2013/11/08

冬仕度



夫がゴルフに出かけた日・・・
初夏に亡くなった従姉の家に久しぶりに訪問しました。
一人っ子の私には、姉とも言える人でした。

新盆と知りながら御無沙汰してしまったので
秋日よりの天気を幸いに蒲田まで。

遺された、ご主人様、お嬢様夫婦、お孫さんたち二人、
元気で仲良く、綺麗にお住いの様子に何よりホッとしました。
従姉が建てて愛し手入れしてきた大きな家に、お子様たちも移り住み、
独りになったお父さんを守る姿勢と見えました。

良かった。何よりです。

故在って、遺された方々は、私とは血の繋がりの無い御一族。
丁重に愛しげに迎えられて嬉しかったです。

『あ~~~あ、それにしても、あなたは・・心底、キリギリス。
一生を思うがままに、豪華で面白くお過ごしだった。
80歳、癌と知りながら、入院も、もちろん手術も拒否して・・
その旨を遺言に書き残して・・お見事!、凄い!
でもね・・遺された方は、なかなかタイヘン。
後処理にお若い二人が困惑してましたよ!』

帰りのJRの中で、彼岸の従姉に呟いていました。

人の一生の毀誉褒貶、望むことではないけど、人の口に上るでしょう。
それでも
癌と知って、入院しない、手術しない・・逍遥として旅立つ。
それを実行できる人がどれだけいるでしょう・・・
尊敬し、感嘆するばかり。

我が血縁には時々、そんな人が現われます・・・(;一_一)


冬の支度? 華麗に装う千両
kako-QTHYC4JlsMIV064f.jpg

 風無くば 佳き日和なり 草珊瑚  

【千両・・仙蓼・・草珊瑚ともいう】・・・歳時記より




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

冬支度

月日の経つのは早いものですね。
従姉様の覚悟の旅立ち、聞けば聞くほど
凡人には出来ない高潔なお心の持ち主で
いらっしゃいます。

残された方には毀誉褒貶の嵐だった事と
お察しいたします。
それがご本人の望みとあれば致し方ありません。
実は私の知人も今同じことをしようとしています。
つい耐え切れず手術を進めています。
どちらが良いかは神のみぞ知るでしょう。

くしくも今日島倉千代子さんも癌で亡くなったとの事、
ご冥福をお祈り申し上げます。

湘南ピースさんへ

高齢者の癌治療・・
考えさせられますね。
抗がん剤が酷い。
入院しなければ、ぎりぎりまで元気で生活しています。
緒方拳さんや、なんとか秀治さん、他界する直前まで、俳優活動をしていましたよね。
逆に症状も無いのに、検査で見つかったとかで入院、手術、あげく抗がん剤に負けて
亡くなったのが勘三郎さん。不思議です。神様の御心だと言うのでしょうか?

本人が選択するのでしょうが、入院したら絶対手術、抗がん剤でしょうね。
私の知人も、絶対入院しないと言っていましたが、家族の願いに負けて入院。手術。
今現在は通院で抗がん剤治療を受けています。
カツラ姿を見るに忍びないです。70歳とあれば悩みますよね。