2015/01/11

風刺の対価は・・・

 

風刺漫画・・・・あまり好きではない。
クスッと笑う、そんなレベルなら良いかも。

時の権力者
強大な権力を持つゆるぎない絶対的力への風刺。
不作法では無い程度なら・・・解らないでもない。

だが
他国の人々の尊崇を集める人への侮辱は如何なものだろう?
それが北朝鮮のトップに対してでも・・・不遜だとおもう。

もしも、
他国のジャーナリズムや芸術家たちが
我が国の天皇ご一家を揶揄し風刺漫画にとりあげたとする。
私は決して右翼的ではないが
国民の象徴としての天皇が屈辱的扱いをされたら・・・
不愉快極まると思う。激怒すると思う。

ちらりと画面に映る風刺漫画、話題のハリウッド映画・・・、
正直な感想は、『それにしても限度が有ろうに』だ。

自国のトップや権力者をからかうことがあっても
他国のトップや宗教的指導者を貶しめるのは如何なものだろうか?

もしも、それらが言論の自由の範疇に入るとするなら・・
げにげに自由とは怖ろしいものだ。
自由を享受するには相応のリアクションも覚悟しなければならないということ。

幾多の戦いの歴史の果てに得た西欧の自由と、
戦後、いつのまにか与えられた日本人の自由。
その厳しさのレベルの差に愕然とする。


 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今晩はv-22

自分のブログでも載せましたが
風刺というのは 笑ってすませるべきもので
嫌な気持ちにさせるものじゃないと
思うのですよねえ・・。
風刺なのか 侮辱なのか わからないようなものは
どうなのかな?と。

言論の自由は凄く大事ですが 
何を言ってもいいというわけじゃないのでは?

テロは反対で 殺人なんてもってのほかです。

それでも人が信じてる宗教をどうのこうのいうのは
ちょっとなあと思うのです。
人に迷惑がかかる宗教はいやですけどね。

フランスの風刺は 東京オリンピックが決まると
手が三本の力士を描いてます。
放射能で奇形だというのです。
サッカーの選手にも手をいっぱい
描いてました。

これは風刺とはとれない 侮辱と
あたしにはとれました。

フランスは原子力発電所だらけ
なんですよねえ・・
あたしの知り合いは フランスの
原子力関係で 仕事してました。

もしも テロがあって フランスの
原子力発電所になにかあって 
放射能が漏れて 日本が風刺漫画を
描いたらどうです?
黙ってないと思いますよ。


ハリウッド映画は アンブロークンですね?
アンジェリーナ・ジョリー本人は日本の反応は気にしないと。
でも 日本では上映したら どんな反応だと
思っているのでしょうねえ・・。

この映画はどこからお金が出ているのでしょうね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

びくにさんへ・・・タイトルなし

困ったものですね。
彼らには何かしら有色人種とユダヤ系に対して偏見がある。

まあ、見かけが違うものね 。
人は綺麗な形が好きなんですよ。

山ぼたんさんへ・・ 引き継ぎ

有りがとうございました。
予想通りです。覚悟はしています。