2014/01/27

檸檬・・・




町内の友人に頂きました。
おもちの土地・・・
大きな農家がご実家なので家庭菜園用に畑をお持ちの様子・・
の中央に植わっているレモンの樹、一杯実が生っていると伺った折に
つい「良いなあ~~頂戴」と口走ったのかもしれません。
ご主人が丹精しているのでしょう、立派なレモンです。

レモンって、12月~1月が旬だって知ってました?
最近、同じ御町内の庭先で立派に育ったレモンを良く見ます。
この寒気の中で見事な黄色の実がたくさん生っています。
カリフォルニアや地中海の温暖な土地に育つと思い込んでいましたので
「地球の温暖化のあらわれ?」と受け止めていました。
今や、九州をはじめとしてレモンは国内産が増えているようです。
大量のニーズがあればこそですね。

頂き物、鎌倉産は大きくてみずみずしくて何より農薬の心配が在りません。
2014012607330000.jpg

シフォンケーキが焼ければ皮を摩り下ろしてレモンケーキに?。
残念、造れないんですよ。
せめてスライスして蜂蜜に漬けましょう。

檸檬と見れば
梶井基次郎の短編【檸檬】が浮かびます。
絶望的な気分にふさぎこんでいたある夕刻、
ふと、美しい檸檬を八百屋の店先に見つけて
眺めて、触って、匂いを嗅いで・・・その憂鬱から脱却するとか?

そのせいか、檸檬と表記すれば、
妙にロマンチック気分に成ります。





  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

檸檬・・・

偶然ですね。
私も先日友人から頂いたばかりです。
見た目は悪いけど無農薬よ、との事で
嬉しく頂きました。

檸檬などという漢字はとても書けません。
PCは便利です。
私は高村光太郎の「智恵子は檸檬を
がりりと噛んだ」の一節が好きです。

レモンなどの柑橘類はクエン酸の働きで疲れを取るのですよね。
香りも疲れを取る働きがあるのだとか。
今が旬だと初めて知りました。

檸檬

難しい字ですね折角大文字にして下さったので
覚えましょうとて2回ばかり書いてみました。

昔の辞書は小さくて天眼鏡でも見えません。
国産は緑色だったと、黄色は外国産とばかり
思っていたのはつい最近まででした。

綺麗です。かおりもよし、やはりうちも
蜂蜜と一緒で紅茶に入れたりお湯を注いだりしています。

風邪予防にも一役かっています。

湘南ピースさんへ 檸檬


> 私は高村光太郎の「智恵子は檸檬を
> がりりと噛んだ」の一節が好きです。
そうでした!・・高村光太郎の詩がありましたね。
西洋文化の象徴だったかもしれません、当時の文士にとって。

Re: タイトルなし

> レモンなどの柑橘類はクエン酸の働きで疲れを取るのですよね。
レモンのことを何処かの言葉ではクエンと言うらしいですよ。(*^_^*)
まさしくクエン酸ですね。
あの酸っぱさには閉口しますがはちみつに付けてます。
いっそ、煮てしまおうかな?
どっちにしても甘くするからカロリーは高そうです。

今治りんどうさんへ

> 難しい字ですね折角大文字にして下さったので
> 覚えましょうとて2回ばかり書いてみました。
すごい、やっぱり実行力が御有りですね。
書くところまでは行きません。そうすると、すぐ忘れます。
国産で、しかも冬が旬だなんてね・・・私も初めてしりました。
御近所であまりに見事になっていたので調べました。(;一_一)