草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

市中の山居・・・?

 
朝 10時すぎ・・NHKTV番組。
京都、表千家家元の御屋敷・・すなわち【不審庵】の紹介。

賑やかな道路から・・・くぐり門を抜けて
其処はもう・・奥寺の小道の世界。
これを、【市中の山居】という、利休の理想の庭設えだそうだ。


『あれまあ、我が家の庭と同じ~~?。』独りごと。
勿論、冗談ですよ~~。鬱蒼としているところだけ・・


亡父が40年前に創らせた庭・・
今や、苔と下草とシダ類に覆われている。
間隔良く植えたつもりの植木は大木に成長して繁茂、
求めて配置した石も・・・下草と苔に隠れ・・・

南向きなのに、大きくなった木々のせいで、日当りの悪い狭い狭い庭。
京都の壺庭みたいなもの?。

鈴蘭の群れの中に・・のん太の怪しい動き。
120605_085532.jpg
たぶん、あのあたりにヤモリ?カナヘビ?
のん太の格好の狩猟場と化した処置不能の庭だ。

それにつけても、【不審庵】の庭。
維持管理費はいかばかりかと・・・貧乏人の心配。



スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "市中の山居・・・?"
なんて素晴らしいお屋敷でしょう。
お父さまの心が今に伝えられ、
それを引き継いで手入れをされる草笛さん。
大変な事と思われます。
こんなお庭を見ながらの一服のお茶は
至福の時間ですね。羨ましいです。

2012.06.06 06:37 | URL | #- [edit]
今治りんどう says... "市中野山居"
お庭のあるお家は羨ましいです。
近所の人が毎年手入れをしてもらっていると
仰っています。
草むしりも年取ると(90歳)やっかいとか、、
息子さんにおまかせしたらと?聞くと

楽しみの一つかもしれません
いまだにやっておられます。

庭を眺めながらの落ち着いた時間は
何者にも変えがたいです。
2012.06.06 07:58 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
鎌倉の草笛 says... "Re: 市中の山居・・・?"
とんでもないですよ。
ただの草と木が茂っている小さな庭です。
草抜きや植木屋さんの支払いを愚痴るたびに、
夫が何度も改造を言い出したのですが反対して今に至っています。
こんな庭、少なくなっているものね・・・(;一_一)
2012.06.06 08:03 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "Re: 市中野山居"
とてもとても楽しみにはなりません。
汚れるし、草アレルギーなので痒くなるし・・・
抜いた草や、剪定後の木の切れっぱしや葉っぱの後始末。
正直、ぞっとします。

> 楽しみの一つかもしれません
> いまだにやっておられます。

落ち着いた時間で愉しいという方、確かにお見かけします。
私は、ただズボラで面倒なだけ。保つというより放置しての数十年。
限界が来ると、突如、猛然と、剪定ばさみを振り回すのが常です。(;一_一)

老後はマンションでの暮らし方を想います。
2012.06.06 08:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1221-638b0e24