草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

・・・・とはいえ、責任も・・

 
・・・とは、言え、
指導者冥利の何倍もの悔いが有るのです。
たくさんのお子様を預かりながら、その一人一人の
持てる力を最大限に発揮させ得たのか?
自問自答に、夜、眠れないほど悩みます。

一流大学に入れるために指導しているのではありません。
満足のいく人生を過ごしてもらいたいと、念じてはいます。

有意義な人生を過ごすための選択の幅を広くするために、
或るときは、自立を促すためにだけにでも、心を砕きます。

想いに比例して技術も伴えばよいのですが・・未熟です。
子供たちの能力の個人別をしっかり受け止めると言うことは
個人別に対応する為の指導技術も、多様に持たなければならない。
どれだけ多くの技術を持てば良かったのか?持ち得たのか?

この地域の子供たちに与えた影響の大きさにひるむ日々です。
こんな怖ろしい仕事を選びながら、一方、自分は意義有る日々を過ごせたこと、
感謝とともに、空恐ろしいことだと自省することもしばしばです。
死に至るまで、たぶん、この地に住まう自分の責任は大きい。

何かをやればその責任と義務もあるのだと言うこと。
人生の決算期に入って、ひとしお、思うのです。
佳いことも・・・失敗も・・・私が背負う荷物です。


ご近所のクリスマス・チラチラ。
小さなお子様のいる若いご家庭のエネルギーが眩しい。。
2012121419130000_20121216101649.jpg 2012121419110000_20121216101947.jpg

若い人たちの未来がどうぞ幸福で有りますように。
祈りながら投票所に向かいます。





 





スポンサーサイト

Comment

コスモス says... ""
こんなに真剣に子供たちの事を考えて指導して下さる

塾の先生がおられるとは頭がさがります。

それに反して我が孫などの様子を見ていますと与えられた

ノルマのプリントを仕方なくなんとか終わらせ答え合わせして

帰ってくるような有様で申し訳なくなってきます。


先日実家の義姉が電話で話してくれたことですが・・・

50数年前に受け持ったクラスの教え子が奥さんを連れて

昔本当にお世話になったことが忘れられないと訪ねて

来てくれたとか。

思わず「お義姉さん、教師冥利につきるわね」と言った

ところです。

草笛さんの教え子さんのお話を読み似ていると

思いました。

2012.12.16 23:03 | URL | #- [edit]
湘南ピース says... "・・・・とはいえ、責任も・・"
きっとどんなかたちで卒業しても、草笛さんの
情熱を持った授業を受けたお子さんには
伝わっていらっしゃいます。

将来の日本を背負って立つこどもたちの基礎を
根付かせた素晴らしいお仕事です。
胸を張って行く末を見守って下さい。

2012.12.17 01:15 | URL | #- [edit]
草笛 says... "コスモスさんへ"
恐縮です。ほんとに、そううつ病かと思うぐらい
喜びと反省が、入れ変わり立ち替わり、心を占拠します。
子供たちの前では、明るく元気に・・・
大人に成るって愉しそうだなあ・・・と思ってもらいたいと・・・
2012.12.17 10:14 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ"
ありがとうございます。
胸を張って・・・そうですね、もう少しこの責務に耐えて
「もう、辞めよう」と或る朝思うまで・・・・
元気に明るく子供たちの前に立とうと思っています。
2012.12.17 10:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1394-d90847f9