2014/05/15

嬉しい事・・

 
名古屋支店に長い間赴任していた娘
五月末日付で、東京本社に戻って来る・・・。
朝早く、メールが有りました。
単純に嬉しいです。

娘の独り身を哀れに想うばかりの母親のもとに、
月一回は必ず帰ってくれるものの、
猫に盗られた自分のベッドを眺めやり、諦めた娘は、
二年前に鎌倉駅前にマンションを借り独立、夕食が終われば・・そこへ帰る。

昨年の2月、
腰を痛めて車いす状態の私を実質的に助けてくれたのは娘でした。
週末には帰宅し、
台所や部屋の掃除、ストック食材の買い出し、
そのうえ、素敵なステッキまで用意してくれました。

3月11日東北大震災の折には
それ以降続いた電力不足に備えて米と電池を
任地、名古屋から、いち早く送ってくれました。

寡黙な口を開けば、親への厳しい言葉の数々・・・
それでも、行動にある優しさには、いつも感謝しています。

その娘が、東京に戻ると言うなら・・・
自己実現ばかりを追いかけていた私も
そろそろ、娘の為に、生きてみたいと、殊勝な気持ちに成っています。

結婚をしないなら・・・
仕事に情熱を注いで世の中の役に立つ。
それもまた、彼女の輝き方かもしれない。

容姿は私に似て・・小柄で平凡です。
気質は夫似?慎重にして控えめで・・・勁い。
赤ちゃんの時から、心配を掛けられたことが在りません。
お兄ちゃんの陰で、いつの間にか成長してました。

その地味?な娘が本店に戻る・・・金融法人部に。
どんな役職か、仕事か、アップしたのか下がったのか、
全く言いませんから・・・親たちには解りません。
四十過ぎの大人、そんなことは親にとってどうでも良いのです。

すこしでも近くに居てくれる。
なにより、嬉しい誕生日プレゼントでした。


七里ガ浜へと鎌倉山を抜ける路に、
前庭一杯をシャガで飾るお宅があります。。
2014051411480000.jpg
昨日の散歩での写メ。もう、終ってしまってましたが毎年、気に成るシャガの庭です。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

心強いですね!

素敵なお嬢様ですね!

娘を持つ私ですが、羨ましくなりました。

立派なご両親のDNAを受け継いだのですね。

大人になった娘は、頼ったり 頼られたりで、

やはり傍に居てくれた方が楽しくもあります。









嬉しい事・・

ご立派なお嬢様で流石草笛さんの教育の
賜物ですね。
優しいお心遣いは嬉しいですね。
そして羨ましいです。

家も娘が独身です。
小姑のようでそばにいると腹が立つことも
有りますが、頼れる存在でもあります。

わんことの生活を楽しむ為に1軒家を借りて
住んでいます。
15年前孫が欲しいと言う私達に孫の代わり
と連れて来た。
以来散歩が私達の仕事になりました。
お蔭で元気をもらっています。・・(笑)
飼ってみると可愛くて今はわんこの寿命が
一番の心配事になりました。



おはようございます

娘さんが帰ってこられるのですね。
草笛さんも心強いでしょうね。
娘というのはどうしても母親にキビシイものだと思います。
でもいつまでも甘えられたら逆に困るのでは・・・。
これからは近くに住まわれるとのこと、
気持ち的に安心ですね。

コロママさんへ

> やはり傍に居てくれた方が楽しくもあります。
はい。すっかり気の弱りを自覚して居ますので
近くに居てくれれ場嬉しいです。
(頼らないで」と叱られるでしょうが・・・

湘南ピースさんへ・・ 嬉しい事・・

> 以来散歩が私達の仕事になりました。
> お蔭で元気をもらっています。・・(笑)
わんちゃんがいるとウオーキングになりますよね。
時々、犬の方が良かったか?なんて。
えも、これも御縁ですね。たまたま下さる方が居る・・
そう言う物かもしれません。

まりりんごさんへ・・おはようございます

確かに、男児はただただ(お母さん大好き」です。
手がかからなかった分、娘は厳しいし、恨み事も言います。
世の常の様ですよ。(*^_^*)
まりリンゴさんへご両親はまだご健在ですよね。
お大切に・・・老婆心です。<m(__)m>

嬉しいこと

頼りになる素晴らしいお嬢さんが近くに住んでくれる
というだけでどんなに心強いかしれませんね。

我が家は娘二人ですが結婚してしまうと親のことはいつも
気遣ってくれますがやはり自分の家庭が一番になりますから
淋しく感じることもあります。

いつの間にか親子の関係が逆転してすっかり娘を頼りに
している自分に驚きます。

それだけ自分の体力その他諸々が弱っている証拠ですね。

コスモスさんへ・・ 嬉しいこと

お嬢様方が、良いご家庭を築いているだけで
お嬉しいことと思います。
自分の家庭第一は当然ですものね。

息子に至ってはいよいよ・・・一生懸命なのでしょうが。
老親を、想っているのか居ないのか・・
まだ甘えている部分が在り「ご馳走するよ」の約束もいつに成ったら
でしょうか?