2013/11/30

昭和時代・・・



堤清二氏逝去。25日。86歳。まだお若いのに!?

御曹司ながら左翼に走り、
父親に反抗しつつ、結局は巨大財閥を継ぎ、
時流に乗った経営者ながらも、
辻井喬のペンネームで小説や詩を創作した文化人。
バブル崩壊後、多額の不動産の不良債権に縛られ経営者としては失脚。
最近、名前を聞くこともありませんでした。
赤坂プリンスホテルの解体のニュースにちらと思い浮かべるぐらいだったでしょうか。

なんて複雑で曖昧な人生でしょう!
だからこその、充実した人生だったでしょうか?
戦前、戦後、バブル期を駆け抜けた・・・・
昭和そのものの人生だったようです。


昨日、朝、BSプレミアムでの作曲家 遠藤実特集。
当時の紅白歌合戦や、すでに、ナツメロになって登場する歌手達。
彼等の、美声と、巧みな歌唱を聴きながら
我ながら、不覚にも、涙ぐんでいました。
彼の作品がヒットを続けた数十年こそが昭和そのものだったのですよね。
昭和・・私自身が一心不乱に生きていた日々を重ねていました。

からたち日記、星影のワルツ、北国の春、高校三年生、
ソーラン渡り鳥、困っちゃうな、哀愁出船、すきま風、くちなしの花、

ひさしぶりにカラオケに行って思いっきり演歌を唄ってみたい。

湿っぽくて、ほろ苦い、昭和の歌を歌いたい。。

  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

昭和時代

この方もいろいろ取り沙汰されましたね。

86才でしたか。お亡くなりにとは知りませんでした

月日がどんどん過ぎていきます。


昭和時代

草笛さんの唄う昭和の演歌を是非聴きたいです。
両親が明治生まれでしたから、古い歌も聴き覚えがあり
好きな曲もあります。蘇州夜曲も草笛さんの声で聴きてみたい!
(古すぎてすみませんが・・・)

今治りんどうさんへ

今年も「喪中にて・・」のお葉書が次々と入ります。
気を付けて来年の年賀状を用意しなくてはと慌ただしく思います。

  

フーミンさんへ

> 好きな曲もあります。蘇州夜曲も・・

蘇州夜曲は、4年ぐらい前の発表会のナツメロ・グループで
独唱しました。
綺麗な懐かしい歌ですね。
八代亜紀の舟歌も・・・シャンソンの会で、時々唄います。

・・・日本の演歌ジャンルの中にも良い歌がたくさんありますね。
唄い様で、シャンソンになる・・・