草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

アルジェリア・・?


う~~~ん、アフリカでしたか!
アルジェリアって、懐かしい名詞。
そんな所まで行って、日本人技師が活躍していたとは知りませんでした。

世界の各地では戦闘状況、まさしく戦争が続いているんですよね。
戦争ならば・・・
【人命は地球より重い】なんて、通用しないのですよね。
この現実を、国も、企業も、社員自らも覚悟したうえでの
海外派遣事業だということを、まざまざ、教えてくれました。

『母国を出たら、誰も、お前の命を守ってはくれないのだから!』
学生時代、留学したがる私に言った父の言葉です。
海外に出ることが流行り、気楽に旅行するばかりか、
海外で働くことが誇らしげに思える世相を苦い想いで見ていた父です。
戦時下の一時、上海で働いていた父から見れば、
命知らずの危険極まりない行為に思えたのでしょう。

そうなのですよね。
海外に出て学ぶ、海外の工場や施設で働く・・・
企業の急速なグローバル化が進む現状で、
出張や転勤の命令拒否も出来かねるでしょう。
赴く各自の覚悟と、進出企業の対策を、確実に求めたいものです。
【絶対の安全】は保障されていないばかりか、危険度は高いということをふまえて。

そう言えば、
最近、東南アジアの工場勤務を忌避、退職者が続出とか聞きました。
さもありなん、当然の選択かもしれない・・・・


今朝、22日、早朝のニュースでは、日本人、七名が犠牲とのこと。
ご冥福を祈りたい。



 







スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "アルジェリア・・?"
日本人が標的にされたとの事、
また爆弾を体に巻き付けられていたとの事、
何と痛ましい!!
どんな思いで最期を迎えたことでしょう。

犯人たちは人間と思えません、
こんな残酷な仕打ちが罷り通る世の中、
おかしいです。
2013.01.25 02:02 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ"
政情不安な国々での経済活動。
これも、国のため、家庭のため・・・
そう思うと、いよいよダニーボーイです。

遺族の声が聴こえてくると、どうしても涙ぐんでしまいます。
2013.01.26 09:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1423-0b73707e