草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

葉室 麟 の作品

東京への往復は絶好の読書タイムになる。
JRのグリーンの中、人を待つ間の喫茶室、は読書三昧のチャンス。

最近、読後、静謐な充実感を味わえたのは【霖雨】・・・葉室麟著
ずいぶん前に読み、少々不自然さを感じた【蜩の記】、
それが映画化され、若い美男俳優主演で話題になっている作品の原作者。

霖雨・・・やむことなく、ただしとしとと降り続く雨・・
主人公広瀬淡窓に降り続く苦難をたとえたのだろう。
鬱陶しく、かといって無視できない天領日田の郡代からの圧力。
広瀬淡窓は実在の大分県日田に咸宜園という私塾を経営して居た人。

誰に対しても、誠実に生きた漢学者の中年の数十年間を丁寧に描いている。
登場するのは、血気にはやる若い弟子や、その相手の美しい女性、
なんといっても、常に思慮深い支援を続ける弟久兵衛・・・妻たち・・
私の好きな愚直に生きる人々が描かれている。

主人公と同じく、小説としても波瀾万丈では無くてじっくりとした流れ。
この人の作風かもしれない。
まだ二作品しか読んでいないが、山本周五郎や藤沢周平の系譜だと想う。
う~~ん、映画化はむずかしいかな?

それにしても【蜩の記】をどうやって映像化したか?
心理、それも深い深い理想的な武士魂を映像化できるだろうか?

きっと、映画は詰まらないに違いない。
観ても居ないのに・・個人的感想です。済みません。

 ss-DSC_4472.jpg
リンク友【凧と浜風】さんから頂きました。鎌倉東慶寺の紅葉・・・
今年の鎌倉の紅葉は、住まいして40年のなかで一番見事でした! 



スポンサーサイト

Comment

湘南ピース says... "葉室 麟 の作品"
本当に感心しています。
色々な作品を教えて頂き興味をそそられます。

ただ私は電車に乗るとすぐ寝てしまいます。
あの揺れがたまらなく眠りを誘います。
自分の寝ている姿を想像して反省するのですが、、、

鎌倉の紅葉、今年が一番だとか。
残念です。見そびれてしまいました。
写真の緑の美しさに目を見張りました!!

2014.12.07 03:56 | URL | #- [edit]
草笛 says... "湘南ピースさんへ・・葉室 麟 の作品"
> 写真の緑の美しさに目を見張りました!!
ブログ【凧と濱風】さんのお写真は素敵です。
リンクさせていただいていますので是非訪問してみてください。
横浜鎌倉・・三浦半島・・・
カメラも凝ると凄いですね。私は機械音痴です。
ピースさんも旅行の写真など、お上手です・・!
2014.12.07 14:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/1994-8991c034