草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

豆鯵のフリッター

  豆というには少々大きいかな?
娘を独り住まいのマンションへ送りがてら
紀伊国屋によったら、豆鯵が・・・・
綺麗に内臓を取り払ってあるのに惹かれて購入。

昨夜は・・・
お近くのHさんに飛びきり上等のローストビーフを頂戴したので
夫と娘の夕餉に提供。
私は・・・旅館の食事で栄養過多気味。サラダだけで済ます。

その分、今日の昼食作りが楽しい。
さっそく豆鯵をフリッターに。
さすがに紀伊国屋の仕事、完璧な下ごしらえの新鮮な鯵。
メリケン粉をまぶして、
じっくり、しっかり、から揚げに。

2013060910020000.jpg


6月!!この時期だからこそ、
湘南のイタリアンには定番の豆鯵フリッター。
5~7cmの小魚を手に入れるのは簡単だが、下ごしらえが面倒な料理。
子供のいる頃はカルシュウムを摂らせたくて、けっこう挑戦したものだが。

骨まで骨まで・・・♪ 美味しいよ~~!
揚げ玉ねぎと、パセリ代わりに青紫蘇を添えて・・。
サラダの代わりには、蛇腹に切った胡瓜の甘酢漬け。
アラッ、レモンが無い。

まあ、良いっか。







スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "豆鯵のフリッター"
さぞ美味しかった事でしょう。
何しろ愛情が籠っていらっしゃるから。
でも今回は骨と内臓が処理されていた
なんてラッキーでしたね。

私はひこイワシでよく作ります。
イワシは手で処理できますので、
あの銀色に光った姿を見ると
つい手が出てしまいます。

でも最近はお刺身か姿造り(そのまま
やくだけです)。…(笑)
確かに手が込んだものは億劫になって
来ました。
しかも二人だけの食事は張り合いが
有りません。
2013.06.10 01:50 | URL | #- [edit]
今治りんどう says... "豆鯵のフリッター  山法師"
温泉で少しでもよくなればこの上ないですね。
山法師の凄い花。上に咲くので中々見えないです。
お仕事もまっていてくれる、喜びも大きいです。


あじのフリッター美味しそうです。
昨日オダキューに行きましたらきれいな彦イワシが
あったのですが骨やら内臓やらを取るのが億劫で
素通りしました。

手作りは美味しいですね。
鰹のお刺身にしました。(#^^#)
2013.06.10 06:47 | URL | #- [edit]
草笛 says... "今治リンドウさんへ"
ひこ鰯のお刺身も美味しいですね。
手で捌くとは言いますが・・・内臓の始末など結構気になります。
もう、若い人は使わないでしょうか・・・
美味しくて栄養たっぷりなのに残念です。

山法師も、こんな大木になるとは知りませんでした。
樹の名前も、これから勉強したいです。
2013.06.11 02:51 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ"
ハハ・・・(^_-)-☆
二人だけの食卓では・・・作りがいが無いですよね。
ほんとにお刺身や焼き魚、それも骨の無い切り身になりました。
姑が山国出身で、夫の子供時代に骨の有る魚を供さなかったのか、
夫は骨の扱いが凄く下手です。一杯身の付いたまま、残します。

一皿、てんこ盛りの鯵や鰯、お安いのに素通りです。
2013.06.11 02:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1531-60f07e6b