どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

これは・・・ハロウイーン!!

     
コーラス、九ちゃんメドレー。
14858657_958171984294775_1249976407_o_201610310951591c3.jpg

フランスの美人歌手、パトリシア・カースの曲はやはり難曲。
私の持つムードに合わないとかダンナの意地の悪い評価。
そのうえ、やっぱり、ドレス選びは失敗。
14914614_958168084295165_981562888_n@@@.jpg


めげています。(=_=)
ま、これも、ハロウイーンの余興と思って。




スポンサーサイト

バランス・・



物事、すべて、バランスが大切。
私の苦手は人間関係。
良く承知しているのだけど濃すぎたり薄すぎたり。。
失敗したら・・・大人しく引っ込むしかないを繰り返している。

最後の練習の合い間は、
ドレスを着用した姿のバランスをよくしたくて悪戦苦闘。
肥っているから、あそこを抑えればここが出るし
此処を抑え込めば、段々になるし・・・そう、三段に。(^_-)-☆
ウエストをギュギュッと占めるあのベルトを買うかな?
いやいや、今度はあのベルトの厚みがドレスに響くよね・・・。

・・・というわけで、下着の工夫に大わらわ。
結果、・・・ステージ上なら目立たないだろう・・・という
甘い憶測を頼りに、靴ドレス諸々をスーツケースに詰め込みました。

「格好良かったよ!」「お腹隠しの羽織物は要らないわよ」と
ゲネプロ時の、お仲間の言葉は・・・信じないことに。
女性の褒め言葉は時に怖い・・・m(__)m。
ただ、テレビの映像のように
アップして、微に入り細に入り写すわけではないからね。

あ、顔?
ああ、これはね、顔は付いていれば大丈夫。
ステージ上で見る顔は、豆粒みたいに小さい。
付け睫毛の有無は関係ない。
せめて、目じりが下がらないようにラインをいれればOK。
顔のシルエットはどうメイクアップしようが隠せないし
それなりの貌になっていれば充分というもの。
怖いのは人柄や、生き方まで見えてしまうこと。

さて、話は変わるけど、
自転車で巡る【こころ旅】の日野正平さん。
老いても、陽に焼けても、つるつるおつむでも、格好良い!
体躯と頭部のバランス、眼、口、鼻の位置と大きさ、
どれをとっても、並外れてバランスがいいですね。
彼だけ見ていると、そう美男子ではないけど
一緒に巡るスタッフとは比較にならないものね。

落ち着いたら【こころ旅】のこと、アップしたいです。

さて、
明日の荷物はできました。

ca_10520-tg_382_13407.jpg
写真はかばん屋さんの広告から,お借りしました。
私のカバンは、のん太の寝床に成ったりで、傷物です。










おてんきにな~~れ!

   
鎌倉、藤沢に住む、同じ世代の方々は、
ついに
東京はおろか、横浜さえも出かけるのが億劫になりつつあります。
なのに、
30日の、横浜美術館ホールでの発表会には、
250人入るホールですが殆どが後期熟年?の方々と思われます。
中には80過ぎの方も。

私のお客様・・・40人近くですが・・やはり、同様です。
それなのに、
みなさん、ご常連なので、とても楽しみにしてくださっているみたい。
私のためではなくて、我がプチ・ロンドの御贔屓様達。
有り難いことです。
心からの感謝を、申し上げます。
2016102812200000.jpg


音楽的に批評されたら、たまりません。
ただただ、素人の奥様の集まりですが、
でも、【奥様の遊びごと】ではなく、みんな真剣に取り組んでいます。

だからこそ、誰も、歌詞カードなんて決して見ない。
消えつつある記憶力をフル回転させて、暗譜で唄います。
この三か月、自分の歌二曲だけの練習あるのみ!
合唱は・・・トイレタイムと思って・・・お許しください。

精一杯、素敵な衣装に身を包んでステージに上ります。
決して高価なものでなく、持っているものを最大限に工夫し、
サイズが合えば、互いに貸したり借りたり、
手指がにぶくなっていれば、可能な人が縫ってあげたり、付けてあげたり、
総勢 15人が協力し合います。

着方や、アクセサリーのセンスは、すべて、堀先生にお任せ。
お任せした方が絶対素敵になるんですから!

見た目、渋めの百花繚乱を、お楽しみくださるように・・。
hanataba016.jpg


毎年のお客様の反応は、
「涙が出ました」「感動しました」「衣装がみんな素敵」
言ってくださる言葉、何よりうれしいのは
【どの歌も歌詞が良く伝わります】です。
だからこそ、それぞれ、聴いてくださる方の人生と重なるのでしょう。

堀先生の喜びは
【誰それが一番・・ではなくて、感動の対象がいくつもに分かれている】
ことだそうです。

さあ、お天気だけが心配。



【明日があるさ】

   
「明日があるさ、明日がある、若い僕にはがある・・・」
「手をつなごう僕と、追いかけようを、二人なら・・・」
「見上げてごらん夜の星を・・・小さな光が、ささやかな幸せを祈ってる」

九ちゃんの歌は、必ず、夢を語っています。
あの時代の夢は、ささやかな幸福、愛する人と結ばれること、
それだけで、十分だったのに・・・普通の暮らしの持つ幸福感。
若ければ、親より貧しくて当然だったはず。

お嫁さんの両親は、恋愛結婚。文字通りのリンゴ箱がテーブルだったとか。
お見合い結婚の私は、狭いアパートで朝帰りの夫を泣き泣き待っていましたし。

今の時代、
夢という言葉の持つイメージは拡大してしまったかもしれない。
どこかで、テレビドラマやCFで見る親以上の暮らしぶりを夢見て
そうでなければ、幸福でないとまで?


清々しい晴天に誘われて庭に出ました。
庭一杯に蔓延るグランドカバーの名もない花。
2016102710410001.jpg
あ、ヒメツルソバですって。

青かった千両も赤くなりました。
2016102710410000.jpg

落ち葉の元凶、百日紅を剪定しました。40年を経た樹です。
花や葉が茂れば大木?ですが、裸になれば、こんなもの。
2016102710420000.jpg

久しぶりの空の青さが嬉しい!。




ブローチのつけ方・・・

   

加齢が進んで、アクセサリーが面倒になってきた。
特に、首にかける類の物。ネックレスやペンダント。
後ろ手の悲しさ、金具の操作が、思うようにいかない。
指先が鈍感になり、力も失せて・・・。
最近はマグネット式だったり工夫がみられるが・・なかなか。
私の好きなロングネックレスは頭から被るだけだが、
これもまた、ジャラジャラと、邪魔になりだした。

さて、イヤリングも耳たぶに圧迫感があってやはり気に障る。
それでも、白髪頭なので・・これだけは不承不承身に着ける。

残るは・・・・ブローチ!
2016102613160000.jpg
長さは5cm~7cm以上?


ブローチは若い人より、熟年すぎの女性の方が似合うような気がする。
ネックレスと呼応するようにブローチをつけるのが洋装の定番?
女王様も女性大統領も皇后さまも・・・知事さんも・・・。

私の場合は、ちょっと違う。
むしろ、ブローチだけで遊んでいる。
もう、フォーマルな場には縁遠いとすれば、カジュアルにしたい。
カジュアルなら、大きめのブローチを、肩に近く、ドンと置く。
見る人の眼を上の方へと誘い込む。
お腹やお尻から遠く、しかも顔からも離れた場所。

友人がデザインした【イグレック】の製品。長いところは6cm以上?
2016102613130000_201610262106195a9.jpg


さりながら、このブローチの装着操作も難しいこと!
ベスト・ポイントを見つけて、そこを中心に針を布に通しても、
鏡を見れば、「あれ?」ってことになる。
かといって、脱いでつけるのも、位置がもう一つ不安。

位置が決まったら、針の長さいっぱいに布を通すこと、
下着にも針を通せば、ブローチが安定すること、
着けるなら、主張のはっきりした色と、大きめな物にすること、
イヤリングとのバランスは必要だが、あくまでブローチを主役に。
小さいブローチは、張りのある肌を持つ若い人に譲ること。

今は、宝石の入ったブローチなどには手が出ないけど、
思いっきり遊び要素の多い、素敵なブローチと出会いたいと思っている。








今日はね・・。



午前中は町内会のコーラスの練習でした。
皆さん、声が良くて・・高いキーで童謡を歌います。
【小さい秋】【でんでんむし】【どんぐりコロコロ】
編曲がされていて、かなり高度なコーラス曲を、
お若い指導者が上手にアレンジして、
平均、70歳ちかいメンバーの歌が、なかなか素敵に聞こえます。

【小さい秋見つけた】
サトーハチロー作詞、中田喜直作曲。美しい日本語ですね。




午後からは、発表会前の最後のレッスン。
いよいよになって二曲の対照的な味を出すように要求されました。
【はかない愛だというけれど】はリズムを生かして・・。
【私の心はヴァイオリン】は、たっぷり抒情的に・・。
今回のピアニストは・・テクニックを見せたいのか
かなり、華麗な伴奏をします。
特に、【はかない…】は、ジャズ風な伴奏と間奏。
歌が引き立つというより、伴奏のほうが耳に残りそう。

なんて、素人の余計な心配はしないで、
リズムに乗って、あるいはミロディアスに、歌おうと思います。

四人の合唱、九ちゃんメドレーも、なんとか、そろってきました。
大丈夫そう・・・・です。(^_-)-☆



音楽には力が有りますね。特に歌詞のある歌。
堀先生も、お元気で発表会を迎えます。
正直、こんなにお元気になってくださるとは思っていませんでしたから
弟子どもは、みんな喜んでいます。

二人の良き指導者を得て、本当にうれしく楽しい。
指導次第で、その作品は良くも悪くもなるということ。
何にもまして、
歌は心身を安らげ、病さえ癒し、希望をもたらすということ。
いまさらながら感嘆しています。







低気圧


低気圧は医学的にも好ましくないのですって。
腰痛もひざ痛も、低気圧の日には、より痛みが募るようです。
精神的にも当然、鬱状態を亢進させるとか。

こう曇天が続くと、健康で、正気の人でも
なんとなく、鬱陶しく、そうなれば、体調も風邪気味に?

鎌倉古民家の庭先。秋明菊。白が一番美しい。
2016102212290001.jpg


昨日の宇都宮の事件。
72歳の元自衛官の自暴自棄自殺。
同世代として、ほんと、同情こそしませんが、解る・・気がする。

直接の原因というか社会への恨みつらみの原因は
おそらくは、定年過ぎての家庭崩壊。
流行り?の熟年離婚かな?
原因は、もちろん、本人も悪いのだろうけど・・・
「そりゃなかろうぜ」と私の心中でささやく声がある。
互いに、力を失った年齢になった挙句の離反は
人間として、いかがなものだろうか?
再起するエネルギーのあるうちに決着するべきでは?

私の世代の夫族は、家庭を顧みず単身赴任を重ね
子育ても、親介護も妻に任せて・・・知らんぷり。
時として、威圧的で、我がままで、遊び好きで、・・・
だとしても、家計を支えてくれたのは夫。
老いてからの資産分割は厳しい。
二人なら暮らせる生活資金も二つに分ければ不足だろうに。

【自分の人生は失敗だったのだ】と悟るほど
辛く哀しいことが有るだろうか・・。
曇天と気候の不順で体調も狂えば
この先がいよいよ不安になり何もかも腹立だしく、自暴自棄になりもしよう。

これから老人が増えるばかり。
それなのに、スマフォを筆頭にIT革命は確実に広がって
若い人たちが築く社会常識は理解不能ばかりか置いてけぼり。

キレる老人をあちこちで見かける。
あれは、相手に対するより、遅れてしまった己への怒りかもしれない。
自分自身だっていつどうなるやら、自信がないなあ・・・。

今日こそ、晴天!と期待していたのに、昨日に変わらぬ曇り空。

【屁理屈と知りつつ見上ぐ 柿紅葉】・・・・草笛

はやく、蒼い秋空に映える紅葉を観たいものですね。
2016102212300000.jpg




div>

とにかく寝る・・・2

  
今日は薄日が差していますが・・秋日和とは程遠い。
ネコはカーテンからの温みを楽しんで、寝ています。

2016102311020000.jpg

静かな日曜日の午後、
夕餉のメニューなど考えなければなりませんが
私が食事制限をしだすと献立の範囲が狭まって
思いつきません。

困ったことに、
食べることに興味が失せて、痩せるばかりの夫には
高カロリーというか栄養価の高い食事を用意したい。
そうでなくても、たった二人分の食事
多種類を作れば、余り物が増えるし、
冷蔵庫にしまった物は味が落ちて、結局捨てる羽目に。

悩ましいことです。

のん太のエサみたいに、
五粒食べたらカロリーも栄養素もすべて満たすという
サプリメント・・だれか発明してほしい・・・。

いえ、薬の副作用などで食欲が異常になくなった場合
500カロリーぐらいのミルク状の飲み物があるそうです。
比較的飲みやすい由、
一日三缶を飲むとかなり補助されますよね。
夫に与えてくれるように主治医に頼もうかしら。


とにかく寝る

  
富山の友人からの電話。
最近、たて続けに、愛犬二頭を失ってご夫婦で軽いペットロス状態とか。
大型犬だっただけに、その思いは深いだろう。

「もう、年だから、また犬を飼うのは無理よね」
「そんなことない。ああそうだ、今度は猫にしたら?」
「え?猫って・・?」


2016102008060000.jpg 

昼間は殆ど寝ている。
よくもまあ…こんなに寝ていられるもんだ。

朝、【ゴア~~ン】と、寝室に起こしに来る。
さっそく朝食。
お散歩へ10っ分ほど外出・・といっても庭の中。
(後始末は私メが・・)

帰ってきたらゴロン。
まずは昼前まで起きない。
ソファだったり、パソコンの下だったり。
今日は不用意にも、テーブル横で…交通妨害。

昼過ぎに【ちょうだいちょうだい】で、オヤツ。
午後はいつの間にか姿を消すけど
たぶん、二階、東南の角、娘の部屋のベッドでお昼寝。

「のん太は?」「知らんぞ」「散歩?」「二階だろ」
最低限度の夫婦の会話を声を聴きつけてか
ドスンドスンと降りてきて【ゴア~~ン】と催促。

夕餉の後は、また外出。
忘れたころに戻って来て
【カエッテキタヨ~~ン】と存在誇示。

夜中遅くまで・・・主人に寄り沿って、ず~~と爆睡。

以上、飼いやすいから・・・との会話中に割り込み電話。
「またかけるからね」と懐かしい声を置く。

寝てばかりいるから寝子がネコの語源とか?
ちなみに猫語は不明。
聞きようによっては、こう聞こえるネコ馬鹿にて。



 


泰然自若


月曜日の衣装合わせの時、
マイナス2kgで、なんとかドレスが様になり
お腹隠しの羽織物を着ずに済みそう・・・と安心して・・
四人で唄う際のドレスのテーマ赤と黒の工夫などしていたら
今朝の体重!
リバウンドして、前より増えてる!
アアア…こういうことなのね~。

合唱の際のドレスは赤の羽織物を着て隠す。
2016102008380000_20161020095719411.jpg

独りで唄うドレス、参ったなあ・・羽織物は無しとのこと、
あと一週間のダイエットを無理でも頑張るしかない。
2016102008410000_20161020095830a41.jpg


「痩せて貧相なのよりは肥ってた方が見よい」などと、
慰めの言葉は嬉しいけど
なにより、自分が許せないんだから困る。
恥ずかしくて歌えなくなる。

・・・
それにしても仲間は意外とドレスに無頓着に見える。
私から見れば、羨ましい容姿。
ドレス次第で、もっと見栄えが良くなるはずなのに。不思議。
ステージは7割が見た目だというのにね。

いわば、自然体というか泰然自若という風情。
自意識過剰気味の私には、これもまた、羨ましいと思う。

娘曰く、「かの天童よしみを見習え」って?
どうせ、我が身体を押し込めば、どんなドレスも似たようなもの。
天性の容姿に恵まれていなければ、なんとかカバーしてみる。
それは能力才能もしかり。在るふりをするしかない。
ああ、私の人生は努力?・・誤魔化し?の連続。

さてさて、天童よしみさん、彼女ほどの歌唱力が有れば、
それこそ、その容姿は、個性というか魅力というか・・・
泰然自若の極みで居られるんですがね。




小さい秋・・

   
文字通りの小さい秋になってしまった。
去年の秋の不順な気候に、すでに??とは思ったが
この秋もまた、天候は不順で、暑かったり寒かったり。
秋らしい美しい青空をみせないまま、
穏やかな過ごしやすい気温と微風を感じさせないまま
このまま冬に突っ込んで行きそう。

急に色づいた千両も・・まだ緑色の儘の千両も。
2016101914520000 (002)
どうして良いのか悩んでいる?

たぶん紅葉も不揃いで美しくは無いかもしれない。
去年の鎌倉の秋、京都の秋がそうだったように・・・

温暖化のせいだろう、
日本は四季をうしない、熱いか寒いかの極端な風土になった。
いえ、暑いかそうでないか、だけかも。
子供時代の寒さは経験しないままでいるから。
そういえば、鎌倉は今年、一度も雪がふらなかったなあ・・・。

のん太は早速、イン・バッグ。狭い場所が大好き。
2016101719280001.jpg

おとといは発表会の総練習のために、
衣装やら靴やらを詰め込んで運んだ旅行カバン。
車の乗り降り、荷物の出し入れ、小雨の中の往復。
衣装替えも、ほんの二年前は悠々だったものが
肥ったせいか、動作が鈍くなったせいか大わらわ。
仲間の着替えの手伝いはおろか、自分の方がお世話になる始末。

日常の色々も、さぞかしノロノロしているんだろうと・・・。






夜の東京駅周辺・・・丸の内



久しぶりの東京駅で友人との待ち合わせは夜の6時。
東海道線と言わず、宇都宮線という電車に大船から乗車。
「東京駅に着く?」という不安と一緒に。
不便というより、新しい路線の多発に迷うばかり・・。
東海道線と横須賀線のみだったら、
眠っていても東京駅にゆっくり到着したものを。。

左手、東京駅、丸の内南口、正面低い四角な光はKITTE。昔の中央郵便
2016101517340000.jpg

左手へ線路に沿って進めば有楽町方面。
国際フォーラムに繋がる。

京都で美味しいイタリアンレストランに巡り合い、
東京にもあると聞いていたので探してみた。
東京ビル1階にイタリアンの名店が入っている。
【イル・ギオットーネ】
土曜の夜というのに、お客さんが居ない。
どうしたのかな?
見るからに、デイナーは予算オーバー、此処は避けて
ステーション・ホテルF1の焼き鳥の店で食事をしておしゃべり。
仕事仲間だったから・・仕事の話には段々ついていけなくなっている。
それでも、席を変えたキャフェで、名物カクテル【東京駅】を楽しんで・・・
解りやすい【平塚】行き電車で帰宅。

どんどん、東京の街の賑わいが遠くなる。
私の知っている街ではなくなる。

土曜のせいもあるのか
外国人旅行者ばかりが目に付く光景。
いえ、私自身が異邦人・・・場違いな存在かもしれない。
社会の第一線ではないという事。


何やかやで・・・・何とも言い難い寂しさばかりが募る。


参考までに大船を通るラインを挙げてみました。
東海道本線(上野東京ライン),
横浜・東京・宇都宮・高崎 方面 (上り),
湘南新宿ライン, 高崎・宇都宮方面行き (北行),

横須賀線は横浜辺りで変更して、武蔵小杉に行ってしまう。

籠原行きとか、プレートにあっても、
例外もあって・・常に意識していないと・・・




  

脳貧血

 
【風と共に去りぬ】を読んでいると
何度か、失神をする場面や
乳母の「レデイーなら、失神する・・」みたいな発言が有ったり
子供心に「ふ~~~ん、繊細な女性は失神するんだ」と思ったもの。

さてさて、失神とはたぶん、脳貧血のことじゃないかしら。
朝礼の列から、ときどきバタンと倒れる子供が居たものね。
疲れているのか、空腹だったのか、暑すぎたのか、バタンと。
最近もいるのかしらね。

私の場合は
すご~~く、痛い思いをすると・・・
ふらふらして、冷や汗がドンと出て、座り込む。
失神とは言わないだろうが・・・脳貧血とでもいうのか。
たぶん、痛いと体内に何かしらホルモンみたいな物質が出て
症状が出るのだと思う。
20代のある日、手を地下鉄のドアに挟んでしまったとき
二回目は、もう中年なのに、庭先で転び、骨折した時に。

先日、鎌倉市福祉協会での老人会総会で・・・
お腹が急に差し込んできて、
飛び込んだトイレの中で、上げたり下げたり。
そのうち、目もくらんで、冷や汗三斗のまま30っ分?
着ていたブラウスが絞れるほどびっしょりになる始末。
やっと落ち着いてソファにしばらく寝てから、タクシーで帰宅。

あああ・・情けないこと。
お産の苦しみを思い出した次第。

疲れたのか?
秋バテなのか?
ダイエットの副作用?
いえ、たぶん、薬の飲み合わせが原因だと思うよ。

久しぶりに失神寸前までいって、
スカーレット・オハラなど思い出して居るんです。
結論、美女の失神だからこそ、様になるんでして、
ババの失神なんて・・・観たくもなかっただろうね。
でも、皆さん親切でした。感謝。


 

なかなかやるじゃない・・。



したたかな新知事、小池百合子氏
そのしたたかさ故にあまり好感度は無かったけど、
なんとか都議会を乗り越えましたね。

「やるじゃないの」が
おそらく、国民の気持ちじゃないかな。
まだまだ先は険しいだろうが、
女性らしさを表面に出して、
芯の強さをちらりと見せて
自民党とも都議団とも森組織委員長とも柔らかに接し、
一方で新党立ち上げをほのめかしつつ、
何より、二階氏を取り込んでのスタート。
家庭がないからねなんていうチャチャをいれられないほど、
エネルギッシュで、スピーデイーな対応と行動。
お見事ですよね。

稲田大臣がストッキングにまでいちゃもんつけられて
涙目で集中砲火に耐えている様子と比べれば、
合格点を献上したいものです。

東京都のことに
神奈川県民が熱くなるのも滑稽だが
巷間言われているように
神奈川に棲む、東京都民・・・としては、関心を持たざるをえない。

同じ女性として、彼女のファッションを評価するなら、
いつも、TPOを心得、スーツもパンツルックも合格。
アクセサリーも、真珠と、ゴールドを基本にして
高価だが品の良い、知事に相応しい使い方だと思う。

リオでの和服も着方云々を言われたけど
いわゆる東京山の手風のきちんとした奥様風。
豪華な和服を世界にアピールしていたものね。

今日は厳然として
豊洲市場局長を更迭すると明言。
まあ、ひとまず、すっきりするじゃないですか。
あとは・・・石原さんを引っ張り出す難題が残っているかな?

女性の持つ正義感と言行一致、向こう見ずな英断、
何より、勘の良さを存分に発揮できますように・・。

以上、年寄りの独断と偏見にて。m(__)m

首輪、また、作ってしまいました。いつまでもつかなあ?
2016101317020000.jpg





首輪の怪・・

   
このブログは猫を飼い始めての感慨を残したくて始めたもの。
指導者仲間の教室のベランダで生まれた子猫兄弟の一匹。

2012092913340000@@@.jpg

まずは首輪をと求めて・・割合高価なのを着けたが
直ぐ、苦しそうになり次々と大きめに替えていった。
猫用は犬用と違い、一部が必ず、ゴムになっている。
猫は狭いところをくぐったりもぐったりするから
首を締め付けないように・・・首を抜くことができるようにと。

2009110307550000@@@.jpg

それでも、ついには、色・形・サイズと、思うようなものがなく、
いつしか私の手作りに。
イヤリングの片割れや、ブローチの壊れたのやら
不要なペンダントなど、市販のゴムに取り付けて・・・簡単至極。
110608_181111@@@@_2016101209114542c.jpg

この、数年、その手作り作品が次々と無くなる。
夜遊びに出かけた際に落としてくるのか、
庭の柵をくぐる時に引っ掛けるのかとおもいつつ
いくつか作り続けていた。
2015100707030000@@@.jpg

それがね、素敵な作品ほどすぐ無くしてくる。
ついに、昨日作った可愛い首輪、もう、今朝は無い。
どうなってるの?
2016101009400000@@@.jpg

もう、首輪無し!
我が家の猫だと、ご近所はご存知だし、
まさか、猫取りに会うこともないだろうから・・・。

あれ?まさか?
何処かのお庭にお邪魔して、
懲らしめのサインとして、あえて、外されているのかな?



ホトトギスが・・

  

今年、我が家の庭では、
なぜか、ホタルブクロが、とうとう咲かなかった。
ホトトギスは、やっとの様相で咲きだしたが・・・
例年、猛々しいほどの勢いで咲く花たち。
どうしたのだろうか・・
大切に切り取って、花瓶に挿してみたが寂しい。

2016100916350000 (003)

鎌倉の北西部、S地区町内会合同の運動会が中止になった。
例年、10月10日前後の日曜日に開催するのだが
朝からの降ったりやんだりの小雨に業を煮やして中止に。

老人会会長としてのお声が掛ったので出席の予定だった。
中止とはいえ、用意されたお昼のお弁当が届いた。
まあ、ビールまで。
有り難く、夫の昼食に。

2016100911510000.jpg

昔から比べると、何事もすべて用意周到、過保護振り。
役員さんばかりが苦労で・・・子供も大人もお仕着せの食事。
もう少し、ほったらかしにしても良いように思うんだが、
お弁当作りも、個性的で楽しいと思うんだが。
そうしないと、出席者が居なくなるのかなあ。

町内会も子供会も老人会も役員になり手がいなくなる。
あげく、地域活動への参加そのものを忌避する。
「役員になるのが嫌だから・・・・」ということらしい。

いっそ、みんな無い方が良いという住宅地もいくつか在る。
地域の皆さんの集まる場をつくり、互いの親交を深める
そんな気持ちは無駄で余計なお節介なのだろうか。

今の住まいに数十年を過ごそうとするなら、
もし、子供が居るなら、
隣近所のお世話にはならないとでも思っているのだろうか。
なんだか、寂しい。



 

岩崎宏美の【人生の贈り物】♪




美しい声で唄えば、素晴らしいバラードになっていますね。
こんな風に唄いたいものです。

確かに、また、青春時代に戻りたくはないものね。
あの悲しみや苦労をしたいとは思いたくないし
道を選びそこなったとも思いたくないし
きっと、同じだったろうと思うし、
悪くない青春、子育て、仕事、晩年・・
なにより、得難い夫とお見合いといいつつも
よくも、巡り合えたものと感謝。
神様、ご先祖様、ありがとうございます。

発表会が終わったら・・・。



【人生の贈り物】♪ 


さだまさしさんが歌っています。  
歌詞が、あまりに、自分の感慨に似ていて、あえて、唄うのを避けてきました。
今回は、堀陽子さんが歌います。
youtubeが苦手な陽子さん、彼女の歌をアップできないのが残念です。



この歌詞が表現するところ、
70歳過ぎての感慨、
それだけ?という寂しさはありますが、
案外、これこそ、得難い幸福なのかもしれません。
さだまさし 人生の贈り物 歌詞

それでも思ううんですよ。
本当に後期高齢者になってもいない彼等が
たぶん?という想定でツクっているのではないかと。

80歳になっても、赤いトレーナーでマラソン大会に出場する
80歳になっても、シルバー大会で入賞しようと泳ぎ続ける、
皺にヒアルロン酸を入れてでも舞台の主役を演じる、
そして、
私のように、ジャラジャラとアクセサリーを着けて下手な歌を人前で唄う・・。

なかなか、諦めるわけにはいかないのです。
ただ、家族が居れば、友人が居れば、とはね。

いずれ枯れるからこそ、花は美しい・・・
年年歳歳、それは思います。
でも、自分自身は枯れることが難しい。
困ったものです。

まだ、お若い堀陽子さんが唄う・・それを唄います







【群衆】♪ 



30日に迫った発表会。
例年なら、全員白いドレスで幕開けと同時に登場し
【シング・シング・シング】の合唱・・・そのまま残った先生が
ごあいさつ代わりに一曲を歌う・・というプログラム。

今回は、コメントがお上手な男性メンバーが開幕のご挨拶を。
そして、唄うのは【僕の友達】と【サンフランシスコの六枚の枯れ葉】。
続けて、13名が二曲づつ歌います。
合間に三曲合唱が入ります。
皆様が飽きないように、楽しんでくださるように。(^_-)-☆
なるべく、おなじみ深い曲を選びました。

最後は、また、男性メンバーが
【群衆】と【レイズ・ミー・アップ】を歌って、〆ます。
私は、この男性の直前に・・・精一杯頑張ります。

大トリには、先生の三曲です。
【百万本の薔薇】
【人生の贈り物】
【ラストダンスは貴方に】

ピアフの【群衆】です

いつか、私がこの歌を唄う日が来ますように。。。。




近頃の高校生

  

藤沢までバスに乗ることが増えた。
なるべく歩こうという事。
ひとつ先のバス停留所まで歩く。
小学校の前を通る。
運動会を前に、なんとなく子供たちが活発に動いている。
元生徒たちを見つけたけど声をかけるまでもない。
いまさら・・・ねえ。彼らは日進月歩。
2016100713280000.jpg

帰路は藤沢から・・・
途中、下校中の高校生をたくさん見かけた。
バス路沿いの県立T高校。
まあ、ハンサムな子たちばかり!
可愛い女の子ばかり!
肥っていたり、ニキビ面だったりは見当たらない。
もちろん、ふてくされたような不良らしき出で立ちもない。
なかには、ほほえましい数組の仲良しさん。
悪びれることなく、手をつながんばかりで歩く少年少女。

いずれ、統一テストと内申で振り分けられる彼らの将来。
学力が人生の幸不幸を決めるものではないが
勉強ができるということは、ある種の保証にはなるはず。
きちんと、勉強してほしいなあ・・・とは昔々の教育ママの願い。

道路沿いの草叢の中に丈30cmほどの芙蓉を見つけました。
2016100713310000_20161007225342fb4.jpg


さてこの辺りの県立高校、
湘南高校をトップとして、K高、S浜高、・・と続くヒエラルキー。
その存在の良し悪しは一概に言えないが
次のランク?かと思うT高校の生徒たちの好もしい群像。
急に、このあたりの高校生がレベルアップしたのか?
最近の高校生はみんな、こんな感じなのかな?
なんだかすごく嬉しくてのご紹介です。

これなら、
ババたちが、そろって、【うちの孫息子は羽生結弦君に似てる】と、
自慢するわけですね。(^_-)-☆
最近の日本の少年たちは顎が細く顔が小さく背が高く、
ようするに穏やかな羽生君似の容姿になっているんでしょう・・。

このまま、成長して、上品な社会の中核になって欲しいものです。











責任の取り方



どうしてこうなッたのか?  
誰が決断を下したのか?
いつ?誰が?どうして?

これを極めないといられない。

遡ってでも、責任の追及をして、懲罰の対象にする。

やっと小池さんらしい態度を表明しましたね。
女性の方が真実を望むんです。
子育てをするDNAがそうさせるのだと思う。

儲かるからとか、得だからとか、は排除する。
曖昧な、なあなあは嫌いだ。
何が何して・・・こうなったという結論をしっかり知ったうえで
次の策、打開策を論じようというもの。
終わりよければ・・・の大団円は苦手。
きちんと精査して、そのうえで、よりよい結論に持っていきましょうよ。

少し、すっきりした。
それに、青空も見えるし・・。

2016100207150000.jpg




女性の地位



色々な意味での女性の地位のランク。
世界で100位以下だという。
アフリカの独裁国家以下だとも。

私は、本当にそうだろうと思わざるを得ない。

もちろん、就業も学歴も資格も能力次第で認められている。
もちろん、選挙権も被選挙権も有る。
男性の職業への進出も・・可能だ。
家庭内では、女性が・・妻が・・財布も権力も握っているし?

だけど・・・この日本には根深い女性蔑視が蔓延っている。

ああ、うまく言えないなあ・・。
難しいテーマだから。

世界のリーダー的存在の女性各氏と、
日本のそれを比べてみれば歴然としている。

日本においては、
女性の評価の根本に、容姿と若さを求められている。
それは、一般男性のちょっとした言葉や態度に常にある。

曰く・・・言葉に出さなくても心中は見え見え。
「女のくせに」
「ブスのくせに」
「ババアのくせに」
そして
「すっこんでろ!」

すべて、セクハラの類なのだが、彼らは気づいていない。
抗議すれば、「自分がブスだから・・」という卑しい返答が待っている。

もっと怖いのは
根深く残る「だから・・おんなは馬鹿だ」という意識。
馬鹿は女ばかりではない!

女性もそういう男性社会に迎合したほうが、生きやすいと
自ら、「愛される女性」を演じる。
あるいは当面の罵倒や侮蔑に立ち向かいたくないから
表面上は大人しくしている。

この風潮は、昔よりひどくなっていやしないか?
勇気ある女性たちがせっかく開いてきた女性の地位を
若い女性たちが自ら堕することで、自らの成熟を拒否している。
いよいよ自分自身を貶めているような気がしてならない。

例を上げます。
娘が高校生の時、なんのお役をやってもいつも副がつく。
「どうして?」と問えば、
「だって、女は副に決まってるじゃん」
私が40年間仕事をした公文研究会。
世界中で、女性指導者が最前線で仕事をしているこの組織。
今もって、女性役員が居ない。
いえ、女性社長がそろそろ出現する歴史さえ持っているのに。

黙っている女性達も情けない。
「正になりなさい:と叱咤激励し
本部に対して「女性役員を」と声を上げても
娘も、指導者仲間も薄笑いをするだけ。

言いたいことをうまく表現できずにいます。
でも、これでは世界で100位以下というのも当然ですよね。

新婚のころ、女性蔑視を口にした夫に
福沢諭吉の言葉「人の上に人を作らず・・云々」を引き合いにして抗議しました。
「女は人ではない」と答えた若き日の夫。
いまでは女性の力を正当に評価しています。

まずは、身近な男性にたいし、身近な女性たちが、
優しさと尊厳をもって、
倦まず弛まず、彼らの意識改革を訴えていかなくては・・。

今朝は過激な意見です。

何故か
ベッキーにはじまる不倫騒動の数々、
男性のフリンは簡単に許され、女房が健気だと評価され
化粧をけなされた東京都知事、その後の都議達の態度、
国会における若い美人の女性大臣達の涙交じりの応答、
女は心して、
男性に勝る知性と対応力を身につけなければならないというのに。

様々に、選択の基準が愚かしい男性の視点、
「女は美しく若いほうが良い」になっている視点、
成熟した女性の知性や経験への尊敬に欠け、
面白可笑しく報道するマスコミの報道が世界に流れ、
世界ランクを下げているに違いない。

低俗で偏見に満ち満ちた世間の風潮に逆らいたい気分なのです。

低気圧のせいにしましょうかね。

2016100207470000_20161005110100229.jpg




惚け状態へ・・

  


固有名詞を間違える。
先日、ホトトギスの写真にホタルブクロと書きました。
ごめんなさい。
二・三のご指摘を受けて恥ずかしい次第です。
アップした後もなんとなく、??とは思っていたのです。
昨夜・・ふと、布団の中で【あ!】と気づきました。
今朝、早々に訂正しました。m(__)m

いままでも、センリョウをマンリョウと書き間違えたり・・
たぶん、ほかにも、ミスをしているに違いありません。
どうぞ、お気づきの方は是非、ご指摘くださいますように。


2016092711320000_2016100307373431c.jpg
金木犀がどこのお庭にも咲き誇っていますね。
嗅覚が鈍ったのか・・・香りに気づきません。
眼で確かめています。
あの、消臭剤のような匂い・・・
一時、嫌だったのですが、感じられないとなると、懐かしい。
もっと鼻を近づけるべき?
それとも、大気汚染の中で花自体が香りや匂いを失っている?

いやいや、これは、私の鈍化、老化、惚けの始まりでしょうね。
徐々に、漸進的に、惚けが進んでいるらしい。
うかつにも医者に「いかがですか?」と問われ、
ついつい、サービス精神から、
「さいきん、ぼけちゃってね」とつぶやいたら
途端に脳のレントゲンと、MRIを撮られました。

のん太も10歳です。
2016100208100000.jpg

結果は半月後に伺いに行きますが・・・、
本当に心配になって来ましたです。



シニア・ファッションショウ

  

昨日のタウンニュース鎌倉版に載っていました。
ご近所の方から指摘されて・・・古新聞の束から取り出しました。
8月の23日ごろにアップの、
シニア・ファッションショウへ引っ張り出された、あの件です。
【タウンニュース】とは一種の広告のための地方紙?

2016093016530000.jpg
紅い服が欲しくて買ったものの、着て出る場所が無い。
こんな折にと・・・ワンピにお腹隠しの羽おり物とロングネックレス。
痩せて見える工夫を紹介したつもりです。

新聞に載るのは二度目。
我が家の門前で、ひったくりに強盗されたんです。
警察に「出さないで」と頼んだのですが
ブンヤさんが、出入りして、警察署のボード上に在る事件を記事にして、
本社に送るそうです。。
「掲載禁止は無理です」とのこと。
よりによって、朝日新聞。

読んだ友人からお見舞いの電話があったのですが、内緒にと頼みました。
ところが、
フェイスブック上に出した人が居て・・・
当人が隠しておいたものを、不特定多数に知らせる意地悪。
ものすごく、悲しくて・・絶交しました。

こんどのファッションショウの写真も恥ずかしい。
それでも、まあ、楽しいことだから・・。
ご近所の方が「載ってるよ~」と嬉しそうに教えてくださったから
私も楽しくなったという次第。
ばかばかしい行動で、夫には心配をかけている。
まあ、この程度なら「大丈夫よ」と。

足が太い・・くびれの無い老人足に。
これからはパンツかロングスカートにしましょう。
当初、ロングブーツのつもりでしたがまだ秋口なのでパンプスに。
お化粧は、プロがばっちり決めてくれました。

恥さらしとはいえ、すでに、
人前で歌って、大いに恥をさらしているんですから・・。

('◇')ゞ






10月!

  

2016年は、もう、三か月しかない。
また新しい年が来る。
年初早々からの、税金申告事務が気にかかる。

仕事辞めたのに、消費税の納入が・・・。
売り上げ1000万円以上・・あくまで売り上げ・・に掛けられる消費税。
対象年度の二年後に納税します。
よって、閉店後も二年間は納税義務がある。
きまりは守るけど、無収入の身には辛いものがある。
こんな弱小経営者から搾り取って・・・( 一一)

この国の税制は愚か者と弱者によって支えられているんですよ。
すなわち、誤魔化し方を知らない愚か者と、
税制の抜け穴を探らないめんどくさがり屋たち。

お金持ちの未亡人たちは
「わざと借金しておくと、相続税がやすくなるよ」
と教えてくれるけど
相続税が心配なほどの遺産も無いからね。


2016092711370000.jpg
ホトトギスが咲きだしましたよ。

慎ましくて優し気で・・・逞しい。
この花の不思議な形は面白いですね。
創造主は、人間の想いもつかない造形をなさいます。



 

  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索