のみ。
年を越え、そろそろ、実が落ち出しました。
庭に来る冬鳥は・・アオジです。
アオジは夏の季語、冬鳥と言い換えました・・・
大寒の夜空は、特に月が見事ですね。三日月も満月も冴えに冴えて。
どう表現しても・・・『煌々と』としか言いようが無い。

句に説明は蛇足。
だらしのない句ですので一応、情況説明をしてみました。



  








Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

小説 【インフェルノ】



オーストラリアが猛暑だとか。
一年間短期留学中の孫娘が住む街はメルボルン。やはり、気になる。

その一方、先々週はアメリカ北部、ニューヨークを含めた一帯に
大寒波が襲っていた。。。ナイアガラの滝も凍っていたもの。

今日のBS海外ニュースは、英国北部に大洪水が起きたとのこと。
ノルマンディー海岸のあたりの堤防が決壊していた。
北極の氷河が融けだしていることは周知の事実。

地球規模の異常気象。

地球を生命体と考えれば・・
風邪をひいたか、熱を出し、凍えて、・・・いかにも重篤。


ダン・ブラウン著のベストセラー小説【インフェルノ】を読んでいる。
大ヒットした【ダヴィンチ・コード】と同じ作者。

地球崩壊の要因は人口の爆発的増加に在り  
小説の底辺に流れるのは怖ろしいテーマ。
その証左となるグラフ・・・人口増加に比例する全ての悪い結果・・!
このグラフが、決してツクリゴトでは無いと既に承知しているから、
いよいよ怖ろしい。

『地球の未来のために、世界の人口を半減する』企みを具現化した天才化学者。
遺されたその秘密のウイルスを探し出して人類を危機から救う冒険ストーリー。
そのウイルスが、人類の生殖機能に作用すると知らずに・・・・

いずれ、映画化される・・・面白いストーリーと舞台。
主人公はハンサムな大学教授と、美人の医者。
二人が駆けまわるのは、イタリアのフィレンツェやヴェネチア。
ミケランジェロの絵画【インフェルノ】や、ドウモ大聖堂やヴェッキオ宮殿、
ラストはイスタンブールへと続く。
さぞかし画面も壮麗だろう。

イタリア語【インフェルノ】は【地獄】の意味。
ダンテの【神曲】とコラボしたイメージを駆使しての創作小説。

面白く読めば済むもの・・・だが、何とも、不安をそそられる。
小説よね!と言いきれない現実への不安感。

確かに、人口爆発と世界的長寿傾向は地球の資源を食いつぶしつつある?
エネルギーの乱費による汚染が地球と大気を破壊するのは自明の理。。
それらを充分知っているはずの世界のリーダーたちは
敢えて、現実に目をそむけ・・・必至の地球の崩壊を認否する。
もう100年すら維持不可能な今の地球環境のなかで、
ひたすら自国の経済的発展を優先する施策に突っ走っている。


100年どころでなく20年でさえ、時が尽きようとしているとすれば、
何処かで、誰かが、あるいは組織が、隠密のうちに、
地球の人口削減を謀って、すでに実行している?

アクマデの噂です。
近頃さかんに子宮頚癌予防のワクチンが女子高生たちに打たれている。
将来、不妊症を招く恐れがあると言う・・・・ワクチン。
優秀な日本人の増加を抑えようという陰謀説。

  

Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

第三水曜日




シャンソン・・歌の会の勉強会です。

【愛の詩】は日本でも大ヒットしたカンツオーネ。
マッシーニ・ラニエリが唄っています。検索してみてください。
最後にイタリア語でリフレインします。
やっと、それらしく歌えてホッとしました。
二曲目には【人生は美しい】を。

愛の詩

発表会ではありません・・・聴く人は仲間だけです・・
衣装らしい衣装は必要ないのですが、私はやっぱり気張ります。
必要不可欠なポイントは
肥って見えないように・・・バレバレですが・・自己満足?

それと・・・お正月ですから・・・少々、きちんと感も出したい。

そこで、定番のお出ましです。
ニットのシンプルな黒いワンピースに紅いジャケット。
大粒の真珠のネックレス。勿論、フェイクですよ~~~!

2014011610210000.jpg


このジャケット、10年位い前に購入したものです。
深い紅色があまりに素敵なので、高価を覚悟で買いました。
藤沢の小さなブティック。ウインドウから一目惚れしての衝動買い。
でもこれが、まあ何と役に立つこと!。
クリスマスか、お正月か、必ず、出番が回ってきます。
仕事上でも、ここぞと言う時、何回かは・・・コレで。
48kgの時から10kg増えた今も着れるんですよ。
ダブルジョーゼットで軽く伸縮性が在り、めだたない留め具が見ごろに一つだけ。

歌唱はともかく、洋服はライトに映えていたと褒められました。

メンバー15人中、3人が欠席です。
お風邪や、健康診断や、ポリープの除去など、高齢化の表れ?
少し、淋しかったけど、皆さん、頑張りました。
全員でお茶をしてから、夕刻のラーメン屋さんに、ば~~ば五人で・・・・

時には、いわゆる、単純なラーメンを食べたい時って有りますよね。(*^^)v



  


Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

淡路恵子さん


やっぱり・・・と思いました。
TV画面の姿があまりにお痩せに成っていたから。
たぶん、ご自分も自覚し、或る意味、希望通りだったかもしれない。
波乱に満ちたドラマティックな人生・・・ご本人は『面白かった』と。
若い時から、成熟した大人の女として、潔く魅力的でしたよね。

もう、一人・・
ご近所に住む指導者仲間だったMさんのお嬢様からの寒中見舞い。
『母は6月に・・・』訃報でした。66歳の若さで!
千葉市内で大きな教室を運営していたのですが、
介護のために鎌倉のご主人の両親のお屋敷に移住。
お子様二人を私の教室預け、希望の大学に次々とお入れになった後
また指導者に復帰したいけど、隣接するのは申し訳ないとの御配慮で
茅ケ崎に改めてお教室をお持ちになりました。
直ぐに生徒さんも増えて、エネルギッシュに活動していたのに
ご主人の『家に居れ!』の言葉に応えてせっかくの大教室を閉鎖。
家を留守にするのを嫌がるご主人の気持ちとご自分の希望をすり合わせて
ご自宅で独自の幼児教室を開き・・これも成功させていました。

彼女自身の還暦の祝いのパーテイーでは、多才ぶりを発揮して、
ピアノ、琴、三味線、をご披露なさり周囲を吃驚させ、
私も求められて歌二曲をプレゼントしたり。
公私にわたる親交は、いつも彼女の明るさと積極的な生き方で支えられていたようなもの。

この一二年、年賀状だけのご挨拶だけ、
いつでも又お逢いできると思う油断が残念で悔しい。

【良く生きた者が、良き死を迎える・・・】
整体教室の額に在る言葉です。



  




Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

11日ですね

 

2011年 3月11日。

語呂合わせのような・・・忘れ難い、数字の並び。
NYのビル崩壊も9・11・・
そんなわけで11という並びが気になるのです。

被災地への想いを忘れない。
援助する力も知恵も無いけれど忘れないでいたい。


さて、私ごとですが
川崎の容疑者逃走・・・怖いニュースでした。
あの青年の容姿が、私のひったくり強盗犯のイメージそっくり。
貌を見るたびに思い出す。
『あの子かもしれない』・・・妄想だとは自覚していますが。

昨日、横浜で逮捕されるまで、彼が知っているのは我が家と教室の在りか、
・・そう想うから、本当に怖かったです。

やっぱりちょっと鎌倉警察に電話だけしようかな?


天災、人災、いつどこに?
まったく、怖ろしい毎日を何とか無事に過ごせているのは
たまたまの偶然、幸運にすぎないのですよね。
新年、そうそう、あらためて深く想いました。

やっぱり鎌倉八幡様にも、いまからお参りしてきます。
昨年の交通安全のお守りや、破魔矢も、お納めしてこなくては。



 


Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

都知事選


神奈川県民ながら、無関心ではいられない
都知事選挙のあれこれの情報。
その中で、政策の中身があまり伝わってこない。
【災害からの防備】
【福祉の徹底】
そんなもの、都民の大部分は問うては居ないのじゃないかな?

とにかく、差し当たっては
オリンピックの準備をきちんとやって
世界に恥ずかしくない容姿で開会宣言して欲しい・・・ぐらいかな。

突如出てきた【脱原発】は魅力的なスローガンだけど、
東京都知事選での争点ではないはず。
国民の意識表明の一端とするつもりだろうか。

実現すれば強力候補であろう細川元総理。
小泉さんの応援も得るなら抜群の人気?
さりながら、
今現在、75歳ならオリンピックの時は82歳?

隠居して、高尚な趣味に打ち興じていたはずだったけど
政治的野心を心中に燻らせていたのかなあ?

それに
彼がもっている陰鬱な風情、暗い印象の目つきが気になる。
組織人だったことが無さそうな人だもの行政能力も低そう。



わざわざ、晩節を汚すことは無いのに・・・・

  


Posted by 草笛   8 comments   0 trackback

馬にまつわる言葉

馬は、利口で働き者、人の心を見抜くそうです。
馬車馬のようにというように、人の為に懸命に働く・・殊勝です。
でも、少々、気まぐれだとか?

まあ長所短所含めて人間にとっては有益ですよね。
人を乗せるのも、歩く姿の背が他の動物より平らで動かないからとか。
要するに乗りやすい。聖徳太子も馬をこよなく愛したそうです。
天下の名馬、先月引退した競争馬オルフェーブルも可愛かったですね。
ペットとしても、馬を飼うのは最高の楽しみだそうですよ。。


馬にまつわる用語、諺を思いつくままに並べてみました。

   馬には乗って見よ、人には添うて見よ。

   生き馬の目を抜く

   人間万事、塞翁が馬、

   馬は道ずれ

   老いた馬は道を忘れず

   馬脚を顕す

   下馬評

   馬耳東風

   汗馬の労

   尻馬に乗る

   野次馬



今もって、【駅】は馬偏で、決して車偏にはならないのが嬉しい。
ちなみに、箱根駅伝、7区を走った東洋大学の服部弾馬(はずま)君、
イケメン中のイケメン・・・日本男児此処に在り!って感じの大学一年生。
前日、2区を走ったお兄さんは勇馬(ゆうま)君。
三人兄弟で、ともに馬を下に付けた名前だそうです。
お父さんが『馬の眼が優しくて好きだから・・・』だそうです。
優しい青年に育ってほしかったのでしょうね。
その上、そろって駅伝の選手になるなんて、カッコ良すぎませんか!


今年は午年!
歳女としては、せめて【優しく】を心掛けるとしますが、
もう働くのは勘弁してもらっても良いかな・・・(*^_^*)









Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

箱根神社



初詣・・・一月四日

鎌倉八幡宮のつもりでしたが、やっぱり箱根神社へ。
一昨年、雪の箱根路を恐れて、鎌倉八幡宮だけにしたら、
ひったくりに襲われたり・・・腰を痛めたり。

そんなわけで、数十年来、ご加護を得ている箱根神社へお参りしました。
山道の片隅には雪が残っていましたがまあまあの天気。
想いのほかの大混雑です。

2014010414530000_20140106104334bb5.jpg

特別ご祈祷所も同様で、ベルトコンベアー方式でもやはり一時間かかります。
祈るのは、病気平癒と家内安全
遅めの昼食は、【山のホテル】の洋食。久しぶりのハンバーグ。
テラスに出て、右手を望むと、うっすらと冠雪の富士山。

2014010414170000.jpg
見えるかな??

帰路は予想通りの大渋滞。ただただ、箱根下り路だけが大渋滞。
134号線に出れば、穏やかな海と遠く三浦半島が待っています。
1時間半の往路が、帰りは3時間かかりましたが気持ち良いドライブでした。

これで、為すべき正月行事終了。
今日から、お仕事です。教室日。
生徒さんは、皆、宿題、完遂できたかな?

とびっきりの笑顔で出迎えしましょう・・・(*^_^*)


  





Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

紅白歌合戦と箱根駅伝と・・・

  帰省中の娘と三人で紅白歌合戦を愉しみました。
・・というか・・・それぞれの感想とともに
本当は興ざめしながら見おさめました。

例年に無く、無口な夫、
音楽業界に居た割には無感動な様子。
私にいたっては、
せっかくのヒロイン達の【潮騒のメモリー】を聴き逃す有様。
情けないことに、その間、ぐっすり居眠ってしまいました。
目が覚めたら・・・美輪明宏が・・・・

紅組の司会者
もっとちゃんとやってよね・・ハラハラさせないで。
観ている方も唄う方も、しらけるじゃないですか。
集中力不足?準備不足!要するに甘えすぎと言われそう。
天然ボケとは言い訳になりませんよね。

白組の司会者軍団
なれ切っていて、緊張感不足。こちらが見飽きたかな?
若いんだからもっと初々しくキビキビしてほしかったです。
その上、衣装がチャラくて、安っぽくて・・可哀そうなぐらい。

総合司会者
場違いなデザインのドレスはサイズがきつすぎ!
有働さんは、和服が似合うのに・・・・残念でした。

もう一つ苦言を言わせてもらうと
個人的事情、引退する?卒業する?もう踊らない?は公私混同。
あんな舞台で宣言するなんておこがましくはないですか?。
『どうぞ、ご勝手に』と日本中が叫んだと想うけど・・・子供を除けば。

審査員の皆さんは、素敵でしたね。
杏ちゃんの着物姿!。旬のオーラでしょうか。
ただ・・歌手の夫の誰だっけ?。女房を褒めてどうする?
これもプライベイトなこと!観ているこちらが恥ずかしい。

総じてNHKの演出が悪ノリしては居ませんでしたか?

歌やパフォーマンスについて?
年寄りの感想は、ここでは控えさせてもらいます。
だって、何処が良いのか判らなくなったから・・・置いてきぼり状態。
もう、次世代の、次々世代の、お祭りになっているんですよね。


昨日今日の 箱根駅伝

娘の母校の3位から4位にがっかりしたけど後は順調・・・
何故か、例年のような緊迫感が無い?
それにしても、選手たちが格好良いのでびっくりしました。
前々から感じていましたが、日本人の容姿が変わったのですよね。
選手の8割がカッコイイのですから!貌もスタイルも。
そう言えば、
我が孫息子も、中1で175cm。小顔だから10頭身?
家系とは思えないほど、鼻梁も高く、切れ長の大きな眼、。(ババ馬鹿です
ソース顔でもなく醤油顔でもなく、ジャパニーズ・フェイスと言うジャンル?
『モテるでしょう?』バカな質問に、当然の、凄く嫌そうな無視。(ーー゛)


紅白と駅伝に占拠される我が家の年末年始。
そろそろ終りにしよう・・気付くのが遅すぎますか?
典型的な日本家庭の年末年始を・・と、自覚して、努力して来たのですが
重箱のお節料理の終焉とともに、脱皮するべく・・・心に決めました。


それなのに、やはり、
『今日は初詣にでも出かけよう』とは、夫の言葉、
あんまりでかけたくないんだけど足腰の為に歩きましょうか。

大好きなカバンの中から、『おめでとうございます。(=^・^=)』
2014010218290000.jpg
苦手のお姉ちゃんが居るから落ちつかない三日間です。無理やり入るぅ~!






Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

2014年は・・



あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

今年こそは佳いことばかり在ると良いですね。

そうはいかない?

せめて、

直下型地震が日本中の何処にも決して無いことを祈るばかりです。

長く生きて来て

禍福は糾う縄の如し・・と、しみじみ思います。

さりながら、刺激の少ない人生もまた、生きるに値すると信じて

今年も、平穏無事に、過ごしたいと想います。

今のところ、暮れのリフォーム騒ぎの割には

腰も足も無事。

夫婦、疲労の果ての風邪にも罹らずにおります。

それでは・・・孫どもの歓迎をせねばならず

これにて・・・