2015/06/14

新歌舞伎座


久しぶりに歌舞伎見物です。
新しい建物になってから初めて。

地下鉄東銀座の雰囲気も変わっていましたし
あの一帯もなんとなくすっきりと進化して居ました。

演目は・・・歌舞伎のあらゆる情景を内包したお家騒動+親子愛?
二幕目は、菊五郎が浴衣姿のお婆に扮しての踊り。【夕顔】
あのお家のDNAは確かで、踊りはお上手でした。
そうそう、母親、藤純子が入り口でご挨拶に立っていました。
スターといえども、歌舞伎役者の妻のお仕事。
生まれながらの美貌は、他を圧するでもなく、楚々として凛として見事。

観客は即時通訳の如きイヤホーンガイドを付けている方が殆ど。
搖曲や長唄に興じた父母の影響で、私は、幸いにして浄瑠璃を理解します。
マイクなしの聞き取りにくい台詞も筋の流れもなんとか聴き分けました。
娘は勿論、イヤホーンガイドをつけて説明書に首っぴき。
「何言ってんだかわからないもの」
親の影響ってすごいなあと、しみじみ感謝というか・・反省というか。
ハイミスの趣味の一つに歌舞伎見物を選んだなら嬉しい。

全て、娘の奢り。
たぶん、リタイア後の意気消沈を察しての想いやりでしょうか。

新歌舞伎座の後ろのビルはオフィスビルだそうです。
2015061315540002.jpg

それにしても・・歌舞伎、古典芸能は・・・
いずれ、廃れるでしょうね。

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

建物

建物には入りましたが みて居りません。
華麗な舞台で 観劇したいものです。
東京の舞台 いっぱいみたい物があります。

新歌舞伎座

おもいなしか広く成ったようですが・・・お土産コーナーが目立ちました。
歌舞伎・・・滅びゆく運命ですね。
浄瑠璃と台詞・・イヤホンガイドが無くては判らないと言うことですから。
そのうえ冗漫です。
当代第一の人気役者の舞踊なら見ごたえ在ると思います。
7月は海老蔵や玉三郎が出演するそうです。