2013/04/21

村上春樹の新作を読む

 

色彩を持たない
多崎つくると
彼の巡礼の年


村上春樹、話題の新作。
予約も含めて・・・前売りから絶好調とか。
そんなマスコミに踊らされて、お取り寄せ。

2013042118240000.jpg


昨日 アマゾンから届いていたのは承知していたが
段ボール包みを玄関に置いたままにしていた。
訳のわからない題名に、ちょっとした拒否反応もあったりして。

本日の仕事として、まずは昼食を摂り、
夫に促されて、雨上がりの肌寒い中を鎌倉市会議員の選挙へでかける。

午後から、やっと包みをほどいて読み始めたのだが
面白い!
修飾語の多い、複雑な比喩をちりばめた文体は面倒だが
名うてのストーリーテラーの陥穽に嵌って、どっぷりと浸りきりになる。
夕飯前に読了。
ストーリーは、在るような無いような・・
読後感は・・・良くも悪くも村上ワールド!。

今までの作品より平易で、
期待通りに面白いと言うべきか!?

『村上春樹の小説に、外れはない』
世間の評判を確かめられただけでも楽しい。
そうそう・・題名にさしたる理屈は無い。
その通りなんだから・・・主人公達の名前。
無色ということに個性を重視する世情を抉っている?
そのあたりには、大いに共感を覚えたかな。


気がつけば・・あああ~~、腰が痛い。
そんなわけで、夕食は・・・豚シャブ。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

村上春樹の新作を読む

村上春樹の話題の新作を早くも読破されるとはさすがです。

ニュースで書店前に並んでいる大勢の人たち
を写してすごい人気だと報じていましたが・・・

いつの間にかあれだけ好きだった読書からも
遠のいている昨今ですがせめて話題作だけでも読みたいものです。

美味しそうに蕗が煮えていますね。
春になると筍と蕗のお料理が年々
好きになります。

コスモスさんへ

やっと暖かくなりましたね。
午前中は近くの整体に行って来ました。

さて、先生からは、毎日楽しく暮らしなさいとのアドバイス。
背骨は刻々と動くそうです。
愉しい時は愉しく動くとか・・・・(^_-)-☆
そうかも知れませんね。

村上春樹の新作を読む

早速読破されたとの事さすがです。
私は流行に乗り遅れるたちで終わった頃
その気になります。困ったものです。

それにしても病後とは思えないほどの
ご活躍、大丈夫ですか?
ハラハラします。

蕗、美味しそうですね。
私も先日買いました。
でも以前知人宅で摘んだ蕗の味が
忘れられません。
摘んだ汗の調味料かしら??

湘南ピースさんへ

わお、早起き様。

蕗・・・二年前までは近所の空き地で摘んだ細い野性の蕗を愉しみました。
香りが高く本当に美味しくて忘れられません。
もう、家が建って、入れません。

日常の活動は今までの半分です。
殆ど家にこもって読書か断捨離作業。
旅行も自信が無くなりました。
歩くのも4000歩が限度。
歌も殆ど練習しないでレッスンを受けるので、先生も呆れていると言うか・・・

このまま老いるのも残念ですが仕方ないのでしょうね。