どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

大塚家具のお家騒動

 
父親に愛されて認められた娘は社会的に活躍する・・・

大塚家具の女性社長は、韓国の航空会社副社長より数等、美人。
さぞかし成績も優秀だったかと推測する。
大塚氏は溺愛したでしょう。
しかも
『此の娘が男だったらなあ・・・』と、何度か嘆息したことでしょう。
そう、残念ながら、
二代目に成るべき男児はなかなか思うような・・父親のような・・大物には成れません。
父親の期待が潰しているんですよ、男児を。
偉大な父親を持つのは男児にとってなかなか辛いものです。
そこで、
ただただ愛された優秀な娘が能力を発揮して・・・という具合。

『社長に任命したのが間違いだった』と、今更の泣きごと。

どちらが正しいのか解りませんが世間に良くある娘、息子の風景。
だからこそ昔の人は男児を立てて、女児を抑えて育てたのでしょうね。
家業にとっての将来、在るべき立場を自覚させていた?

大塚家具のウン十万円もした我が家の白い皮のソファ。
今や、真ん中がつぶれて、座りにくいのなんのってありませんよ。
御尻というか腰がゆがむ状態・・そのせいで脊椎症に?
表面の傷は猫がガリガリやるせいで見る影も在りません。
(ボロ隠しに安いカバーを掛けておりますのでつまりは、貧乏たらしい。)
この件は家具屋の責任ではありませんが。
買い替えたいのですが高価だった分、夫はOKをだしません。

2015022707150000.jpg


まあ、昼寝用にはベスト・・・猫と夫がほぼ占拠して・・・
大塚会長のいう数十年持つ家具なんて嘘です、我が家に限って?
それに店員がず~~~と、付きまとって、買わないでは出られませんでした。
二度と行く気にはなりません。

父親は現実社会の過酷さを体現して見せます。
母親は家庭の中で、平等で深い愛情を具現化します。
父親に愛され認められた女児は・・・怖いもの知らずのまま社会に進出します。
母親に溺愛された男児は・・・組織ヒエラルキーの持つ厳しさを受け入れられない。

我が家では、擬似主婦の私が、子供たちを構ってやらなかったせいで
息子は早く家庭的愛情を求めて結婚しました。
それに反して
娘が家庭の温かさを求めません。社会活動の方が面白いのでしょうか。

女も社会に出て働くのが当たり前の時代到来。
子育てが難しい時代になりました。
父親は厳格に、母親はあくまで優しく・・・
役割分担を意識的にしなくてはならないでしょう。
かと言って、
祖父母に任せるのも拙いです。
だって、祖父母は早くに他界します。
保護者、庇護者を幼くして失っては子供の心が不安定に成ります。

以上、私の独断と偏見。

さりながら
40年間、子供達を幼児から高校生まで観てきた感想だから
あながち当てずぽうでもない。幾分、自信が有ります。

蛇足ながら・・・心配なのは離婚家庭が増えたこと。
とにかく、子供が高校に入るまで、我慢して・・・・・。

 

スポンサーサイト

【広い河の岸辺♪】


いま、大流行りの、スコットランド民謡?
クミコが唄っている・・・
女学生時代に習った覚えも無いが
何処かで、聞いたような気がする歌。



朝ドラで歌われるまで、あまりこの歌が喧伝されなかったのは
もっと美しいスコットランド民謡がたくさんあるからだろう。
スコットランド民謡、アイルランド民謡、区別がつかないが
哀愁に満ちたメロデイーは日本人の情感をゆする。

クミコと言う歌手、TVなどで観る限り
あまりインパクトのない個性、
痩せてるし、美人でもないし、
何故NHKが重用するのか腑に落ちなかったが
去年、藤沢市民ホールでこの歌を唄う彼女を観て、納得。
美しい声質と、ボリュームが圧倒的だった・・・
どうして、TVでは面白くないんだろう?

先日、NHK昼の番組に出ていた時もつまらなかった。
彼女の良さが出てこない。
不思議な歌手だ。

この歌の単調ゆえの美しさは
音の重なりが重厚な雰囲気を醸すコーラス向きだと思う。

でも、ハイトーンでうたってみると・・・荘厳になる。


  



サイコパスの影



また、川崎市の河原で少年が・・・
夫に言わせれば、『昔からあった』残虐な少年事件の一つ。
先日の、紀野川市、住宅地での事件。
被害者にしろ加害者にしろ、少年たちの日々に在った背景はともかく
あのイスラム国家から流された画像の少なからぬ影響を想うのだが。
おぞましい刃物による殺傷!とい残虐性に。

サイコパスという、抜きがたい異常性を有する人間が存在する。
古くは、織田信長・・・?
心のブレーキを持たず、愛情や良心を持たない人間に
尋常を超える残虐性が表出する恐れがある。

長崎の女子高校生、名古屋の女子大生、神戸の少年の件も忘れられない。
心理に棲みついている抑えがたい殺人への欲求は
親にも学校にも世間にも抑止できないのでは?

子供や青年の人格の中に異常性を察したら
友人知人、近所の大人、学校、
例え、人権や迷惑とかを無視してデモ、すぐにでも医療に委ねることを

そろそろ真剣に考えなくてはいけないのではないだろうか?
事件が起こるまで心配しながら見守るのが人権擁護なのだろうか?


イスラム国家に参画しようとする世界中の若人たちの中に
このサイコパスの影をどうしても感じてしまうのはわたしだけだろうか?



  

温泉療養?


行きつけの伊豆、長泉温泉へ養生の為に想いついて出発。
土ようびのせいか、道路が混んで思いの外時間がかかったのに
御殿場のプレミアム・アウト・レットへ立ち寄る。

買い物は・・・
御見舞のお礼にフォションのジャムなど数点。
つい寄り道してドレス(ステージ用)をウインドウショッピングというか試着。
わお、医者に言われていた30分のお散歩どころでなく
1時間余りをあの広い場所で右往左往。

駐車場で待ち合わせた夫に、めずらしく心配をかけてしまったけど
ショッピングになると時間を忘れる癖は健在。
何かに夢中だと・・・全く痛くないのよね。

長泉温泉は桃沢川の流れる狭い谷間に在る温泉宿。
春の訪れは・・・静岡の中では一週間遅い。
それでも、在りました。
大好きな蕗の董!去年、眼を付けておいた場所に。
2015022208530000.jpg

まだ固い蕾ですが・・・・・花束のように美しい。
2015022209120000.jpg
二月の夕食の膳に上るはずの春の揚げ物は、菜の花、タラの芽、蕗の董・・・
板長さんは蕗のとうが無くて困るかな?

4月10日の桜の盛りを予約して・・・もう一部屋しかなかった・・・帰路につきました。

2015022208550000.jpg
いまは、まだ小さな白梅と蝋梅・・・・

  

私が留守だと言うのに・・・


関係者以外の方には関心も無いかもしれませんが・・
狂言師野村万斉さんがCFに出ている体験学習キャンペーン。
彼の力に寄るのか不明ですが我が教室は数年ぶりの千客万来!!

学習日ごとに、対応に追われます。
もう、私のF教室は体の良い永久欠番にて
後継者が6月に開設するのは違う名前になります。

それなのに・・・私の生徒では無いのに・・・
私がてんてこ舞いで対応して90%入会へ導くと言う状態です。

年末からこの二カ月、
私のメールと電話の指示があったとはいえ
アシスタントさんがフル回転で運営指導していた教室。
当然、『先生は具合が悪いそうよ』
『もう、御歳だものね・・・そろそろ?』
と噂がながれていたはず。
ブログをお読みの父兄もいることだし噂では済まされていないはず。

まあ、それなのにそれなのに
この千客万来は、如何にアシスタントが有能だったかという事実!
そして
言わせてもらえば、F教室が築いてきた評判は決して悪くなかったという事実!

そう想うと・・・・リタイアーするのが嫌になっちまった。\(^o^)/

『健康が芳しくないときにリタイアーを考えてはいけませんよ。』
と、温かい助言を下さったのは・・・・・たった1人の局員さんのみ。
それだけ、ロートルが頑張っているを苦々しく想っているのですね、本部は。。。

100パーセントの能力を要求し、速い新陳代謝を良しとする・・・経営方針。
資本主義という冷酷な制度は果して人類を幸福にしたでしょうか?
フランスの経済学者の【新・資本論】という本。ベストセラーだという・・・
20世紀から今日までの資本主義に基づいた世界の経済活動が行き詰まり
格差社会の中、格差は限りなく広がり、そこに人類の幸福は無なかった、
そのうえ、イスラム国家みたいなテロ集団まで現れて
世界中の人々が、今日の経済体制に疑義を持ちだしたんだと思う。

かつて、K研究会の中で社員には悪評さくさくだったA社長・・・証券会社からの転入。
彼の御世辞は、或る意味、有り難かったものです。
「N先生、一つの仕事を30年やり続けたら神様になります」
ほんと、もし職人なら・・・せめて・・【匠】と呼ばれてイルカモ・・・ネ。

本日は終始、自画自賛にて。



  

家事力偏差値 40以下にて・・・

 
私が伏して居た二か月間・・・
夫にとっても、大変な日々だったろうかと想う。

食事の支度が全くできない
スーパーなど買い物なんて行けない
掃除洗濯に至っては殆どやり方もわからない
皿洗い機も使えない
痛くてはいずっている女房を見ながらも
食事の後片付けもせず、
のんべんだらりとソファに寝転がっている。
情けなくて情けなくて、
かといって、文句も言えずただひたすら耐えていた。
治りが遅いのも、完全な安静が保てないことも原因かと?

娘に『パパはさ~』と愚痴るのみ。
『パパは家事音痴、生活IQ低いんだから。
ママがそうやってパパを育ててしまったのよ』
『今になって愚痴るのはおかしい』とは娘の言葉。

なるほどね。。。。
夫に家事を仕込む暇も無く、理由も無かった・・・
なんでも私がすればさっさと済む。
さいわい、私自身健康に恵まれていたから夫が家事をする必要も無かった。
まして、結婚直後から、我が親との同居も在って
親の手前、夫に家事を仕込むタイミングが無かったのだ。

それって愛情では無い。
いずれは独り暮らしになるかもしれない。
嫁や娘には頼れない今の風潮の中、
男一人でも、幸福に暮らせるように家事を仕込むことこそが愛情。

傷みが去ってなんとか日常を過ごせるようになった今になって、
やっと、
ゴミ捨ても、皿洗い機の使い方、洗濯機の動かし方、覚えてくれた様子。

食事もほっておくと、なんとか食べている。
野菜が足りないとか肉を食べて欲しいとか一切贅沢は言わず
『食べたの?良かったね。』と褒める。感謝する。
例え、私の食べる分が無くても・・・・ネ。(@_@;)

彼にしても、
この二カ月はさぞかし大変な日々?


 



鎮痛剤・・・

 

ボルタリン朝夕一錠という強力な鎮痛剤はもう止めて、
昨日からは、朝昼夕一錠ずつ、ロキソニンという、弱め?の薬に成った。
気のせいか、とんでもない個所がピリッと来たり、右足が重苦しく感じたりする。

此の薬では効かない?
すっかり気が弱って、直ぐ不安になる。
情けない・・・・

久しぶりに鎌倉の御若い指導者さんが誘ってくれて
西鎌倉のロイヤルホストへ昼食に。
本当に、久しぶりの外食。
勿論、病院以外の初の外出ということ。

レストランのガラスに映る我が姿の何と老いたることよ!
姿勢がなんとなく前傾して、明らかに腰を庇う態勢。
足元は・・・死んでも履かないと豪語して居たおばあちゃん靴。
アレアレ・・・あのヒールの無い、横バンドの付いた・・・・あの高齢者用靴。
パンプスを履ける日が来るだろうか?

もう、去っていく身なのに、
指導についてのアレこれを語りだせば、会話に熱が入る。
御若い方の本来の御相談事は・・・・
有志の方々が、私の40周年を祝ってくださると言うことらしい。
御祝い事となれば、愉しい会。
有り難く御受けしようと御返事をする。

常套化した送別会は平にご容赦と常々言っていたのだが、
【フェイドアウトしたい】とはいえ、葬式も無しというわけにいかないのでしょう。
かえって、みなさんにお気づかいさせたかな?

そのうえ、
二カ月のブランクで頭の方もかなりボケたのか
肝心のお財布を忘れて来て、ご馳走して頂くと言う恥ずかしさ!

指導者引退の噂は、当然、ブログから、広まっている様子。
すでに後継者の名前も・・・ご本人が言っていると言うから・・・

まあ、隠すことでもないし、
この分なら、穏やかなバトンリレーが可能になりそう。


夢破れて    レ・ミゼラブルより

 







二月十一日・・・

 


自分の体調もままならないのに、余所様を案じる。
それって不遜というものかもしれない。

とにもかくにも
散らばっっていた地域の人々が計画的な新しい街に移住し、
文化施設も医療機関も備わった街に集中され、今や都市化しているという。
それもまた、あたらしい住み方かもしれない。

神戸大震災後の、新しい街並み、
長田区の家々の近代的屋根の連なりを観た時の驚嘆と感動!
あの時と同じ現象が三陸の入江入り江に在った人々に起きているのだろうか。
それならばそれで、津波の来ない安らかな生活が営まれるのは良いことなのだ。

さて、
今日をもって私の祈りの11日をブログにのせるのをストップします。

のん太猫、
床に就いたままの我が枕元で過ごすことが多かったです。
二月、猫の季節だと言うのに、夜の徘徊もすっかり忘れた様子。
痛い痛いと引きずる左足に鼻づらを押し付けて・・・・不安げに見上げます。

2015021108120000.jpg

さりながら、本当に辛い時、生き物は邪魔!
ペットが慰めになる云々は当てはまりませんでしたよ。
此の猫、どうしよう・・・・不安と煩わしさのみが頭をよぎる・・・

気のせいか、飼い主に倣って老けました。


 





久しぶりに唄う・・・

 
シャンソンのレッスンへ。
「歌えば痛みもとぶわよ」と言われても、心の中では
「そんなレベルの痛さじゃないんだからね」と答えていたこの二カ月。

鎮痛剤はのんでいるものの、ともかく、元気に成ったし、歩けるし、
月謝や年会費の件など手続きも在るので
夫の車で、とにかくレッスン所へ。

全く歌どころでなく寝て過ごした暮れから正月、そしてもう二月!
出かける前に
課題曲の【愛の賛歌】と昨年末頂いた【夢の中に君が居る】の二つだけ
軽く鼻歌気味にうたったものの、レッスンでは唄えないだろうから、
とにかくも皆さんのお顔を拝見するつもりで出かけた。

ピアノが鳴れば・・・・
なんとか唄えました。
なんとかなりました。

先生の、励まそうとの想いからか、
「ぜんぜん、声が落ちてないじゃない。練習して居たの?」との言葉まで頂いたりして。

5月の発表会には出られそうかな?
仕事の引退と重なるのもかえって気晴らしになるかな?
でも、またレッスンと仕事の後始末で疲れるかな?

「あなたのキャリアで、今更猛レッスンする必要も無いでしょ。
積み上げてきた力で充分だから・・・」
たしかに、そうかも知れない。
充分に仕上げた曲を選んで唄えば大丈夫かな・・・・




  




禍々しい・・・・・

 
嫌な事件ばかり続く。
その名を紀ノ川に由来する小都市に起きたこと。

反射的に思ったのは・・・あのイスラム国家とやらの殺戮の手法。
理解不能な、禍々しい行為はその影響か?と。

となれば、やはり、ここに、あの人質事件への私の感想をアップせざるを得ない。
独断と偏見は・・・ひらにお許し頂くとして・・。

さて、
犠牲になった湯川氏、後藤氏のことを皆さんはどう思っているのだろう。
意味不明にして饒舌な後藤氏の母上、
ひたすら泣く湯川氏の父上、マスコミを徹底して避けた後藤夫人のことを。

申し訳ないが、此の母にして此の子有りと私は思わざるを得ない。
大義名分と自己顕示欲の合体はとんでもない事由を引き起こす・・・。
かと言って、顔を出さずに、ひたすら涙声で詫びるのも、
英語でのみ声明を出す夫人のインテリぶりにもまた少々違和感を覚える。
どちらにしても・・・・このさいは、ひたすら感謝とお詫びを述べるべき立場では?。

国家国民世界中の眼を惹きつけて死ぬ。
その功罪はいかがな物なのだろうか。
いずれ歴史が答えを提示するだろうか・・・・

頼むから危険地帯には行かないでよね。


 

弔辞を探す

 

臥せっていると、様々に越し方を想いだす。
「もっとああすればよかったのに」が殆どだ。

書けば切りが無いから書かないが
反省と後悔のウン十年間・・・・臍をかむ思い。

さて、先日、東京のお仲間、K先生のコメントを拝見して
にわかに、自分の半生に一瞬の輝きも在ったか?と想いだした次第。
我ながらの自負もありながら、皆さまからのさしたる評価も無く、
何処かに埋もれてしまったあの輝き。

そう!
創始者、公文公氏を【偲ぶ会】が、かの武道館で行われた時、私が読んだ弔辞。
指導者代表として・・・壇上で読んだ哀悼の辞。
謙譲語、敬語、丁寧語、一つの誤謬も無く、
お涙ちょうだいの感傷に流れず、かといって紋切り型で無く
女性指導者らしい、哀悼の辞だった・・・?はず。
主宰者と未亡人の【安堵】のみ、当時聞いた評価だったけど
我ながら、二度と書けない上質の文章だったと密かに自負している。
母の筆に頼った和紙一枚。

敬愛するK先生の御目に、御耳に、残っていたとしたら持って瞑すべし!

あれを取り返そう。
何処かにあるはず・・・。
公文公研究所か、はたまた大阪の公文公記念館かにあるはず。

はやく元気に成って、あれを探さなくては。
思い出はアレ一つだけ・・・指導者として生きた40年の証し。
先輩に倣い、後輩を激励し、地域に誠実に対応した仕事の証し。

あたらしい目的が出来て良かった。(*^^)v



 
  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索