草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

【愛の賛歌♪】を・・・

 

発表会には・・【愛の賛歌】を歌わせていただく。
メモリーとの二曲で少々重苦しい選曲なのだが、
爽やかというか女学生のナントカ風にしか唄えないから
「二曲並んでも、良いでしょう・・・」と先生の御判断。

体調を崩せば、「今回が最後の舞台かもしれない・・」と想う。
シャンソンを趣味としたからには世界的に流布したピアフの名曲を!
そんな想いで、ずうずうしくも唄いたいと申し上げた次第。
恥知らずというか、怖いもの知らずか?

【愛の賛歌】は、最初は、あのイベットジローの求めに応じて作詞したらしい。

何度かの結婚と恋愛を繰り返したピアフが、
生涯の恋人、ボクシング・チャンピオンの
マルセル・セルダンとの愛を書いたと言われている(1950年)
しかし彼には妻子があり、この恋は辛く、切なかったはず。
道ならぬ恋の最中に
アメリカ興行からの帰国途上、セルダンを飛行機事故で亡くしたピアフ。

その後、まだ、リリースされていなかったこの曲を、
イベット・ジローに返してほしいと頼んで、自身が唄ったとか・・・

ドラマチックに生きる人って居るものだ。
切迫感溢れる歌詞が、まさか、我がことになるとは!
もっと言えば、こんな歌を作るから・・・と運命を呪ったかもしれない。

越路吹雪の唄った岩谷時子の詞は日本的な情感に溢れているが・・・、
あえて、原詩に忠実な訳詞で教えていただいている。
まさにピアフの恋。

或る日 空が裂け 海が逆巻いて
この世の全てが 消えてしまっても
貴方の愛の中で 生きてゆけるのなら
怖れはしない 何も要らないわ

何処へでも行く ブロンドにも染める 貴方の為なら
盗みにも行く 夜空の月でも どんな宝も
国も友達も 見捨てても良い 私は平気
貴方の為なら 悔やみはしない 愛さえ有れば

もしも あなたが死んで 遠い空に消えても
あなたの愛有れば 私は幸せ
何時か 私も死ぬわ だから 私たちは
永遠の命 生きて 愛し続けるわ
永遠の命 生きて 愛し続けるわ・・・




この情熱的な・・・どろどろした?・・・切迫感はなかなか出せないが
精一杯、静かな情熱で唄ってみたいと思っている。
 


スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... "桜寿の会"
桜の木からスカイツリーが見えた。
花も満開で綺麗ですね。

名前のごとく大変お楽しみのようでしたね。

愛の賛歌のなんとうっとりとする詩でしょうね
楽しみです。
2015.03.30 15:48 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... "今治りんどうさん"
ありがとうございます。
ご主人様、そのご御快癒ですか?
自分の事にかまけている間に申し訳ありませんでした。

パソコンも古くなったし、スマホは使えないし
家中のあれこれが難しくなって面倒に成って・・
物心ともに衰えて・・・・老いるのはつありです。
覚悟の上とは言いながら・・・・
2015.03.31 06:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2041-bb9fe63d