2014/03/29

アシスタント会

134号線を逗子葉山にむかって進む。
森戸海岸を右に見ながらしばらく行くと左手にちょっと小高く
【HAYAMA TERRACE】の入り口が見える。
葉山の小さな湾が目の前に広がる、ちょっと小洒落たレストラン。
何とかさんの別荘を改築改装したそうな・・・
四人のアシスタントさんと私、五名で綺麗な春のランチコースを愉しんだ。

ホタルイカと季節の野草の前菜
2014032812260000.jpg
蛍烏賊と、こごみと、薇、タラの芽、蕗の董・・。


基本的に、私的な会合を持たない主義でいる。
お付き合いは、あくまで教室内だけで・・・・
意志疎通は、仕事時間前後の軽いミーティングですます。
ミーティングと言っても一方的な私のお願いだけだけれど。

理由は・・・
生徒たちの様子を訊いても、大概の答えが愚痴に近くなるという
苦い経験が多いから。。。
『あの子は・・字が・・』『かの子は宿題を・・』
一番つらかったのは『あの子は苦手です』

聴いている私の心の声・・・口には決して出しませんが、
『解っていますったら。
だからこそ、みなさんに配慮していただきたいし
それでも、可愛がってほしいのですよ!』

そんなわけで、聴きたく無い想いが募り
ミーティングは避けるようになっています。

でも久しぶりの食事会で聴いたのは
『男の子の可愛らしさが解るようになりました』
『幼児さんは大変・・でも、可愛いですよね~~』
『ずいぶん、しっかりしてきて顔付きが変わりましたね』
『時々、なまいきな事を言うけど、その分、賢いですよね』
などなど、私が願い、評価してきた子供たちへの想いと重なる言葉。

勿論、かつてのメンバーとはチェンジ・・若返り・・しているし
美味しい食事を前にしてのホスピタリティかもしれないし
たぶん、仕事を通して社会経験をしてきた若い世代のマナーかもしれないが。
素直に、生徒さんへの愛情が皆さんを支配していて嬉しかった。

こんな会なら
これからは度々やりたいと思った次第。
体力知力能力が落ちてきた今こそ
アシスタントさんの気持ちの良い協力を仰がなくてはならないのだから・・





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アシスタント会

海の見える素敵なレストラン。
前菜を見ただけでコース内容の
素晴らしさが伝わります。

草笛さんのアシスタントさん達への
優しいお心遣いが溢れています。

何より子供たちへの接し方が
以心伝心でアシスタントさんに
根付いたこと、しっかり後進の育成が
出来て凄いです。

湘南ピースさんへ・・・アシスタント会と小さな家

遊べるうちは遊びましょうよ。
晴耕雨読・・・公文公さんの理想です。
晴れたら外に出て、雨だったら本を読みましょうと解釈しています。(*^^)v
人間の幅が広がります。
子供たちも良く遊んだ子共は学習して得た知識を
駆使しているようです。経験を通して常識が広がるのでしょうね。

私の仕事も趣味の範囲のような物です、今となっては。

アシスタント会

葉山の素敵なレストランで春のランチコース、
美味しそう!

アシスタントの皆さんも草笛さんと生徒さんに対する
接し方が似ているようにお見うけしました。
こういう教室で学べる生徒さんはお幸せです。
遊びにしか興味を持たないわが孫のことが気になる
この頃です。

「小さいおうち」
娘たちが小さい頃この本が好きで良く読んであげていました。
その後街中でビルの間にポツンと建っている家をみつけると
この本のことが思い出されたものです。
山田洋二監督の「小さいおうち」は映画で観ました。
全然違う内容ですがなんだかとても懐かしく感じられました。

「看破不能に陥って」
小保方さんの件が全く根拠のない研究発表だったとしたら
世界中に恥をさらしたようなものです。
周りの研究者はどうしていたのか?不思議です。
猪瀬さんの5000万円にびっくりしていたら今度は渡辺氏が
8億円も私的に借入れしていたとのこと・・・・
一体どうなっているの???です。
やはり何もかも疑ってかかるべきなんですよね。

こすもすさんへ・・アシスタント会

> 山田洋二監督の「小さいおうち」は映画で観ました。
ご覧に成ったのですか?
面白かったですか?
女中タキを演じた黒木華さん、朝の連ドラに出るそうですね。
赤毛のアン・・・何回読んだ事でしょうか!
子供たちと見たアニメも良かったけど読書に勝るものは無いですよね。