草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

ストーカー 



ストーカーが起こす残忍な事件。

最近、多くなった?いやいや昔々から
殺人事件の多くがストーカーによるものだったのでは?

すぐ思いついたのは・・文学の世界。
樋口一葉の【にごりえ】では、酌婦お力を、通い詰めて破産した商人が、
歌舞伎の【籠釣瓶】では傾城八つ橋を、入れ上げた田舎大尽が・・


TV画面に映る犯人のホッとしたような表情・・・
うなだれた反省の色よりも、成し遂げた解放感?。
おそらく一種の心中にちかい心境ではないだろうか。

自己抹消を覚悟した人間は怖ろしい。
防ぎようが無いだろう。警察も親も本人も。

たとえ、無意識にでも、人の心を弄んではいけないということ
肝に銘じておかなくては・・・

女の子を、孫に持つバ~バは、いよいよ怖い。
男の子をからかってはダメと、説教の一つもクダクダとしたくなる・・・





  




スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "ストーカー "
本当に一時期目の前の事しか見えない時が
有りますよね。
どんなに苦しい事でも乗り越えれば道が開ける。

この年になれば分かることもその時期はだめ!

ただ今のように殺人が毎日ニュースになるのは
世の中全体おかしくなって来ているのかしら、、、
命はかけがいの無いもの!!
2013.10.14 00:33 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ"
> 命はかけがいの無いもの!!
後悔してもしきれない。
でも、今はまだ・・・?
彼女との一体感みたいな興奮の中に居るのではないでしょうか。

若い男の子の脆さと
綺麗な女の子の傲慢さの行き違いが始まりでしょうか。
2013.10.15 05:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1637-f91e7c81