2012/06/16

オーム真理教・・2

高橋克也の荷物の中にオーム真理教の本が十数冊入っていた・・!

正直、背筋が寒くなりました。
あれから二十年近くを経て、さすがに指名手配人達も悪夢から覚醒したかと。
今もって、本を持っていたということは、読み返していたということ?
洗脳の恐ろしさ!!


麻原彰晃なる醜悪な容姿の教祖に如何なる魅力が在るのか?
その説くところの主なる説は何なのだろうか?
教本とやらを、読んでみたいものだ。

安っぽい修行施設、センスのない衣装、何一つとして魅力的な要素がない。
学芸会のような愚かしいイベント。
それゆえに、世間も、警察も見くびってしまったのだろう。
かくも凶悪な犯罪の意図が在ったなんて想像だにできなかった・・

盲目というハンディから不遇という理不尽さへの恨みつらみ。
賢く健康な若者を利用することで、恨みを晴らしていたとしか思えないのだが・・
百歩譲って、教主自身にも、思いもよらない若者たちのエネルギーだったのか?

その麻原彰晃は、獄中とはいえ、ぬくぬくと暮らす。
『ああ言えば上裕』と言われたほどの能弁と才覚でマスコミに登場した彼は
どうして罪に問われないのだろう?


当時、男児を持つ母親たちは、
親よりも家庭よりも温かく、寂しさが満たされる場所を探して・・
奇妙な団体に、我が子が勧誘されることを怖れたものです。

その20年ほど前に在った・・連合赤軍事件と重なって
根っこは同じもの?と、不安を想ったものでした。

若者の、劣等感、それの裏返しの、思い上がり
世の中の不正、なにより、自分がはみ出してしまった不公平感・・・
『こんな世の中を正さなくては・・』と、真面目な青年ほど想ったことでしょうネ。
バブル景気から疎外された一団、
教養有る故に批判的だった若者が行き着いた場所だったでしょうか?


あの当時より、今こそ、ずっとずっと、不安の募る世の中なのに
若者は委縮したかのように、大人しい。

どうしてだろう・・・・・無気力にさせた何かがあるのでしょうか?
赤軍・・・オウム・・と続いた事件が世の中に抗うことの無意味さを
徹底的に悟らせたのかもしれませんね。

「幸福で安定した人生」への希求は、少なくとも親たちを安堵させますが。(#^.^#)







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オーム真理教・・2

理屈では解明できない事が多々起きますね。
色々代弁して頂きまったくそのとうりです。
こんな事件は二度と起きて欲しくないのですが
洗脳されてしまう人の心の弱さは無くならないでしょう。

暗い事件ばかりで辛いです。
9月15日楽しみにしています。


湘南ピースさんへ

まだまだ不思議な出来事でしたね。
一番、酷かったのは、松本のご一家のマスコミの有り様でした。
すっかり犯人とみなされた御主人の悔しさはいかばかりだったでしょう。
先日のネパール人の件と言い、マスコミはさんざん煽っておきながら
ケロリと検察を責める・・
今も、我々、マスコミに洗脳されているかもしれませんね。

NoTitle

高橋容疑者が逮捕されて警察は胸を撫で下ろしているでしょうね。
然し、多くの謎に包まれたオウムの全容は闇の中です。
逮捕された3人の逃亡犯から、どれだけ真実を引き出せるのか、本番はこれからでしょう。
麻原の呪縛が解けない高橋容疑者がどこまで話すかは未知数ですね。

俊樹さんへ

コメント、ありがとうございます。

> 麻原の呪縛が解けない高橋容疑者がどこまで話すかは未知数ですね。

写真まで未だ持っていたとか。驚きです!
呪縛は解けないままの17年ですか・・凄いことです。

私自身、何かに捉われて、想いこんでしまうフシも無きにしも非ず。
強烈な個性とカリスマにであうと、単純と言うか幼稚な人格は直ぐに
獲りこまれるようです。

本当のこと・・
すでに高橋容疑者は自己弁護の発言をして居る様子ですから
教祖を守り通すという真の生贄には成りきれないのでしょう。
あるいは『だから・・知らない』と言い逃れるつもりでしょうか。

捕縛されたら・・・と、自供のシミュレーションもしてたでしょうね。