2017/08/22

キレるお爺さん・・

  
先日のニュースで、言ってました。
キレるお爺さんが増えているそうな。
要するに、最近の高齢男性の中に
暴言を吐いたり、殴りかかろうとする方も居るとか。

二、三年前から私、気になっていました。。
特に家庭電化製品の大型店舗の中で見かけるのです。
ビッグカメラとかヤマダ電機とかで・・

無理ないです。
やっとの思いで機種を定めて、買う段になり、
ああだこうだと店員が何だか説明を始めるのですよね。
製品の説明はあっさりなのに・・
やれ、入会したらどうとか、送料がどうとか・・
カードを作れ、点数云々・・・などなど余計なサービスを。
老人にはさっぱり要領を得ない語彙なのです。
そのうえ、耳の遠い高齢者には
ぐだぐだと活舌の悪い小声の長話には耐えられません。
「何を言っとるんだ!」ということに。

ほんの四・五年前までは「老人は困ったもんだ」と他人事。
いま、後期高齢者になって
「キレるのも、もっともよ」になっています。

DSC_0292.jpg
玄関のタイルを這うカマキリ発見。懐かしや。

そうじゃなくても自尊心だけは残っている世代。
昔偉かった紳士たち。
部下を怒鳴りつけていた男性たち。

高収入だったころ、電気屋さんを呼びつけて
少々高価でも楽に買っていたはず。
いま、年金暮らしであれば、そうもいかない。
安いという大型店舗にやってきたという経緯だろうか。

そういえば、電話一本で参上してくれた電気屋さんが無い。
様々に、周囲に順応出来ないことが辛く悔しい。
そんな思いが、つい【キレる】になるのだろう。

正直、お婆さんも切れたいです。
ウエイトレスや店員さんの話が聞き取れないことが多い。
今の若人は、口の中でもごもご言う。
相手に届けようという意思が無い話し方。
接客はマニュアル通りかもしれないけど
言葉が聞こえなければ・・意味は通じない。

聞こえないほうが悪い?ということ?
まあ、相手が老人でどうも耳が遠いなと察したら
それ相応の声や態度をお取りなさいよ!ってね。
キレそう。

いえいえ、私?
何時でも、何処でも、誰にも、笑顔で・・がモットーです。
そして「耳が遠いから大きな声でね!」って、ニッコリ、頼むのです。

切ない・・・。



 

スポンサーサイト
2017/08/21

【去りし夢】♪


この歌の出典が不明です。
「これって、シャンソン?」と問われます。
でも、プチロンドの仲間にはなじみ深い歌です。
大概の人は習っていますし、発表会ではどなたかが歌う曲。
日本人好みの美しいメロデイーです。

私?
ちょっと教えていただいたのですが・・・
人前で歌うことはなく、中段のルバートが下手すぎて
途中であきらめたのです。

でも、今、つくづく歌詞の美しさに気づきました。
11月、晩秋、みなさんの前で歌ってみたいと思っているのですが。


【去りし夢】

風の音に ふと気が付く 忍び寄る秋 冬の気配
二十歳の頃 春の最中に 怖さを知らず 酔いしれた恋
消え去るとは信じられず 抱きしめていた 二十歳の夢
時の鐘のかなたに光る 遠いあの頃 薔薇色の夢

   『枯れた薔薇を  無造作に屑籠に捨てたあの頃
   人の言葉を聞き流して この世の渦を生きてきた
   でも、いま 夜の中で 悔いとは違う 寂しさ
   身を焼く恋の日の恨みもなく 静けさの中 一人・・・』

消え去る夢 消え去る春 過ぎ行く秋 去り行く夢
昨日だった二十歳の頃 今は遥か 霧の彼方
消え去るとは信じられず 抱きしめて居た 二十歳の夢
悔いとは違う苦さの中 抱き続ける甘い夢よ
                         去りし夢よ 



どなたかご存じないでしょうか。
シャンソンだと思うのですがyoutubeにもありません。

荒れ模様の続く中、ふっと暗雲の向こうに日差しが・・。
DSC_0275.jpg
藤沢・町田間の県道沿い【わいわい市場】駐車場にて。


2017/08/20

お誘いはがき。

  
「意外と臆病なのね」と、パソコンの先生に言われました。
臆病なくせに、妙に開き直ります。
困った性格です。
皆さんのご迷惑を承知で・・・でも、乗りかかった船です。
えい!乗ります。

そういうわけで、今年も、三回目の「二人の会」を開きます。
先生を失って、呆然としていたこの春、
「秋にまた、やりましょう!」と、誘ってくださいました。
何か目的がなければ・・・・
歌う以外趣味のない私には唯一の楽しみ・・・歌うこと。
誘って励ましてくださった40年来の友人に感謝しています。

先月の藤沢の会も同様に、鎌倉の歌仲間が、
半ば強引に誘ってくれたこその参加でした。
これらがあるこその、逗子の歌仲間と一緒に
逗子での巴里祭コンサート参加でした。

「舞台に立つ、人の前で歌う回数が、大事」と
亡き師が常に口にしていたことです。
断崖に立つ、絶体絶命の心境が必要だということでした。

11月のことです。
何時お知らせしてよいのか。
口に出してのお知らせばかりではなんとなく曖昧。
こうやってお誘いのハガキを、先日、
みかんさんのご指導でつくりました。

DSC_0280@@@@.jpg

少しでもご興味をお持ちでしたら
ご都合がよろしかったら、ぜひ,お越しください。
10月末日までに、恐れ入りますが、ご予約いただけたら幸いです。
メールでも、ブログコメントでもご連絡ください。

素人なのにチケット代、亡き師のグループでの決まり事でした。
無料にすれば、こちらは気が楽ですが、お客様が気を遣うという
ご意見に従いました。
晩秋の一日、愉しんでいただけたら幸いです。




2017/08/18

補正下着は・・

  
この一年・・特に腰を痛めてから?
身体を締め付けることが苦痛になってきた。
サイズうんぬんより、締め付け感が不快。
持っているコルセットやボデイスーツなど、とても我慢できない。
それでも、ブラジャーだけは欠かせない。
バストに入れ物は不要なのだが日本製には必ず入っている。
小さく押さえたいぐらいなので、それが、いつも悩みの種子だった。
輸入品には余計な厚みがなく、
使いやすいのだがデパートには入っていない。

同じような人も居るのだろうか、最近、やっと見つけたのが、
ワコールのTrefleシリーズ。
お値段は2万円も!((+_+))。
それでも、やっぱり、背中がかゆくなるし締め付け感は否めない。

ところが・・・もっと良いものを見つけた!
というか、ブロ友に教えていただいたのだ!。
60代?の、ヨガのインストラクターをしている方のブログに、
「いろいろ試したけど、これが一番!」と。

見逃しません。
ボデイスーツ タムラ モアーソフトって、ネットで検索。
直ぐ購入して、8000円余り・・・・着用して感激!。

使用感が無く、毎日使いたいので夜毎の洗濯。
柔かく締め付けないのに、余分なものは抑え込む。
早速、衣装用ドレスの下にも着用。

15497446_1298969236828620_2281581494872834048_n_20170818092944c70.jpg
通販のドレスのカタログ写真です。
先日のコンサート、前半で着用。
補正しても、こうはほっそりならないけど。(^_-)-☆

後半着用の青いドレスは薄い布地。
体形が表に響く不安から解放されて・・・満足満足。

モアーソフトのボディスーツ、
色も美しく、レースも豪華すぎず、かといって、安っぽくない。
二か月使用して、これならと、今朝、追加注文したところ。

お勧めします。





2017/08/16

藤棚・・・



悩みの種の百日紅は跡形もなくなりました。
藤棚も、思い切っての植木屋さんの決断。
「このほうが花も付くし、棚に見合った大きさになる」そうな。

8時現在、大粒の雨。見上げると暗い空。。
DSC_0272 (003)

父が植えたいくつかの木々も自然淘汰され
この地、この風土に合った木が樹勢を延ばしている。
千両と笹竹と・・藤と。
ようするに温暖で高い湿度を好む性質のもの。

西の塀際。すっきりしました。
手前の切り株が百日紅の残骸。
DSC_0273 (003)

私が植えたアガパンサや紫蘭は増えすぎた分、ばっさり始末。
裏のシダ類も一掃、小鳥たちが蒔いたピラカンサも膝丈に。
東隣りに手を伸ばしていた八つ手も根元からすっきり。

こんなに寂しくなるほど切り刻んでも
一年もすれば、ジャングル化する・・・・
気分次第に、恣に植えることは厳禁。
婆にはもう管理能力がないのですから。

管理者家主の能力劣化に反比例していく勢い。
そりゃそうですよ、年期の入った根っこが太いんだものね。
恐れ入ります。樹木の生命力!


2017/08/15

百日紅・・・

 
DSC_0271.jpg

新種でしょうか。
我が分譲地の入り口には白い百日紅!。
紅ももちろん見事だがこの白い種に惹かれる。

DSC_0272.jpg

ただいま、我が家の狭庭に植木屋さんが入っています。
ついに、道路にせり出した百日紅を根元から伐ってもらいました。
落ち葉と落ち花の掃除が負担だからです。
道路に散り敷いても、昔の人たちは許してくれました。
「お互いさま」で・・・。

「お宅の枯葉がうちの庭にまで入ってくる」といわれては
仕方ありません。伐りましょうね。
嫌味のつもりもなく、あっけらかんとした、斜め前の家の奥様。
「いつもスミマセン」という私に「うちは風の通り道なので・・」と。
仕方ないです。40年来の百日紅とはお別れしました。

早朝の道路掃除から解放されるきっかけです。
有難いのかもしれない。((+_+))


北朝鮮と米国と・・威嚇しあって、間に挟まれた我が国。
核兵器は絶対反対。じゃ、どうやって国を守るの?
この難題の狭間で、沈黙するしかない我々日本人。

ため息をつきつつ
「どうにかなるだろう」の楽観主義はいつまで許される?。

不可解な天候不順と地震の頻発、その上の、この国難!
こんな時勢に海外旅行や豪華客船や不倫やら・・
ずいぶんと豊かでお気楽な国だとしみじみ思うのですが。




 

2017/08/14

小さな憂鬱・・2


やっと、昨日、お墓参りを済ませた。
帰宅するや、ラインに、孫娘が「お家に居る?」と。
息子一家が、お墓参りを終えたら我が家に来るとか・・・。

息子 174cm
お嫁さん165cm
大学生の孫娘167cm
高校生の孫息子179cm
私から見れば巨人一家。
全員がでかいので、それなりの広さが欲しい。
食べる量も、かなりのもの、
我が家の冷蔵庫の中は
「美味しいもの少し」のテーマで、老人二人用の食材のみ。

あれが良い、これが良い、いまさら予約は無理・・とかで、
結局、夕食は近所の行きつけの蕎麦屋、【秀福】へ。。
ちょっと待たされたけど奥の広い座敷へ。
「食べたいものを食べて」といつもの私の号令。

大海老天丼三つ、かつ丼と蕎麦、親子丼と蕎麦
そして、夫がとろろ蕎麦。

この店は、45年以上、この地に在って、常に賑わっている。
お味はまあまあだけど、安定していて接客態度が良い。
店内外のつくりは、最初に立派に仕上げているせいか、
少しも傷まないし、古めかず、それなりの風情が保たれている。

気持ちよく店を出て・・・
アイスやらコーラやらスナック菓子やら
到底我が家には見かけない食品を
親子仲良くローソンで揃えてから帰宅。

それらを、あらかた片づけて・・・「帰るね~~!」で
お仏壇にお線香をあげて・・・・大町の自宅へお帰り・・・。
どう見ても、大移動。

でも、今日は・・・見送った後、何処か気になる。
お嫁さんが5月から4㎏も痩せてしまったことが気になるのだ。
もともとスタイルは良いから、痩せすぎ。
夫がまず、「どうした?」と問うほど。
同時に、今日は来なかった独身の娘。
この半年、以前のように朗らかで無くなったことを思い出し
急に不安が押し寄せてくる。

常々、独立して、幸福そうな子供たちの姿を目にして
ああ、これで私は自分の老後だけ備えれば、お役御免。
と思い込んでいたけど
新しい憂鬱の種子が新たに生まれてくる。

六地蔵の奥まった路地の植栽。
折々に、季節の花を道路沿いに植えてくださる家主の心意気!。
DSC_0266_20170814102022a85.jpg

どうか、何事も無いように。
もう、あなたたちを助けるエネルギーは無いのよ。
精一杯、使い果たしたからね・・・。











2017/08/12

世界陸上競技大会・・・2


相変わらず、早朝から楽しんでいます。
今朝、しみじみ気づいたことは
どのコメンテイターからもアナウンサーからも
「この選手、綺麗ですねえ・・。」という美醜に関する言葉
これが、全くないことです!。

img_f1706f3154417dd79046bf6b548d9743245096.jpg
ネットから借用


観ているほうは、単純に
「美人だなあ~~」とか「モデルみたい」とか言いたくなります。

でも、彼らは絶対に口にしません。
それが本当ですよね!
運動能力を競うのであって、美醜は何ら関係ないのですから。

私はこの大会を通して
人類は、その人種、肌の色に全くかかわらず美しいということ。
蝶々が、獣たちが、魚が、どんな形態であろうと色であろうと美しいように。
神様の意志を感じるのはそんなときなのです。

マスコミ界に、
美醜に関する評価をしないという取り決めが有ったなら素晴らしい。
ともすると、特に男性が、不用意に、
固定された美意識のまま、口にする美女礼賛の言葉は
このスポーツの祭典には全く無意味だと、やっと気づいたのでしょう。

それとも、男女を問わず、どの選手も持つ、
素晴らしい肉体と美しい表情を前に
くだらない評価などする愚かしさを各々が恥じたのでしょうか。






2017/08/11

「素晴らしすぎて・・・」

 
10日、日本経済新聞、一面のコラム【春秋】の記事。
DSC_0279.jpg

日本経済の復興に貢献した電器産業の雄だった東芝電機。
アメリカの原子力発電企業に関与して・・・国策に載せられて、
瞬く間に凋落。大赤字の決算。

今は昔、29年前、東芝が国産原子力発電に手を染めたころ、
忌野清志郎さんのレコードが、
原発反対に言及した歌詞だった為に
急遽、発売停止になった事件?についての記事。

東芝ご本社の逆鱗に触れぬように・・・・
清志郎さんが傷つかないように・・・
ファンの皆さんはじめ世間の反感を避けるために・・・
仕方のないことの成り行き。

当時東芝レコードに居た夫は
マスコミを相手に「素晴らしすぎて発売できません」と。
力むでもなく、悪びれるでもなく、ソフトに、爽やかに言ってのけた。
テレビ画面の前で、我が夫ながら
苦笑いとともに、見事だと感じ入ったことを思い出した。

大人の事情は子供でさえ推量可能。
息子も娘も家族全員、無言だったっけ。
しばらくして親戚知人からのお見舞い電話があったり。

心配したほど世間のバッシングもなく、
唯一、久米宏キャスターの「変なこという人ですね・・」のみ。

昔々の思い出話に、今更ながらことの顛末を語る夫。
思いがけない夫婦の朝の話題。

それでも、たった5分も続いたかしら?


 


2017/08/10

暑すぎ!!!



年下の友人達が鎌倉へショッピングに行きたいとラインで・・。
ううう?この暑さの中、祝日の鎌倉へ??
若いって良いいなあ。まだまだ元気があるんだよね。

皆さんが行きたいお店は、
御成り通り商店街の見逃しそうな小さなアクセサリー店
ユニークな素材で、しゃれたデザインの小物を置く。
ちょっと、目を引くことは間違いないあれこれ。

DSC_0273.jpg
玩具めいて、付けて行く場所には気をつかう。
オーナーがシャンソンの師、堀先生の学友というご縁。
昼過ぎに、訪ねて問えば、
火金が定休日、案の定、観光客の多い11日は休むとか。

もう一つは籠バッグ屋さん。
加齢のせいか、風袋の重いバッグは苦手になってくる。
今や、季節を問わず、あけびの籠バッグが愛用品。
そんな籠バッグが欲しいという友人をご案内したいので、
バス停にして二駅、六地蔵前まで歩く。
「定休日は?」「いえ、休みません、大丈夫。」とのこと。

さて、昼食は?
いわゆる人気店は予約でいっぱいだろうし・・
其処が、かならずしも美味しいとは言い難いし・・
御成り商店街を戻って・・
安全確実の銀座アスター鎌倉賓館に、ランチを予約。
「予約料一割いただきます」ですって!ヒエ~!

午後二時、歩き回れば、暑くて暑くて・・・ふらふら。
今夏、最高に暑い日だったのでは?
御成り小学校前のベンチで一休みしてから紀伊国屋で買い物。

つぼみをたくさん付けた駐車場の芙蓉。
DSC_0267.jpg

車でのご案内はあの混雑の中、とても無理。
歩くとしても、
スベカラク、前もって下見しないと不安な性分。
これで、ほっと一安心。

山の日11日になれば、少しは涼しくなりそう。





2017/08/09

世界陸上大会




早朝、4時ぐらいのTVには世界陸上大会の画面が。

人間て素晴らしい!の一語に尽きる。
DGfnzPhUwAEqREw.jpg

普段のスポーツ・ニュースでボルトを見るぐらいだが
いや~~出場する選手たちの美しいこと!
水着に近いウエアーに包まれた容姿もさることながら
競技中の肉体の躍動、筋肉の緊張、清々しい表情。
圧倒されます。
化粧をするもよし素顔もよし、
それぞれの意志のもとに装うヘアースタイルも。

ぼんやり画面を見つめて過ごす朝のひと時。
思わぬプレゼントをもらった気分のこの一週間。

スポーツに縁の無いまま過ごしてきたこと
ちょっと、悔やんだりして・・・。

今日は長崎の原爆忌。
核兵器廃絶からとうのくばかりの世界情勢。
「人類は動物、動物は生存をかけて争う、当然の理。」
いいのける夫を前に反撃する言葉が無い。

スポーツで争うことの根底にもその理が在るのか?
本来、人類は、本能的に戦うことを好むのか?

そういえば・・・何にでも勝敗をつけたがるものね。




2017/08/08

アイ・パッドの講習会

 


今月の珀櫻会のイベントはアイ・パッドを使っての脳トレ。
NTTやなんだかの企業が老人向けにアイ・パッドの普及目的で
全くの無料で遊んで?くれる。
あちらから若いスタッフが6名も来て、何から何まで準備して、片づけて・・・

アイパッドは各自一個ずつ貸していただける。
簡単な指使いをまず教えて、ゲイムをする。
卵焼きを焼いたり、日本地図の各県をパズルを嵌めて完成したり。
むずかしいことは一切なくて・・・
「楽しかった・・!」と皆さん大喜び。
良かった良かった。
20人中、すでに持っている方が4人もいるという老人会。
新たに購入というか契約する方は一名ぐらいかも?

それでも、今日の私の仕事は無事終了いたしました。

DSC_0265.jpg

お昼に帰宅すれば、
まあ、のん太は悠々とクーラーのそばであられもない寝姿。
DSC_0269.jpg




 
2017/08/08

猫と暮らす

 

「孫の写真とペットの写真は他人様にはオモシロくないよ!」って娘。
それでも載せる。
だって、このブログ、始めた動機が猫。
誰彼に見せたい可愛い写真がいっぱいだったから・・。
よって、テーマは「猫と暮らす」。

DSC_0263_20170808080355ab2.jpg


老猫になったのん太は、もう楽しい仕草も奇妙な姿態も見せません。
ひたすら眠っているか、だらりと寛いでいるだけ。
そんなのん太に少々飽きて、ホッテおいたら・・ゲボゲボ咳!

亭主や子供と同じだなあ…と思う次第。
放置してはいけません。
いつも、どこかに「愛してるよ~~!」って伝えなければね。
通りすがりにちょっとなでたり、ツンツンしたり。

せっかく買った寝台用の白い籠には入らず段ボール箱がお気に入り。
それならそうでどうぞご勝手にというのん太のベッド。
二階の娘の部屋では娘のベッドで、
下では、居間のソファ、あるいは私の部屋のソファを、のうのうと占拠。
人間様が遠慮して小さくなって座らせてもらう有様。
少しほっそりして、段ボール箱にすっぽり。
移動可能なので、私の傍に。

DSC_0264.jpg


しつこく抱きしめると嫌がって逃げていくから・・・気難しいお猫様。

それでも、いなくなったら・・・きっと立ち直れないよ。
我が年代のあちこちから聞く【ペットロス】。
そして、「ほっとした」という安堵の声も。

高齢者がペットを持つことのむずかしさ・・・。


無責任な夫は『仔猫を貰ってくるか?』だと・・・・



 

2017/08/07

小さな憂鬱




今日は台風の影響があるのかな? 少し涼しい。

昨日は暑かったですね。
真昼間、シャンソン歌手、別府葉子さんのコンサートに関内まで。
声の美しさを、より一層駆使している一方で、
歌詞の表現が弱くなったような・・・?
でも、その感覚は、聴くほうの心境の変化でしょう。老化したという・・。
歌である以上は美しい声は最大の魅力ではあります。
別府さん(ギターを抱いている)が、雰囲気も面影もすっかり変わって・・・
ピアニストと間違えて挨拶するという大失敗を。

2017052111102942a_2017080709201958c.jpg
くりくりした眼と、はつらつとした雰囲気が、ムーデイーになっていました。

開演まで時間が余ったので近くのベローチェに。
残っていたのは高い丸椅子。
登り切れなくておしり半分乗せての不安定さ。
セルフサービスなので、注文を支払おうとカウンターで財布を開ければ・・
ファスナーが開いたままで小銭がバラバラと転がり落ちる。
若い人たちが数人あわてて拾ってくれる…ありがとう。

夕刻には帰宅して、無事、夫の夕食準備に余裕でしたよ。
外出も、横浜どまり、だなあ~~。
10日、六本木、新国立美術館へ、友人の作品を観に行くのは無理かも。

きらら鎌倉教養センター前の植栽にオリヅルラン発見。懐かしい。
DSC_0217.jpg

のん太は、ずいぶんよくなったように思えます。
ゲロゲロ咳が少なくなりました。
元気ない分、食欲も落ちて・・・思いなしか痩せました。
相変わらず、いつもいつも私のそばに附いています。

私自身の口内炎はすでに完治。
食欲増加で、当然、体重はすぐ戻る。
街鏡に映る姿のみっともないこと!
この躰では、思うようなおしゃれもできやしない。
かかとの高い靴はもちろんのこと、ほんの5cmでも辛い。
これなら?といろいろ思案して購入した洋服や靴が無駄になる。

一か月経たスマホが扱いにくくて・・・・苦労してます。
販売店に二度も訪問。
若者は親切で、すぐ直してくれるけど、手順が速すぎてワカラン!
パソコンも先日の雷の影響?
Jcomとの接続が不具合で、専門家を派遣してもらって…6500円也。
充分理解もしていないのに新しいこと好きで娘の顰蹙を買うありさま。

いろいろ、思うように行かなくなったこの数年。
開き直って、世間に迷惑かけて生きるしかないね。






2017/08/06

茅ケ崎海岸の花火大会

   

せっかくの花火。

昨夜の茅ケ崎海岸、夜になって風がやみました。
そのせいで、煙に邪魔され、美しさを満喫できませんでした。

写真はすべてママ友Aさんからお借りしました。

20689594_1213710818740889_111893147846585821_o_201708060719498c7.jpg

場所は、茅ケ崎駅から海岸に向かって徒歩なら15分の【茅ケ崎館】。
御座敷から,,能舞台のような松の古木の在る庭越しにての花火見物。

DSC_0262.jpg
これは、私のスマホで撮りました。


20597374_1213711148740856_5350146319236804861_n_20170806071947a46.jpg

暗くなるまでは、
お刺身定食を頂きながら、互いの趣味の披瀝やら報告やら・・

息子のママ友と四人・・・もう4年連続の夏のイベント。
「向後に何も憂いもなく、それもこれも、優しい?夫たちのおかげ」
「有難いことよね」と、口々に感謝しつつ
「来年もね」と約束する平均78歳.!
周りは圧倒的に浴衣姿の若者たちと家族連れ。

完璧を願う性質の、不完全な花火を残念がる私に、友人Aさんの言葉。
「こんな花火見物、めったに出来ない。。。
あの日は煙に閉ざされて・・・って、良い思い出になる」

そういってうららかに、黙々とシャッターを切っていました。

音楽に、写真に、ボランティア活動に活き活きと生きる彼女の言葉。、
深く感じ入った次第。
彼女のおかげで、今日も私のブログは華やかになります。(^_-)-☆

皆さん、ありがとうございました。


  


 

2017/08/05

秋の気配・・



昨日はF地区、老人クラブの連合カラオケ大会。

隣町の町内会館にはビッグエコーの立派なカラオケ装置が在ります。
そこにF地区の老人クラブ会員50名ぐらい参加してのカラオケ。
準備も大変なら当日の機械の操作、司会進行などなど結構みんなで頑張りました。
DSC_0253.jpg

快い緊張と疲れをありがたいと思って一日過ごしました。
わが町内からはただ一人、私が歌います。【小樽運河】。

準備で立ち寄った我が町の会館の庭には、秋の気配。

ムラサキツユクサ
DSC_0249.jpg

ヤブカラシ
DSC_0250.jpg

ランタナ
DSC_0246.jpg

会館入り口に草花を育てているのはわが町だけです。エヘン!(^_-)-☆
町内の有志の方が、折々に手入れしてくださる・・・。

小雨続きの二三日、涼しさもさることながら草花は正直。

風の音に、ふと気が付く 秋の気配 ・・・
同時に、昔昔のおままごとなど思い出しました。












2017/08/04

のん太が病気?

 

ゲボゲボ苦しそうな咳のような息遣いをします。
毛玉を吐くのかな?
そう思って…二三日見守っていましたが
毛玉ではなく・・・痰が絡まったような咳?なんとも妙な状態で心配。

ちょうど暇だったので一日そばについていて・・・
「治るからね。のん太、ママが治してやるからね」って。、
ずっと、胸から顔から、背中から、さすってやりました。
念力?なんて信じていないけど
猫ぐらいには通じるかもと淡い期待を込めて.。
少なくとも心からの愛を注ぎながらなでなでします。
草木、動物、人間も含めてその健康の如何は、
「愛されている」という安堵感の有無と長い人生からの悟り。


今朝から少し具合よさそう。
ゲボゲボも減ってきたし・・・。

DSC_0244_20170803144610fea.jpg
常に私の手の届く範囲に寝ています。愛すべきのん太。

そうそう、思いついて
上野動物園の赤ちゃんパンダ命名に応募しました。
 「ノンノン」  

昔、トントンと名付けて賞品もらったんですよ。
「東東」のつもりでしたが発表された漢字は「童童」でしたっけ。。。

ノンノンは「暢暢」でも良いし、「音音」でも良い。



 

2017/08/03

新閣僚の顔ぶれ・・・



さすがに手堅いですね。

じゃあ、今までの組閣は何だったの?
高い支持率をたのみに、国民を見くびって、
お友達や売り込み組を連れ込んだら、案の定失敗.。
化粧に余念のない女性議員はだめなんだと悟ったのかな?

さて、なんとなく心配なのは農水省の斎藤健さん。
true_img_21.jpg

一見してチャラい。
東大卒の石破派とは思えないなあ・・。
ユーモアか、親しみの表れとしてか、自分を斎藤【犬】とブログにあるけど
とは!!
精神のありようは、その容姿言動に現れますからね。
なにか失敗をしでかさないか・・・・期待?しちゃうイジワル婆さんです。




2017/08/01

8月!


正直、毎月初めには「もう!」が付きます。
だって、あと半年も残らずにお正月ですよ。

さて、忙しさにかまけて放置していた庭が大変なことになってます。
中旬には植木屋さんが入るけどそれまで我慢できず・・・
朝30分、夕方30分、翌日の朝30分で、やっと藤棚のはみだし枝を伐採。
隣家にまで延びている弦!これだけは申し訳ないので頑張ります。

植えた亡父が、晩年、「もう、根元から切ろうか」と数回嘆いていました。
年齢にして、まだ72歳ぐらいだったはず。
今、とうに伐ったとて罪も無いのですが・・こうなると伐るに伐れない。

藤ノ木と言えど50歳近いとなれば、命さえ感じますから。

DSC_0243_20170801090503b60.jpg

ええ~ッ。昨日伐ったのに・・・

昔から藤沢は植木職の盛んな土地でした。
雨が良く降るし、温暖だし、東京という大消費地が控えていたし。
さすがに、和風庭園は消え、準というか真似事のようなしつらえが増え・・
ついに、この頃は植木屋さんの手入れを不要とする庭ばかり。

本物の植木職って、存続出来るんだろうか?