どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

皆様,佳いお年をお迎えください。

  
義弟の喪の中、松飾りは遠慮しております。
なんだか物足らない我が家の門口ですが・・・。
年末に頂いた、ポインセチアとゼラニウムが冬枯れの庭を明るく照らしてくれます。

ついに、来年、75歳の春を迎えるのです。後期高齢者の仲間入り。
認知症検査を伴った、免許書き換えのお知らせも来ています。
「はやく予約をせい」と、夫がうるさく言います。
私の運転が気になるのでしょう。
でも彼自身、80歳の春を迎えようとしているんですから
「免許証、返納したら」と嫌味で返します。

彼が【80歳までゴルフができたら幸福だ】と言ったのは退職直後。
確かに健康と経済力と友人の存在が保証されること。
妙に納得したものですがあれから20年。
もう、十分でしょ?(^_-)-☆

さしたる山坂も無く、此処まで生きられたら本望。
私自身、当時、70年も生きたら、飽きるかと思っていましたが
結構、オモシロいことも驚くこともあります。

来年もどうぞ、この毒にも薬にもない私メの独断と偏見を
覗きに来ていただけたら嬉しく思います。
どうぞ、よろしくお願いします。m(__)m


これから多少なりとも御節の重箱料理の準備と
お片付けなど・・・もともと苦手なんですけどねえ、
腰も痛いし・・
ま、しょうがないです。やっこらしょ!

 



スポンサーサイト

日米トップの声明を聴いて。



阿部首相の滑舌の悪さは、あきらめるとして・・
たぶん口の中に何かしら障害があるのだろうと思うから。
しかしながら
声のトーンを抑えることは訓練次第というか心がけ次第ではなかろうか。
あのかん高い声では、どうしても、威厳に欠ける。

欧米では、成人になる頃、声の高さを、意識して低目に抑えるそうだ。
それは男女にかかわらず心得としているらしい。
そうして、スピーチの練習に励み訓練を重ねるとか。

日本国首相のあのかん高い声は聞こえづらい。
そのうえ、内容まで軽々しく聞こえはしないだろうか?

さて、内容について・・
今回の阿部さんのコメント、やけに抒情的形容詞が多くて、
言わんとする要点が薄まったように思う。
オバマさんも四方八方への気遣いばかり目立って、
広島での言葉程の感銘を与えられなかったのでは?

それでも、お二人ともが、
【例え、一時、敵対しても必ず友好を結べる】
という事への自信と、期待を語って、世界へ発した【戦争忌避】のアピール
どれだけ、この声明が世界のメデイアに載ったかどうかは疑わしい。
日本だけが大事件にしているのではないかな?


余談
オバマさんは格好良いね。
134659510_14431702583601n.jpg

スタイル抜群。スーツとはこうあるべきという姿。
歩き方も理想的。モデル歩きに近いよね。
それだけに、貫録とか威厳とかに物足らなさが・・。
あのトランプ氏の容貌魁偉が新鮮に見えたかも。

あ~~あ、国のトップの容姿佇まい、難しい。









真珠湾の稲田大臣について



どうして,この人はいつまでも若作り?
どうして、いつもキョトキョト落ち着かない?

2016122806160000.jpg

髪の毛をショートにするか、まとめ髪にする。
きりりと見せるし、彼女の最大の欠点、顔の大きさを隠すはず。

全体に若さを出したければフチなし眼鏡。
あるいはコンタクトレンズで明眸を生かす。
細身のスタイルを生かして、パンツスーツ・・。
せめて、ひざ丈のタイトスカート・スーツにする。
ハイヒールを我慢してでも履いて、少しでも身長を出す。
もちろん、網タイツは地元の特産だろうが厳禁。

一番大切なのは、眼の焦点と態度!
きょろきょろしない。
髪をいじらない。
ボタンに触ったり、上着を引っ張らない。

30っ分そこいらの立ち姿。
他の方々はじっとしているのに何故モゾモゾ動くのか?

貫録はおろか、知性も、意志も、決断力も無さそう・・。
こんな、まるで子供のような人が防衛省の大臣だなんて!
頭が悪いのではなかろうか?成長不全ではなかろうか?って、
世界中が失笑しているに違いない。
任命した総理ですら、その選択眼を疑われる。

キャサリン大使は、
あのオシャレなケネディ夫人の娘とは思えないほど
いろんな意味で、何処でもいつでも、ナチュラルな容姿。
かえって、彼女の飾らない人柄、持って生まれた美しさが感じ良い。
生まれながらのセレブ感かな。
まあ、今回は、靴をパンプスにしてほしかったけどね。

岸田さんは立派。自然な泰然自若感がある。
いちばん素敵に見えるのは・・テンガロンハットのシェリフ?

見た目は大切だよ~~!。
どうぞ、稲田さん、スタイリストをつけてでも・・・
着るものや態度を、役職に相応しいレベルにまで上げてほしい。

大統領や、首相のコメントについては明日・・・(´・ω・`)



お正月飾り

  


一日飾りは避ける・・と聞いてはいるけど、
早すぎるのは許されるんかな?

庭の千両や松、竹を摘んで、黄色い造花を福寿草に見立てて。
2016122708080001.jpg

午後から、雨も上がったので、銀行へ。
夫名義で生活費を管理してきた通帳。
私名義で使おうとしたら、
なんだかだと、面倒な事態になって・・・・。
融通が効かないし、贈与税うんぬんとまで。
無理を頼めば対応が上から目線になる・・。
要するに、名義人を連れ歩かなくてはならないし
そうじゃないと電話で確認とか証明を出せとか面倒極まりない。

たまたま愛想のわるい窓口に当たったんだろうから我慢我慢。
先日は郵便局で同様の手続きを求められた。
認知症になったり、突然、彼岸に行ったりしたらどうなるの?

これでは、年寄りが箪笥預金したがるはず!



食生活の乱れ・・

  
良くないと重々承知のうえで、食生活が乱れきっている。

朝、5時前に起きれば、当然6時前には何か食べたくなる。
コーヒーとパウンド・ケーキとか・・・お茶と御餅とか・・・手軽な物。
早朝は、私の好きなクライムサスペンスを大きな画面で独り楽しめるので
テレビの前に陣取っての朝食?となるわけ。

当然11時には空腹になるから・・・私だけの昼食。
といっても、
残りご飯などを卵や佃煮で口に入れてただ空腹を抑えるレベル。
2時ごろが、遅起きの夫の昼食時間。
一応、それらしく、きちんと一汁三菜を作るから、私もおかずだけ御相伴。
(ちなみに夫は8時過ぎに、自分でゆっくり朝食をパンで摂る。)。
4時ごろ、二人で、おやつ。コーヒーとお菓子。

夜、8時ごろが夫の夕飯タイム。
待っていられないから7時のウオーキング前に何かしらお腹に入れる。
8時には、本格的に調理して食卓にご馳走?を並べてご相伴。
私はおかずだけにしているけど。

どうなんだろうねえ。
こうやって、常にお腹に物が入っていれば
当然、胃腸にも、血液にも、良いはずないよね。
血糖値もコレステロール値もあがるだろうなあ・・・
もちろん肥る。

来年から、厳に心して食生活の健全化をしなくては。
短命は良いとして、半身不随だけは避けたいものね。

言い訳するなら
夫と私の生活時間のずれが甚だしいことが原因。
私は夜10時に就寝、夫は午前3時過ぎに就寝。
よって、
我が家のリビングルームは殆ど一日中暖房し、
TVはつけっぱなしというめちゃくちゃな状態。
【高齢になれば好きなように生きればよい】が夫の身上だけど
こんなに好き勝手も困ったもの。

これを解消しなければ私の食生活も健全化でき無いじゃん。




クリスマス。


サンタさんが来るでもなく
孫にプレゼントをするでもなく
薄曇りのクリスマスを迎えています。

それでも、
お若い友人がプレゼントしてくださったリースを飾りました。
Simple is the best!
2016122508320000.jpg

今年の暮れに入って哀しいこと、辛いことが続いています
天に召された義弟は、74歳、やっと安らぎを得て地上を見ているでしょう。

昨日、入院中の方をやっと許されて、お見舞いに。
思いのほかお元気。
絶対に奇跡は起きると信じられました。
彼女無くては、私の晩年が半分の価値になる・・・
そう思うと、どうしても回復してほしいという我が儘な願い。

さっきフェイス・ブックに素敵な映像を見つけました。
マライア・キャリーとその仲間です。


クリスマスに望むものは、ただ、貴方だけ…とでも訳しましょうか。



そろそろ迎春準備?



2016122309320000.jpg   

義弟の喪中といえど、私は出そうと決意。
さすがに夫は遠慮したみたい。
最近は、同居していなかったり義理の関係でも喪中にするけど
昔はそうではなかったと思う。
同居の血縁、遠地なら親の場合だけだったように記憶している。

近年になく早めに、年賀状が出来上がったので・・・本局まで届けに行く。
妙に暖かくて・・コートを脱いで歩く。

友人が作品を販売している店で、恒例の干支細工を頂く。
2016122309240000.jpg

ずっと、土鈴にしていたが・・ここ数年は彼女の作品で楽しむ。
12年前の土鈴。娘の干支が鶏。こつこつ働く・・・その通り!
2016122309270001.jpg

重ね餅と並べて簡素に飾るだけの我が家の迎春準備。

ふと段葛を見ると国旗が。そうか天皇誕生日なのね。
中国人のお坊ちゃんが三人、わざと焦点に入り込んだりして・・。
でもとても楽しそうだったから、そのまま、パチリ。

2016122212590000 (003)

年賀状のイラストも摘み細工。
あれまあ、かなり細工物に気持ちが惹かれるのかな?

気のせいか、和服姿を多く見かけるこの頃。
友禅や、紬の美しさにふれて、日本人が懐古趣味に?。
昭和に入って90年を経ても
いまだ、洋装は日本人を美しく見せない事実に気づいた?
その証拠に、どこかに混血のにおいのするバデイのみ素敵だもの。
あるいは、バブル後の落ち着いた豊かさの反映?
平和に慣れた心の余裕がそうさせるのかな?
いえいえ、断捨離の挙句、勿体ないと思うからかも。

「来年は、着物を着る機会をどんどん増やそう・・」
なんて、毎年思うんだけどねえ・・。(^_-)-☆




【君の名は】を観ました

 
夫が一日留守にするという。

それではと、所用と、帽子探しに、テラスモール湘南へ。
久しぶりに車で出かけました。
高齢者の事故が多いので、注意の上にも注意して。
ブレーキとアクセルを、時々意識します。
くれぐれも間違えませんように・・・・と。

帽子は直ぐ気に入ったのが見つかったので
思いついて、映画【君の名は】を観ようと決めました。
用件が済むまでの待ち時間を使えるし、
アニメなんてほとんど関心ないけど、あまりにヒットしているので
ちょっとした、好奇心から。

355058_001.jpg

観てよかったです。
画面は綺麗だし、物語は、とってもロマンチック。
男女が入れ代わったり、複雑といえば複雑。
彗星が、日本の飛騨地方に落下する奇想天外な設定。
そんなことは気にせず、
若い高校生時代から始まる、純粋で美しい恋物語を楽しみました。
テーマは
心から愛する人を見つけるまでの若い人の焦燥感かな?
運命的に決められた、会うべき人に出会える‥・ロマンス。

久しぶりの映画でした。
ただ、隣の女の子‥・中学生?・・・が終始カラメルコーンを食べて
その匂いと、ジュースの氷をガラガラさせるのが気になって気になって。
一言注意しようと思い定めていたけど我慢。

幼児でもあるまいし、傍らの母親も黙認している様子。
館内での飲食を禁じていないけど、いかがなものかなあ。

まあ、せっかくの楽しい気分を害さないように我慢我慢。
その分、思いがけず、用件が無料になったから良しとしましょう。


 







もって、他山の石となす・・・オバサンのおしゃべり

  


オバサンの話は自分のことばかり。
相手が聞き飽きて、じれていても気づかない。

会話って、話のキャッチボールのはず。
自慢話にうんざりして、わざと違う話題を提供すると、
またもや、その話題を引きさらって・・・自分のことを話し出す。
しゃべるしゃべる。妙に自信が在るから手に負えない。
かと言って、体調不良や病気の話も・・・
申し訳ないけど・・相槌を打つのにも疲れ果てる。
オモシロくないんだもの!

どうも、オバサン族は自分のことにしか興味も関心も無い様子。
オバサン、そう、私も含めた高齢女性一般。

いや~、他山の石としましょう。
ブログに呟くことで、幾分、おしゃべりを我慢できているかも。
有難いこと。

2016121911500000@@@.jpg

断捨離、今に着れるかと、大切にしていた洋服をあきらめました。
差し上げた新品のドレスのお礼にと、頂きました。
大きな鉢に、右往左往しています。





アルゼンチン・タンゴの夕べ



昨夜は大船のレストランでアルゼンチンタンゴのデイナーショウ。 
大船駅周辺は、戦後闇市的商店街のまま、長い間放置されていたせいか、
いまだに、あか抜けない、雑駁な街です。(・・・すみません、私の感想)
それでも、いざ、意に適う趣向が在れば、
横浜の緑区、栄区、鎌倉、逗子、横須賀から人々は参集します。

2016121809310000.jpg


三浦半島の首根っこ、JRの主要駅という地の利。
オーナーの熱心な勧誘。
定員いっぱい、80人が食事とタンゴを楽しみました。


2016121717440000.jpg

バンドネオン奏者をリーダーとした演奏は思いのほか素晴らしかったです。
都心のコンサートに引けを取りません。
行って良かったです。心から楽しみました。

歌手の青木FUKIさんはyoutubeに度々登場する歌手。
シャンソンでは有名な方ですが、このたびはタンゴだけで8曲の披露。
このブログでも、何回かご紹介しています。
魅力的な声と姿態と、表現力、オーラ!メジャー的存在そのもの。
8っ曲のために三度のドレスの御召し替えも目の保養。

2016121718350000.jpg

実は、あまり期待も無く、義理半分でチケット購入し、
友人を誘うのは申し訳ないとばかりに、一人で行きました。
周囲は仲良しグループやご夫婦のお席。
私だけ一人。
反省、
なんでも、お誘いをするということは好意、友情の一つ。
例え、断られても自分は傷つくことも無い。
お金と時間と体調さえよければ、
楽しむチャンスを提供するに貪欲になるべきなのだということ。

「60歳を過ぎたら、お誘いには可能な限り乗る。
それが老後の生活を豊かにするもの」
と、語っていた友人の言葉、いまさらながら納得!。

家庭から自由になった熟年以上の男女で一杯でした。
どうしてどうして、
大船もジジババもまだまだ発展途上です。

 



阿部首相の精神状態は?

   



あんなに、海外ばかり行きたがるのは何故?
噂は聞いているけど、さすがに、最近、変だと思う。
何かにせっつかれるように海外に出たり要人に逢ったり。

国内の大事な事案を抱えていながら
採決を急いで、次々と法案を通して・・
ここまでは、保守陣営の圧倒的数を頼みとした
あるいみ、実行力、決断力と評価?出来なくもないが
海外ばかり出歩くのは・・?
しかも、何処へ出かけてもさしたる成果は上げていないじゃない。

ただただ、夫婦でVIP待遇を楽しんでいるんかい?
首脳と逢う度に、海外へ出るたびに、お金をばらまいてきて、
感謝?されたつもりで?
ったく、私と同じ経済感覚では困る・・・。

外に出たいメイフクし難い衝動に突き動かされているような。
精神に異常をきたしているとしか思えなくなっているんだけど。

110428_075830.jpg
このたびのプーチンとの会談。
首相自らの自己評価は過大評価も甚だしい。
な~~んも、解決はおろか進展もしていない。
国民のがっかり度は解っているんだろうか。
悪名高いプーチンのいう事なんか信じられませんからね。

そもそも
二時間も遅刻してくるなんて言語道断!失礼な。馬鹿にされている。
その時点で、会談破棄を伝えるべき。

約束守らなくて済むっていうのは・・・
第一に、教育によろしくない。




【おお、我が人生】♪または【O TOI LA VIE】  


我が人生を歌うのは、ちょっと、おこがましくて
習ったのは昔ですが、みなさんの前で唄ったことはない。

でも、先日の堀陽子さんの歌に喚起されて、歌詞を読み込んでみました。

あ、恋?。
恋人が去っていったって?
小さな夢をみつけたら
その夢をしっかり抱いて、元気に生きていくわって?

アズナブールの原詩はもっと複雑なはず

夏木妙子さん、youtube
この方、ドレスの趣味は少々幼いけど
朗々と歌い上げて、感じが良い歌唱だと思いました。
聴いてください。




以下は、陽子先生の歌詞です・・・。
【おお、我が人生】♪ 
【O TOI LA VIE】

夢見て生きていこうと、心に決め 歩いてきたけど
思い通りにならず 悩んだことも何度か在った
苦しくつらい夜が私を襲い眠れない夜も
人を信じられずに 恨んだことも 何度もある

けれども 夢を捨てず、私らしく生き抜いていこう
例え、ほんのわずかな喜びでも しっかり抱いていこう
もし、嵐が来て、強い風が吹き荒れたとしても 
いつか 風が収まり、青く晴れた澄んだ空が必ず来る
それを信じ、ラヴィ、ラヴィ。

・・・・



京浜東北線又は根岸線・・・


12月11日 冬にしては暖かい一日。
柔らかな日差し。東京湾を右に見て海の気配を感じる窓外。

大船から桜木町を通る電車に乗り、
石川町のシャンソニエでのコンサートに出かけました。
夫も一緒。
狭い場所での歌いかたなど学ぶことも多く、印象深いコンサート。
たぶん、日本で一番に素晴らしい歌手だと、信じられました。
命の輝き、過ぎ去った夢への哀惜、悔いのない一生・・・
人生への感謝・・。
全部全部、伝わって客席は感動するのみでした!。

IMG_0475@@@@@_2016121410023887a.jpg


往復の電車内を、つらつら眺めてみました。
南武線での感想と比較すると・・・どことなくのんびりしている。
もちろん、リュック姿もありましたが二割かな?
それも、若い男性と、子連れのママさんたち。
思った通り、南武線より多く高齢者も見かけますがリュック姿は無し。
温暖で、穏やかな地域。
亡き父の英断でこうやって暮らせること、
師と仰ぐに、これ以上ない方と巡り合えたのもこの土地だからこそ。

父と母に感謝しなくてはね。








成人式の前撮り

   

一日仕事でした。
お化粧、結髪、写真館に移動して着付け、撮影。
12時から午後4時までかかりました。

娘のために、結婚式のお色直しになるものをと用意した大振袖。
168cmの孫娘が着れば、普通の振袖ですが・・・
想えば、世間も我が家もバブル絶頂期。
呉服屋の言いなりで誂えた逸品ものです。

着付けやさんも写真屋さんも
「佳いものをみせていただきました・・」と、お世辞を言いながらの支度。
思いなしか丁寧に大切に扱っていただいたような・・・。
撮影代だけで、3ポーズの台紙付、3万円以上のお代でした・・。

撮影の合間のスナップです。

2016121215240000@_201612121930579c7.jpg


2016121215200000@@@_20161212193205af4.jpg

2016121215030000@@@.jpg


和服には日本工芸の粋が集まっているように思うのです。
それに、日本人の体形にも合ってる。
浴衣だって一二回しか着ていなくても
こうやって、身に着いた仕草や姿を作れる・・
もっともっと和服を楽しめると良いのですが、なかなかね。


本日は、少々、自慢話。m(__)m


佐藤愛子さんの新刊本



本の広告欄を毎日眺めている。    
先日、眼に着いたのが、
【九十歳。何がめでたい】。佐藤愛子さんの新刊本。
女性セブンに隔週で掲載されていたエッセイ?を
小学館が単行本に編集したものだそうだ。
久しぶりに見たお名前に惹かれて・・・

夜のウオーキング仲間が早速貸してくださった。
2016121010000000.jpg

相も変わらぬ元気の良い啖呵っぷりの健在にうれしくなる。
としても、年寄りの愚痴と言え無くも無い。
筆力と表現力で、面白おかしく、警告じみてさえあるけど
ようするに、時代の変化についていけない老女の愚痴と嘆き。
「あ~~~いやだよ嫌だよ、わたしゃ嫌だよ」 
その昔、私が子供の頃、ラジオから流れていた新作落語、
老女の、時代に取り残された嘆きそのまま。


身体の劣化が拍車をかけ、彼女の自虐的怒り嘆きは募る。
今の世に起こること、すべて、事物も人も・・
何もかも、腹立たしく、情けなく、心配になるようだ。(^_-)-☆

フォントが大きくて、読みやすいので一日で読了。
曽野綾子さんの説教じみた、ご意見でもなく、
大笑いを誘う場面もあるし、「そうそう」と、大いに共感もする。

90歳を超えてなおも、このエネルギー!
考えてみれば、凄いこと・・・。
私が、ぶつぶつブログで嘆く事柄と同じでも、
往年の大活躍あってこその説得力。
築いた業績とその重みが違うなあ・・なんてね。

ついでに・・・心に留めておきたい記事のご紹介。
2016121010410000.jpg

末期癌や、原因不明な病につけいる?高額治療や
訳の分からぬ薬や治癒の経験談。
前もって、知っておくのも大切かと・・。




晩秋の箱根路にて



親戚や友人の不幸が続いたり、
身近な人が入院していたり、
心の休まるときも無いのは事実。
気持ちの晴れぬまま、家に閉じこもっていると、
手あたり次第、おやつを食べるし
テレビショッピングを見て、なんでも欲しくなるし・・・。
こんな時は、前々からのお約束は有難い。

7日、寒気は厳しいとの予想よりは幾分気持ちの良い一日。
公文の友人に誘われて、箱根、岡田美術館へドライブ。
2016120812210000.jpg

実は、伊藤若冲の絵を観に来ました。
2016120812230000.jpg

お昼ご飯は、富士屋ホテル名物のカレーライス。
和洋折衷というか、神仏混交というか、お城のような神社のような
何とも言えない、外国人の見た異国情緒溢れるホテルです。
ジョン・レノンや、マリリン・モンローや、ヒッチコックとかが泊まったとか。
concierge_img_001.jpg

サービスも良く、フロントも親切、食事は名物の名に値するおいしさ。
restaurant.jpg
ホテルの画像二枚、お借りしてます。


帰路の寄り道は、
小田原、一夜城址公園横の鎧塚シェフの開いたyoroiduka・farmへ。
秀吉が小田原攻めに築いたという一夜城址は、小高い山のてっぺん。
到着するまで、はらはらドキドキの山道・・・
こんな場所にケーキ屋さん作って大丈夫かなあ、鎧塚さん。

早めのスタートだったので、暗くなる前に帰途につけました。
同じ仕事をした同志、話題に尽きることなく、心休まるドライブ。

車も運転も提供してくださった、まだお若い?先生のお世話。
感謝してます。




久しぶりの横浜元町

  
本当に久しぶり。
石川町で降りて元町を抜けて歩く。
ちょっと小道に入ったら、クリスマスやさん。ドイツ製かな?
2016120514370000.jpg

目的地は山下公園の前にある【横浜バーニーズ】。
NYに本店があるのだが、小洒落た洋品店?
2016120513350000.jpg

帽子を探している。
色は・・・グレー系かダークブルー系。
形は…似合うもの。トーク部分が大きくて鍔の小さい物。
【御帽子!】っていうんじゃなくてさりげないのが欲しい。
レストランでの食事中も、被れる帽子が欲しい。

流行りのアニマル柄・・といっても、地味目のヒョウ柄が気になったので
手に取ると、そこそこ似合う。思ったほど高価でもない。
でも買わずに店を出てしまった。
売り子が…バーニーズにしては軽薄で、嫌になったのだ。
しきりに褒めて勧めるが、その言葉に真実味がない。。
納得するまで放っておいてくれれば・・・購入したかも。
気難しい客になるのも久しぶり。

婦人洋品は、二階三階。上は紳士用品、。
最先端の品揃えで、特に紳士用品が充実している。
帽子以外は、興味が湧かないので,七階でお茶をする。
窓の外は・・・港、
マリンタワーと、引き上げ船、氷川丸・・横浜港のシンボルが見える。
2016120513400000.jpg

踵を返して・・・
シャンソニエ、【デュモン】を見つけて、帰宅。
温かい初冬の日差しの中、オシャレな町を散歩しました。





南武線雑感

 

川崎からの南武線、車内で気づいたこと。
約半数の人がリュックなるものを背負っている。
車内に入ると、手に持ったり、前に抱きかかえたり・・
みなさん、かなり大きいリュックがパンパンに膨らんでいる。。
とにかく、リュック姿が多いのにびっくり。
学生さんはもとより、男女を問わず、若い人も中年の人も。

東海道線や横須賀線では、めったに見ないリュック姿。
金曜日の朝も夜も、通勤通学する乗客は連れだっても無く、総じて物静か。

老人の姿がない。湘南・東海道線なら三割は高齢者?
南武線沿線がいかに若い世代の街だということが解る。

tachikawa-7.jpg

さて、川崎の郊外を走り抜ければ、終点、立川という街。
高架橋が縦横に各道路に導くという無機質な迷路、
何処にでもある首都圏郊外の駅前風景。

伊勢丹と高島屋が在るから・・消費能力の高い街なのだろう。
個性がないと言えばいえる‥・普通のビル街が広がる街。
都心より気温は低いし、丘陵も無く、海も川も無い、
平坦な関東平野の一隅、中央線の主要な街。
それなのに、【東京で、住みたい街】の中で一二を争う人気だとか。。

確かに、交通の便が良いのかもしれない。
あるいは・・・
市の行政が上手く機能し、財政が豊かなのかもしれない。
リュックが象徴する現実的で機能的な生活者が多いのだろうか。
ともかくも、
若い世代が多く、経済活動も盛んとあれば良いことに違いない。

私もリュックを二つ持っている。
2016120509440000.jpg

でもねえ、使いづらい。肩からずり落ちるのよ・・。
前傾姿勢にならないと背中に納まらない・・。
赤んぼうの子供達を、とうとう、おんぶ出来なかったのと同じ。


 





義弟・・・2


亡くなった義弟は
立川の昭和公園のそばで、障害者のグループホームを主宰。
「大きな施設を作ると地域住民に反対される。」
「点在させると、むしろ、親切に対処してくださる。」
と、ご近所に感謝しながら、点在させることの不便を乗り越えていました。

年齢や障害の差、種類を考慮しながらのグループ。
なるべく自助努力を促し、自立と自律を指導して・・・。
ご近所の心配もあるだろうと火を使わせられないので、
365日、三食を全部配給。。
重症の方は自宅に同居、24時間見守る態勢に。

事業として軌道に乗り
子供たちが後継者となり、
やっと、西東京市の奥に終の棲家を建てる夢の実現が目の前でした。

宿命的な、様々な事情を従容として受け止め
自らの発案と努力で運命を切り開いた義弟です。

葬儀には、障害児や障害のあるお年寄りが
手話で、車いすで、弔辞を述べ
義弟の死を理解でき無いはずの子供たちが声を上げて泣き、
「おとうさん~~ん」と呼び掛ける・・。
参列者の心からの悲しみの中で
何も、手伝いも出来なかった自分たちの非力を重ねて、
心淋しく帰宅しました。

義弟のことだもの、
闘病二年の猶予の間、私的公的にすべての処理を終えてあるはず。
音楽葬の中で白い花々に囲まれた遺影は、
「兄ちゃん、何も心配いらないからね。」と微笑んでいるようでした。

本郷という良い街に育ち、恵まれた三男坊だった彼の
結婚を機に巡り合ってしまった不運を、幸運に転じた生き様の一端、
どうしても、ここに、紹介したくなりました。

2016120310030000@@@.jpg

穏やかで、勁くて、優しくて、賢くて・・・三兄弟共通の美質、
そのうえ、
背が高くて、ハンサムで、私と同じ午年で・・・
病のDNAだけは、余計な物!残念です。



義弟


立川の駅前にある大きなホールで義弟の葬儀がありました。
たった二年の闘病後に斃れました。
最近のがん治療実績から、
まだまだ大丈夫と思い込んでいましたのに・・。

2016120310070000.jpg

夫は三兄弟の長男。
すぐ下の弟を、二年前、同じく癌で見送りました。
ご存知のように、夫はすでに十三年前に食道癌の手術をし、
その後の転移治療に耐え、今現在元気です。
だからこそ、
「血筋だから…Sちゃんも気を付けてね」
三男坊で、しかも同じ年の気安さでしょっちゅう言っていたのに。

夫はこれで、親兄弟を全部無くしました。
私は、1人っ子。
故に親しかった従兄たちもほとんど、亡くなりました。

そういう年齢なのです。





12月です・・

   
手帳、12月は、あまり予定が入っていない。
師走は主婦にとってはいそがしいから?

それにしても
一番気がかりなのは、孫娘の成人式の撮影日。
振袖は、我が娘・・(孫から言えば、叔母さん)・・の物。
娘のモテ期が早かったので、すぐにでも結婚するかと大急ぎで誂え、
結納や、あわよくば、お色直しにでも使えるようにと力を入れた大振袖。

兄(我が息子)の結婚式で着て、それきり20年以上箪笥の肥やし。
姪(孫娘)が使えれば嬉しいと独身の叔母さんが言うので
躊躇なく、利用することに・・。
お振袖も、日の目を見て喜ぶだろうと算段。

ただねえ・・
孫娘は身長167cm、体重もそれなり、足袋は24,5。
着れるのかしらね。
裄はたぶん短いだろうけど、おはしょりができれば何とかなるらしい。
写真撮影だけのことだからとのこと。

そろそろ、一式取り出して点検の必要があるだろうな。
大きい草履を買わないと?
などなど、なにかと悩ましくて・・・
納戸の衣装箱を取り出す勇気が出ない。
二階への上がり下がりも、辛いしなあ・・・。

やれやれ、
12月に入ったのだから、どうでも、腰を上げるとします。
まず小物。

2016120115100000.jpg
母が持ち、私も使い娘も下げたバッグ、娘のため誂えた帯、草履・・
やっぱり、正式な和装には威厳がある・・。







  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索