2015/06/20

からっぽに・・・

 
昨日,19日、午後5時をもって、教室は空っぽに成りました。
大きな窓、広い緑豊かな庭、二階には待合室・・・
本当に使い勝手の良い、物件でした。
偶然とはいえ見通しの良い・・・三室通り抜けだったこと幸いでした。

生徒にとって、ベストな学びの場だったと想います。
たぶん、私こそが一番に、この環境を愉しんでいたかもしれません


2015061916470000.jpg

冷蔵庫掃除機など電気器具、教材棚、机と椅子、絨毯、などなど
み~~んな持って行ってくれて・・・金十万円なりのお支払い。
ゴミを捨てるのも高価な時代になりました。
ちなみに椅子や机は、木部と鉄素材をドライバーではずして持っていきます。
これでは費用もかかりますよね。
いわゆる雑ごみは規則に従って鎌倉市の袋に入れ、
連れ合いともども、毎日、分別して集荷場所に運ぶ日々でした。
「あれ、見つもりした時より、大分、減ってますね。」
「御代金、減らします」
「良いから、良いから・・全部お願いしますよ」
双方、気分良く、トラック二台を見送りました。

いつの間にか教室の庭にも紫陽花が・・・
2015061916550000.jpg

お疲れさま!
公文さんは、全部、吐き出して・・・空っぽ。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

本当に お疲れ様でした。私は あと何年か後 空っぽになった教室に 何を思うでしょうか。始める時より 辞める時期を 決める方が 難しいということだけ よく分かるようになった昨今です。 これから先も お目にかかることのない一方通行な存じ上げ方ですが 草笛様のブログを 楽しみにさせて頂きます。

お返事・・・・Re: No title

いえいえ、もっと穏やかにスムーズに閉じる方のほうが多いですよ。
なるべく、助手さんか御親戚、保護者、など、事務局の息のかからない
気心の知れた信用できる方を後継者にお選びくださいね。

やまぼたんさんへ

拍手コメントありがとうございました。
私自身のミスもあって・・・情けない幕引きでした。
組織と闘うには、弁護士さんが必要ですね。
後輩にはそうアドバイスしています。