2015/05/05

葉山へ・・・


今日はインターネットがサクサク行きますので書きためていた記事を・・・

シャンソンのお仲間が此の御正月すぎに亡くなられました。。
まだ78歳。すい臓がんの4ステージで、あっという間だったとか。
それ以前に、すでにパーキンソンにも・・・何回か足をもつらせて御怪我も。
レッスンにはもう一年余りおこしではないけど
年会費は納めて、コンサートにはご夫妻でお出ましでした。

訃報を聞いたのは私自身が脊柱管狭窄症をこじらせてのたうちまわっていたころ。
葬儀にも行けなかったので、せめて御仏壇へ香華なりとと、伺いました。
それに遺された86歳の御主人の御様子も気になっていましたので。
2015050216030001.jpg
逗子マリーナが左端に。人影まばらな由比ヶ浜はすでに夏の光。
ガードレールが邪魔してますが車の窓から。


葉山の高台にある住宅地。
爽やかな風と色濃くなった緑にかこまれた日本住宅に豊かにお住いです。
御庭は十分以上にお手入れ良く、様々な花に溢れていました。
御一人とはいえ
お手伝いさんが週に二回、お孫さまも頻繁にお越しだとか。
お部屋では、蒐集した本場のジャズを聴き、お天気さえよければお庭に出ての園芸、
夕刻になれば、
ゆっくり、百薬の長の量の日本酒、ワイン、を愉しんでの日々とのこと。

栄養やカロリーの御本も備えて、食事もなんとか御一人で誂えるとか。
自営の経営者ですから、週に月水金とご出社、昼ともなれば銀座にお出まし。

羨ましいほどの悠々自適の御様子に一安心しました。
それにしても、こんな老後を過ごせる方が日本に何人居らっしゃるでしょうね。

ご自分でお撮りの奥様の写真を手元に
奥様の描いた絵をたくさん壁に飾り、
奥様のコンサートのCDもたまにはかけて、
それでも・・・ふと、「寂しい」と仰る。

海岸を通る134号線が渋滞する前にと失礼して・・・・帰宅。
しばらくは何も言わずに・・・・思うことは「幸福って?」
ゆっくりとコーヒーを口に運びました。

私も連れあいも、思うことの多い5月2日の午後・・・・。


   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント