草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

【少年 H 】を読み始めて・・

妹背河童さんの小説、【少年 H 】
映画化されて、度々テレビに宣伝されている。

先日まではアニメ【風 立ちぬ】が宣伝されていた。
「これ、観に行こうか」なんて夫婦の気の無い会話もあったまま。。
こう暑くては身の危険。
クーラーを効かせて、高校野球かゴルフ中継をダラダラ観て過ごしている。

仕方ないので・・・本を読む。話題の?【少年H】の原作。
太平洋戦争前夜の昭和40年以降・・・終戦までの少年の生活記録。
神戸、大震災に見舞われたあの地域に住んでいた利発な少年の記憶。
一庶民にすぎない一家が、これほど冷静に時局を見つめていた事に驚く。
大本営発表の嘘と馬鹿馬鹿しさ。人心を煽る新聞記事。
それに気付きながらも、大勢に流されていく庶民たちの苦労。

先週は百田尚樹の【永遠の0】を読んだ。
これも、戦闘機0戦を駆使して闘った飛行機乗りたちの話。
太平洋戦争における下級兵士たちの報われない悲惨な戦いと
上層部、参謀と指揮官たちの無能ぶりと無責任を描いている。


今週こそ・・【風立ちぬ】を是非とも観に行こうとおもう。
0戦の開発設計にかかわったエンジニア堀越二郎がモデルだと言うから。

私が受けてきた歴史教育の中で
学期末に大急ぎで通過するか、全く省かれていた現代史・・・戦争の記録。
あの時代を正確に知らされていない。
いまになって、小説の中で興味深く学んでいる。


そういえば、今日は11日、東北大震災の命日。
そして・・15日は終戦記念日だ。

スポンサーサイト

Comment

800びくに says... ""
今晩は

コメントありがとうございます^^

戦争もの ダメなんですよね
すぐ泣いてしまって・・。
亡くなった父は学徒でとられ
練兵場で酷い教官に
散々やられて 終戦になったんです。

母は長崎で 悲惨な体験を
たくさんしてます。
疎開していたので 原爆は
あってないのですが・・

ほんと小さいころから
ずっときかされてるから
戦争は怖いです。

2013.08.12 21:09 | URL | #- [edit]
湘南ピース says... "【少年 H 】を読み始めて・・"
何時も草笛さんのブログに衝撃を受けています。
心の片隅にありながら自ら掘り下げないでいる私。

そんな時草笛さんはずばり切り込んで下さる。
それがきっかけで考え込むことが多々あります。

戦争の話は何度でも語り継ぐことが必要ですが、
戦中生まれの私でさえ体験として覚えがなく、
戦後教育のせいであまり真実を知らずに育ちました。

その後色んな話を聞く度胸がつぶれる思いです。
改めて機会あるごとに話をしていきたいです。
2013.08.13 00:41 | URL | #- [edit]
今治りんどう says... "少年Hを読みはじめて"
暑さのおり、よく本をお読みになれますね。
わたしもテレビを見たりしながら、(便りもの)が
ダンボール一杯なので整理しながら、、、

目が疲れます。  我々の高校時代は明治~現代史は
間に合わなくて飛ばしたようです。

戦時中 戦後は詳しくわかりませんが、とにかく
みんな戦って死ぬのだとそれしか頭になかったです。

本当の」ことがだんだん分ってくるにつけ
まだ遺骨が遠い島に眠って居られるのは
たまりません。

その人たちのお蔭で我々は平和に暮らせていられるのですから
忘れてはなりませんね。
2013.08.13 09:24 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
コスモス says... ""
「風立ちぬ」109シネマズ湘南シアターで先日観て
きました。

0戦戦闘機の開発設計をした堀越二郎さんの実話を
基にしたアニメで戦争場面はなく安心?して観て
いられました。
映像が美しくて今の日本から消えつつある友情、人情
にも心打たれました。

その後の神風特攻隊で散った若者の無念を考えると
複雑な思いでした。
最近の日本はまた国防軍とか戦争にむかって進んで
いるようで心配です。

白いむくげの写真素敵ですね。
この年になると来年とかその中に・・・の約束はでき
なくなりました。
偶にしか会えない人とはいつも「一期一会」の気持ち
になります。
2013.08.13 10:02 | URL | #RcaY4/Ig [edit]
草笛 says... "びくにさんへ"
> 戦争は怖いです。
同世代でしょうか、びくにさんは?
私の父も、赤紙でシベリヤ、満州、・・・最後は宮古島へ。
生きて帰りましたが、その間の無理が祟って、母は結核に倒れ
戦後、間もなく死にました。一種の戦争被害者です。

疎開も覚えています。
戦後の貧しさも・・

小さくても良いから、静かで平和な国で在りたいです。
一等国でなくたって良いのに・・・
経済力が幸福をもたらさないと知ったはずなのにね。
2013.08.15 13:06 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ"
> 戦後教育のせいであまり真実を知らずに育ちました。

今日も天皇御臨席での追悼行事が為されています。
同時に、閣僚が靖国神社に参拝しています。

戦犯が祭られていることが不思議です。
ドイツはナチス、ヒットラーを総括することで、ヨーロッパに
受け入れられています。

もっと、しっかりと、日本人はあの戦争の責任者を考えるべきですよね。
2013.08.15 13:09 | URL | #- [edit]
草笛 says... "今治りんどうさんへ"
まだインターネットそのものが不調で我がブログ管理
に入りづらく参っています。

読書は確かに眼に良くないです。
特に夜は直ぐ眠くなります。
それでも【少年H】、上下巻読了しました。

文芸春秋、その中の芥川賞受賞作品【爪の目】も。
これは気持ちの悪い小説です。お薦めしない。

さて、いまから、やはり百田尚樹さんの【モンスター】を。
これは娯楽小説みたいなので安心して読みます。
モデルは・・・結婚詐欺の女性らしいです。(^u^)
2013.08.15 13:17 | URL | #- [edit]
草笛 says... "コスモスさんへ"
> 「風立ちぬ」109シネマズ湘南シアターで先日観て
> きました。

今日、いまから行ってみます。
といっても、昼御飯がすむと・・・疲れてしまうんですよね。
夫も一緒なら何処かでお蕎麦でも・・となりますが彼はTVから
離れそうも有りません。(;一_一)
2013.08.15 13:20 | URL | #- [edit]
こゆきまる says... "間違いだらけの少年H"
山中恒先生の「間違いだらけの少年H」と言う本も、
ご一緒に読んでいただければ幸いです(^_^;)
物凄い分厚い本ですが…(^_^;)
2013.08.24 00:08 | URL | #SpgztpOc [edit]
草笛 says... "こゆきまるさんへ"
> 山中恒先生の「間違いだらけの少年H」と言う本も、
読んでいないので・・・
まあ、戦争体験と言うのは、本当に、それぞれの狭い体験ですよね。
私は宇都宮の大空襲の中、逃げまどう母の背に負われて防空頭巾の隙間から観た
焼夷弾が染めた真っ赤な空とヒュルヒュルと言う音を覚えています。
その後、身一つで市内を逃れて太田原への疎開、
疎開の苦労の後、終戦直後に実母を亡くしました。
そんな小さな記憶でさえ、祖母たちに言わせると少々違うらしい。

間違いだらけ・・・とは?
ぜひ、読んでみます。
2013.08.24 08:27 | URL | #- [edit]
草笛 says... "こゆきまるさんへ追伸"
> 山中恒先生の「間違いだらけの少年H」と言う本も、
アマゾンで頼もうとしたら、5000円以上もする本でした。
図書館へ行くしかないですね。(;一_一)
そんなに稀有な本?!
2013.08.24 09:06 | URL | #- [edit]
こゆきまる says... "山中先生のこだわり"
その本は、山中先生のこだわりのせいで、
物凄い分厚い本になってしまいました。
多分、三冊分くらいなので、お値段も高いのだと思います。
図書館でお目に留まったら…ですね(^_^;)
2013.08.24 21:15 | URL | #SpgztpOc [edit]
草笛 says... "こゆきまるさんへ"
> その本は、山中先生のこだわりのせいで、
> 物凄い分厚い本になってしまいました。
どうしてそんなにこだわったのでしょう?
気になります。
もっとも、少年Hの記述が余りに鮮明なのも不思議に思いました。
日記でも付けていたとしか思えません。
2013.08.25 10:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1586-c5cb7fa6