草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

禍々しい・・・・・

 
嫌な事件ばかり続く。
その名を紀ノ川に由来する小都市に起きたこと。

反射的に思ったのは・・・あのイスラム国家とやらの殺戮の手法。
理解不能な、禍々しい行為はその影響か?と。

となれば、やはり、ここに、あの人質事件への私の感想をアップせざるを得ない。
独断と偏見は・・・ひらにお許し頂くとして・・。

さて、
犠牲になった湯川氏、後藤氏のことを皆さんはどう思っているのだろう。
意味不明にして饒舌な後藤氏の母上、
ひたすら泣く湯川氏の父上、マスコミを徹底して避けた後藤夫人のことを。

申し訳ないが、此の母にして此の子有りと私は思わざるを得ない。
大義名分と自己顕示欲の合体はとんでもない事由を引き起こす・・・。
かと言って、顔を出さずに、ひたすら涙声で詫びるのも、
英語でのみ声明を出す夫人のインテリぶりにもまた少々違和感を覚える。
どちらにしても・・・・このさいは、ひたすら感謝とお詫びを述べるべき立場では?。

国家国民世界中の眼を惹きつけて死ぬ。
その功罪はいかがな物なのだろうか。
いずれ歴史が答えを提示するだろうか・・・・

頼むから危険地帯には行かないでよね。


 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2017-d0c9a8a0