2014/08/30

仕事の切なさ・・・

研究会本部のキャンペーンには従わざるを得ない。
それが、私の本部との繋がり。要するにコンビニと同じ。

さて、積極的ではないものの、実施した夏休み中のキャンペーンは
夏期特別学習
【7月後半から8月いっぱい、40日間を一か月分の会費で学習出来ます】
夏休みいっぱいということは月木月木、12回。

数名の生徒さんが参加して下さった。
一旦、生徒さんになったなら、わけへだてなく、一生懸命に対応し指導する。
気を使い、心を寄せ、教具を貸与し、
教室作法になじませ、学習姿勢を形成させる・・。
たった、40日間でしたが、
それぞれ、親御さんの期待以上の学習効果が有ったはず。
そのために消耗したのは、
ドライに言えば、私とアシスタントの労力と経費というエネルギー。

さて、この生徒さんのうち、何人が9月から継続するかしら?
例年、勿論、全員継続学習というわけにはいかない。

今回は、英語の生徒さん一人が継続を断ってきた。
「子供は愉しんでいましたが、まだ小2なので、早すぎると主人が申しまして・・」
英語の冊子、8っ冊!音読学習完成したはず。
参加した時から小2。「主人が・・」はあまりにも常套句。信じません。

例夏、「夏期特だけ」の年少さん、今回は、ひらがなの【書き】を完成、600枚
カタカナ【読み】だって、カードを駆使して覚えさせましたよ・・・\(^o^)/
最初から「夏期特だけ」とはいえ、三回目なのに・・・!。

他の方は皆さん、快く九月からも続けてくださるとのこと。
それでも、
たった二つの失敗で、屈辱感に近いものが,私の心に残る。
この年齢に成っても・・・・馴れることができないでいる。

夏期特の会費からも、4割のロイヤリテイーはしっかりお取りに成る本部。
猛暑の中の労苦に対するボーナスだという気配りぐらい出来んものかね!?

ぶつけようのないモヤモヤを此処に・・・・


雨上がりの土曜日、午前11時の片隅
2014083010250000.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント