どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

大竹しのぶのシャンソン? 



昨年末の紅白歌合戦をご覧になりました?
何故、大竹しのぶが【愛の讃歌】をうたうの?
顔だけが悲壮感を出しているけど歌はなってない!・・・独断です。(^_-)-☆
これじゃあ、紅白に落選した和田あきこが怒るはずです。

でもまあ、紅白はお祭りだしね・・・と思い込もうとしました。

先日、なんと、NHKの火曜日の歌番組で、シャンソン歌手として【ローズ】を。
冗談じゃない。あんな歌唱力で歌謡舞台に出るの?歌手として?
相変わらずのエデイットピアフの服装髪型表情で・・・。
あれは全く物まね・・・
大竹しのぶさんは大女優。いまさら唄うことも無い。
彼女だからこそ惜しまれる。大女優なんだもの、何を今さら、シャンソンなど。


歌仲間の皆さんの【ローズ】の方が心に響く。

そんなことを男性の友人二人に話したら
なんと
「そりゃ、ビッグ・ネイムにはかないませんよ。」
「貴方が唄うのを見るより、大竹しのぶが唄う方が見たいよ」
ですって!




へい、了解しました。


スポンサーサイト

年度末のあれこれ・・

   

仕事を辞めたから税務署には関係なくなるはず。
ただ、消費税をまだ今年払うらしい。
何せ、消費税は二年前の売り上げが対象とか。
未だ、まったく手つかずというより、どうしたらよかろうか?

そのうち呼び出されたら行けば良いいと図太く構えてる状態。

楚々としたサクラソウに学びましょうか・・。
2017022713220000.jpg

ところが老人会の方の年度末の大仕事があった。
平成27年度の決算と今年の予算。
会の運営実績と来年度の運営予定。
決められた市役所からの書式の書類に記入押印が必要。

県やら市やら、町内から頂く援助費が在るから面倒なことになる。
収支の書きようがなにやら複雑で面倒。少々失礼にさえ感じる。
「こんなにまでして貰わなくても良い!」という老人会が増えているとか。
・・・ということは【鎌倉連合老人会きらら】から脱退ということ。

老化は面倒を厭う。
遺された自尊心はいやがうえにも高まる。
老人が老人会を運営しているんだから・・・ぎくしゃくもする。
その準備や用意を覚られないように・・明るく楽しく皆さんの前に立つ。
老人会運営も・・・実は難しい。

思えば、若い人達の労働力と気配り在っての老人会。
感謝あるのみだが、どう報いるべきか。
家に帰れば傘寿を迎える夫が居て・・私の後期高齢者入りも。
「歩き方が老人ぽいよ・・」と指摘されてもその通り。

正直、若い人たちの助けが欲しい・・・が日々の事実。

老いることの難しさをしみじみと覚える昨今です。



 

スズメの踊り?



あらあら・・・昨日アップした記事を消してしまいました。
新しいパソコンは感度良すぎて・・・思いもしない行動?にでます。
御し難い!

なるべく、昨日と同じように。m(__)m

さて、26日、午前中は町内作品展に。
町内にお住いの方々の手芸や美術の作品を年に一度展示します。
そう、町内文化祭かな?

作品は、
書道、手芸、鎌倉彫、陶器、ステンドグラス、和服のリメイク、園芸、生け花・・
どれも素晴らしい力作です。
素人の作品とは思えません。何処へ出しても恥ずかしくない!

写真はたくさん撮りました。
どれも、光の具合が不十分で、作品の良さが伝わりません。
あまり影響のない書道・・ウオーキング仲間の作品のみ此処にご紹介。

2017022610360000.jpg

山茶花を雀のこぼす日和かな・・・・子規

午後からは仲間に頂いたブルーレイのDVDを観たくてパソコンと格闘。
突然、画面に現れたので、二時間、みっちり去年の10月30日をなぞりました。
亡くなられた陽子先生も、素晴らしい歌唱で登場です。

2017022614580000.jpg

作ってくださった仲間のお嬢さんに感謝。m(__)m

横浜美術館ホールでの発表会のDVDです。
素敵な伴奏は、湘南一帯でご活躍のピアニスト、徳永洋明さんでした。
大船のレストラン、【ヴィオラ】で、弾いています。
月一土曜日の午後、誰でも、歌好きが集まって二曲づず歌わせていただける。
他の場所でシャンソンを習っていた方々と入り混じりながら・・・、
今月から、プチロンドの仲間と唄っています。
唄わないお客様は二三人。
でも、お互い歌好きの仲間同志で楽しく過ごしています。



「眼や手が衰えていく中、唯一口だけは残る・・」叔母の言葉です。
友人を大切にの忠告だったのでしょうが・・・・
歌も口だけで済むじゃないですか。遊び暮らしの言い訳。

ともかく、唄える場所・・それも素敵な場所を見つけました。

【雀、100まで、踊り忘れず】って?。














春ですね・・

   
猫は相変わらず寝てばかりです。
餌の食べ過ぎで超肥満体です。
でも愛すべき大切なペット。
「あなたは世界中で一番かわいい猫ちゃん」と
朝夕、耳元で囁きます。
幸福そうな堂々たる猫になりました。
花でさえ愛の言葉に応えるというではありませんか。
まして犬猫ならば。。ね。

2017022207370001_20170225123531ada.jpg


外壁の塗装をしなくてはと、気になって半年。
やっと、見積もりに来てくれたのは【さくら住宅】。
カンブリア宮殿に取り上げられた工務店です。
「まだ大丈夫。中途半端な状態だから、今回は木製ドアの取り換えと
気になる無防備な和室の窓、中の障子を堅固なガラス障子にして、
二重に鍵も取り付けましょう。
外装は三年後、しっかり足場を立て、軒下も取り換えて・・大工事になります。
その方が、お家の手入れサイクルに適っているから・・」とのことでした。
そのころ‥夫も私も惚けているかもしれない・・その時はその時。
経費は三年先に延びる.。
なれば、アイフォンと双眼鏡とを手に入れる・・・しめしめ。(^_-)-☆
・・・でも、なんだか、年寄りなので憐れまれたのかな?
ずいぶん、良心的で感じの良い営業マンでした。


あああ、安倍首相夫人昭恵さん、とんでもない場所に顔を出してしまいました。
あのお顔は、庶民的で人の善さがいっぱい。
だから、こういう羽目に陥る。
近づきにくい、だましにくい威厳、オーラの無さが証明されましたね。

小池百合子さんも慎太郎さんも、築地市場も、どうなるでしょうね。
知事の髪型も衣装もどんどんあか抜けてきます。
アクセサリー使い、スカーフ使い、お見事ですよね。
ただ・・姿勢を拝見すると、腰が悪そう。
ハイヒールは避けたほうが良いかも。老婆心でした。
慎太郎さんの老化は見るに忍びません。
裕次郎さんの早世は正解だったかもと思うほど。
鉄格子越しの記者とのやり取りは御止めになった方が良い。
失礼な?記者どもに応えてはいけません。彼らしく尊厳を保つべき。


なんだかだと気になることばかり多い身辺ですが、
仕方ない、目の前の「・・・ネバならぬこと」を片付けながら
様々な世事雑事を面白がって生きていくとします・・・。


 

2010年7月の記事より・・。

堀陽子さんの歌声を懐かしんで・・・探し出しました。
思えば7年前の発表会です。

「パソコンの先生、みかんさんから、発表会の動画を送って頂きました。
ご紹介します。


「腰に両手をあてて・・・」


「She・・」映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌。

動かない場合は右下のyoutubeをクリックしてください。」



先生は、このとき、すでに60歳に近いはず。
常にオシャレで素敵でした。
したがって、生徒も週一回のレッスン日は、精一杯、センス良くを心がけて。


今日は朝からアクセサリーの断捨離です。
【誰に見せよとて、紅鉄漿付けて・・】の心境。寂しい。

サイコパスは魅力的?


最近、TVによく登場する脳科学者、中野信子氏。
彼女が一か月前頃、どこかで話していた言葉
「有能な経営者や、国家の強力なリーダーにはサイコパスの傾向がある」
が気になっている。

yjimage_20170222125640dbe.jpg

何故か?
言うまでもなく金正男氏暗殺事件のことに絡んでいるから。
北朝鮮の粛清の有様はまるで数百年前の歴史を見るようだが
果たして昔話だろうか?
フィリピンのドテウ大統領や、ロシアのプーチン大統領、
アフリカ大陸なら、直ぐ幾つでも推測出来る・・・・今もある話。

同じ種類の影を、
アメリカのトランプ大統領に見るのは飛躍しすぎ?
【悪魔系】の面影と断定した一か月前の我がブログ上の感想。
言いすぎ?
当たらずとも遠からず?

実は悪魔はとてつもなく、魅力的!。
よって、ポピュリズムの勝者となるんですよね。

yahooで調べてみました。彼女の本の紹介より。

サイコパス・・・中野信子
平気でウソをつき、罪悪感ゼロ……
そんな「あの人」の脳には秘密があった!
外見は クールで魅力的。
会話やプレゼンテーションも抜群に面白い。
しかし、じつはトンでもない ウソつきである。
不正や捏造が露見しても、 まったく恥じることなく平然としている。




三寒四温

  
そういえば、三寒四温っていう言葉、この頃聞きませんね。
昔は結構耳にしたのに。

このところの気温は三日間暖かいかと思うと
「週末は冷えが戻ります」みたいな予報ばかり。
それでも、この言葉を使いません。どうしてでしょうね。

昨日の【春二番】は凄かったですね。
鵠沼海岸までタクシーで行きました。朝10時ごろ。
三笠会館に預かっていただいていた車を撤収に。
白波を立てる海からの、砂混じりの強風・・・
全体が赤茶色にぼやけるほどでした。
吹き飛ばされそうになりながら駐車場の鉄鎖を解いたり・・
結構なスリルを味わって、無事運転席へ。

「お帰りの運転は、自転車にお気を付けになって」
「風で倒れ込んできますよ」
という若いタクシー運転手さんのアドヴァイス。

夕刻のニュースにあのあたりの停電が。
さもありなんと、案じていたら
夜7時前には、小雨が混じり、風も収まってきました。
温暖なこの地に在って、久しぶりに自然の脅威を感じた一日でした。

今朝は、美しい三日月を東の空に発見。
ベッドから眺めるという贅沢に浴しました。
今夜は、ウオーキング途上で土星も?


私が切り詰めるから、すっかり貧相になった八重のしだれ梅。
如月の空の下で満開。
2017022113130000.jpg

梅一輪、一輪ほどの暖かさ    嵐雪
ねがはくは花のもとにて春死なむその如月の望月のころ   西行法師

これらも最近は聞きません。
日本人の心の風景から消えてしまったのかも。


再び海へ・・

   
何処かへ行こうって言っても、海岸しかない。
日曜日の午後・・・友人と134号線を走る。
やはり、混んでいてノロノロ運転。
でもその分、たくさんお話が出来たから・・・。

3時半の稲村ケ崎から見る江の島。
2017021915530000.jpg

逗子のキャフェでお茶して、とんぼ返り。
腰越あたりと夕陽。
2017021917190000.jpg

さすがに五時過ぎには薄暗く、大好きな黒富士が小さい。
2017021917570000.jpg

思いがけずのチョコレート。
当方の、準備不足ははずかしかったけど・・ありがとう。
2017021412350000_20170220091848c0d.jpg

日曜日、藤沢駅周辺は混んでいなかったのに
海岸線はやはり渋滞が続きました。
土日はイカンです。
でもウイークデイでも混んでいたから・・
皆さん、近場で済ますのかな?



プチ・ロンドの存続は・・

   
シャンソンの師、堀陽子さんが亡くなられて
世間的には、四十九日。
無宗教でいらしたから・・・お墓は樹木葬でとのことも先生らしい。

あの日から
レッスンはもちろんのこと、仲間同士、互いに聴いて楽しむ場所も失いました。
勿体ないほど、素晴らしい仲間たちです。
プチ・ロンド13人は、最後まで、一人も抜けることなく、先生の教室を支えました。
ピアノを弾く手に力が失せたとしてもレッスンを受けました・・
受けたかったのです。お会いしたかったのです!

発表会後の11月第三週の火曜日が最後のレッスンでしたでしょうか。
12月の4日の、横浜デユモンでのリサイタルを敢行なされ、翌日からご入院・・。
印象深い素晴らしいお姿と歌唱を聴く者たちに遺して・・。
本当にご立派なご生涯だったと敬服するのみです。

我々、プチ・ロンドメンバーたち、主宰者を失った今、
今後を決めていく上にも
解散なり持続なりを定めるためにも
毎月、第三水曜日と決めていた勉強会の日に
藤沢の銀座アスターに、全員集合しました。

懐かしい昔話や、先生のお人柄や
何よりも素晴らしい指導力と歌唱力とを懐かしみました。

さて…事実上は【解散】しかないプチ・ロンド、
だれもこの言葉を言いません。
「またお会いしましょう・・」と声を掛け合うのみの散会でした。

最後の横浜絵画館ホールでの発表会での伴奏者、徳永さん。
彼が、月一回伴奏をしているレストランが大船にあります。
しばらくは、そこで、堀先生に教えていただいた歌を歌っていくことに。
今月の25日には、久しぶりに仲間たちと歌えそうです。

買い物帰り、カモたちも旅立った近くの川の土手に目をやると、
日当たりの良い草叢にヨモギが・・・。
2017021713270000.jpg

私みたいな気質は、
なかなか新しいお仲間と・・という具合に行きません。
おいそれと、新しいシャンソン教室にも参加できそうもありません。
三か月に一回ぐらい、みんなで集まって【勉強会】らしきものを・・
そんな気がしてきています。






久しぶりの海!

  
やっと、風邪っ気がぬけたのか、
それとも、虚脱感にも慣れたのか・・・
昨夜のウオーキングで見つけた、ご近所のしだれ梅を観に。

2017021313180001.jpg

早春の青空を見ていたら海に行きたくなった。
独りでドライブ。午後三時に出発。
まずは、例によって、134号線に出て、逗子葉山を目指す。

鐙摺岬から対岸を見る。逗子の丘陵・・。

2017021316000001.jpg

堀先生と、それこそ、何十回と来たキャフェ。ラ・マーレ。
残念ながら本日休業。

2017021316010000.jpg

漁港へ回り込んでみる。

2017021316060000.jpg

帰路は、真正面に西日を浴び、江ノ島も、富士山も靄の中。

うっすら汗ばむほどの温かさと陽光の中、
冬が去って行くのだと実感しつつ、
年月の過ぎるのを見つめるしかないと、覚悟しました。
 






ヴァレンタインは、老人会で・・。

      

今日はヴァレンタイン・デイ。
世間は少しチョコ離れしたのか・・・羊羹やお酒をとの風潮も。

さて第二火曜日は我が町内の老人会、定例会。
予定通り菓子職人さんをお呼びしての和菓子作り。
練り切りっていうのかな?三種類作りました。
以下、梅、鶯、菊・・・のつもり。
例によって、速さだけが特技の稚拙な作品。

2017021410290001.jpg

2017021410490000_20170214143025f64.jpg

2017021410300000.jpg


準備の品々は殆ど用意して・・・エプロンと、タオルだけご持参頂く。
色を重ねて、布巾で絞って、という道程。
皆さん大盛り上がりで、楽しんでいただく。

2017021410490001.jpg

一段落したら、お茶をお出しして、ご自分のお菓子を召し上がっていただく。

まあ、飛び切り美味しいこと!
和菓子やさん【丸寿】さん持ち込みの餡の御かげでしょうか。

皆様、お疲れ様。

練り切り(ねりきり)とは、和菓子の一つ。
白あんに砂糖、山の芋やみじん粉などのつなぎ の食材を加え、
調整し練った練り切りあん(白あん)を主原料とする生菓子を言う。
この 白あんに色合いを付け、四季折々の植物や風物詩をかたどる
繊細な細工をほどこし...






なんとなく不安・・・。




トランプ大統領をどこまで信じればよいのでしょうね。   
すっかり騙されているのでは?と不安になります。

握手した手の上をポンポンと叩く・・
これって、子供や目下の者によく使いますよね。
「がんばろうね!」とか「よくやったね!」とか・・。
親しさの表明ではあるでしょうが、少なくとも敬意ではない。

トランプさんが日本に来て。。天皇陛下の手を叩くのでしょうか?

少なくとも、安倍首相夫妻を見て・・愛らしい安倍夫人を見て・・
「こりゃあ、組みし易し」と思ったことでしょう。
妻は夫の価値感を具体化していますからね。
だって、持ち物だもの。選んだんですから。

wor1702110065-p2_20170212171955a7a.jpg

首相夫人は、
森永製菓のオーナー一族の出身、お金持ちの御嬢様でしたよ。
大学院を出て、DJまでやって・・キャリアを目指し・・
かなり極的な女性らしいのに、オーラが顔に出ていない?
美人でなくても迫力が欲しいじゃないですか、首相夫人には。
子供が居ないから・・・?って言っては酷よね。
もう一つ、苦言というかおせっかいを。
手の指を開いて振っては幼すぎ。50代にはふさわしくない。

さて、
昭恵さんの出自を知って、何故に安倍さんは彼女を選んだかが解けました。
あ、やっぱり、安倍晋三さんの価値観ですね。
トランプさんの価値観も夫人の人工的で完璧な容姿に表れてる?

それにしても、まるで、待っていたかのように北朝鮮のミサイル。
トランプさんも「100パーセント云々・・」と言わされちゃった!
自信を得た安倍首相の右傾化、軍事力強化の歯止めが効かなくなりそう。

怖い怖い。





お仕事、本番

  
地区カラオケ大会・・
T町内会館の入り口にボケの花。
もう春ですよ~~~って?
2017020815250000.jpg

老人会ですから、老老介護みたいなもの。
でも、皆さんお上手!
腰の曲がったおばあさんが朗々と歌うのにはびっくり。
スマートなご婦人がド演歌を歌うのも・・・オモシロい。
2017021010040001.jpg

皆さん、ここぞとばかり、大曲を歌うので…長すぎ。(^_-)-☆
素人の歌は、ちょっと短めが良いようです。
シャンソンもしかりです。
知らない歌を延々と聴かされるのは、正直、辛い。

三時半に終了すれば、腰をさすりながらのお片付けと掃除。
でも、前回より盛会で、しかもスムーズな進行に役員みな満足。
ちなみに私も司会アナウンスで終始緊張しました。

午後から、空が曇って、
ドアを出ると、小雪がチラチラ・・そして雨になっています。




見て見て・・ピコ太郎  

 


PPAP、大好きです。
彼の人気の理由は多々あるでしょうが
私は、彼の容姿に在ると思っています。
西欧人に負けない立派な体躯。
実は整った男らしい容貌。
聞きやすいトーンと色を持った声音。
普段の話し言葉も、メリハリのある滑舌の良さ。

共演者への気遣いと先輩への腰の低さ!
軽妙にやり取りしながら、自分の世界へ持ち込む頭の良さ!
長い芸歴で、その実力をもって、とうに知られた存在だったらしい。
芸人仲間ではそれなりの存在。

それでも、やっと、やっと、こうやって有名になる。
しかも、外国人歌手の「これ好きだよ!」のツイートあってこそ。

こんなものですね。
メジャーになるかならないか。
世間は実力で評価するとは限りません。
怖いですね。
違う意味で、NHK紅白の、大竹しのぶさんの歌唱力を思います。

母が良く言っていました、【眼あき千人、眼くら千人・・】てね。
もちろん、実力あってこそのチャンスですが・・





 


冬を越えて・・・

  

寒いと予報のある夜は玄関に取り込んだり・・
意気消沈の中でも、忘れずに面倒見てきましたけど限度?
だんだん、花が黒くちじんでいきます。

2017020808140000.jpg

我が家のクリスマスローズはクリスマスはおろか、お正月になっても咲きません。
葉っぱばかり大きくなって・・・・
いっそ、引っこ抜きたいのですが、寄せ植えの葉ボタンで楽しむほかありません。

2017020808150000.jpg

そろそろ、と思って植えた菫は未だ、お見せできないし、
淋しい庭で、撮る対象も無く・・・
そうだ、富士山でも眺めに行きましょうかね・・。



 


カラオケ大会の続き・・



・・で、、もって、私の曲は
黛じゅんの【夕月】と伊東ゆかりの【恋のしずく】
余り、印象に残らない、軽い曲二つをあえて選んでみた。

何故、この歌を覚えているのか?
年代的には私とは5歳下のはず。
子育てが終わった頃・・聴いていたのかも。
血液型ABが共通点。
そういえば、ボーイッシュだわさ・・。


伊東ゆかりは、昔、主人の好きなタレントさん。
ハハハ・・・(*^^)v





【悲しい酒】♪!



また、春のカラオケ大会が10日に在る。  
老人クラブ、いえ、シニアクラブ、深沢地区合同のイベント。
地区長さんがカラオケがお好きな女性だから?
隣の町内会館にビッグエコーの上等なカラオケセットがあるから?

我がクラブで応募者を探しても誰もいない。
そうなると、義理でも私自身が出演するしかない。
おっと、おひとりだけ、上品な奥様が【愛の讃歌】ならと無理やりの承諾。
計、たった二人だけ参加。
他所のクラブからは各10人近くが出演。
総勢60人・・にぎやかなこと。

なんだかんだと、イベントの準備は結構なお仕事。
プログラム作成やら、参加証、お茶、飴、・・・
なにより、カラオケ機械の操作!

唄う方にしても、突然の機械のテンポやキイに合わせるのは難しいとて、
二人で藤沢、カラオケ店へ。二時間で2000円?
同じビルのアスターへ行って、高価な海鮮ラーメンなどご一緒する。

余り普段は親しい方ではなかったけど
「楽しかった・・」と言って下されば嬉しい。

吃驚したのは
ふざけて歌った美空ひばりの【悲しい酒】が、シャンソンになったこと!
演歌の苦手な私が唄うとシャンソン!
嗤っちゃいました。
来年は、これで行こう。(^_-)-☆


そうよね、演歌もシャンソンも嘆き節だもの。 


 

「唄ってくれる?」

    

「歌ってくれる?」
歌の仲間からの誘い。
彼女の古い友人のコンサートに、前座で唄ってくれないかとの電話。
ええ?私が唄う?滅相も無いと断ると
その方がすでに私を知っていて、
本当に唄ってくれるなら、大喜びだという。

まだまだ唄う気力はないが
実施は六月・・・
その頃なら、幾分,元気になっているかも。

そう約束すれば、
三曲も、どの歌にしようかなどとついついその気になったり・・。

「また一緒に二人のコンサートをしようよ」と、
誘ってくれる仕事仲間以来の友人もいる。

ああ、きっと、
私が落ち込んでいるから気を使ってくださっている?
有り難いこと。
富山の友人からも・・それとなく、心配のメール?

感謝しなくちゃね。

ぽつりぽつりと咲き続ける水仙。薔薇に劣らず馥郁たる香り。
2017020508210000.jpg

お正月の松と、命ある者同士で。
2017020508200000.jpg

命枯れた物は・・・オブジェに。
コンサートで頂いた紫陽花のドライフラワーと
庭で立ち枯れたつわぶきの花。
2017020508220000.jpg



「一人星の上で」♪ 。


ジルベール・ベコーが唄って大ヒットした曲。


【ひとり星の上で】

星はもちろん地球のこと
独り居の寂しさを呟きながら、まだ見ぬ愛する人を想う・・。
女性用の訳詞は甘くて、若い情感
「これ、あなたに合ってるよ。良く歌えてる・・。」と先生に言われながら
ステージでお客様の前で唄ったことが無い
余り、興味のない歌詞だったので。
もっと派手な、インパクトの強い曲を選んでいた。

一人 星の上で 
孤独な暮らしを 毎日続ける 惨めな夕暮れは
ふるさとの母に手紙でも書こうか このまま眠ろうか
出かける気もしない

故郷(くに)を離れ この広い都会の片隅 一人で生きている
幸せを求めて 捜して 私は 生きている 長い間



ふっと、そんなこんなを思い出して歌って見る。
しみじみとしたセンチメンタルな歌詞。
今の心境に合っている・・?

また、引っ張り出して歌おうかなあ。





虚しい・・・



地区老人クラブ長の新年会。   
風邪を押しての参加。1月20日
近所の昔ながらのカラオケスナックで。
どうしても古臭い演歌のオンパレード・・・
虚しいなあとおもいつつ時を過ごす。
2017012014100001.jpg
売れない歌手が、宣伝かたがた、歌ってくれた。
さすがにお上手。リタイアー後の趣味兼実益らしい。
こういう老後もあるのよね。

藤沢郵便局への途上。2月2日
藤沢駅コンコースの窓から見える富士山。
2017020212160000.jpg
藤沢のデパートは駅を挟んで、南に【小田急】、北に【さいか屋】。
どちらも駅弁大会や物産展をしていたので、覗いてみる。
暖かいせいか、熟年女性が大勢。
階下の買い物フロアーは閑散として二月バーゲンでも活気が無い。
今回は【さいかや】の勝ち。
声をからして、わざわざ【小田急】の前でチラシを配っている中年男性に
「【さいか屋】さんのほうが良いね」と余計な声をかけたら大喜びしていた。
ばかばかしいことをしたと反省。

住宅地の入り口にある小川に住み着いた夫婦カモ。
2017020213410000_201702022222542c6.jpg
バス停から三分で着く住宅地入り口、わざわざ買ってきたパンを投げ込む。
シラサギや、ムクドリや、小さい白い鳥達も、遠巻きにして集まる。
投げそこないが、草叢に落ちるのを待っている。

「何かを可愛がりたいんだな~」という感情を自覚。
我ながら思いがけなく、愕然としつつ帰宅。
とぼとぼとして、さみしい一日。

堀先生の死・・・ちょうど一か月前。
私を取り巻く陽の光が一ランクダウンしたように感じる。
何かしら意味のない日々を送っている。
これではいけないんだろうけど・・・。
もう一か月、此の気分に甘えていたい。




  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • お食事会 (05/18)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索