草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

淡路恵子さん


やっぱり・・・と思いました。
TV画面の姿があまりにお痩せに成っていたから。
たぶん、ご自分も自覚し、或る意味、希望通りだったかもしれない。
波乱に満ちたドラマティックな人生・・・ご本人は『面白かった』と。
若い時から、成熟した大人の女として、潔く魅力的でしたよね。

もう、一人・・
ご近所に住む指導者仲間だったMさんのお嬢様からの寒中見舞い。
『母は6月に・・・』訃報でした。66歳の若さで!
千葉市内で大きな教室を運営していたのですが、
介護のために鎌倉のご主人の両親のお屋敷に移住。
お子様二人を私の教室預け、希望の大学に次々とお入れになった後
また指導者に復帰したいけど、隣接するのは申し訳ないとの御配慮で
茅ケ崎に改めてお教室をお持ちになりました。
直ぐに生徒さんも増えて、エネルギッシュに活動していたのに
ご主人の『家に居れ!』の言葉に応えてせっかくの大教室を閉鎖。
家を留守にするのを嫌がるご主人の気持ちとご自分の希望をすり合わせて
ご自宅で独自の幼児教室を開き・・これも成功させていました。

彼女自身の還暦の祝いのパーテイーでは、多才ぶりを発揮して、
ピアノ、琴、三味線、をご披露なさり周囲を吃驚させ、
私も求められて歌二曲をプレゼントしたり。
公私にわたる親交は、いつも彼女の明るさと積極的な生き方で支えられていたようなもの。

この一二年、年賀状だけのご挨拶だけ、
いつでも又お逢いできると思う油断が残念で悔しい。

【良く生きた者が、良き死を迎える・・・】
整体教室の額に在る言葉です。



  




スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "淡路恵子さん"
人間だれしも死を避けて通れません。
早いか遅いか、、、
どう生きたか、、、

惜しまれて行かれた方は屹度天国へ
行けた事でしょう。
ご冥福をお祈り申し上げます。

姉の一周忌を前に寂しさが込上げてきます。
でも残された人はまだこの世でしなくてはならない
事が有るのでしょう。
一日一日大切に生きねばと改めて思います。
2014.01.13 00:52 | URL | #- [edit]
今治りんどう says... "淡路恵子さん"
91才の義兄が亡くなりホスピタルの生活に
入った途端穏やかな最期だったといいます。

身近な人に逝かれるとだんだん近づく思いです。

淡路恵子さん安らかに、、、

草笛さんのお友達もあまりの若さに惜しまれます。

          合掌

2014.01.13 10:32 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... "湘南ぴーすさんへ"
> 姉の一周忌を前に寂しさが込上げてきます。
そうでしたね。お空の雲の写真を思い出します・・・
お幸せなご生涯だったのでしょう・・・あらためて合掌です。
2014.01.14 12:40 | URL | #- [edit]
草笛 says... "今治りんどうさんへ"
> 91才の義兄が亡くなりホスピタルの生活に

暮れからの御里帰りの理由でしたでしょうか?
案じておりました。
おいくつになられても、近親者には寂しく無念なお思いがお有りかと思います。
遺された方々の幸多くご健康でお過ごしになられますように祈っております。
2014.01.14 12:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1711-fe54fc2b