2014/04/21

15歳までに・・・



女子プロゴルフ界に、新星・・・
15歳の高校一年、勝みなみさん。

浅田真央ちゃんが、世界選手権で初優勝したのも15歳。
石川遼選手がメジャーで優勝したのも・・・15歳。


常々、(おこがましくも)、私が口にしている教育上の信条。
『人間は15歳までに獲得した感性、技術、知識で、あとの数十年を生きる』
『だから・・・今頑張らないとね。』
『中三までの学力・・漢字、英単語、法則、歴史、社会・理科の知識・・・で生きるんだから』
小6以上の生徒さんたちに言い続けています。

勿論、
学習や習得に、『遅過ぎる』はありません。
『晩学』の成功や喜びも在ります。

でも、15歳までの学力知力の不足が、その道を険しくします。
だから、
中学生に成るや否や、体育系部活に心身クタクタにされてしまう・・
今の中学教育に疑義を持ちます。

確かに個人の能力次第です。
疲れていても、勉学に励める子、
土日を部活に取られても、上手に時間をやりくりできる子、
居ますよ。確かに。比較的、身体能力や知力に恵まれた子供たち。
あるいは、小学生のうちに、中学生並に到達している学力を持っている・・・


一生を左右する程の能力が育つこの時期
もう少し、体育系活動に対する配慮が、学校側に在ってほしいものです。
プロを目指すならともかく、体育教師が部長、指導者レベルなら
まずは学力の涵養をして欲しい。
指導者の自己満足に陥っていないか?常に厳しく問うて欲しいのです。
趣味程度のスポーツなら高校時代からでも間に合うはずと想うのは
偏見でしょうか?。


さて、
勝みなみさんの人生
漕ぎだしたばかり、若くして頂点を視ることの幸不幸。
その航海が、ぜひとも順調で有らんことを祈りたいですね。

『鹿児島高校を卒業する』と言い放つ彼女の逞しさに乾杯!


  






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

15歳までに・・・

子供自身の持つ能力の違いはあるが、
指導者の力による影響力は甚大なものが有ります。
一生を左右することさえあります。

草笛さんのような熱い心で指導されたお子さん達。
お幸せです。

湘南ピースさんへ・・ 15歳までに・・・

> 草笛さんのような熱い心で指導されたお子さん達。
そうで有りたいと日々励んでいます。
今日も、昔の生徒さんがパパに成っていて小学生のご兄弟の
体験学習の申し込みを頂きました。