草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

ヘイ・ジュード

  



『1998年の公文のCMに彼が出ていたのです。
それも彼はただ(無料)で公文のCMを引き受けたのです。
ネットで「ポールマッカートニー公文」と検索してください。

一歩社会に出てしまえば僕らは君を助けることはできない。
だから 困難にぶつかっても君の力だけで突き進んでいける能力を育てたい。
ポール:We can work it out! (やればできる)
ポールと公文式の教育に対する考え方は同じです。』


東京の公文指導者から、上記の素敵なコメントを頂きました。(#^.^#)


   Hey Jude     歌詞

Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better
   Hey Jude, don't be afraid
   You were made to go out and get her
   The minute you let her under your skin
   Then you begin to make it better
And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don't carry the world upon your shoulders
For well you know that it's a fool who plays it cool
By making his world a little colder
   Na Na Na Na Na Na-Na-Na-Na-Na
   ・・・・・
  
 Na na na, na-na-na-na, na-na-na-na, hey Jude...


恋に悩むジュードへの、激励。『君なら・・できるよ!』って。
『クールに気どるなんてバカみたいだよ。わかってるだろ?
人生を詰まらなくしてしまうじゃないか。ネ、ネ、・・・』って。

Yes、we can!・・・
オバマ大統領の就任演説も、まだ忘れられませんよね。


及ばずながら、私も、言い続けています。
『君は必ず出来るからネ。』
『今日、難しくても、来週はラクチンだからね。』


さてさて、訳のわからない判定も含めて
Judo・・お家芸の柔道・・・・残念でした。
でも、『リオデジャネイロで、君は出来るよ!』って、迎えましょう。






スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "ヘイ・ジュード"
初めてこの歌の題を聞いた時柔道と
思ったものでした。
公文とも関係して居たのですね。
素晴らしいメッセージです。

半世紀経っても色あせることなく、
オリンピックにも使われました。
やはり良い物は残りますね。

草笛さんも半世紀後も残られますよ。


2012.07.31 02:30 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "湘南ピースさんへ"
良いものは残る・・本当にそうですね。
古今東西、どんな環境でも、人類は音楽を見つけて奏でる・・・不思議に思います。

宇宙人はどうかしら?
音楽を奏でる生物でありますように。(*^^)v
2012.07.31 10:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1270-50660ba8