草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

キラキラネーム?

最近のお子様の名前・・・なかなか読めません。
そういう名前を、キラキラネームというそうですね。

素敵な名前が多いとはいえ、
漢字を見ても、読み方が解らない場合が増えてきました。
それでも、教えてもらったり、仮名を振ったりして済むなら微笑ましいこと。
それなりに・・ご両親の期待と愛情が伺えて愉しいものです。(#^.^#)

ただ・・・
私立小学校の受験の際には、必ずしも有利ではないとのことです。
学校側が、特殊な名前を持つ子供の精神面を案ずるからだそうです。
そして、特殊な名前、キラキラネームを付ける親の常識への不審も?

大手の、古い体質を持つ企業も・・・
入社希望者の資質が同じなら、名前のシンプルな方を選ぶとか。

以前から言われていたのは、アメリカの在るデータ。
ジョンとかトムとか・・平凡な名前の男性の方が出世するらしいという報告。


私どもは平凡な名字なので、子供達の名前には、少々、こだわりました。
平易な【音】や【字】ながらも、センスが光る名前をと、名づけました。
接する方々の印象に残って欲しかったからです。

名前って・・・・すごく大事ですね。

生徒さん達のお名前を拝見していると
ご家庭のある部分が、はっきりと見えてくるものです。
或る部分・・・そう、価値観みたいなものでしょうか。


【国民の生活が第一】という党名は、さしずめ、キラキラネーム。
さ、吉と出るか凶と出るか?




スポンサーサイト

Comment

コスモス says... "キラキラネーム"
キラキラネーム、最近のハイカラな名前がこんな風に
言われていることも知りませんでした。

私も常々疑問に思っていました。
どこの国籍か分からないような名前、わざと読めないように捻った漢字を使う、読ませる・・・・
親の勝手でつけられた名前で子供が将来どんな不都合な目に会うかも知れないのに。

因みに我が家は子供も孫も誰にも間違いなく読んで
もらえる平凡な名前です。

皇太子さまが折角愛子様という優しいお名前の見本
を示してくださったのに・・・・と思います。

花が咲く
いつもテレビから終わりの部分だけ流れていて本当は
どんな詩だろうと思っていました。
お陰様で音楽を聞きながら詩も読ませていただきました。
ありがとうございました。

贅沢な一日
「忙中閑あり」でお忙しい方ほどこうしてたまには
ゆっくりと贅沢な時間をとられるのですね。
年中ばたばた忙しく飛び回っている自分を反省します。
草笛さんのような贅沢はできませんのでせいぜい
お昼寝ぐらいはして・・・と。

素敵な日傘お忘れとはもったいないことでしたね。
誰もこういう経験を2、3回はするようですが私も
同じくです。

アガパンサスがあちこちできれいに咲いていて
目を楽しませてくれます。
2012.07.12 12:03 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "コスモスさんへ"
たくさん読んでいただいて感謝です。
ブログが趣味に成ったようです。

さて、アガパンサスの様な強い外来種が広がると、
コスモスの様な優しい花が減ってきているようで・・・淋しいです。
ほんの一昔前は・・あちこちの庭や空き地に背丈の高い白やピンクの花が揺れていたものです。
大好きな花。「おままごと」の重要な食料の素材でした・・・戦後、20年代の話。
コスモスの花群を見るたびに思い出す大切な情景です。古すぎ?

いつも、素敵な良いハンドル名前だと思っています。

2012.07.13 04:53 | URL | #- [edit]
小紋 says... "えっ それが党名"
 なんだかなあ・・・・趣味ではないなあ・・・・
 字画に凝る娘は ちょっと難しい読み方で 子供の名前を付けています。
 私があまりにも わかりやすい名前を付けたからでしょう。 
 結構考えて付けたんですが。
 キラキラネームの子供たち きらきら輝く いじめをしない 
 きらきらネームちゃんになってほしいですね。
 
2012.07.13 21:25 | URL | #- [edit]
湘南ピース says... "キラキラネーム?"
初めて聞く言葉です。
親が名前を付ける時本当に悩んだ物でした。
家は先祖が代々同じ漢字一文字を付けて居ます。
長女の時何の抵抗もなくその字を付けました。

長男が生まれた時同じ字を付けると親とはやく別かれる
との姓名判断で、悩んだ末良いと言われる方を付けました。
その結果長女は主人にそっくり気が強く、長男は私に似て
気が弱くて世渡り下手です。逆にすれば良かったと
後悔しきりです。
名は体を表す。不思議な物です。

もう一度生まれ変われたらあれもこれもやり直したい
と思う事ばかりです・・・(笑)



2012.07.14 08:53 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "小紋さんへ"
最近は、ジジババの干渉を極力さける傾向が強くて
淋しくも思いますが。。。
我が家も、代々つづいている一字、孫息子にはついていません。(#^.^#)
2012.07.14 14:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1252-b9b0e1a7