2013/09/30

クルミ・パイ

 
金曜日に居るべき背の君は・・
結局四泊して昨日、戻って参りました。

『もう一泊・・?』の連絡に、
『どうぞ、どうぞ』の強がり返事はもう45年以上の慣わし。
強い女房役も疲れまっせ。
それにしても、独りの夜に慣れたころ戻って来る。

さて、
意気揚々と差し出すお土産は大箱のクルミ・パイ。
『また~。肥るでしょ!』
ぴんころ希願のストラップ!
あんまり嬉しくも無いけど
お土産を買ってくること自体が珍しいので
『ありがとう!』

四泊の食事は60歳代お仲間が全て調理したそうな。
近所のスーパーで食材を揃えて
野菜中心の立派なメニューだったとか。
夫、ひとり、無能なまま?
『馬みたいにムシャムシャ食った』
『え?野菜嫌いなのに?』
『旨かったョ』・・・『ふ~~ん』

とにかく楽しく有意義な信州滞在だった様子。
こちらの様子を『どうだった?』とも訊かない。
久しぶりに会う男主人にさしたる感慨も持たない(=^・^=)のん太。

秋の鎌倉も信州も・・何事も無く・・
日々、是、好日・・・ということ


最後の輝き?。
2013092910300000.jpg



 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クルミ餅

まだまだ芙蓉がとても綺麗に咲いています。

背の君もゆったりなさって、お土産持参は
感心ですね。
うちもそうしてほしいですが、、、

今更 諦めです。

今治りんどうさんへ・・

よくよく見たら、クルミパイでした。
なかなか美味しかったですが・・肥る元です。

体重の増加は、脊柱にもよくないはず。
本気で痩せなくちゃと冬に備えています。

居るべきお方はお優しい

我が夫の名言は。。。
「父親は、卵に例えると殻だ。その固い殻で家族を守っている。でも、子供は大きくなると殻を破って外に出て行く。その時が、父親の役目終了の時だ」

そして、このように続くのです。
「卵は、殻がないと不安定だろう?」。。。と

それは、重々承知しておりますが、白身も黄身もたまには思いっきり外に出てみたいで~す!とは、愚かな妻の口に出せない本音です(~ヘ~;)ウーン

それでも、お互い元気でいるのが一番ですよね。
草笛さまのご主人もお元気で何よりです。

ミ~ナさんへ

> それは、重々承知しておりますが、白身も黄身もたまには思いっきり外に出てみたいで~す!
それなりに・・お出になっていらっしゃるのでは?(*^^)v

もともと、夫は、君は君、俺は俺と言う人でしたので
だから・・私は指導者になったようなものです。
新婚当初の彼の名言?は【君と俺の人生は重ならない』