草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

おお、ダニー・ボーイ・・・リストラ



【電産機業界は、この秋、12万人のリストラを計画。】朝のニュース。
シャープ、松下、ソニー・・かつては、天下の電器産業界。
一体ぜんたい、この凋落は? 何が原因?

一方、放漫経営の挙句、破綻に瀕した日本航空、JAL。
OBの企業年金を下げ、現役に大幅なリストラを敢行。
複数の労働組合を統括して・・・・
見事復活を果たし、再上場と、再生役員の高給がうわさになっている。

一流中の一流企業、あっという間の変転、紆余曲折。
せめて、50年位と思っても、確かなものは無いに等しいのだ。

息子の仲間たち・・・46歳前後、今、まさに働き盛り。
各々、一流企業への就職に湧いた、バブル期最終章の世代。
5社の内定をもらって・・・しかも皆超一流企業・・・それらを蹴って、
銀行へ入った我が愚息、近年の就職難を想えば、運が良かったとしか言えない。

その世代がリストラの対象ではないだろうか?と案じる。

kako-9EV1uxTqz2f6TQ3k.jpg
ブーゲンビリア

人の一生を左右するものは、
能力もさることながら。最大の要因は、運の有る無し。
個人的力だけではどうすることも出来ない時代の変遷。

リストラ・・・
我が息子の行く末を、思わざるを得ない、怖い言葉だ。



♪おお、ダニー・ボーイ、愛しの我が子よ、何処に、今日は眠る
戦に疲れた体を、休める術はあるか
おまえに心を痛めて 眠れぬ夜を過ごす
老いたるこの母の胸に
おお、ダニー・ボーイ、おお、ダニー・ボーイ 帰れ


男の子は、いつの世にも戦場に在る。母は、その無事を祈るのみ。



 




スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... "おお、ダニーボーイ"
まさしく其れです。切実に感じます。

この歌、いただきます。
公務員は安心ではありません。
ボーナス、給料どんどん下がります。

子育てが大変です。
長男がそうですから、次男などびくびくものです。
2012.08.30 07:57 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
鎌倉の草笛 says... "Re: おお、ダニーボーイ"
> まさしく其れです。切実に感じます。

ホントに、心配です。ご共感いただいて嬉しいです。
主人の頃は、真面目に働いていれば、まずは、安心でした。
例え、薄給でも毎年確実に上がったし・・・繋がる老後も・・・・

今は、不安に満ちています。
その上、希望もない・・・子供たちが可哀そうです。
2012.08.30 09:51 | URL | #- [edit]
湘南ピース says... "おお、ダニー・ボーイ・・・リストラ"
>男の子は、いつの世にも戦場に在る。母は、その無事を祈るのみ。

立派に成功なさった草笛さんの息子さんなのに御心配だなんて、、、
世の中安心できる人はいない事になります。
母としての気持ちはいつの世も変わらないのでしょう。

兎に角健康でいてくれればなんとかなると信じて、、、、




2012.09.01 01:27 | URL | #- [edit]
小紋 says... "宿題"
 来年小学校に上がる孫の ゆったりさ加減を見ていて
 今から 気になりますが 取り越し苦労になるように 祈ります。
 私のたった一つ作った パッチワークの カテドラルウインドーは
 娘の宿題で おぼえました。
 この夏は 来年保育園に行く子の 袋物一切作ると 張り切って 
 材料を持ってきました。 手をださずに 知らぬ顔で 最後の一枚だけ
 手伝いました。 あの子が。。。。。ちょっと成長したみたいです。
 
 
2012.09.01 02:56 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "Re: おお、ダニー・ボーイ・・・リストラ"
> 兎に角健康でいてくれればなんとかなると信じて、、、、
そう、健康で居てくれれば・・・祈っています
来るたびに顔の色艶を視たり、体の肥満傾向を気にしたり
相変わらずの喫煙を心配したり・・
ほんとに、余計なお世話ですね。
ただ、口に出すことだけは堪えています。

『パパはね、マラソンしてるんだよ。』と孫娘が私の眼差しに
即座に応えます。
『日に焼けてるんだよね~~釣に言ったから』
『パパ~~~、たばこ吸うと癌になるよ~~』
と適宜、口に出す孫息子。
なんとなく一家の状態が伝わって・・安心するのが常です。
2012.09.01 08:41 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says... "小紋さんへ"
お嬢様、お母さんを見習っての手作りですね。
娘は結婚していませんの、孫の宿題に心配せずに済んでますが・・・
周囲のバ~~バさんたちは、愉しみながら頭を悩ませて居らっしゃいますよ。
お嫁さんは・・・どうしたのかしらね?
あちらのお母様が?

宿題から親が学ぶことって多いですね。
息子中一のころ、絵を手伝いながら・・・水彩のコツが解ったことが私にも在りましたっけ。
2012.09.01 08:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1299-51d7220f