2015/06/27

ファミリー・ヒストリー

    

先月、叔母が104歳で亡くなりました。
遺品の中から出てきました。我が父母と私の写真。
2015062708280000父母


私の生まれた翌年の昭和18年の写真。父はほどなく出征したはず。
実母は、この3年後に、終戦と夫の帰還を待って、死にます。
宇都宮一の美人だったと親戚は言いますがそれほどではない・・。
早世すると美化されるからネ。(*^^)v
そのご、私5歳で、継母が来ます。
父は亡妻のたくさんの写真を妹へ託したのでしょうか?

さて、それにしても、昭和ですね~~。
向田邦子さんの世界ではないですか!
一介のサラリーマンながら、
帰宅すれば和服に着替えてきちんとしていたものです。
それに比べると恥ずかしい・・・

人に歴史あり。
猫のん太にも歴史あり。
2007年の冬、赤ちゃん時代。四匹から手前右を選んで連れ帰りました。
2015062708210000小林宅

半年後 2008年、少年期ののん太
2015062708220001おとなのんた2008



NHKファミリーヒストリーを観るたびに「【家系図】を書いておけ~~」と言う夫。
お葬式で「あの人、誰?」って、困るそうです。



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ファミリーヒストリー

ファミリーヒストリー私も好きでいつも見ています。

断捨離をはじめてまだ日が浅いのですがまず最初に
アルバムの整理でつかえてしまいました・
どれもこれも想い出があって捨てられません。
私も4歳弱で死に別れた生母の写真を継母が亡くなってか
ら叔母にもらい大事に持っています。

草笛さんの写真懐かしく見させていただきました。

公文教室の整理もすっかり終わり次なる目標に向かって
着々と進んでおられるご様子、何よりと陰ながら安心して
おります。

ノーゼンカズラはまだ見に行かれませんか?

コスモスさんへ・・ ファミリーヒストリー

ありがとうございます。
それにしても似たような境遇ですね。
継母は良くしてくれたと感謝して居ます。

> ノーゼンカズラはまだ見に行かれませんか?
今日、昼前に行って来ました。花はまだまだです。
良いお散歩でしたが、いつもなら行く野菜市場へは
行きませんでした。疲れた・・・・。

No title

お母様お美しい方ですね。
お父様もハンサム。

当時は農家がほとんどだったと思うのでサラリーマンと言えば
上流階級だったのでは。

昨日、電車で着物を着ている女性を見かけました。
今風の着物もいいですが、
お写真のように昭和の着物姿というのもとてもいいものですね。

まりりんごさんへ・・・: No title

> お写真のように昭和の着物姿というのもとてもいいものですね。
柄選び、着付け、上手というか独特だったそうです。
昭和の方が華やかで大きな柄を平気で着ていた様な気がします。
今は、私ぐらいの年配者は小紋か・・・紬。なかなか洋服の中に
はいると、和服らしい柄は悪目立ちして着こなせないです。

風景も違いますね。
それに、着付ける体力が亡くなりました。疲れます。