2014/08/17

鎌倉の炎昼・・・


お詫びの印に、
現金というのも気が引けるし、商品券も味気ない。
お詫びと正面切ったら、彼女は受け取らないだろうし・・・・

思いついて、やっぱり【神宋】の昆布に決める。
炎天下も厭わず、
昼食後、すぐに常盤口からバスに乗り、六地蔵で下車。
紀伊国屋の方へ10分歩けば、鎌倉図書館の前の【神宋】鎌倉店。

中庭の植え込み。睡蓮の中央は白鷺蚊帳釣り草。
2014081712470000.jpg
淋しさの蚊帳吊草を割きにけり     富岡風生

図書館の塀越しに・・・山ごぼうの実。
2014081712490000_20140817160222636.jpg
秋の日や竹の実垂るる塀の外     芥川龍之介


徒歩で鎌倉市役所前のバス停へ。
振り返れば頭上に鬱蒼とした夏木立とセミの声。
13時35分、一時間に一本の貴重な【こまわりくん】を待つ。
2014081713190000.jpg
萬緑の中や吾子の歯生え初むる     中村草田男


炎昼に歩けば汗ばむことしきり。
黒い日傘に帽子にサングラスにアッパッパーの夏姿。
木陰のバス停に入れば、いつのまにか汗がひき、爽やかな風を愉しめる。
銭洗い弁天に向かうらしき観光客をながめつつ、30分が経過。
バスに乗りこめばクーラーの冷え込みにクシャミをひとつ。

常盤口バス停の芙蓉
2014081713430000.jpg
ゆめにみし人のおいたる芙蓉咲く     久保田万太郎

我が粗忽なボケ故の、急な外出も散歩と覚悟して敢えて炎天下に。
17日ともなれば、歳時記では初秋・・
夏と秋の俳句が入り混じっておりますが、好きな句を添えてみました。


炎昼の華やぐ街に出でにけり    草笛   




  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

炎昼 

写真と俳句のなんともいい調和ですね。
句が浮かんでくるのですね。久保田万太郎といっても
思い浮かびません。

終戦記念日はテレビを見ていました。
ピカドンといってた子供の頃を思い出します。
はだしのげん  の映画も最後の方を見ました。

炎昼下の鎌倉

まずは御礼
お忙しい所勝手なお願いをしてすみませんでした。
電話番号を教えていただきましたのですぐ予約の電話を入れました。
運よく窓側の席がとれました。
本当にありがとうございました。
21日楽しみです。

猛暑の中頑張って外出されましたね。
暑い、暑いと家の中でぐだぐだしている一日より目的のある外出の
ほうが不思議と身体も疲れないような気がします。

山ごぼうの実ですか、たまに見かけても名前を知らないでいました。
お陰様で一つ覚えました。ありがとうございます。
夏らしい俳句を添えての写真も素敵です。

鎌倉の炎昼・・・

本当にうだるような日が続きますね。
そんな中外出とは勇気がいります。
草笛さんにかかるとお買い物も
吟行の道のりなのですね。
流石だな~と感心してしまいました。

鎌倉の炎昼も気持ちで撥ね退けましたね!

今治りんどうさんへ・・・炎昼 

> はだしのげん  の映画も最後の方を見ました。
あ、私も観ました。麦の芽が生えている場面で終ったみたいね。
あのマンガが昨年は何かと話題に成りました・・・・

コスモスさんへ・・・ 炎昼下の鎌倉

シリウスの件、お役にたてれば幸いです。
> 山ごぼうの実ですか、たまに見かけても名前を知らないでいました。
この山ゴボウは西洋種。お漬物の山ゴボウとは全く違い、毒が在るそうですよ。

湘南ピースさんへ・・・ 鎌倉の炎昼・・・

> 鎌倉の炎昼も気持ちで撥ね退けましたね!
はい、カラ元気でも出せばそれなりに…(;一_一)
唯、帰宅後はお昼寝です。