2013/01/16

バスケット・キャプテンの件・・・2

大阪市、教育委員会が
桜宮高校のバスケット部とバレー部の活動停止を命じたという。
またもや、遅きに失したということ。

体罰の影響下、無事、成果を上げる?生徒が殆どかもしれない。
自殺するなんて、稀有な事例かもしれない。
それでも、次第に・・指導者による【指導死】が話題になりつつある。
およそ、子供たちの前に立つ先生、指導者と呼ばれる者は、
心して考えるべき事象ではないだろうか。勿論、この私も・・

絶対に子供の人格を否定してはいけない。
怒鳴ったり、脅かしたり・・・からかうことすら、
絶対に許されないことなのだから。


桜の宮高校、この春は、体育科の入試を中止するとか。
これまた、エキセントリックな橋下意見に、教育委員会が反対している。
この是非は、今の私には判断しかねているのだが。

そもそも、バレー部顧問の再度の就任や、バスケ顧問への聞き取りの甘さなど
重なる黙認や看過をしたのは教育委員会。
彼ら自身がまずは総辞職するべきと思うが・・・橋本氏の判断は?。
それとも、教育委員会は、市政の届かぬ存在?

無責任なコメンテーターの知ったかぶりのコメントが白々しい。

その中で、アーチェリーのメダリスト斎藤先生の言葉、
【体罰で強化されている学校は、二位にはなるが優勝はしない】

夜回り先生と言われている水谷修氏の
【彼等は悪い事、禁止事項を破ったのですか?そうではないでしょう・・・
何故に罰っさなければならないのでしょうね】
【よしんば、禁を犯したとしても、喫煙禁止ゾーン以外で喫煙している人を
殴りますか?殴ったら暴行罪ですよ。それが常識。】
【社会の常識は、当然、学校内でも常識なのです。】
の言葉に、一応の説得力が有った。


春の高校生スポーツの決勝戦が注目されていた。
サッカー、ラクビー、もうすぐ選抜野球地方予選もはじまるだろう。
どの中継を観ても・・・『彼等にも、体罰が与えられているのだろうか?』
どうしても、思ってしまう。
まして、バスケットの試合を中継して、悲劇を忘れたかのように、
華々しく話題にするなんて・・マスコミも無神経な事よ。

高校体育連盟会も、
自粛あるいは自省、いえ、弔意を顕すぐらいせい!









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

バスケットその2

毎年のように部活の不祥事が出てきて、自粛とかよくありますが、
強くなる為の暴力はなにおかいわんやです。

草笛さんに拍手!!

今治りんどうさんへ

> 強くなる為の暴力はなにおかいわんやです。

それでも、世の風潮に体罰肯定論は根深いですね。
体罰には効果が無いと、心理学や医学で証明して欲しいです。

バスケット・キャプテンの件(2)

草笛さんのご意見に同感です。

ごもっともで何も私的意見はさむ余地なしです。

教育現場もどんどん変わって行きそうですね。

生徒が先生の評価をするとか、ゆとり教育はやめて土曜日も授業するとか政権が代わる
度に指導要録もかわりその場に直面する
先生も生徒も大変だなあと思ってしまいます。

コスモスさんへ


> 生徒が先生の評価をするとか、ゆとり教育はやめて土曜日も授業するとか政権が代わる
> 度に指導要録もかわりその場に直面する

一年生や二年生に、6時間授業をするより、
土曜日を学習日にする方が良いと、常々思っていました。
ゆとり教育の揺り戻しを子供に強いるのは酷いす。
先生たちが働くべきです。

先生を評価する・・案外、生徒たちは正しく評価すると思います。
今まで、あまりに治外法権過ぎですもの。
苛めも無くなると想います。