草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

すばる星が輝いていた・・・1


アベノミクスは失敗らしい・・・・って?

あくまで、年寄りの感覚です・・・
年金生活になって・・ということは、夫の収入が激減して10年、
なるべく切り詰めて、暮らしているので
世間の景気が良いのか?悪いのか?判断出来ません。
自分の遣り繰りは、不景気だと自覚しているだけなのです。

さて見回すと
衣料品は売れていないなあ・・・ユニクロで済むし・・・ジーパンで済むし・・
食品は、高くなっているから育ち盛りのお子さんが居る家庭は大変だなあ・・

でも・・
この夏休み、生徒の家庭は相変わらずあちこち旅行して居る!
グアムやらハワイやら・・・サイパンやら・・・ン十万円!
ジジババの家へ、新幹線に乗って飛行機に乗って・・・ン万円!
それに・・ファミレスに行くと、家族連れ多いし・・・一晩でン千円!
子育て支援の補助金のお陰?なんて、まさか馬鹿な!

なにより根本的に
新築マンションの高い家賃を払う・・ウン十万円!
マイホームを早々と手に入れる・・・ン千万円!
インテリアに凝って、血統書つきのペットを飼って・・・
世界中に、こんなに豊かな庶民生活を送っている国ってあるかしら?

そういうわけで
今、若い所帯の景気が良いのか悪いのか・・判断がつかないのですよ。

私の子育て時代…世間はバブル期突入前・・・・
家族そろって外食するなんて、セレブレイション!
海外旅行は夢のまた夢!
子供服も私のワンピも手造り、・・・セーターも機械だけど編んだっけ。

我が家も含めて、周囲は親と同居のニ所帯生活が半数。
家賃代わりと称して、親の生活費もいっしょくた。
親が亡くなるまで、面倒を見て、介護もして・・・やがて親の家を継ぐ。
ペット?拾って来た駄犬や駄猫には残飯で十分だった。
そんな生活が、たった30年前まで続いていたのです。
その間、政府はやはり無能だったし、理不尽で不公平な事ばかり。

それでも、若いうちの貧乏は当たり前だったし・・・苦にはしなかった。
そのかわり【今に・・・】と、漠然とした夢はたくさんあったかな?

もし、本当に日本が不景気だというなら一つだけ、提案します。
お若い人、親との同居を考えてみませんか。
実家・・・一人または二人で寂しく暮らす親の元・・に帰れば、
家賃は不要だし、月々のローンも無い。
ママが外で働く間、子供の面倒は見てもらえるし
少々窮屈かもしれないけど、愉しいし、子供の情緒も豊かになるし、
人間関係の勉強にもなる。礼儀も良くなる。
言葉をたくさん覚える。会話が上手になる・・・子供にとっては良いことづくめ!
留守番がいつもいるということは鍵をかけるわずらわしさが無い。(*^_^*)

ニートがふえているとか、自分に合った就職先が無いとか??
運良く雇ってくれた場所で輝くほかないのです。嫌でも辛くても!
当時、我が家の息子は、
「うちは貧乏だから、大学出たら直ぐ働かなくちゃ」
妹に説教して居ました。
親が貧しければ・・・・子供は活路を見いだしていきます。

いま、国や自治体の保護や保障をもとめても、
借金だらけで、収支がアンバランスな国家には頼れない。
いよいよ自助に備えなければ・・・
そのためには子弟の教育に励み、質素な暮らしを覚悟するべき。
かの昔の、米沢藩、藩主、上杉鷹山の言葉のように・・・・。

不景気を嘆く前に、生活のありようを、改めて考えてみてほしい。
苦労しないで豊かに暮らそうってのは・・・無理でしょ。

以上、旧い時代に生きてきた婆の繰りごとです。(^^ゞ
思えば、
【昴】 (クリックすると、聴けます)
が輝いていた時代だったのかも。
  


スポンサーサイト

Comment

コスモス says... "昴星が輝いていた・・・・"
文才がないので草笛さんのように上手く表現できませんが
本当にその通り同意見です。

就職難だと言われていますが若者は楽して高給の得られる
職業ばかりを選ぼうとするからでしょう。
人手が足りなくて困っている所も沢山あるというのに・・・

空き家や独居老人の家が増えている・・・・
これも我慢をしたくない、自分たちの好きなように暮らしたい
という考え方から同居を嫌う結果でしょうね。
今はお料理でも年寄りに聞かなくてもネットで調べられるから
と言われてしまうとぼやいている人がいましたが一寸淋しく
なります。

全て時代の流れと諦めるべきか???
2014.09.02 17:49 | URL | #- [edit]
草笛 says... "コスモスさんへ・・・ 昴星が輝いていた・・・・"
> 人手が足りなくて困っている所も沢山あるというのに・・・
週休二日や、残業無しとかを要求するそうです。
飲食業、営業職、にとっては無理な事ですよね。

> これも我慢をしたくない、自分たちの好きなように暮らしたい
とにかく、やはり裕福なんでしょうね。
それでも、食べていけると言うことは。

【家族に乾杯】とか【ダーツの旅】とかの映像をみると、
地方の疲弊というか人口激減の様子が鮮明ですね。
誰も・・・人っこ一人歩いていない!
2014.09.03 06:58 | URL | #- [edit]
湘南ピース says... "すばる星が輝いていた・・・1"
本当に世の中贅沢が当たり前に、、、
そんな中貧困層も増えているとか。
年収200万円台の家庭では子供の
教育もままならず、格差が出てきています。
多数が裕福のなか子供にとっては辛い話です。

いつの時代も同じかもしれません。
個人の努力が良い結果に繋がるのでしょう。
ただ今の子供が耐えられる力を持っているか
心配です。

2014.09.04 01:57 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ・・ すばる星が輝いていた・・・1"
仕事を選ばなければ何か有りそうな気がするのだけど・・
貧困を脱出するのは、個人の努力しかないと想います。
公的な援助も昔より充実して居るはず。
怠け者の親の元に居る子供は本当に不幸です。
強制的に、保護出来ないものでしょうか。
2014.09.05 04:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1902-d00b9dd1